Saitolab 「なにもせんほうがええ」

40にして迷い道くねくね、目の前が暗くなる。

秋しらす

2016年10月15日 23時15分12秒 | ロードバイク・クロスバイク
9月に走った茅ヶ崎では売り切れで断念した生しらす。リベンジで再び江の島へ。ネットで情報を集め腰越漁港前の「しらすや」に目星をつける。店に到着するも大勢の先客が店頭に並ぶ。漏れ聞こえる会話から1時間待ちらしい。1時間のロスは耐えられず並ぶことを諦める。江の島に戻りかけて2件隣の船宿「池田丸」にもしらす料理があることに気付く。こちらも待っている客はいるが「しらすや」ほどではない。待ちリストに名前を告げ1階の店内で待つ。実際10分足らずで3階の座敷に通される。注文したのは二色丼定食。生しらす、釜揚げしらすが丼ぶりにのる。それぞれ生姜と大根おろしに醤油でいただく。朝に揚ったばかりの新鮮な生しらすは透明でプリプリ。くさみもまったく無い。そして生しらすと共に出された小鉢の浜トロ「アカモク」(海藻)もよかった。三杯酢との相性もよくオクラのような粘りがありツルツルとした喉ごし。なんとも健康的なメニュー。目的も達成できたのでそのまま引き返し、途中寄り道してスーパー銭湯の湯船に沈む。あとで教えられた情報では、今日は「ふじさわ江の島花火大会」だったようだ。どうりで人出が多いと思った。因みに船宿「池田丸」向かいの腰越漁港は映画「天国と地獄」でも犯人追跡の重要なポイントとなるロケなのだ。本日の走行距離58.54km 走行時間2時間35分 ロード積算9878.2km。
ジャンル:
自転車
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 総帆展帆 | トップ | 知らない路地を曲がるとき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。