瓦礫の島の「穴埋立地」

模型の製作日記や映像の私的感想を掲載しています。ネタバレもありますので未見の作品は注意して御読み下さい。

可動おいどん、2.

2017年02月09日 | 模型
ジロー模型で販売予定の
「男おいどん」が松本零士先生の原型監修を頂いたそうです。
原型を担当した館長さんも申請したジロー模型さんも御喜びの様子です。
と言う事で、色見本用のテストショットを頂いたのですが、
そのまま塗装するよりも以前から考えていた
「ガレージキットの簡易可動化実験」をやりたいと思います。




可動パーツを仕込む箇所を検討します。
全ての関節にパーツを入れても原型の良さが消えます。
ですので、腕と股関節のみにします。



膝足首はあえて関節は入れませんでした。
キャラクターの特徴である
股関節のガニ股は残して関節を入れました。
腕は表情が出るくらいですかね。



関節を切ってそこにジョイントパーツを入れるのは
普通に切っただけでは手足が長くなります。
ですので、ある程度は切り詰めるのですが、
おそらく、そこの見極めが難しい気がします。
私は経験上でカンで切りましたが
両手脚の長さを左右対称に測りだして作業が良いでしょう。



可動範囲は少なくても
十二分に雰囲気を壊さずに関節の動きを出せた感じ。



パーツ構成は、こんな感じですかね。



コスモガンを持たせるとワダチですねー




けっきょくは、フル可動が目的では無く
飾って固定ポーズしかできないフィギュアを
少しでも動かしてポーズを変えて楽しむ事が目的です。
ガレキフィギュアは制作が塗装を終えたら
固定ポーズで飾って楽しむモノですが、
少しくらい動いても良いかな?と思って制作しました。



さてと、ワンフェスにオモチャとして持って行きます。




ブログランキングに一票を~
下のロゴを「プチっと!クリックよろしく~」
(^-^p
人気ブログランキングへ
『フィギュア』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 可動おいどん、1 | トップ | レディ写楽、1話あらすじ。 »
最近の画像もっと見る

模型」カテゴリの最新記事