瓦礫の島の「穴埋立地」

模型の製作日記や映像の私的感想を掲載しています。ネタバレもありますので未見の作品は注意して御読み下さい。

ラクガキ、その10。

2016年10月31日 | 模型
10月に入ってからのラクガキ設定です。
9月末から10月の間は仕事のスケジュールが
びっしりと詰まっています。
そんな中でも、気晴らしにペンを握っています。

下書きを描いたら、次は零士メーターが付いたボールを描きます。
凄く、めんどくさい。
しかしながら、当時の松本零士先生や零時社の方たちは
一つずつ描いていたのが驚愕です。
しかしながら、今はデジタルで描ける世の中です。
浦沢直樹の漫勉でも高橋ツトム先生の話で勉強になったのが、
一人で作業している限りはデジタルもアナログも駆使する。
作業にこだわる必要はなく結果にこだわると言う事。
ですので、大まかな形は手で書きますが、
後の作業はパソコンで合成していきます。
良く考えてみると、昔の零時社もゼロックスが導入された時は
見開き一面にアルカディア号のコピーを貼ってたりしてましたね。



ブログランキングに一票を~
下のロゴを「プチっと!クリックよろしく~」
(^-^p
人気ブログランキングへ
ジャンル:
模型
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラクガキ、その9。 | トップ | ラクガキ、その11。 »
最近の画像もっと見る

模型」カテゴリの最新記事