教室・自然いろいろブログ

グループ彩雲の創作活動と身近な自然の観察記録

雪の残る公園に早くも出たバッケ

2017年02月12日 | 散歩

長靴にして正解。公園には前日の雪が残っていました。


風が吹くたびに木に残った雪がさらさら降ってきます。

日当たりのよい場所ではもう雪はとけていて


フキノトウが♪
食べ頃の蕾ではなくもうトウがたっているものがありました。

「バッケとりいくべー」
父の故郷で子供同士、近くの田んぼで夢中になってとりましたっけ。
幼い頃、早春の岩手に行ったのは法事だったのか・・。
あの光景、あの香り。胸がきゅっとなる懐かしい思い出です。
バッケがフキノトウだと知ったのはかなり大きくなってからでした。


松に梅。下には笹も生えていたので何だかおめでたい場所☆


雪のように見えた満開の白梅


日当たりのよい場所の河津桜も満開となっていましたが
小鳥たちの好みは咲きかけの花のよう。


ヒヨドリは落ち着いてくれずモデルになってくれたのはメジロ


こちらには目もくれず花から花へ飛び回ります。


ロウバイも満開でした。

バッケ味噌が食べたいな。気分はすっかり春☆の雪後散歩でした。
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2月二回目の教室 晴れのち雪 | トップ | 青空のもと小鳥たちの懸命な姿 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くりす)
2017-02-12 15:05:51
ふきのとう!
もうこんなに大きくなってるんですね
じゃあ2月の頭ぐらいにはもう芽吹いてたのかなぁ?
そそ、バッケってふきのとうのことなんですね!
初めて聞きました。
色んな呼び名があるんですねぇ♪
色とりどりの花がきれいですーー
メジロもかわいい!
もう春だなって写真だけでもウキウキしてきます(o^ω^o)
雪が降っても、季節はそうやって進んでいくんだなぁって元気が出てきました
うはははは (にゃんけろりん)
2017-02-12 18:49:40
えー!?今の今まで「バンケ」だと思ってました!
庄内なまりなのかしら、母がバンケバンケ言ってるもんで。。。
いやー、結構な衝撃(笑)
Unknown (おいちゃみ)
2017-02-12 20:47:45
くりすさん、こんにちは☆
この場所はとても日当たりがよいので
春がいちはやく訪れたようです。
ふきのとうの呼び名ってたくさんあるようですね。

そちらでは雪の帽子をかぶってその時を待っているのでしょうね。
カラフルな春の訪れまでもう少し♪楽しみですね。
呼び名いろいろなんですね♪ (おいちゃみ)
2017-02-12 21:09:14
ふきのとう、庄内地方ではバンケなのですね!

父は岩手県の南西部出身なのです。
フキノトウが好きで手に入ると大喜びで
炒めたり揚げたり調理していましたっけ。

あ~、フキノトウの天麩羅が食べたくなってきた♪
Unknown (MONA)
2017-02-12 22:55:04
私も、今日、蕗の薹みっけ! 
お父さまは岩手のご出身なのですね。
水沢市の辺りでしょうか?
やっと体の調子が戻りました。
Unknown (おいちゃみ)
2017-02-13 06:33:22
MONAさん、こんにちは。
お元気になられたようでよかったです♪

蕗の薹に出会うと春が来たな~と嬉しくなりますね。
父は北上市の出身です。緑と水が豊かなところなので
フキノトウの味も格別、かもしれません☆

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

散歩」カテゴリの最新記事