教室・自然いろいろブログ

グループ彩雲の創作活動と身近な自然の観察記録

誰の巣でしょう?

2017年02月09日 | 生き物

木を見上げると主のいない鳥の巣がありました。


両手のひらにおさまる大きさ。足場が悪かったので真下から見れず
細かい表情はわかりませんでした。 


こちらは片手にのる小さな巣。細い葉などを編んだように緻密な
つくりで、苔もつかわれているようです。


2つめの巣は小さいのでメジロのものかな?


このシジュウカラの巣はどんな様子でしょう?
よく会う小鳥なのに巣作りや子育ての様子を見たことがないので
わからないのが残念。


このシジュウカラは蜘蛛の卵のうなのか蛾の繭なのか、
カエデの葉を数枚綴って作られたものをつついていました。


めずらしい飛びたつ後姿♪


ジョウビタキのメスの可愛さは格別♪
巣作りを見てみたいけれど暖かくなったら旅立ちですね。 

小鳥たちもそろそろ恋の季節でしょうか。
少し前とは違うさえずりが聞かれるようになりました。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サービス時間は短めの猫 | トップ | 水辺の春 サギの飾り羽 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

生き物」カテゴリの最新記事