彩都の丘から(ブログ)

箕面市彩都粟生北2-1-5
電話番号:072-726-9901
ファックス番号:072-726-9900

前期集会~音楽集会~

2014年11月28日 | 子どもたちの活動

前期では集会を週に一回行っており、教職員からのお話を聞く集会、体育集会、音楽集会があります。

お話を聞く集会は月に一回あり、学園生活で大切なお話を校長や前期ブロックの教職員から聴きます。

体育集会は月に2回あり、体づくりをしたり他学年の児童ともつながり仲間意識をもったりすることを目的としています。

音楽集会は月に一回あり、みんなで声を合わせて歌う楽しみを実感することを目的としています。

今日は音楽集会が行われました。

歌い終わると、校舎内で聞いていた上級生から拍手が沸き起こる時もあり、前期の児童たちは嬉しそうな表情を見せています。

司会は4年生が務め、前期のリーダーとしての自覚を持つ場としています。

      

    

    

    

    

    

      

 


この記事をはてなブックマークに追加

1年生スイートポテトづくり

2014年11月27日 | 子どもたちの活動

 本日、1年生が畑で育てたサツマイモを使ってスイートポテトづくりをしました。初めて使用する調理室に多少戸惑いながらも、班員全員で協力し合って取り組みました。まずは、手順を確認してから実際の作業に入ります。

  

  

  

茹で上げた後、念入りにすりつぶした芋に砂糖、生クリーム、牛乳を加えます。

  

マーマレードを塗り、オーブントースターで焼き上げます。

  

作るだけではなく、後片付けも分担して行います。

  

最後に焼きあがったスイートポテトをみんなでおいしくいただきました。

  

 


この記事をはてなブックマークに追加

その頃、9年生は。~遠足と、ニュータウンと~

2014年11月25日 | 子どもたちの活動

>> 9年生も河内へ遠足へ。
 
 11月半ば、9年生も遠足に河内長野にあるサイクルスポーツセンターに行ってきました。

 
 快晴の中、いろんな自転車にのって、楽しんでいたようでした。

>> 「彩都」を見直す
 
 9年生は「彩都のまちづくり」について考えるため、先週 学校北側へフィールドワークに行きました。

 
 1950年代から1990年代おわりにかけて東京や大阪・名古屋の大都市圏で開発がすすんだ「ニュータウン」。北摂には 開発時期は違えども 様々なニュータウンが開発されていきました。そんなニュータウンの中で彩都は「あたらしいまち」といえる部類でしょう。
 
 2年前、今の9年生が7年生のときに、「彩都の年齢別の人口分布は?」というテーマで数学科で研究授業が行われました(上図)。このとき、子どもたちからは「30~40代の親、0~10代の子世代が圧倒的に多い」「私たちが大人になった頃には、少子高齢化になるのだろうか?」といった意見も出ていました。
 「ユーカリが丘」(千葉県佐倉市)のように、一部の世代に偏りがないように発展していった住宅地もありますが、千里ニュータウンなどのように「少子高齢化」に悩む住宅地も少なくありません。
 今の彩都に必要なことは何か、9年生は考えていきます。


この記事をはてなブックマークに追加

花いっぱいプロジェクトpart2

2014年11月24日 | 子どもたちの活動

 22日(土)、池田土木事務所の方も応援に来てくださり、「みんなで育てる 花いっぱいプロジェクト」の本年度第2回目を行いました。9月にプラグ苗からポット苗に植えかえた苗が育ち、地域の代表の方へお渡しするとともに、校内と地域への出荷式を行いました。

  

  

やまもも公園は、雑草が生い茂っていて、それを抜き、耕すところから始め、2か所にきれいに植えつけました。

  

  

4丁目は、通学路である大阪大学の駐輪場近くと低区配水地近くに設置したプランターに植え、みんなに見てもらえるようにしました。

  

  

校内は中庭に並べ植えました。

  

みんなで記念撮影もしました。ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございました。


この記事をはてなブックマークに追加

「仕事」を体験してみよう。 ~8年生・職場体験2日目~

2014年11月21日 | 子どもたちの活動

>> 8年生、2日間の職場体験学習が無事に終わりました!
 
 先日19日の記事でもご紹介しましたとおり、8年生の2日間の職場体験学習が無事に終わりました。ご協力いただきました各事業所・施設の皆様には厚く御礼申し上げます。

 
  
 さて、上の写真は2日目に撮影したお仕事の様子です。どんな「仕事」か、みなさんは分かりますか?

 来月、職場体験した仕事について発表をする予定です。お楽しみに!


この記事をはてなブックマークに追加

りんごの木の活動

2014年11月20日 | 子どもたちの活動

一年生では、朝の時間を活用して、読み語りグループ「りんごの木」さんに

絵本を読んでもらっています。みんなの目と耳は釘付けです。

いつもありがとうございます。

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

WORKING! ~8年生・職場体験(1日目)~

2014年11月19日 | 子どもたちの活動

>> 8年生、職場体験学習中!!
   
 8年生では19日・20日の2日間、キャリア教育の一貫として「職場体験」学習をしています。今年度は約20ヶ所の事業所・施設のご協力のもと、子どもたちがそれぞれの職場で、職業や仕事の実際について体験したり、働く人々と接したりすることで、「働く」ことや「仕事」について勉強しています。

 次の写真では、どんなお仕事を体験しているか、みなさんは分かりますか? 
  
  


この記事をはてなブックマークに追加

4年生自転車安全教室(11月18日)

2014年11月18日 | 子どもたちの活動

本日、箕面警察署および箕面市教育委員会から講師をお招きして、4年生対象の自転車安全教室が開かれました。

最初に多目的室で箕面警察署の方から、自転車の安全な乗り方について講習を受けました。

箕面署の管内で1年間に五百件を超える交通事故があること、そのうちの約五分の一が自転車が関係した事故であること、さらにそのほとんどが交差点での事故であることなどを教えてもらいました。

見通しの悪い交差点では、必ず止まって左右の安全確認をすることが大切です。

横断歩道のある交差点では、必ず自転車を降りてから交差点に進入すること。

自動車の運転手さんには死角(見えない部分)があるので、みんなの姿が見えていないかもしれません。車の近くを通るときには十分注意してください。

などなど、教えていただきました。

    

その後、運動場で、乗る前の点検の大切さを教えていただきました。

『ハラブタベサ』です。

ハ・・・ハンドル。ラ・・・ライト。ブ・・・ブレーキ。タ・・・タイヤ。べ・・・ベル。サ・・・サドル

そのなかで、ライトやベルの役割についても話していただきました。ライトは自分が見やすくなるだけでなく、自分の存在をほかの人に知らせる役割があること。また、ベルも歩行者が邪魔な時に使うものではなく、自分の存在をほかに知らせるときに使うものであることがわかりました。

    

その後、実技研修を行いました。交差点や踏切の通過の仕方について運動場に作ったコースでやってみました。

        

最後に、自転車も加害者になりうること。歩行者にけがをさせた小学生が、多額(約9500万円)の損害賠償を請求されたことなども教えていただきました。

今日学習したことを忘れず。自転車に乗るときは十分に注意して乗ってください。

 


この記事をはてなブックマークに追加

マーケティングから販路開拓をしてみよう。~8年(総合)~

2014年11月17日 | 子どもたちの活動

>> マーケティング→商品開発→製造→販売・営業。
 
 
10月17日の記事で、「製造業について知る」というテーマで講義をしていただきましたが、そのなかで生徒から「マーケティングって何なの?」という声が出てきたことから、クラスでマーケティングから販売までを体験してみることになりました。

その1. 市場調査(マーケティング)をしてみよう。
その2. 商品開発をしてみよう。

  
 この頃、経済学や統計学関係の雑誌や新聞などで話題にあがる「ビッグデータ」「データマイニング」といった言葉。そうした言葉は、まず「顧客がどんなものを欲しいのか」を知るマーケティング(市場調査)が基になります。
 授業では、実際にクラスの全員に「どんなものが欲しい」のかアンケートを取って、どんな商品が売れるのかリサーチしてみることにしてみました。そして、班(会社)別に分かれて、どんな商品を売ればよいか作戦会議をたてることに。
 商品開発をするなかで、「アンケート結果で、みんなが欲しいものの1位は〇〇だけど、これで商品をつくったとしても、他社と競合しちゃうよね・・・。」といったような声も。

その3. 商品開発から企画プレゼンに向けて、会議をしよう。
 
 多くの時間を割いたのが、商品開発から企画プレゼンに向けてです。商品開発でも、開発経費やどの程度の利益を得るか、など考えなければならないことは数多くあります。さらに販売するにしても、どのような広告だとより効果的か、どのようにプレゼンをすればよいか・・・、などなど、各班(会社)ごとに特徴ある開発を続けます。

その4. 企画プレゼンをしよう。
 
 「自社の商品を如何に魅力的なものに見せるか」で重要になってくる企画プレゼン。キャッチフレーズをつくったり、覚えやすい商品名にしたり、様々な工夫をしていました。プレゼンが終わったあとも、如何に自社の商品が良いかの「営業」をしている生徒もいました。

 8年生が開発した商品が↓ こちら。 みなさんはどんな商品がほしいですか?


 


この記事をはてなブックマークに追加

第33回箕面市青少年弁論大会

2014年11月16日 | 子どもたちの活動

11/15(土)13時から箕面市立多世代交流センターにおいて、市内の中学生16名の

参加による青少年弁論大会がありました。

どの子もすごく上手で、年々レベルアップしているようです。

学園からも3名が参加し、心打たれるスピーチを堂々と語り、本当に立派でした。

          

                 

            

 


この記事をはてなブックマークに追加