さいたま赤十字病院呼吸器内科 『こちら彩の国 呼吸器科』

さいたま市近隣での呼吸器診療に興味のある、
若手医師、医学生の見学(平日)を歓迎します。ご連絡ください。

アレルギー性気管支肺アスペルギルス症における高吸収粘液栓

2017年07月23日 | カンファレンス室

昨日第9回慈恵呼吸器疾患診断カンファレンスに参加させていただきました。本カンファレンスは2部構成になっており、前半が症例検討、後半が特別講演でした。

前半に4例の症例検討が行われたのですが、4例とも非常に難易度が高く、1例1例が本当に勉強になりました。

そのなかの1例で、胸部CTにて気管支内に高吸収粘液栓を認めたアレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA)の症例がありました。ABPAにおいてこの高吸収粘液栓(high-attenuation mucus:以下HAM)は18.7~30%に認められる所見とされています。アスペルギルス含め真菌アレルギーによる鉄、マンガン、カルシウム、濃縮された分泌物により高吸収域(骨格筋より高いCT値)になり、ABPAにおけるHAMの感度が39.7%、特異度が100%ですから、HAMを見つけられればABPAの診断間違いなしということになります。是非とも注目していただけたらと思います。もちろん、単なるhigh-attenuationを探すのではなく、その病変が気管支内病変か否かという検討はきちんと行わなければいけないのは当然です。「気管支内HAMを見たらABPAを強く疑え!」是非とも覚えてくださいね。

最近当院でもHAMを認めたABPA症例を経験したので、胸部単純CT画像を紹介します。

右B7領域の気管内に立派なHAMおよび無気肺があるのはお分かりかと思います。とても美しいHAMのCT所見と思います。

カンファレンスの症例に戻ると、紹介された画像は造影CTのみで単純CTの提示がなかったので、本当にHAMなのか?造影されてHAMに見えるのか?との議論が少しありました。

当院の症例、単純CTでは典型的なHAMを認めていると思いますが、造影CTはどうでしょうか?

なんと右S7全体が淡い造影効果を示し、単純CTにて認めたHAMは不明瞭になっているではないですか?HAM周囲の肺は容積減少(無気肺)を呈しており、無気肺は非常によく造影されてしまい、HAMが見えなくなってしまったわけです。ABPAの特徴的組織所見(気管支内粘液栓+無気肺)から考えると、造影した方がHAMが不明瞭になることは納得いただけるかと思います。

胸部CT所見の読影、つい造影CTの方に目が行ってしまいますが、造影CTのみでなく、単純CTにも目を向けてくださいね。

また時間が許せば、次回のカンファレンスも参加したいと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チェストカンファレンス(胸... | トップ | チェストカンファレンス(胸... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

カンファレンス室」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。