Saitolab 「なにもせんほうがええ」

40にして迷い道くねくね、目の前が暗くなる。

増太郎クラフトハサミ

2017年08月13日 21時40分15秒 | 修理・工作・技術
製造中止となり入手できなかった東鋏・増太郎裁鋏製作所のクラフトハサミを入手した。1972年頃のNOS(New Old Stock)だった。実に半世紀近くを眠っていたことになる。増太郎はこれで2本目となる。幸いなことに商品の状態はたいへん良い。早速、油を差してメンテナンスを行う。研ぎ直しの必要もなく鋭い切れ味でボール紙もスパスパ切れた。クラフトハサミとは謳っているが造りは正しく裁ちばさみのそれだった。道具としての切れ味、手応え、質感は100円ショップのそれとは較ぶべくもない。本当は子供にこそこういう道具を持たせるべきなのかも知れない。
『手芸』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハードボイルドだど | トップ | 66年前の日本 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。