教室・自然いろいろブログ

グループ彩雲の創作活動と身近な自然の観察記録

Tさんの新作日本画

2017年07月14日 | 教室風景

Tさんはスイスの旅の思い出を描かれました。


「レマン湖」 日本画 P10

レマン湖のほとり。気品に満ちたシヨン城と険しい雪山を映す
水面は鏡のようで神秘的な雰囲気が漂っています。ゆったりした
筆運びで描きこまれた画面は清々しくとても大きく感じられます。

近づいてみました。

心に焼きついた景観、香り、風。その素晴らしい味わいが表れる
まで岩絵の具を重ね続けました。美しく発色した堅牢な絵肌は
威厳ある城と壮大な自然をよく表し見る者を中世の頃へ誘います。

過去の作品はHP「上郷の森 日本画教室」内の“作品集”の中の
Tさんのページに制作順に掲載されています。また、ご自身のHP
「水彩スケッチ紀行」には日本のみならず世界各国を旅した際に
描かれた作品が多数おさめられています。ぜひこちらもご覧下さい。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夕暮れクヌギの樹液に集まる | トップ | 7月最後の教室 コジュケイ砂... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む