ようこそ埼玉自治体問題研究所へ!

埼玉県での地域やまちづくりに役立ててください。
いろいろな情報を発信しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

原発事故から5年9か月の南相馬市を訪ねて その1(K)

2016-12-07 | 震災と原発
避難指示解除で住民の意識は

 12月1~3日、原発事故から5年9か月になろうとする南相馬市を訪れました。訪問先は避難先の鹿島区にある仮設の小学校、福島第一原発から20㎞圏内の南相馬市小高区の現状、鹿島区にある仮設住宅、小高から転居して鹿島区で花屋を始めた人でした。

 下図は避難指示区域です。H28.7.12から、南相馬市の南部の小高区は避難指示解除準備区域と居住制限区域でした。

 2016年7月12日に、居住制限区域と避難指示解除準備区域が一気に解除されることになりました。解除の要件は
1.空間線量率で推定された年間積算線量が20ミリシーベルト以下になることが確実であること
2.電気、ガス、上下水道、主要交通網、通信など日常生活に必須なインフラや医療・介護・郵便などの生活関連サービスが概ね復旧すること、子どもの生活環境を中心とする除染作業が十分に進捗すること
3.県、市町村、住民との十分な協議
(「原子力災害からの福島復興の加速に向けて」改訂) (平成27年6月12日原子力災害対策本部決定・閣議決定)(抄)
とされました。
 つまり、これまで一時帰宅や製造業・農業の再会等は認められるものの宿泊は禁止されていた地域が、今回は20ミリシーベルト以下であれば、居住しても良いと規制緩和され居住制限が解除されました。20ミリシーベルトであっても住め、戻れと言うのです。
 ICRP(国際放射線防護委員会)は一般の人は1年間で1ミリシーベルト以下と線量限度が定めています。そして、20ミリシーベルトいうのは、緊急時の公衆の被爆レベル、あるいは放射線作業に従事する作業者についての線量限度で、5年間が限度です。20ミリシーベルト以下であれば、居住しても良い、などと言えるものではありません。


 津波の被害の5年9か月たっても手が付けられていない。

避難先の仮設小学校、何%の子どもが通っているか
 最初の訪問は仮設小学校です。校長先生が説明、案内してくれました。
南相馬市は南から小高区、原町区、鹿島区の3つに分かれています。南にある小高区は、福島第一原発から20キロ圏内で避難指示解除準備区域、すなわち年間1ミリシーベルト以上20ミリシーベルト以下の地域でした。20キロ圏~30キロ圏内の原町区や30キロ以上の鹿島区は避難指示区域に指定されてきませんでした。この区分は住民の避難状況や小中学校の在籍児童生徒数に現れています。


小学校の在籍率

 3.11東日本大震災・原発事故の年は、避難指示の出なかった原町区、鹿島区の小学校はそのまま存続しました。しかし、20キロ圏内の小高区の4つの小学校は移動を迫られ、鹿島区内の3つの小学校に分かれて移動することになります。
 4月22日、市の北部の鹿島区のそれぞれの小学校において始業式が行われ、その小学校内で授業が始まりました。そして、11月には鹿島小校庭に仮設小学校が作られ、4つの小学校はそこに移動しました。さらに、翌年4月からは鹿島中学校校庭に仮設校舎が建てられ、そこで4つの小学校の授業が再開されることになりました。小高区の中学校は鹿島区内の鹿島小学校校庭に作られた仮設校舎で授業が再開されました。H26年11月には仮設体育館も作られました。
 平成23年以降、クラスは一部まとめられました。市外に避難して学校に来られない子どもたちも多く、小高区の小学校在籍率は予定数の20数%と低く、1クラスに2人あるいは3人の教師が授業に当たると言うことも行われてきました。
 しかし平成28年度から小高区の各小学校は統合され、校長も一人になりました。学級数を合同することによって教室が空き、特別教室も作ることができました。
 今年度は3学期が終わった後に小高小に戻ります。来年入学する1年生は4校合わせて3名の予定です。
 これからの課題の一つに卒業生の問題があります。仮設住宅があるので鹿島中に転校しようか、あるいは仮設の家では隣の音がするので引っ越ししようか、引越しのお金はどうしようかなど、それぞれの家によって様々な問題を抱えています。だから6年生の子は、来年はどこへ行くとは話しません。
 小高に住んでいいと言うけれども今は線量が高い。校庭でも0.14から0.15あります。原町中央公民館も0.2と高い。運動は校庭で行いますが、ハイキングはバスで仙台に行きます。近くの公園も同じ線量です。花壇については土を農協で買ってきてプランターで栽培しています。

*心配な線量に児童数はどこまで回復するのか。親と子の悩みはまだまだ続きそうです。安心して学べるためには線量を1ミリシーベルト以下になってから地域の制限を解除することが何よりも大事だと思いました。そうでないと生産される野菜が心配、風評被害も広がる、健康も心配。こんな状況下では住人も戻らず、商店も成り立ちません。買い物もできなければ人は戻ってきません。

次回は仮設住宅での思いなど
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原発再稼働と投票 新潟県知... | トップ | 原発事故から5年9か月の南相... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

震災と原発」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。