瓦礫の島の「穴埋立地」

模型の製作日記や映像の私的感想を掲載しています。ネタバレもありますので未見の作品は注意して御読み下さい。

三集のレイアウト、その2。

2016年08月25日 | 模型
表紙の絵ができました。
これは、ガレージキットの
パッケージ絵として描いたモノです。
とりあえず、これを使用します。



今回のキット内容は前回よりパーツ点数は多いですが
作りやすさは良くなっています。
特に顔に関しては髪の毛をパーツ分割したので
塗装しやすくなっています。



表紙と裏表紙ができました。
やはり、表紙絵を入れると完成した感がでます。
一応、パッケージ画を表紙にしましたが、
まだ、時間があるので他の絵柄を
今後描いてみて差し替えるかもしれません。



目次も作ってみました。
今回はモノクロ絵も入れてますので
メリハリが出ていると思います。
さてと、キット解説書と4集を作る準備もしようかな~。
だいたい、こんなペースで進めるのが
自分的には楽なようです。
模型と言うのはドンドンと
数を作れば良いというものでも無い年齢になったという事と
自分がまず納得するモノを作って仕上げる事が大切だと思います。
もう、習作を重ねる年齢では無いという事ですね。



ブログランキングに一票を~
下のロゴを「プチっと!クリックよろしく~」
(^-^p
人気ブログランキングへ


この記事をはてなブックマークに追加

最近観た映画。

2016年08月24日 | 模型
最近観た映画と言うと、何かと話題の「ゴジラ」。
まずは、結論から言うと「良くできた娯楽映画」。
色々な映画ジャンル枠にはめられない物語だと思います。
今までの怪獣パニック映画や、怪獣同士が戦う映画とは
全く違う新しい映像作品だと思う。




映画で鑑賞して観る十二分な作品といえます。
しかしながら、その映画を宣伝する方法が少し問題があった気がする。
「ネタバレ注意」
おそらく、映画鑑賞者のSNSでのネタバレを
逆手に取った歌い文句コピーライトでしょうか?
この事により、当然ながら「観た人が何時、ネタバレしていいの?」と言う雰囲気がSNSで蔓延しました。
そう言う雰囲気はレンタルやテレビで放送するまで観ない、
又は時間の都合で観にいけないと思っていた人にも伝わったと思う。
各館上映が終わった途端に一気にネタバレされると言う嫌な空気になった気がする。
正直言って、私は「エヴァ」もテレビで観る程度のファンだし
怪獣映画も同様レベルのライトユーザーだ。
(その割には、特撮ファン並みの知識はある但し知識と好み違う)
ましてや時間的に映画館に足を運ぶ余裕も惜しいと感じるライフスタイル。
今回のこの風潮より、ネタバレされるくらいなら映画館で観ないと
自分だけ取り残されて損なのではないかと言う気分になった。
TLに流れるツィートをミュートするより観た方が楽だと思った。
誰のせいでも無い。
自己責任で観た。
その感想が「良くできた映画」だった、
でも、テレビで観ても十二分だったなのだが…。
それでも、心が気が楽になった。
映画の面白みを堪能するより、
SNSで気になっていた五月蝿い描き込みが気にならなくなり
心から消えて晴れ晴れした。



さてとやはりと言うか、そろそろネタバレどころか
批判の文章もSNSで見かける。
近年のガルパンの大ヒットに続いての
コアな特撮アニメ畑の人達の作品なのだろうか?
酷評が同じ様な映画アニメ関係の人達からも出ている。
私は、お金を払った分だけエンドユーザー批評はしても良いと思う。
しかしながら、払った分以上に一方的な酷評は
正当な批評とは言えないとも思う。
なんでも、ほどほどが一番なのだが、
それによって、支持派と批判派が出て争う様な映画批評は寂しい限り。
それにしても、「ネタバレ注意」と言うのは、
本当はエンドユーザーの自主性の委ねても良かった思う。
かのアニメを観た人の「ガルパンいいぞ。」と同じに、
今回のゴジラはいいぞと言う一言で良かったのでは無いか?
「面白かった。」
その一言で十分ではないか?
自分は、振り回されずに自分の感性を保つように心がけたいと思う。


ブログランキングに一票を~
下のロゴを「プチっと!クリックよろしく~」
(^-^p
人気ブログランキングへ


この記事をはてなブックマークに追加

三集のレイアウト、1。

2016年08月23日 | 模型
暑さと湿度とと台風のおかげで
趣味も何もかも夏バテ気なします。

エスパーさん設定集の3集のレイアウトをやっています。



まずは、色をつけたイラストに文字を入れて
プリントアウトしてみます。
紙にならないと見えてこない気がします。



パソコンの画面では解らなかったモノが
紙になってページをめくると解るきがします。
完全に昔の感覚でしょうが、
最終的に紙媒体としての配布を考えると
ページをめくるのとスクロールするのは違うと思い、
やはり刷ってみないと文字の多さや
イラストの見栄えが解りませんよね。



ブログランキングに一票を~
下のロゴを「プチっと!クリックよろしく~」
(^-^p
人気ブログランキングへ



この記事をはてなブックマークに追加

ガミラスさん設定。

2016年08月22日 | 模型
エスパーさんイラスト第三集の設定補足です。
覚書としてもブログにしておきます。

ガミラス人の肌色の変化について
惑星国家として栄耀栄華を極めたイスカンダル星人は、
植民地化した惑星文明を統治する為に戦闘に特化した種族を
遺伝子操作で生みだし彼らに統治管理させていた。
後のガミラス統合惑星軍国家である。
ゲルマン・ガミラス人を母体とする彼らはアルコールと微量の放射性物質を
含んだ大気中で生活している。しかし、他の惑星大気での順応適合も可能である。
アルコールを含まない地球型の大気中では肌色が紫からペールオレンジに変化する。



ブログランキングに一票を~
下のロゴを「プチっと!クリックよろしく~」
(^-^p
人気ブログランキングへ



この記事をはてなブックマークに追加

モノクロ原稿の仕上げ。

2016年08月21日 | 模型
次回のエスパーさん本で一番描きたくない
イラストの背景に合わせるキャラが描けたので
さっそくパソコンで合成してみました。



昔の漫画家さんはゼロックスと言うメーカの
コピー機を使っていました。
今では普通ですが縮小拡大が使えるコピー機は
今のスーパーパソコン並みに凄い機械でした。
当時の漫画家さんでも持っている方は少なく
零時社ではゼロックスを駆使して
複雑なメカを拡大縮小し原稿に貼り合わせていたようです。



サテライザーと、そのコクピット解説のページです。
ここは、あえて雰囲気重視でモノクロとします。




ブログランキングに一票を~
下のロゴを「プチっと!クリックよろしく~」
(^-^p
人気ブログランキングへ



この記事をはてなブックマークに追加