あのコルトを狙え

名車よりも懐車!

俺たちの旅 1 桃花台新交通ピーチライナー

2008-07-02 23:06:31 | 
6月21日
いつもの仲間で愛知と三重県に行ってきました。
二回のタイ旅行を除くと熱海より向こうに行くのは初めてです。

出発の前日に職場で同僚にいつもの友達で旅行に行ってくる、と言ったら
「よく友達と旅行に行きますよね。いいなぁ~。
(会社に入ると)友達と一緒に旅行に行く機会は無くなりますよね」

そうだよな~。年齢も仕事も住んでいる所もバラバラなのに
このメンバーと出会えて良かったな~

「で、今回はどこに行くんですか?」

愛知と三重だよ

「へ~、何しに行くんですか?」

え?…(汗
い、いや特にどこへとは…あの

「?」

(職場の人にはとても言えないよ…)

てっちんさんの新レガシィが朝の5時に迎えに来てくれた。さすがに今回コルトは留守番です。
安全体操さん、さまひさんと合流し4人を乗せたレガシィは愛知県の犬山を目指した。
このブログを御覧下さっている方の半分はもう目的地がお分かりかと思います。
あと十数分で目的地に着くという時。

「あれが廃線になったピーチライナーですよ」
と、てっちんさんが教えてくれた。
そういえばいつだったか出来て十数年しか経っていない新交通システムが廃止になったと聞いたっけ。
「どうします?駅でも見に行ってみます?」
ん~、新しい鉄道はあまり興味が無いけどせっかくだから駅だけ見に行こうか。あ、そろそろビデオカメラを回したいから車を停めてくれます?
路肩に停車してリアゲートを開けビデオカメラを取り後部座席に戻った時の事だった。

さまひさんが
「あれ?動いてません?」
言われてループ部分を見ると電車らしきものが確かにゆっくりと動いていた。

慌ててカメラの電源を入れる。しかしズームに設定されていたらしく全くピントが合わない。


上もう過ぎてしまった後です・・・


その時車内は大騒ぎでした(笑

黄色かったので恐らく保線車で何らかの作業をしているのだろう。

レガシィは大急ぎで発進し桃花台駅に向かった。



新しい駅なのに駅の入口は封鎖されて廃駅となっていた。

先に進むと遙か前方にあの保線車が走っているのが見えた。
廃線なのに車両が走っている

この感動をどう表現すればよいのか…

どうにかして走行中の姿を目に焼き付けたい

かくしてピーチライナー大追跡が始まった。
なんの目的で保線車が走っているのだろう?

追いかけても追いかけても保線車は先を行く。
では更に先回りして歩道橋の上から待つ事になった。
あの場所なら上から走る姿を収められるとなり車を停めて「緊急降車!」
デジカメとビデオカメラだけを持ち慌てて降りた。
平和な住宅街に大人が4人歩道橋目掛けて猛ダッシュ!

しかし5分経っても10分経っても保線車は現れない。

知らない街の歩道橋でカメラを手にした男4人が電車が来ない廃線の上でひたすら待つ。

ステキな光景ですな。

30分程経過

なかなか来ません

 昼食を取っている説
 電車線を回収しているのだからこれ位掛かるのでは説

適当に考える

50分程経過

他の2人が先を見てくる、と行ってしまった。しばらくするともう1人も。
「今来てしまったらどうしよう?」
急いで降りたので携帯電話は車の中だ。
1時間経過

黄色い保線車が遠くからこちらにやって来た。



みんな戻って来ません。

住宅街で線路に向け1人ビデオカメラを廻す。

タイミング悪く女子中学生3人がやって来る。もの凄く恥ずかしい(涙

保線車は集電レールを回収しながら走っているのが後部の積み荷から判った。


保線車が行った直後に3人が戻ってきた。

「今、行ってしまいました・・・」

『携帯電話で連絡してくれれば!』

「急いで降りたからカメラしか持っていかなかったんよ」

『・・・

またまた大追跡が始まった。
工事箇所に先回りしてやって来る姿を捉える。
動き出すと先の場所へ先回りし各自がやっとカメラに収めた。
この間約4時間。
当初の予定は翌日回しとなった。

まだまだ旅は始まったばかりです。

つづく
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モノレール ドリームランド... | トップ | モノレール ドリームランド... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yumetsukuri)
2008-07-03 02:09:31
他のブログでも保線車走行が話題に
なっていました。旅客車両は2両か
3両だけ売却に成功し後はもう撤去
したそうです。電気設備の撤去だけ
予算がついたようですね。ドリモノの
撤去工事でも車両が走っていますが
あれを見た時は複雑な心境になりました。

ピーチライナーは廃止前に行けなかった
ので運営会社から去年DVDを買いました。
今は大幅値下げされて1000円に…。
定価で買った時はオマケが封入されていて
嬉しいような悲しいな気にさせられました。
平成4年4月4日の切符とか・・・。

保線車両 (kyu3)
2008-07-03 16:42:18
こんにちは。私は桃花台ニュータウンに住んでいます。桃花台および桃花台線に関するブログを書いているのですが、私のブログでこちらの記事を紹介させてもらいました。
(※トラックバック元の記事です。)

>保線車で何らかの作業をしているのだろう。

yumetsukuriさんのコメントを補足すると、撤去作業は今年の1月から始められたようです。市の広報誌に、そう書かれていました。
また今はなくなったみたいですが、桃花台新交通の本社前に、以前は工事を知らせる看板が出ていました。

あと車両に関しては市に問い合わせたところ、全部で5両売れたそうですが、他は名古屋市北区の県営名古屋空港近くの解体工場に送られ、使われている金属などがリサイクルされるようです。

桃花台新聞 : 売れ残った車両が解体工場へ(桃花台新交通)
http://toukadai.exblog.jp/8455116
保線車 (flingscottomomi)
2008-07-03 17:50:19
この線の事は何かのニュースで、税金の無駄使いの一つとして特集していたのを見ました。確か番組のレポーターが駅の構内に入ってコメントをしていました。
走っている保線車を見たのは、ある意味奇跡に近い事です。ドリモノでも動いている電話ボックス号を見た人はヒーローでしたからね・・・・・。
Unknown (彩雲4号)
2008-07-03 21:23:30
yumetsukuriさん
DVDは値下がりしてしまったんですか。
前に発売される、という話しをチラッと聞いた事がありましたが。

kyu3さん
TBとコメントありがとうございます。

私も「古い車輌」で「土地と屋根とお金」があったら欲しいです。今回のは比較的新しいので・・・

F先生
>>動いている電話ボックス号を見た人は~
ヤフー掲示板も過去のものになってしまいました。
あの目撃談も凄かったですし嬉しかったです。

大船駅が残っている頃に電車線の回収車(小雀号)がホームに入っていく場面を東海道線から見た時は驚きました。
あっ… (inomamo)
2008-07-06 01:19:54
一時期、桃花台中央から徒歩5分に住んでました。
そういえば廃線になったのでしたね。忘れてました。
それにしてもスゴイものを見ましたね。

月に一度も乗らなかったけども、予定通りJR高蔵寺まで伸びていたら事情も違っただろうに。(延伸していたらバスの代わりに利用したかった…)

終点のループはプラレールっぽい感じで割と好きでした。
Unknown (彩雲4号)
2008-07-06 10:27:45
inomamoさん
なんとあの辺に土地勘があったとは驚きです。

>>予定通りJR高蔵寺まで伸びていたら~

らしいですね。その経緯を聞いて残念に思いました。

>>終点のループはプラレールっぽい
確かに(笑
個人的に購入した人もいたらしいです (E商店)
2008-07-06 11:56:03
廃線後、車掌をしていた方が車両を購入し、山奥に保管場所を借りて保存しているというニュースを聞いたことがあります。その車両はどうなってるのかな。最近こっちまで来てたんですね!
Unknown (彩雲)
2008-07-07 00:43:07
E商店さん
廃止時には気にならなかったのですが
帰宅後に消息が気になりました。
残された車両がいつまでも残る事を願います。
旅はいいですね~。E商店さんの近くまでお邪魔してたんですね。
早く続きを書かなくては!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
電気通信設備等の撤去開始(桃花台新交通) (桃花台新聞)
「広報こまき 1月15日号」を読んで知ったのですが、桃花台線(ピーチライナー)のインフラに敷かれている電気通信設備などの撤去工事が、ようやく開始されるそうです。 場所:駅舎を含む全線および車両基地 期間:1月中旬~8月31日(日)まだ高架橋を含む全ての...
モノレール探訪 その1 (ご近所へGO!)
モノレールを同好とする仲間4名で、今年いっぱいで廃止予定の犬山モノレールを訪れる