彩雲弦楽器工房

山形市にあるギター等の弦楽器工房です。製作、メンテナンスや修理、改造はお任せください。

ドイツ風スペイン

2017年05月18日 | 製作日記

今日はクラシックギターを進めます。

 

今日一日で結構進みます

 

まずはサイド板を準備します

スペイン式で製作されている方が上の写真を見たら結構驚くのではないかと思います

様々なやり方があるかとは思いますが、普通スペイン式はソレラ(製作台)の上で

トップ板に、ネック→エンドブロック→サイド板→ペオネス→ライニングと接着してから

裏板を貼って蓋をしてボディが箱になるっていう順序ですが

私の場合、ドイツ式の様にサイド板はあらかじめ独立して作ってしまい

ネックを接合するのと同時に上の写真のサイドも貼ってしまいます

私としてはこの方が合理的で綺麗に仕上がるかと思っています

 

と、いう訳でまずトップ板にネックを接合します

 

サイドをはめ込むためのくさびもあらかじめ用意しておきます

 

からの

サイド接着!

我ながらこのやり方は良いなと思っています

でもスペイン式のような荒々しさは無くなるのかな?

 

 

今日の一枚

「イタヤカエデ+日よけ」

うちの猫の額の庭にイタヤカエデが仲間入り

この子は西日に弱いそうなので(特に根本)日よけも完備

大きく育てよ~

 

 


*ギター、ウクレレの製作をウェブでも受け付けています。
 詳しくはこちら
 http://saiun-koubou.com/weborder.html


*ギター、ウクレレの修理・調整も随時受け付けています。
 お気軽にお問い合わせ下さい。
 http://saiun-koubou.com/index.html

 

『楽器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天気が良いので | トップ | 裏板接着で箱になる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

製作日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。