教室・自然いろいろブログ

グループ彩雲の創作活動と身近な自然の観察記録

蜘蛛の巣かがやく季節

2016年10月11日 | 生き物

朝の森。だれも通っていないところをゆくと
顔に蜘蛛の糸がかかる季節となりました。


美しいです・・。
中心にいる蜘蛛を撮ろうとしたのですが、あまりにも小さくてどうしても
ピントがあわず。数mmの体で手のひら大の網を作成するとは。 


ふわ~っと風に揺れていたこの網は大人の顔くらいの大きさ。
作成者は体長6mmほどの蜘蛛で

 
ギンメッキゴミグモでした。本当にメッキ加工したようにきらめいています。


この網はどうなっているのやら。。
枝先にたくさんありましたが作成者を見つけることができませんでした。
小さすぎて気付かなかっただけかもしれません。

いろいろな蜘蛛を見ましたが初めての出会いがありました。

木の実のようなぷっくりした腹部。檸檬色の模様が綺麗♪
キンヨウグモという名前だそうです。


白いきのこにのっていた葉はレースのよう。
どんな生き物が食べたのでしょうか。


きのこを嬉しそうに食べていたカタツムリ


この間よりも立派なホウキタケの仲間に出会いました♪

きのこだけでなく、肉眼では確かめられないような微生物や菌などの
さまざまな分解者が豊かな土をつくるのですね。

豊かな森で次々落ちてくる葉を見ていたら足から根が生えたように
なって、自分も自然の一部なんだな~とあらためて思いました。
 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白く霞む森で出会った生き物たち | トップ | 10月の森に咲く花 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (たにむらこうせつ)
2016-10-11 15:05:10
見事に綺麗なクモの巣ですね。
ここまで立派なのは見たことありません!
豊かな自然の証拠ですね(^-^)
みんなのブログからきました。
詩を書いています。
秋ですね~☆ (おいちゃみ)
2016-10-11 19:56:57
こんにちは♪ご訪問ありがとうございます。
小さな体で頑張る蜘蛛に元気をもらいました。

たにむらさんの詩の世界におじゃましました。
優しい風がふいていました。
また拝見させていただきますね☆
Unknown (くりす)
2016-10-11 21:35:10
すごい!
森の中でのクモの巣の形態は芸術品みたい・・・
なんとまぁ繊細で細かいんだろうと思います
小さな体でこんな大きいのを作り出すとは。
白いきのこにのっていた葉の写真も・・・葉脈だけ残して・・・
なんと芸術的なと思ってしまいます
興味深いです♪ (おいちゃみ)
2016-10-11 23:44:27
くもの巣に雫がついているといいなぁ~♪と思います。
蜘蛛によって網の形状や糸の色も違いますし、巣作りしているところを見るのも面白いです。

濡れ落葉ばかりに見える場所もしゃがみこむと小さな生き物が活動しているのがわかってつい見入ってしまいます。
猫をなでているときも時を忘れます♪

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

生き物」カテゴリの最新記事