教室・自然いろいろブログ

グループ彩雲の創作活動と身近な自然の観察記録

青空のもと嬉しい出会いが次々と☆

2016年10月16日 | 自然

カラッと晴れ上がった日、久しぶりに大好きな里山に出かけました。


紺青の空に白い雲。この色を見たかった~♪


小さな柿が鈴なり

 
スズメも鈴なり♪ 


小さな桜がまばらに花をつけていました。ジュウガツザクラなのかな?

遠くの畑を鮮やかなものが横ぎりました!

オスのキジだ~♪


強い日差しに照らされて鮮やかさが際立っています。
間合いをつめようとしたら草むらに走り去ってしまいました。

あぜ道ではなんとアサギマダラにも会えました。


この辺りで生まれたのでしょうか、傷ひとつありません。
無事南方へ飛んでゆけますように☆


黄金色のツマグロヒョウモン
フジバカマは蝶にハチにアブでおおにぎわい♪

清々しい秋色にかこまれて気分すっきり、充電できた休日でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月二回目の教室 爽やかな... | トップ | 秋の日差しに輝く生き物たち »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くりす)
2016-10-16 21:08:55
青空がきれいです!!!
渋柿だぁ(o^ω^o)
北海道って柿の木ってないのですよ
だから柿の木・・・特に実がなってるの見ると嬉しくなってしまいます
懐かしいなぁと思って・・・(元々西日本のほうに住んでいたので・・・)
オスのキジってやっぱりあでやかですね~
普通にキジがこうしているのもいいとこだなぁって思ってしまいます
緑色に赤や黄色が混じり始めて・・・だんだん秋になって行ってますね
Unknown (みかん)
2016-10-16 21:36:04
空の青が美しいです!
チョウの生態や種類にあまり詳しくないのですが、関東から南方へ移動するチョウがいるのですか?
鳥だけでなく、チョウも?!
厳しい自然を生きる動植物たちの、ほんの小さなやすらぎと幸せの一瞬
そんな感じですね!!
柿の木が! (おいちゃみ)
2016-10-16 22:39:08
くりすさん、こんにちは。

北海道に柿の木がないとは知りませんでした!
そういえばニホンザルもいませんね。
さるかに合戦は南方のお話なんだ~とひとり連想して楽しくなってしまいました♪

姿を見ただけで渋柿とわかるなんてスゴイ。西日本にお住まいの頃、馴染み深い木だったのですね。
実は以前この小さい柿の実を知らずに食べて大変なめにあいました。。。

暑かったり冷え込んだり。めまぐるしい秋でキジもびっくりしているのではないでしょうか☆
渡りをする蝶☆ (おいちゃみ)
2016-10-16 22:59:22
みかんさん、こんにちは。
こんなに青い空を見たのはほんと~うに久々で嬉しかったです。

アサギマダラは春に北方へと移動し、夏は山地に滞在し、秋に南下して暖かい海岸付近で越冬するのだそうです。
長距離移動に関するマーキング調査が各地でおこなわれていて、
翅にマジックで文字が書かれたアサギマダラを私も近所で見かけたことがあります。
はかなげな印象ですがたくましいですよね。

北海道でも記録されているようなので、夏頃会えるかもしれませんね!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む