Saitolab 「なにもせんほうがええ」

40にして迷い道くねくね、目の前が暗くなる。

Dyson DC48 修理ふたたび

2017年06月19日 23時21分07秒 | 修理・工作・技術
約1年前にホースコネクター部が接触不良(断線)となり修理に出したダイソンDC48が故障した。使用中に焦げ臭い匂いがするようになり最後はウンともスンともいわずご臨終。モーター内部の汚れかグリス切れで回転負荷が増し温度ヒューズでも切れたかも。妻がカスタマーに修理相談したところ購入店の保険が残っているかも知れないので問い合わせてみてはとアドバイスをいただく。そこで購入店のケーズデンキに問い合わせてみたところ5年保証に加入していたことが判明。そんなことすっかり忘れていた。忘れていたからこそホースコネクター部の不具合も1万円の有償修理に出していたのだ。5年保証とはいえ幾ばくかの有償修理も覚悟してケーズデンキに修理持ち込みする。修理中はサブ機となっていたDC08を代打に使う。約1週間待って修理完了の連絡を受ける。果たしてアッセンブリ単位で7個ほどパーツ交換され返却されてきた。修理代金はロハで済んでひと安心。折角清掃したパーツもクリアビンごと新品になっていた。アッセンブリ単位でまるごと交換修理はユーザーにとっては嬉しいことだけど、エコロジーではないですね。
『家電』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨ふりサーカス | トップ | ハンドスピナー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。