教室・自然いろいろブログ

グループ彩雲の創作活動と身近な自然の観察記録

森の花・晩春の名残り

2017年05月11日 | 自然

日差しが強かったので木陰に移動しました。


近くでキビタキのさえずりが聞こえ、カメラ片手に走っている方が
いましたが小鳥がどこにいるかとうとう見つけられませんでした。
虫よりもずっと大きいのにな~。


水辺でハナイカダの花が咲いていました。


雌雄異株でここに咲いていたのは雌花でした。もう終わりかけかな?

昆虫を探しカメラを提げてキョロキョロしていると
「あっちに咲いているよ!」と教えてくださる方が。

エビネだ~。ありがたくパチリ!


いろいろな色があるものですね。


キンランはたくさん咲いていましたが
いくら探してもギンランがない。。今年はまだ出会っていません。


味わい深いジュウニヒトエ


盗掘される心配のないタンポポは野生味たっぷり!
ロープで囲われた可憐な山野草よりも親しみが湧きます。
スジグロシロチョウが夢中になっていました。

すっかり鬱蒼とした森。どんどん夏が近づいてきています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月初旬の白い木の花3種 | トップ | ハクウンボクの白い花と真っ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

自然」カテゴリの最新記事