臍帯血バンク・シービーシーの犯罪履歴

臍帯血バンク・シービーシーの未公開株詐欺・振り込め詐欺の被害者さま臍帯血保管された皆さまへ

臍帯血バンク 人の命を救う野添泰史へ

2015-12-31 19:09:43 | 日記



有限会社ラ・ポールの代表取締役
野添泰史
私とは1回も電話で話したことがないが
このような胡散臭い者が
再生医療医療など語るな。
汚らわしい。



横浜地裁判決文より。

住居所不明
(最終の就業場所 横浜市港北区新横浜二丁目2版3号
 新横浜第1竹生ビル5F 株式会社シービーシー)




散々虚偽告知を行い。
消費者を騙した
株式会社 フューチャー イング・ゲート・クボタ(FGK)の代理店
犯罪組織にだれが好き好んで臍帯血など
保管するか。
なにが多大な損害を被りましただ。




「FGK」代理店からの陳述書
甲第23号証
陳述書
平成27年4月14日
東京地方裁判所民事部44部 御中

住所 沖縄県宜野湾市上原1-5-13
氏名 野添泰史 印


1 私は、有限会社ラ・ポールの代表取締役です。
  平成23年3月、ラ・ポールは、民間の臍帯血バンクを営業していた
  株式会社シービーシーの総代理店であった
  株式会社フューチャー イング・ゲート・クボタ
  と代理店契約を結んで、臍帯血バンクの契約者を勧誘する
  事業をしていました。


2 平成24年6月ころ、突然、私の関連事業であるカフェの店舗に、
  出口*という人物から、電話があり、シービーシーの未公開株詐欺にあった

  というようなことを、執拗に話していました。
  それもカフェの一番の稼ぎ時である土曜日の昼ころに毎週のように連続して
  かけてくるので大変に迷惑しました。
  また、同時に、落書きのように書き綴った書面のファックスが延々と
  送られてきました。
  その内容は、シービーシーとFGKはぐるになって詐欺をしているとか、臍帯血の
  保管などされていない、そのお金も騙し取られているというようなものでした。
  私は、あまりに執拗な電話に
  「これ以上電話や嫌がらせをされるなら、警察に連絡しますよ」
  と言って電話を切りました。



3 私としては、臍帯血バンクというものは人の命を救う非常に意義のある
  ものだと考え、希望をもって推進していこうとしていたわけですから
  このような嫌がらせを受けて大変に困りました。
  また、当社が開拓したリーフレット設置店にも、同じような内容の
  ファックスを送るという嫌がらせをされ、リーフレットの設置を断られて
  しまう店もありました。
  本当に腹立たしい気持ちです。
                         以上



臍帯血バンクというものは人の命を救う非常に意義のある
ものだと考えてるなら、調べ顧客に知らせてください。
営利目的の代理店





・FGK
23年臍帯血バンク事業報告書より。
代理店募集開始時より、
全国800店として進めさせていただいておりましたが・・・
現状のペースでは今期分からのお支払いが不可能と判断、
1次募集として400で区切る事により今期分でのお支払い開始を
目指しております。

9月30日時点で、全国の代理店登録数は253店、
400代理店達成まで残り147となっております。
11月末までに400代理店を達成する為、お一人の紹介でも皆様のご協力を
いただければと思います。
12月の公告番組の放映を控え、必ず11月末までに400代理店を
構築する必要があります。
400代理店とは、競合他社との差別化としてCBC社が全国に
代理店惘が整っており、
搬送業務等を行っている事を示す説得力の有る数であり、
番組内容にも全国400代理店による
サポート体制として作成されています。
そこで、代理店の皆様のお力添えを頂くべく、キャンペーンを行わさせて頂きます。
期間2011年10月~2011年11月30日
内容 期間内に代理店をご紹介頂いた際の紹介手数料に、
以下の金額を加算させて頂きます。

  期間中 1人目紹介   +10、000加算   40、000円お支払い
      2人目紹介   +20、000加算   50、000円お支払い   
      3人目紹介   +30、000加算   60、000円お支払い
      4人目紹介   +40、000加算   70、000円お支払い
      5人目紹介   +50、000加算   80、000円お支払い

*期間内に5人新たにご紹介頂いた場合、通常15万円の紹介手数料お支払いの所、
30万円のお支払いとさせて頂きます。
5名以上達成の方にはイベントも企画しておりますので、詳細が決まり次第FGKホームページ内、
代理店様向けページ及びメール二ユースにてお知らせ致します。




{スターターキット}
・臍帯血個人保管業務委託代理店登録料は(税込)398、000円です。
 さい帯血代理店IDの発行
 さい帯血個人保管予約券(20年間保管コース)1枚
 CBCロゴ入り名刺100枚(印刷込み)


・登録方法追加(B登録)について
現在、代理店登録(通常)にはさい帯血予約券が付随しております。
これは、さい帯血に関する多くの事を経験していただき、臍帯血バンク事業の
意義を感じていただくと共に、予約券を妊婦様に販売していただく事で
最大30万円の利益が得られ、事業開始資金の回収を速やかに行う為のものです。
しかしながら多くの方々に代理店として登録頂く中で、周囲にご出産される
方がいらっしゃらないなど予約券なしの契約も希望される方も多く、この度
予約券がついていない、登録料が
198、000円の臍帯血バンク代理店 B登録を開始させて頂く事となりました。

■手数料の種類
臍帯血個人保管のさい帯血バンク代理店の手数料は3種類です。


臍帯血保管予約券(20万円)を妊婦様に販売していただく事で
最大30万円の利益が得られ、
事業開始資金の回収を図れる。


・「FGK」さい帯血代理店システムガイド
3、全国相互活動分配手数料
当社の年間臍帯血個人保管契約件数から、
1契約につき5千円をプールして、販路拡大実績の貢献度に応じて
年間で1度、さい帯血代理店で比例分配し年度末の3月末日に支払うものとする。


*民間の臍帯血バンクであるシービーシーでは、
20年間保管プランの場合、
検査などにかかる費用がコスト度外視で15万円、
保管費用が1年7,500円で、
20年間合計30万円がかかります。

①「CBC」宍戸によれば
臍帯血保管1件につき、産婦人科医に5~6万円のバックマージン。

②私的臍帯血バンク
ときわメディックスの代理店
私的臍帯血バンクの「FGK」には
臍帯血保管契約1件につき手数料を含め概ね
12万5000円の報酬。


③保管契約、1契約につき5千円をプールして
「FGK」さい帯血代理店で比例分配。

④「FGK」代理店には1人臍帯血保管があると4万円バック

⑤代理店が代理店を見つけると3万円をバック

⑥妊婦さんが「FGK」と有料代理店契約をした場合
「FGK」有料代理店契約代理店登録料 
おおよそ 20万円弱 
臍帯血保管予約券  20万円
この
臍帯血保管予約券20万円を使い20年間の臍帯血保管ができる。
予約券を妊婦様に販売していただく事で
最大30万円の利益が得られる。


「FGK」代理店 福岡 亀山STUDIO
>さい帯血バンクの説明会を2月の2・3日に行います。 - 亀山STUDIO 福岡で
kameyama1031.blog103.fc2.com/?m&no=114
2011/01/23 - 亀山STUDIO 福岡で、さい帯血バンク㈱CBC正規代理店
代筆業(DM代筆可)・文章原稿作成・コピーライティング 校正・広告企画/制作編集・ .
合計すると30万円近くかかりますが、
>それがわずか8万円位で済む方法があります。 さい帯血と

*20年間の臍帯血保管30万円が
8万円でできる。


帯血保管施設(群馬県)までの輸送料が別途必要です。
保管施設(民間さい帯血バンク 医療法人常磐会)
最新設備を備えた医療法人常磐会は、日本で最も新しいさい帯血バンク。
日本初導入の幹細胞分離装置で自動的にさい帯血から幹細胞を取り出します。


>最新設備を備えた医療法人常磐会は、日本で最も新しいさい帯血バンク
医療法人常磐会の訴状には
古くて無価値と書かれている。

[ 会員特典 ]
全国福利厚生共済会を経由して指定のさい帯血バンクでさい帯血を保管した場合割引きいたします。
割引額はご利用者がお支払いされる検査諸費用の20%になります。







「CBC」の「衛生保健所認可」が24年1月27日に
休止となっている事を確認して下さい。

群馬県高崎保健所
027-381-6111に電話して
民間臍帯血バンク 株式会社シービーシーの「衛生保健所認可」は
休止となったのですか、など


切手台だけで「衛生保健所認可」の登録台帳請求で確認出来ます。

保健医療総務課に行政文書公開請求して下さい。
保健所事業の総括調整、各種統計、保健衛生統計、各種医療免許申請の受付事務
病院、診療所、助産所、施術所の許可や登録、薬局の開設の許可や登録
毒物劇物等に関する事務
お問い合わせ先
〒370-0829 高崎市高松町5番地28
高崎市総合保健センター4階
電話:027-381-6111
Eメール:hoken-soumu@city.takasaki.lg.jp
非公開手続がされているようなら
何らかの形で連絡いただければ、私が原本のコピーを送ります。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは詐欺会社
株式会社フューチャー イング・ゲート・クボタ
からの戯言なので
調べる必要なし。
公的バンクからも指摘注意が出ています。
する事が詐欺師らしいです。



・22年7月より、「CBC」と特別代理店契約をしている
株式会社 フューチャー イング・ゲート・クボタ(FGK)は
「CBC」での臍帯血 保管満期後は公的利用されると欺網し保管者を募っていた
公的利用はありません。
詐欺です。

>FGK  さい帯血バンク代理店システムガイド より
>Q   保管期間を満了した場合に延期を希望しなければ今まで保管した
     臍帯血はどうなりますか
>A   契約終了時に、焼却処分か研究
     公的利用のどちらかをえらんでいただきます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「CBC」の臍帯血検査体制 ,衛生保健所認可51号に必要な指導監督医は
・21年2月12日から23年5月22日までの間、 指導監督医の医者はいなかった。
もと群馬赤十字技術部長で 民間臍帯血バンク シービーシー臍帯血高崎保管所所長
亀山憲昭が 知り合いの医師の名前だけ利用していた。



・23年5月23日から
大阪 大正区 常磐会 ときわ病院の医師  中川泰一が指導監督医 となったが、
・24年1月27日「CBC」の衛生保健所認可51号は
休止届けが出されたが
中川泰一は休止になった事実も把握していなかった




「CBC」の臍帯血検査体制 ,衛生保健所認可51号に必要な指導監督医は
・21年2月12日から23年5月22日までの間、 指導監督医の医者はいなかった。
もと群馬赤十字技術部長で 民間臍帯血バンク シービーシー臍帯血高崎保管所所長
亀山憲昭が 知り合いの医師の名前だけ利用していた。
・23年5月23日から
大阪 大正区 常磐会 ときわ病院の医師  中川泰一が指導監督医 となったが、
・24年1月27日「CBC」の衛生保健所認可51号は
休止届けが出された 。が
中川泰一は「CBC」の衛生保健所認可51号の休止届けが出された事さえも
把握していなかった。
21年2月12日から、24年1月27日まで
衛生保健所認可51号に必要な指導監督医はいなかったと言える。

大阪大正区 医療法人常磐会グループ
株式会社 ときわメディックス 代表取締役
3代目「CBC」の指導監督医 中川泰一






26年12月5日 午前 2代目「CBC」の指導監督医 ***様よりTELあり

 「職員のメモを見て電話しました」
Q  どういう理由で「CBC」の指導監督医で辞めましたか。
A  今から5、6年前日赤の献血ルームに努めてまして、
 そのとき知り合った亀山憲昭さんに
   臍帯血の会社を立ち上げたっていうんですよ、そのときに私に声がかかって
   医師免許を持ってる人が必要だから名前貸してくれと言われ
   指導監督医になった事がある、
   その後 何の音沙汰もなく、現在までウンともスンとも言ってこない
   最初に契約してそれっきり、一切会社からも連絡はない。
Q  有料契約では?
A  はっきり言って多少の小遣いはくれるんだろうけど
   金のやり取りも全然ないんですよ。
Q  中川泰一さんがその後指導監督医になった経緯は知ってますか?
A  全然知らないですね、一切亀山さんとは音沙汰なしで、連絡なしです。

***医師は「CBC」の指導監督医になる契約はしたが
その後一切、亀山憲昭さんからも「CBC」からも連絡はなく
自分が本当に「CBC」の指導監督医だったのか、いつからそうなったのか
いつ辞めたのかも把握していませんでした。



公的さい帯血バンクに関わっていた人物 
亀山憲昭 と
医療従事者 大阪大正区 ときわ病院の医師
中川泰一による
さい帯血バンク「CBC」不正営業、ずさんな経営状況


民間臍帯血バンク シービーシー臍帯血高崎保管所所長だった
亀山憲昭は群馬赤十字で
公的さい帯血バンクに関わっていた人物、
大阪大正区 医療法人常磐会グループ
株式会社 ときわメディックス 代表取締役
3代目「CBC」の指導監督医 中川泰一
この人物らによる不正営業。
民間臍帯血バンク シービーシーで検査された血液等も
どんな検査がされていたか不明。
犯罪ではないのか。




亀山憲昭は**経済新聞社を騙し21年9月
「CBC」の不実な記事を書かせ
振り込め詐欺の準備をしていた。
22年2月より、本格y的に
犯罪組織と社員が共謀し
振り込め詐欺を繰り返した。
**経済新聞社もこの事で
「CBC」詐欺被害者からの問い合わせがあり、
弱っていたそうです。

22年9月私は亀山憲昭に出るよう電話やFAXで
何度も要求したが
でる事はなく、「CBC」を辞めたようだ。
群馬赤十字には沢山の「CBC」詐欺被害者からの問い合わせがあった
と聞いている。




中川泰一が「CBC」の衛生保健所認可51号の休止届けが出されたのを
把握していなかった事実は下記

・株式会社ときわメディックスから株式会社シービーシーサポート代理店に宛てた報告書
全文

株式会社シービーシーサポート代理店 様
日頃からさい帯血個人保管事業の普及活動をいただき有難うございます。
この度、高崎プロセッシングセンターの施設運営および臍血保存業務が株式会社シービーシーから
医療法人常磐会(以下、当法人)に移管されることになりました。業務内容は
変わらず継続いたしますのでご安心ください。
医療法人 常磐会から 臍帯血保管 業務移管のお知らせ
医療法人常磐会と申します。当法人は、
株式会社シービーシーの臍帯血保管施設である
高崎プロセッシングセンターの指導監督医 中川泰一医師が院長を務める医療法人でございます。
このたび、平成24年7月15日より、高崎プロセッシングセンターの施設運営および臍帯血保存業務が
株式会社シービーシーから医療法人常磐会(以下、当法人)に移管されることになりましたので
取り急ぎご挨拶申し上げます。
株式会社シービーシーの創業者で代表取締役社長である宍戸良元氏は、平成24年3月20日に
病死致しました(享年68歳)。その後、息子で取締役の宍戸大介氏が社長職を代行しておりましたが、
平成24年6月8日大動脈瘤破裂により急死致しました(享年44歳)。
創業者一族の
相次ぐ死去と取締役不在により、現在株式会社シービーシーは通常業務を休止している状況です。
この為、臍帯血保管を円滑に継続する為に、当法人が業務を引継ぐ事になりました。現在
高崎プロセッシングセンターでは、当法人により、臍帯血保管にかかわる業務が今までどおり
継続されております。また、業務移管にあたり、株式会社シービーシーとご契約された金額以外に、
新たな費用の負担を当法人がご契約者様にお願いすることはございません。
現在、当法人は、臍帯血保管事業を担う株式会社ときわメディックスを設立し業務体制が
スムーズに行っていけるよう進めております。
まずは、書面にて失礼いたします。
医療法人常磐会グループ
株式会社ときわメディックス
〒55-0013
大阪府大阪市大正区小林西1-1-1
医療法人 常磐会 ときわ病院内


「CBC」の衛生検査所の登録は平成24年1月27日に休止届けを提出
以後
中川泰一は指導監督医ではない



「CBC」での臍帯血検査項目には衛生保健所認可が必要だった事は以下のとおり。
衛生保健所認可の為に指導監督医が必要なのも以下のとおり。


医療法人常磐会グループ
株式会社 ときわメディックス 代表取締役
3代目「CBC」の指導監督医 中川泰一からの訴状では




事件の表示  平成26年(ワ)第1885号
大阪地方裁判所第11民事部準備手続室
原告
大阪市大正区小林一丁目1番1号
原告          株式会社ときわメディックス
同 代表取締役     中川泰一
大阪市大正区小林一丁目1番1号
原告          医療法人常磐会
同代表者理事長     中川博
被告          私
原告弁護士
清水陽平 (東京弁護士会所属・35526)


・「常磐会」からの訴状より。
 臍帯血保管事業を行う上で各種検査をする為には、
 登録衛生検査所としての許可を受ける必要があった。
 この許可のためには、人員構成として指導監督医を置く必要があり、
 訴外CBCにおいては原告常磐会の
 中川泰一がこれを務めていた。)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子供の命を守りたい、おけいさんへ②

2015-12-31 18:29:21 | 日記



出口氏の書き込み内容は、「CBCは振り込め詐欺を繰り返した反社会的行為を
した会社ですCBC未公開株被害者の方連絡ください」等、CBCが詐欺行為を
行ったというものでした。
そのような出口氏の書き込みに続き、「CBCの臍帯血はこの2年間近くは
実質、窪田が動かしていましたので、損害は窪田に請求できるかと」
という書き込みが行われていたため、書き込み欄全体をとおして読むと、
CBCが詐欺行為を行い、それに窪田氏が加担しているかのような印象を
与えるものとなっていました。



出口氏の書き込みに続き、
「CBCの臍帯血はこの2年間近くは
実質、窪田が動かしていましたので
損害は窪田に請求できるかと」


これは、私の書き込みですか?
なぜ、人の書き込みもくっつけるのですか。
イチャモンですか。



横浜地裁判決文より。

住居所不明
(最終の就業場所 横浜市港北区新横浜二丁目2版3号
 新横浜第1竹生ビル5F 株式会社シービーシー)





株式会社フューチャー イング・ゲート・クボタ
代理店からの

甲第21号証
陳述書





住所 
氏名 石川慶子 印

1 私は、平成23年11月、民間の臍帯血バンクを営業していた株式会社   
  シービーシーの総代理店であった 株式会社フューチャー イング・ゲート・クボタ
  と代理店契約を結んで、臍帯血バンクの契約者を勧誘する事業をしていましたが、
  出口*という人物から執拗な嫌がらせを受け、その営業活動ができなくなりましたので
  そのことについて述べます。

2 私は、代理店契約に基づき、臍帯血バンクのリーフレットを設置して
  もらえる医院や商店などを開拓するとともに、私がインターネット上で
  運営いている「おけいさんのブログ」というブログの中で、臍帯血バンク
  の重要性やその仕組みを書いて、契約希望者を募るという活動をしていました。
   ところが、平成24年7月末ころから、私のブログのコメント欄に出口氏が
  書き込みを行うようになりました。
   出口氏の書き込み内容は、「CBCは振り込め詐欺を繰り返した反社会的行為を
  した会社ですCBC未公開株被害者の方連絡ください」等、CBCが詐欺行為を
  行ったというものでした。
   そのような出口氏の書き込みに続き、「CBCの臍帯血はこの2年間近くは
  実質、窪田が動かしていましたので、損害は窪田に請求できるかと」
  という書き込みが行われていたため、書き込み欄全体をとおして読むと、
  CBCが詐欺行為を行い、それに窪田氏が加担しているかのような印象を
  与えるものとなっていました。
   
  私は、出口氏の書き込みがあまりにも執拗であったため、怖くなり、
  平成24年11月頃、世田谷警察署に相談に行きました。
  世田谷警察署の警察官から、「すぐに、書き込みを消した方が良い」と
  アドバイスを受けたので、出口氏の書き込み全てを削除しました。
   しかし、私が、出口氏の書き込みを削除すると、出口氏は、私のブログの
  コメント欄に「犯罪会社の仲間ですか」との書き込みを行い、
  私に対する中傷を行うようになりました。
  それに加え、出口氏は、私のブログ以外のインターネット上の掲示板にも、
  私が犯罪者の一味であるという趣旨の書き込みを繰り返し行いました。


3 以上のとおり、私は、FGKの代理店として営業活動をするために費用や
  時間を費やしたにもかかわらず、基本的かつ重要な活動方法である
  インターネットのブログを使うことができなくなってしまい多大な
  損害を被っております。
  私は、子供の命を守りたいとの思いから臍帯血事業を始めましたが
  出口氏の行為により、十分に事業を行うことができなくなりました。
  私は
  出口氏の行為を許すことができません。
                      以上


散々虚偽告知を行い。
消費者を騙した
株式会社 フューチャー イング・ゲート・クボタ(FGK)の代理店
犯罪組織にだれが好き好んで臍帯血など
保管するか。
なにが多大な損害を被りましただ。



下記「CBC」詐欺被害者は23年8月からの被害者です。
大阪大正区 ときわ病院が、「CBC」の臍帯血保管設備を
取得した後です。ばか親子や
詐欺師 窪田好宏が隠していただけです。




第4 損害
原告は、無価値である被告シービーシーの株式を1株25万円で**株
購入させられているので、購入代金合計****万円が損害となり、
さらにこのような劇場型未公開株式商法による被告弁償の訴訟は
弁護士に委任しなければ困難であるので弁護士費用***万5000円も
損害となり、合計****万5000円が損害となり、損害と同時に
遅延に陥り平成23年10月26日から支払い済みまで
5%の利息が発生する。

                     以上

別紙
口頭弁論終結の日 平成26年1月14日

第 1 当事者の表示
原告      ***
同訴訟代理人  ****

住居所不明
(最終の就業場所 横浜市港北区新横浜二丁目2版3号
 新横浜第1竹生ビル5F 株式会社シービーシー)



被告  松隈孝雄

第2 主文
1 被告は、原告に対し、****万5000円及びこれに対する
  平成23年10月26日から支払済みまで年5分の割合による
  金員を支払え


2 訴訟費用は被告の負担とする

3 この判決は仮に執行することができる。


・当裁判所(横浜地裁)の判断
弁論の全趣旨を総合すると、原告の、被告の従業員及びこれと意を通じた者から
被告が近日中に株式を上場する予定があり、未公開株である被告の株式が値上がり
確実である旨の虚偽の事実を告げられ
、これを買い受けてはどうかという
強い勧誘を受け、その旨の錯誤に陥った結果、被告から被告の株式**株
を順次買い受け、その対価として、別紙のとおり合計****万円を被告名義の
口座に順次送金し、被告に支払ったものであり、かつ、被告の事業の執行について
されたものと認めるのが相当である。

被告の主張は、上記説示したところ、とりわけ原告の送金先が被告名義の口座であること、
原告が被告の株式の譲渡対価以外に被告に支払うべき金員を有していたことを
うかがわせる事情は見当たらないことに照らし、採用することができない。
そうすると、被告は、民法715条1項に基づき上記の違法な勧誘行為の結果
原告に生じた損害を賠償すべき義務を負うというべきである。



債務名義の事件番号
平成25年(ワ)第936号
執行文
債権者は、債務者に対して、この債務名義により強制執行を
する事ができる。
平成26年2月4日
横浜地方裁判所第8民事部は係A
裁判所 書記官
遠藤 **
債権者  *****
(原告)
債務者  株式会社 シービーシー
(被告)

名称  株式会社シービーシー
本店  神奈川県横浜市港北区新横浜2-2-3 新横浜第1竹生ビル5F
代表取締役   宍戸 良元
          

合計
金 ****万480円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

平成25年(ワ)第936号
裁判官  嶋末 和秀
被告  株式会社シービーシーと役員 
松隈孝雄は

原告に対し****万5千円及びこれに対する
平成**年**月**日から支払い済みまで年5分の割合による金員を支払え
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子供の命を守りたい、おけいさんへ

2015-12-31 15:12:38 | 日記



私は、FGKの代理店として営業活動をするために費用や
時間を費やしたにもかかわらず、基本的かつ重要な活動方法である
インターネットのブログを使うことができなくなってしまい多大な
損害を被っております。




FGKに「CBC」の実態を隠され、
有料代理店となったのではないのですか、
それも、あなたが「CBC」をなにも調べず、
あなたが決断したのでしょう。
違法FXでもお金を預けたでしょう、、
窪田から被害を受けたのではないのですか。

インターネットのブログは
あなただけの情報を聞いた、
世田谷署がだしたアドバイスをあなたが聞き
決断した事でしょう。
私は要求していません。

この陳述書は未だに、あなたが「CBC」の確認もせず、
消費者を騙したままにしている証明みたいなものだと思います


今、移植が必要になったらどうするのですか。





散々虚偽告知を行い。
消費者を騙した
株式会社 フューチャー イング・ゲート・クボタ(FGK)の代理店
犯罪組織にだれが好き好んで臍帯血など
保管するか。
なにが多大な損害を被りましただ。



下記「CBC」詐欺被害者は23年8月からの被害者です。
大阪大正区 ときわ病院が、「CBC」の臍帯血保管設備を
取得した後です。ばか親子が隠していただけです。




第4 損害
原告は、無価値である被告シービーシーの株式を1株25万円で**株
購入させられているので、購入代金合計****万円が損害となり、
さらにこのような劇場型未公開株式商法による被告弁償の訴訟は
弁護士に委任しなければ困難であるので弁護士費用***万5000円も
損害となり、合計****万5000円が損害となり、損害と同時に
遅延に陥り平成23年10月26日から支払い済みまで
5%の利息が発生する。

                     以上

別紙
口頭弁論終結の日 平成26年1月14日

第 1 当事者の表示
原告      ***
同訴訟代理人  ****

住居所不明
(最終の就業場所 横浜市港北区新横浜二丁目2版3号
 新横浜第1竹生ビル5F 株式会社シービーシー)

被告  松隈孝雄

第2 主文
1 被告は、原告に対し、****万5000円及びこれに対する
  平成23年10月26日から支払済みまで年5分の割合による
  金員を支払え


2 訴訟費用は被告の負担とする

3 この判決は仮に執行することができる。


・当裁判所(横浜地裁)の判断
弁論の全趣旨を総合すると、原告の、被告の従業員及びこれと意を通じた者から
被告が近日中に株式を上場する予定があり、未公開株である被告の株式が値上がり
確実である旨の虚偽の事実を告げられ
、これを買い受けてはどうかという
強い勧誘を受け、その旨の錯誤に陥った結果、被告から被告の株式**株
を順次買い受け、その対価として、別紙のとおり合計****万円を被告名義の
口座に順次送金し、被告に支払ったものであり、かつ、被告の事業の執行について
されたものと認めるのが相当である。

被告の主張は、上記説示したところ、とりわけ原告の送金先が被告名義の口座であること、
原告が被告の株式の譲渡対価以外に被告に支払うべき金員を有していたことを
うかがわせる事情は見当たらないことに照らし、採用することができない。
そうすると、被告は、民法715条1項に基づき、上記の違法な勧誘行為の結果
原告に生じた損害を賠償すべき義務を負うというべきである。


債務名義の事件番号
平成25年(ワ)第936号
執行文
債権者は、債務者に対して、この債務名義により強制執行を
する事ができる。
平成26年2月4日
横浜地方裁判所第8民事部は係A
裁判所 書記官
遠藤 **
債権者  *****
(原告)
債務者  株式会社 シービーシー
(被告)

名称  株式会社シービーシー
本店  神奈川県横浜市港北区新横浜2-2-3 新横浜第1竹生ビル5F
代表取締役   宍戸 良元
          

合計
金 ****万480円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

平成25年(ワ)第936号
裁判官  嶋末 和秀
被告  株式会社シービーシーと役員 
松隈孝雄は

原告に対し****万5千円及びこれに対する
平成**年**月**日から支払い済みまで年5分の割合による金員を支払え





株式会社フューチャー イング・ゲート・クボタ
代理店からの

甲第21号証
陳述書





住所 
氏名 石川慶子 印

1 私は、平成23年11月、民間の臍帯血バンクを営業していた株式会社   
  シービーシーの総代理店であった 株式会社フューチャー イング・ゲート・クボタ
  と代理店契約を結んで、臍帯血バンクの契約者を勧誘する事業をしていましたが、
  出口*という人物から執拗な嫌がらせを受け、その営業活動ができなくなりましたので
  そのことについて述べます。
2 私は、代理店契約に基づき、臍帯血バンクのリーフレットを設置して
  もらえる医院や商店などを開拓するとともに
、私がインターネット上で
  運営いている「おけいさんのブログ」というブログの中で、臍帯血バンク
  の重要性やその仕組みを書いて、契約希望者を募るという活動をしていました。
   ところが、平成24年7月末ころから、私のブログのコメント欄に出口氏が
  書き込みを行うようになりました。
   出口氏の書き込み内容は、「CBCは振り込め詐欺を繰り返した反社会的行為を
  した会社です。」「CBC未公開株被害者の方連絡ください」等、CBCが詐欺行為を
  行ったというものでした。

   そのような出口氏の書き込みに続き、「CBCの臍帯血はこの2年間近くは
  実質、窪田が動かしていましたので、損害は窪田に請求できるかと」
  という書き込みが行われていたため、書き込み欄全体をとおして読むと、
  CBCが詐欺行為を行い、それに窪田氏が加担しているかのような印象を
  与えるものとなっていました。
   私は、出口氏の書き込みがあまりにも執拗であったため、怖くなり、
  平成24年11月頃、世田谷警察署に相談に行きました。
  世田谷警察署の警察官から、「すぐに、書き込みを消した方が良い」と
  アドバイスを受けたので、出口氏の書き込み全てを削除しました。
   しかし、私が、出口氏の書き込みを削除すると、出口氏は、私のブログの
  コメント欄に「犯罪会社の仲間ですか」との書き込みを行い、
  私に対する中傷を行うようになりました。
  それに加え、出口氏は、私のブログ以外のインターネット上の掲示板にも、
  私が犯罪者の一味であるという趣旨の書き込みを繰り返し行いました。
3 以上のとおり、私は、FGKの代理店として営業活動をするために費用や
  時間を費やしたにもかかわらず、基本的かつ重要な活動方法である
  インターネットのブログを使うことができなくなってしまい多大な
  損害を被っております。

  私は、子供の命を守りたいとの思いから臍帯血事業を始めましたが
  出口氏の行為により、十分に事業を行うことができなくなりました。
  私は
  出口氏の行為を許すことができません。
                      以上



本気で子供の命を守りたいなら、調べ顧客に知らせてください。
営利目的の代理店



「CBC」の「衛生保健所認可」が24年1月27日に
休止となっている事を確認して下さい。

群馬県高崎保健所
027-381-6111に電話して
民間臍帯血バンク 株式会社シービーシーの「衛生保健所認可」は
休止となったのですか、など


切手台だけで「衛生保健所認可」の登録台帳請求で確認出来ます。

保健医療総務課に行政文書公開請求して下さい。
保健所事業の総括調整、各種統計、保健衛生統計、各種医療免許申請の受付事務
病院、診療所、助産所、施術所の許可や登録、薬局の開設の許可や登録
毒物劇物等に関する事務
お問い合わせ先
〒370-0829 高崎市高松町5番地28
高崎市総合保健センター4階
電話:027-381-6111
Eメール:hoken-soumu@city.takasaki.lg.jp
非公開手続がされているようなら
何らかの形で連絡いただければ、私が原本のコピーを送ります。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは詐欺会社
株式会社フューチャー イング・ゲート・クボタ
からの戯言なので
調べる必要なし。
公的バンクからも指摘注意が出ています。
する事が詐欺師らしいです。



・22年7月より、「CBC」と特別代理店契約をしている
株式会社 フューチャー イング・ゲート・クボタ(FGK)は
「CBC」での臍帯血 保管満期後は公的利用されると欺網し保管者を募っていた
公的利用はありません。
詐欺です。

>FGK  さい帯血バンク代理店システムガイド より
>Q   保管期間を満了した場合に延期を希望しなければ今まで保管した
     臍帯血はどうなりますか
>A   契約終了時に、焼却処分か研究
     公的利用のどちらかをえらんでいただきます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「CBC」の臍帯血検査体制 ,衛生保健所認可51号に必要な指導監督医は
・21年2月12日から23年5月22日までの間、 指導監督医の医者はいなかった。
もと群馬赤十字技術部長で 民間臍帯血バンク シービーシー臍帯血高崎保管所所長
亀山憲昭が 知り合いの医師の名前だけ利用していた。



・23年5月23日から
大阪 大正区 常磐会 ときわ病院の医師  中川泰一が指導監督医 となったが、
・24年1月27日「CBC」の衛生保健所認可51号は
休止届けが出されたが
中川泰一は休止になった事実も把握していなかった




「CBC」の臍帯血検査体制 ,衛生保健所認可51号に必要な指導監督医は
・21年2月12日から23年5月22日までの間、 指導監督医の医者はいなかった。
もと群馬赤十字技術部長で 民間臍帯血バンク シービーシー臍帯血高崎保管所所長
亀山憲昭が 知り合いの医師の名前だけ利用していた。
・23年5月23日から
大阪 大正区 常磐会 ときわ病院の医師  中川泰一が指導監督医 となったが、
・24年1月27日「CBC」の衛生保健所認可51号は
休止届けが出された 。が
中川泰一は「CBC」の衛生保健所認可51号の休止届けが出された事さえも
把握していなかった。
21年2月12日から、24年1月27日まで
衛生保健所認可51号に必要な指導監督医はいなかったと言える。

大阪大正区 医療法人常磐会グループ
株式会社 ときわメディックス 代表取締役
3代目「CBC」の指導監督医 中川泰一






26年12月5日 午前 2代目「CBC」の指導監督医 ***様よりTELあり

 「職員のメモを見て電話しました」
Q  どういう理由で「CBC」の指導監督医で辞めましたか。
A  今から5、6年前日赤の献血ルームに努めてまして、
 そのとき知り合った亀山憲昭さんに
   臍帯血の会社を立ち上げたっていうんですよ、そのときに私に声がかかって
   医師免許を持ってる人が必要だから名前貸してくれと言われ
   指導監督医になった事がある、
   その後 何の音沙汰もなく、現在までウンともスンとも言ってこない
   最初に契約してそれっきり、一切会社からも連絡はない。
Q  有料契約では?
A  はっきり言って多少の小遣いはくれるんだろうけど
   金のやり取りも全然ないんですよ。
Q  中川泰一さんがその後指導監督医になった経緯は知ってますか?
A  全然知らないですね、一切亀山さんとは音沙汰なしで、連絡なしです。

***医師は「CBC」の指導監督医になる契約はしたが
その後一切、亀山憲昭さんからも「CBC」からも連絡はなく
自分が本当に「CBC」の指導監督医だったのか、いつからそうなったのか
いつ辞めたのかも把握していませんでした。



公的さい帯血バンクに関わっていた人物 
亀山憲昭 と
医療従事者 大阪大正区 ときわ病院の医師
中川泰一による
さい帯血バンク「CBC」不正営業、ずさんな経営状況


民間臍帯血バンク シービーシー臍帯血高崎保管所所長だった
亀山憲昭は群馬赤十字で
公的さい帯血バンクに関わっていた人物、
大阪大正区 医療法人常磐会グループ
株式会社 ときわメディックス 代表取締役
3代目「CBC」の指導監督医 中川泰一
この人物らによる不正営業。
民間臍帯血バンク シービーシーで検査された血液等も
どんな検査がされていたか不明。
犯罪ではないのか。




亀山憲昭は**経済新聞社を騙し21年9月
「CBC」の不実な記事を書かせ
振り込め詐欺の準備をしていた。
22年2月より、本格y的に
犯罪組織と社員が共謀し
振り込め詐欺を繰り返した。
**経済新聞社もこの事で
「CBC」詐欺被害者からの問い合わせがあり、
弱っていたそうです。

22年9月私は亀山憲昭に出るよう電話やFAXで
何度も要求したが
でる事はなく、「CBC」を辞めたようだ。
群馬赤十字には沢山の「CBC」詐欺被害者からの問い合わせがあった
と聞いている。




中川泰一が「CBC」の衛生保健所認可51号の休止届けが出されたのを
把握していなかった事実は下記

・株式会社ときわメディックスから株式会社シービーシーサポート代理店に宛てた報告書
全文

株式会社シービーシーサポート代理店 様
日頃からさい帯血個人保管事業の普及活動をいただき有難うございます。
この度、高崎プロセッシングセンターの施設運営および臍血保存業務が株式会社シービーシーから
医療法人常磐会(以下、当法人)に移管されることになりました。業務内容は
変わらず継続いたしますのでご安心ください。
医療法人 常磐会から 臍帯血保管 業務移管のお知らせ
医療法人常磐会と申します。当法人は、
株式会社シービーシーの臍帯血保管施設である
高崎プロセッシングセンターの指導監督医 中川泰一医師が院長を務める医療法人でございます。
このたび、平成24年7月15日より、高崎プロセッシングセンターの施設運営および臍帯血保存業務が
株式会社シービーシーから医療法人常磐会(以下、当法人)に移管されることになりましたので
取り急ぎご挨拶申し上げます。
株式会社シービーシーの創業者で代表取締役社長である宍戸良元氏は、平成24年3月20日に
病死致しました(享年68歳)。その後、息子で取締役の宍戸大介氏が社長職を代行しておりましたが、
平成24年6月8日大動脈瘤破裂により急死致しました(享年44歳)。
創業者一族の
相次ぐ死去と取締役不在により、現在株式会社シービーシーは通常業務を休止している状況です。
この為、臍帯血保管を円滑に継続する為に、当法人が業務を引継ぐ事になりました。現在
高崎プロセッシングセンターでは、当法人により、臍帯血保管にかかわる業務が今までどおり
継続されております。また、業務移管にあたり、株式会社シービーシーとご契約された金額以外に、
新たな費用の負担を当法人がご契約者様にお願いすることはございません。
現在、当法人は、臍帯血保管事業を担う株式会社ときわメディックスを設立し業務体制が
スムーズに行っていけるよう進めております。
まずは、書面にて失礼いたします。
医療法人常磐会グループ
株式会社ときわメディックス
〒55-0013
大阪府大阪市大正区小林西1-1-1
医療法人 常磐会 ときわ病院内


「CBC」の衛生検査所の登録は平成24年1月27日に休止届けを提出
以後
中川泰一は指導監督医ではない



「CBC」での臍帯血検査項目には衛生保健所認可が必要だった事は以下のとおり。
衛生保健所認可の為に指導監督医が必要なのも以下のとおり。


医療法人常磐会グループ
株式会社 ときわメディックス 代表取締役
3代目「CBC」の指導監督医 中川泰一からの訴状では




事件の表示  平成26年(ワ)第1885号
大阪地方裁判所第11民事部準備手続室
原告
大阪市大正区小林一丁目1番1号
原告          株式会社ときわメディックス
同 代表取締役     中川泰一
大阪市大正区小林一丁目1番1号
原告          医療法人常磐会
同代表者理事長     中川博
被告          私
原告弁護士
清水陽平 (東京弁護士会所属・35526)


・「常磐会」からの訴状より。
 臍帯血保管事業を行う上で各種検査をする為には、
 登録衛生検査所としての許可を受ける必要があった。
 この許可のためには、人員構成として指導監督医を置く必要があり、
 訴外CBCにおいては原告常磐会の
 中川泰一がこれを務めていた。)




事件番号 平成26年(ワ)第9454号
1657万1000円要求 損害賠償請求事件
原告 株式会社 フューチャー イング・ゲート・クボタ
   窪田好宏
被告 出口
東京地方裁判所民事部第44部いB係


窪田好宏K 本人調書
被告弁護士N

N
衛生検査所登録が休止される前はどういうような検査をしていましたか。
K
検査方法はなにも変わっていません。
N
どういう検査、検査の内容を聞いているのです。
K
検査の内容というのは、どういうような説明が必要ですか。
N
こういうような検査をしました、こういうような検査をしましたとか。

24ページ

K
僕は検査をしている人間ではありませんので、その詳細な説明はできません。
N
衛生検査所登録が休止される前に、全く検査が行われていなかったのか
何らかの検査がおこなわれていたのか、それはどちらなのですか。
K
何らかの検査というよりも、ちゃんと指定どおりの検査は全てやっています。
N
指定どおりの検査というのは、どういう検査ですか。
K
ちゃんと臍帯血を保管する指定の検査は全てやっています。

裁判官
その検査をしているとおっしゃているのは、どこで検査を
しているということですか。

被告代理人
N
高崎の臍帯血保管施設です。

裁判官
それを利用してやっているという意味ですか。

K
そうです、そこの、僕は何をしているのかというと、お客さんの窓口をつくる
会社なので、僕は検査をしているわけではありません。
N
原告の準備書面一を示す
2ページを示します。上、三行目からの段落の一番下の部分です。
「このため衛生検査所の休止届けを提出したからといって、株式会社CBCの
検査基準、検査方法に変更があったわけではない」と書いてあるので、何らかの
検査をしていたということでいいですか。
K
何らかの検査・・・
N
臍帯血保管施設で。
K
その意味が何か、理解が僕にはできないんですけども、何が言いたい

25ページ

んですか。

裁判官
臍帯血を保管する場合には、まず誰が検査をしてたのですか。

K
まず、指定がすごくあって、大変なので、実際に時間の規定もありまして、
その臍帯血というものを、温度が上がったり下がったりしないように
すごく大事に送られてくるんですね、
で、それを、その検査所で実際にクリーンルームというすごく無菌に近い
きれいなクリーンルームで全て検査をするんです。
で、実際に、僕は何の質問でそれを言っているのかよくわからないんですけども
実際に衛生検査所の登録があったかないかという前に、検査をしているかどうかという
質問の意味が、僕にはよく分からないです。
で、方法としては、HES法という方法が、臍帯血の公的な臍帯血バンクも
やっている方法なので、その方法をとっていたのがCBCという会社です。

裁判官
その検査は誰がやっているのですか。

K
検査技師がしています。

裁判官
高崎の検査所だけでやっているということですか。

K
そうです。

裁判官
そこが休止になったら、今度どこでやることになるんですか。

K
衛生検査所の届けでが休止になって、先ほども僕は話しましたけども、
衛生検査所の津路区というのは、一切関係ないんです。

裁判官
それはいいのだけど、では、その休止届けをだした後は、検査というのは
どこでやっているのですかという質問です。

K
いや、そこの根本が多分裁判長は分からないと思うんですけども、
実際に衛生検査所の資格が必要なのは、外部からの請け負う血液検査って
ありますよね。

裁判官
では、休止届けを出していても、高崎の検査所でやっているのだということで
26ページ
いいのですか。

K
そうです。それは、問題は一切ありません。
N
その検査所でやっている検査が休止前で何か変わったことはあったのですか。
K
なにも検査方法の変わりはありません。
N
その検査方法は、どんな検査だったのですか。
K
だから、先ほども言いましたけども、僕は検査をしているわけでもないし、僕は
その検査の内容を全て詳細に答えることはできませんが、
HES法という方法で検査をしています。
N
では、全く変わってないということでいいのですね。
K
全く変わっていません



まともに争う事が出来ない
幼稚な創価学会系インチキ弁護士
松村 光晃M
から被告Dへの、衛生保険所認可について幼稚な質問

M
衛生保険所認可が休止されている施設では、どんな検査がされたか分からないから
危険だ、移植に使えない、というふうに書き込まれてますね。
D  
そうです。
M
先ほどから聞いていただいててたと思いますけども、衛生保険所の
登録というのは、外部からの検査を受託するためのもので、
臍帯血保管事業を行う上では登録自体は必要ではないのです。
D
CBCは違います
M
どうしてCBCが違うのですか。
D
常磐会の指導監督医中川さんの訴状にもあります。
「CBCの検査体制には衛生保険所は必要だった。」と書いてあります

M
それは訴状に書いていたということですか。
D
ええ、準備書面か訴状です。
私もそう理解していました。だから、そのために
宣伝してたと思います。
M
あなたは、ほかの、例えば臍帯血保管事業をやっている会社が、衛生保険所
の登録をしているかどうかというのは調べてますか。
D
あります。ないです。
M
ほかのところはないのですか。
D
ないです、ほかのところはほかのところ特有の検査をしています。
どれがいいかは私はわかりません。
M
衛生保険所の登録がなくても、臍帯血保管事業はできると。
D
できますよ、それは初めからしっていることです。
M
あなたは、移植に使えない医学的根拠はしらべたのですか。
D
医学的根拠以前の問題だと思います。
M
調べてないのですね。
D
調べてないです。






事件番号 平成26年(ワ)第9454号
1657万1000円要求 損害賠償請求事件
原告 株式会社 フューチャー イング・ゲート・クボタ
   窪田好宏
被告 出口
東京地方裁判所民事部第44部いB係


甲第20号証
陳述書
平成27年4月23日
全11ページ

東京地方裁判所民事部44部いB係
住所 東京都世田谷区成城4-33-6-213
氏名 窪田好宏 印


当社では、社会的意義のある臍帯血保管事業を大きく展開すべきだと
考え、全国に代理店を募集する事にしました。
まず全国に400店ほどの代理店惘を展開し、最終的には800店ほどの
代理店惘を構築したいと考えて積極的な営業活動を行いましたが




第5 当社及び私の損害について
1 当社の損害
(1)
当社や(株)CBCサポートの臍帯血に関するビジネスモデルは、

まず全国でビジネス展開に協力してくれる代理店を募って代理店惘
を構築の上、

各代理店が妊婦や育児に関して意識の高い人の集まる場所に
リーフレットを設置するなどし、

そのリーフレットを見た方からの問い合わせを受け、

当社から技術的な説明を行って保管契約につなげ、

契約者の臍帯血を保管センターまで搬送するというものですが、
出口氏が代理店やリーフレット設置店へのファックスや電話による
妨害行為を行った結果、設置を取りやめる店舗や、活動を停止して
しまう代理店が各地に多発し、代理店惘が機能しなくなりました。
また、インターネットの場合には、このようにブログのコメント欄や
掲示板にかきこまれますと、代理店や臍帯血を保管しようとする
お客様、名刺交換をした方等が、googleやyahoo
などの検索サイトにおいて、当社名(FGK)や私の名前
(窪田好宏)等で検索しますと、該当する掲示板などに容易に
たどり着けるようになります。
その結果、当社や(株)CBCサポートの営業活動により、代理店への
応募を考えられた方や臍帯血保管契約に興味を持たれたお客様が、
私たちが詐欺に加担しているかのような書き込みを読んで契約を
取りやめたり、そもそも連絡をとろうとしなくなったりということが
続くようになりました。
本来であれば、当社には、まず上記
①の際、各代理店の登録料として
最大38万円が支払われます(甲16)。
平成24年4月末日現在の代理店数が323件であり

、当社としては
最終的には800件の代理店惘を構築する予定でしたが、出口氏の
各行為によりこの目標は頓挫せざるを得なくな

8ページ

り、結果として登録料も得ることができなくなりました。
また、
①の契約をした代理店は、登録1年後から年3000円(税別)
の更新料が必要(甲16)ですので、そのまま継続されていれば
3000円×323件の更新料が当社に支払われる予定でした。
さらに、上記④の際には成約1件につき手数料を含め概ね
12万5000円の報酬が支払われるはずでしたが
、平成23年12月から
平成24年4月頃までの合計契約件数が78件、月平均15、6件であった
ところ、出口氏のファックス送信や書き込みによる影響が現れ始めた
同年5月から平成25年11月までの19か月間の合計契約件数はわずか
83件、月平均4.3件にとどまってしまいました。
このため、19か月あれば、15.6×19=296、4件は獲得できた
はずであり、これを先ほどの成約1件の報酬額で計算すると。
(296、4ー83)×12万5000円=2667万5000円の減収となってしまい
ました。

以上の事情から、当社は、代理店に関する営業活動が全くできなくなり、収益
をあげることができなくなった結果、当社の主要な事業の1つであったこの分野の
営業利益が大きく落ち込み、多大な損害が出たため、平成25年11月末をもって、
やむなく際帯血保管事業を株式会社ときわメディックスに移譲せざるを
得なくなってしまいました(甲17、18)。
このため、今後発生することが想定されていた代理店登録料や更新料、
報酬などが入らなくなってしまったのであり、将来のうべかりし
利益に関する損害も相当額に上ります





【逸失利益】より
…不法行為・債務不履行による損害賠償に当たって,
現実的損害とならんで財産的損害の損害賠償額算定の
重要な要素となる概念。得べかりし利益,消極的損害ともいう。
現実的損害が被害者・債権者の現に保持している
財産の喪失を意味するのに対して,
逸失利益は不法行為・債務不履行がなければ
被害者・債権者が本来取得しえたはずの財産上の利益の喪失を意味する。…

※「得べかりし利益」について言及している用語解説の一部を掲載しています。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不利益事実の不告知(消費者契約法4条2項)

2015-12-31 13:02:46 | 日記



 
iii.不利益事実の不告知(消費者契約法4条2項)
事業者が消費者に対し、重要事項やそれに関連する事項につき、
一方で有利なことを告げ、他方で当該重要事項について不利益な事実を
故意に告げなかった結果、消費者が誤認した場合にも、
契約を取り消すことができます。



23年1月以降の「CBC」未公開株詐欺犯罪は、報道はされたが「CBC」に実態が
なかった為、医療関係としか記載されていません。

また、事件現場は広島県で、警視庁捜査2課と熊本県警などの合同捜査本部であった。
全国から多数の「CBC」詐欺被害者からの情報があったのは明らかです。


>現金詐取:医療会社の株購入持ちかけ 2容疑者を逮捕 /東京
毎日新聞 2012年11月15日 地方版【浅野翔太郎】〔都内版〕
医療関係会社の株購入を持ちかけ、都内の男らが「高値で買い取る」
などと言い現金をだまし取っていた詐欺事件で、警視庁捜査2課と熊本県警などの合同捜査本部は14日
、新宿区河田町3、無職、松本幸彦(54)と、
江戸川区清新町1、同、山田光昭(64)
の両容疑者を詐欺容疑で逮捕した。捜査本部は松本容疑者が主導し、11年1月以降、
全国の約50人から計約5億1000万円をだまし取ったとみている。
2人の逮捕容疑は今年3月、実在しない投資顧問会社の社員を装い、
広島県尾道市の無職女性(75)に医療関係会社の株を50万円で購入するよう依頼。
「90万円で買い取る」などと言って現金を振り込ませたとしている。
捜査本部によると、いずれも容疑を否認している。医療関係会社は廃業状態で、
当時、株の売買はなかったという





弱体化しほとんど存在がなかった民間臍帯血バンク 
「CBC」
を、故意に健全に存在するかのように
「CBC」の血液等の検査に必要な指導監督医をしていた
大阪大正区 常磐会 ときわ病院(常磐会)の医師
中川泰一と
「CBC」の総代理店をしていた
株式会社 フューチャー イング・ゲート・クボタ(FGK)
株式会社 フューチャー イング・ゲート・クボタ(FGK)の代理店 
などが、テレビや新聞、インターネット上で存在する優良な
臍帯血バンクとして見せかけ
臍帯血(血液)を精密検査しています」
「臍帯血保管満期後は公的利用もされます」
と嘘をついて不正に臍帯血保管者を募った
「CBC」が経営難になってる事を知りながら
消費者を騙し危険に晒した。
どんな検査がされたか、わからず危険です、
治療の為の移植には使えません。
赤ちゃんの命を食い物にした
詐欺集団です。



散々虚偽告知を行い。
消費者を騙した
株式会社 フューチャー イング・ゲート・クボタ(FGK)の代理店
犯罪組織にだれが好き好んで臍帯血など
保管するか。
なにが多大な損害を被りましただ。





媒介の委託を受けた第三者とは、
事業者に依頼されて、消費者との契約が成立するように、
両者の間に立って行動する者をいいます。
たとえば、不動産の売買や賃貸借を仲介する宅地建物業者や、
生命保険・損害保険の代理店、旅行代理店、クレジット契約やリース契約
を仲介する販売店などが、媒介の委託を受けた第三者にあたります。
消費者契約法5条では、この媒介の委託を受けた第三者が、消費者に対して、
不実告知や不退去などの不当な勧誘をすることによって、
消費者を誤認させたり、困惑させたりするなど、
消費者契約法4条1項から3項にあたる行為を行った場合、
その責任は事業者が負うとしています。




2.消費者契約法4条の取消権の類型
i.誤認による意思表示の取消
民法上の詐欺には該当しないが、事業者が契約締結を勧誘するに際して、
消費者に対して不適切な情報を提供したことによって消費者が
当該情報について誤認し、
その誤認によって契約を締結した場合に契約を取り消すことができます
(消費者契約法4条1項・2項)。


・22年7月より、「CBC」と特別代理店契約をしている
株式会社 フューチャー イング・ゲート・クボタ(FGK)は
「CBC」での臍帯血 保管満期後は公的利用されると欺網し保管者を募っていた
公的利用はありません。
詐欺です。

>FGK  さい帯血バンク代理店システムガイド より
>Q   保管期間を満了した場合に延期を希望しなければ今まで保管した
     臍帯血はどうなりますか
>A   契約終了時に、焼却処分か研究
     公的利用のどちらかをえらんでいただきます。



「CBC」の臍帯血検査体制 ,衛生保健所認可51号に必要な指導監督医は
・21年2月12日から23年5月22日までの間、 指導監督医の医者はいなかった。
もと群馬赤十字技術部長で 民間臍帯血バンク シービーシー臍帯血高崎保管所所長
亀山憲昭が 知り合いの医師の名前だけ利用していた。

・23年5月23日から
大阪 大正区 常磐会 ときわ病院の医師  中川泰一が指導監督医 となったが、
・24年1月27日「CBC」の衛生保健所認可51号は
休止届けが出されたが
中川泰一は休止になった事実も把握していなかった。


    
24年7月
国会質疑より

民間臍帯血バンクに対する警告文
平成14年8月19日
日本造血細胞移植学会
>その安全性と有用性に関しては疑問をもたざるを得ない。
>単なる営利に利用されることのないよう慎重な対応が求められる」
>「技術の適格性に疑問があり、実効性が未確定の用途を含んだ
>誇大宣伝を行っていることに強い懸念を表明する」とし、
 「厚生労働省は速やかに事実関係を調査し
  ・・・国民の健康を守るためにしかるべき対応をとるべき」と述べている。
 (平成二十一年二月六日付文書により、
  学会の見解は当面この声明と変わらない旨確認されている)


  
ii.断定的な情報提供(消費者契約法4条1項2号)
契約の目的となるものに関し、将来における不確実な事項について
断定的判断の提供をした場合にも、当該契約を取り消すことができます。

この類型に該当する契約としては、
保険・証券・先物・エステ・健康食品等を目的とする契約があります。
そして、断定的判断の対象は、物品、権利、役務その他の当該消費者契約の対象
となるものに関し、将来におけるその価額、将来において
当該消費者が受け取るべき金額その他の将来における変動が不確実な事項です。
なお、この対象に財産上の利得以外のもの
(例:この美容液を使えば必ず綺麗になります
・この参考書を使えば必ず成績があがります)
も含まれるかについては、裁判例もわかれています。



・株式会社 フューチャー イング・ゲート・クボタ(FGK)の代理店
 亀山STUDIO 福岡から、明らかな誇大広告

>亀山STUDIO 福岡で、さい帯血バンク/CBCサポート代理店 代筆業(DM

現在、東北では津波や原発被害で、大変な思いをされている方が沢山います。
そして、今回の原発事故で今後は、白血病患者が増える事が予想されています。
毎日5人の脳性まひの赤ちゃんが生まれていることになり、年間2000人を超えます。
さい帯血の幹細胞を使っての再生医療は注目を集めていますが、
今後は失った臓器の復元も可能になってきますし、また、赤ちゃん本人やお母さんなどへの  
日本でも、さい帯血移植は公的を含め1年に6 , 000件、骨髄移植は1万件行われていますが
さい帯血を保管しておくことにより、万が一、白血病などの血液疾患を発症したときに
完治させることができます。

私が属している株式会社CBCは、日本に3社ある民間さい帯血バンクのひとつで、
日本で唯一、医療用「幹細胞分離装置」を有する企業で、病院の先生も信頼して
CBCに保管をお願いする程、様々な面で精度の高い会社です。
さい帯血を保管していただいても、使わないで済むことが一番です。
しかし、もしものときに、「あのとき、さい帯血を保管しておいて良かった!!」
と思っていただけています。



ちなみに衛生保険所認可が廃止になってると
伝えたが
FGK代理店亀山スタジオは
「ノーコメント」と言ってました。
「CBC」詐欺を伝えたら
「そんな事言って、代理店のモチベーションが下がったらどうするんですか」
と言われました。





i.不実告知(消費者契約法4条1項1号)
重要事項について事実と異なることを告げることによって、
消費者がその重要事項を誤認した結果、契約を締結してしまった場合には、
当該契約を取り消すことができます。

この場合、事業者が故意に重要事項について事実と異なることを告げた場合
でなくても契約を取り消すことができます。
また、事業者が過失なく重要事項について事実と異なることを告げた場合であっても
契約を取り消すことができます。




・22年10月
「CBC」本社(横浜)は退去した。

「FGK」代理店
ビズミントのブログより今も出ている(26年5月26日)
虚偽告知の中部経済新聞の記事

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(24年5月2日)中部経済新聞の記事 

さいたい血の個人保管事業を手掛けるシービーシー(本社横浜市)は出産直後しか
採血できない「さいたい血」の輸送ネットワーク構築を急いでいる
これまでに愛知県と岐阜県17の事業所と代理店契約を締結
今後、三重県を含めた東海三県で50の代理店整備を目指す
さいたい血とは出産の時に女性の「さいたい」から採取される血液で、白血病など
血液疾患の治療に利用されている
また再生医療での活用が期待されている
幹細胞を多く含み世界中で研究が進んでいる、保管されたさいたい血は本人の血液であるため
拒絶反応をおこす心配がなく血縁関係のある家族にもたかい確率で適合するという
東海地方で代理店となったビズ*ント(本社名古屋港区)の石橋睦美はさいたい血は
生まれた子供にしてあげられる最初のプレゼントと語る、一方さいたい血の
可能性を知る女性は少なく認知度向上が普及の鍵だという。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




*株式会社 NEOONE 代表取締役 村中 常夫      
2012/12/14(金)        
>パパのお仕事って、最近知ったんだけど
>会社を作ってお仕事してるみたい。
>株式会社NEOONE という会社らしいよ。
>子育て支援を主軸に、臍帯血バンク・営業代行・営業支援(おもに塾・教室)など。
>東京都内・千葉県・神奈川県・福岡エリアを拠点に活動してるんだって。

・24年7月26日「SBS」となってからも
>臨床検査を行うことを公的に認可された
>衛生検査所認可施設です。
と虚偽表示。



> 株式会社 NEO ONE 
http://saitaiketsu.jp/
SBSの「プロセッシングセンター」ってどんなところ?
>高品質を追求した最新施設
臍帯血バンクとして、治療利用に向け、さい帯血に含まれる細胞の分離・調製(プロセッシング)を行う保管施設が
プロセッシングセンターです。2007年に完成したばかりのエスビーエス・プロセッシングセンターは、
最新設備を導入するとともに、設計から作業工程に至るまで高い品質管理と安全性を確保しています。
万全のセキュリティー対策
都市災害リスクを回避する閑静な立地環境に位置するプロセッシングセンターは、耐火耐震構造・無停電装置はもとより、
磁気センサー・熱センサーによる24時間警備システムを導入し、施設外部からの進入や温度上昇など、
何らかの異常があった場合、ただちに対応できる万全のセキュリティー対策が施されています。
精度をささえる定期監査エスビーエスのプロセッシングセンターは、医療機関に代わって
>臨床検査を行うことを公的に認可された
>衛生検査所認可施設です。


・ SBSの「プロセッシングセンター」との表示は
 「ときわメディックス」の「プロセッシングセンター」の事だと思われるが
 「ときわメディックス」は衛生検査所認可施設の登録はされていない。
 (27年3月6日 高崎保険所より)
  ときわメディックス本社 大阪大正区
  大正区には衛生保健所認可施設は1軒もありません。
  大正区保健所より。
  大正区保健福祉センター
  〒551-8501 大阪市大正区千島2-7-95
  06-4394-9882

>高品質を追求した最新施設と書かれているが
「常磐会」からの訴状には「CBC」の臍帯血保管機器は古くて無価値と書かれている。




1部違法FX結城リサーチ
エーライフにも関わっていた
マルチぼけ代理店

「FGK」代理店からの陳述書
甲第21号証
陳述書
平成27年4月13日
東京地方裁判所民事部44部 御中




「FGK」代理店からの陳述書
甲第24号証

東京地方裁判所民事第44部 御中

住所 千葉県浦安市明海4-2-5
氏名 村中常夫 印

1私は、平成22年10月、・・・・平成24年2月、私が
 株式会社NEOONEを設立したことから、当社名義で代理店契約を
 締結し直しました。
平成24年の夏頃、突然、出口 という人物から電話がかかってくるように
 なり、留守番電話に「至急お伝えしたいことがあるので折り返し
 連絡ください」とのメッセージが複数回残されていました。
  電話がかかってくるようになったのと同時期に、出口氏からFAXも
 送られるようになりました。FAXには
  FGKは未公開株詐欺に加担した詐欺集団である、 FGKに騙されないよう
 気ををつけてください 等FGKを誹謗中傷する内容が記載されていました。
 また出口氏は、当社のホームページの問い合わせフォームに、FAXに
 記載したのと同一の内容を書き込んできました。
  私は大変驚き、すぐにFGKに連絡したところ、FGKも窪田社長も
 未公開株詐欺とは関係ないということでしたので、出口氏のコメントは
 無視することにしました。
 しかし、出口氏が、当社のホームページに事実無根の書き込みを行う
 ことが予測されたので、ホームページを閉鎖せざるを得ませんでした。
 また、出口氏がリーフレット設置店に対し、執拗に連絡し、リーフレット設置店
 に迷惑をかける可能性が高かったので、新たにリーフレット設置店を
 勧誘したり、既存の設置店に対しリーフレット設置の継続をお願いするする
 ことができなくなってきました。
 そのため、臍帯血事業に関する問い合わせ数も激減し、臍帯血事業の
 代理店としての業務はほとんど行えなくなり、多大な損害を被りました
                            以上








住所 
氏名 石川慶子 印

1 私は、平成23年11月、民間の臍帯血バンクを営業していた株式会社   
  シービーシーの総代理店であった 株式会社フューチャー イング・ゲート・クボタ
  と代理店契約を結んで、臍帯血バンクの契約者を勧誘する事業をしていましたが、
  出口*という人物から執拗な嫌がらせを受け、その営業活動ができなくなりましたので
  そのことについて述べます。
2 私は、代理店契約に基づき、臍帯血バンクのリーフレットを設置して
  もらえる医院や商店などを開拓するとともに
、私がインターネット上で
  運営いている「おけいさんのブログ」というブログの中で、臍帯血バンク
  の重要性やその仕組みを書いて、契約希望者を募るという活動をしていました。
   ところが、平成24年7月末ころから、私のブログのコメント欄に出口氏が
  書き込みを行うようになりました。
   出口氏の書き込み内容は、「CBCは振り込め詐欺を繰り返した反社会的行為を
  した会社です。」「CBC未公開株被害者の方連絡ください」等、CBCが詐欺行為を
  行ったというものでした。

   そのような出口氏の書き込みに続き、「CBCの臍帯血はこの2年間近くは
  実質、窪田が動かしていましたので、損害は窪田に請求できるかと」
  という書き込みが行われていたため、書き込み欄全体をとおして読むと、
  CBCが詐欺行為を行い、それに窪田氏が加担しているかのような印象を
  与えるものとなっていました。
   私は、出口氏の書き込みがあまりにも執拗であったため、怖くなり、
  平成24年11月頃、世田谷警察署に相談に行きました。
  世田谷警察署の警察官から、「すぐに、書き込みを消した方が良い」と
  アドバイスを受けたので、出口氏の書き込み全てを削除しました。
   しかし、私が、出口氏の書き込みを削除すると、出口氏は、私のブログの
  コメント欄に「犯罪会社の仲間ですか」との書き込みを行い、
  私に対する中傷を行うようになりました。
  それに加え、出口氏は、私のブログ以外のインターネット上の掲示板にも、
  私が犯罪者の一味であるという趣旨の書き込みを繰り返し行いました。
3 以上のとおり、私は、FGKの代理店として営業活動をするために費用や
  時間を費やしたにもかかわらず、基本的かつ重要な活動方法である
  インターネットのブログを使うことができなくなってしまい多大な
  損害を被っております。

  私は、子供の命を守りたいとの思いから臍帯血事業を始めましたが
  出口氏の行為により、十分に事業を行うことができなくなりました。
  私は
  出口氏の行為を許すことができません。
                      以上



甲第 22 号証
陳述書
平成27年4月13日
東京地方裁判所民事部44部 御中

住所 
沖縄県   郡中城村字南上原760

株式会社
美音ブライトネス
代表取締役 泉川勝枝 印


1 私は、株式会社美音ブライトネスという会社を経営し、
  平成23年3月、民間の臍帯血バンクを営業していた
  株式会社シービーシーの総代理店であった
  株式会社(株)フューチャー イング・ゲート・クボタ
  と代理店契約を結んで、臍帯血バンクの契約者を勧誘する
  事業をしていました。

2 平成24年4月24日、突然、出口*という人物から、当社が開拓した
  臍帯血バンク設置店に、シービーシーが詐欺であるというような内容
  FAXが入ったという連絡がその設置店の方からあり、
  そのことをFGKの方に伝えました
  そうしたところ、平成25年3月から、今度は当社のホームページや
  フェイスブックに同じような内容の書き込みが入るようになり、シービーシーと
  FGKはグルになって詐欺をしているなどというようなことが執拗に書き込まれました。
  本来は顧客の声等を紹介して販売促進につなげるためのものであるにもかかわらず、
  このようなことでは営業ができなくなりますので、不本意ながら拒否設定を
  せざるを得ませんでした。

3 このようなファックスが入ったリーフレット設置店からは、すぐに
  リーフレットを撤去するように言われましたし
臍帯血保管契約の
  申し込みを考えておられた妊婦の方からは、ネットを見てあまりよく
  かかれていないのでやめるという申し出が、少なくとも2件あり、当社
  としても大変に迷惑と損害を被っております
                             以上


「FGK」代理店からの陳述書
甲第23号証
陳述書
平成27年4月14日
東京地方裁判所民事部44部 御中

住所 沖縄県宜野湾市上原1-5-13
氏名 野添泰史 印


1 私は、有限会社ラ・ポールの代表取締役です。
  平成23年3月、ラ・ポールは、民間の臍帯血バンクを営業していた
  株式会社シービーシーの総代理店であった
  株式会社フューチャー イング・ゲート・クボタ
  と代理店契約を結んで、臍帯血バンクの契約者を勧誘する
  事業をしていました。
2 平成24年6月ころ、突然、私の関連事業であるカフェの店舗に、
  出口*という人物から、電話があり、シービーシーの未公開株詐欺にあった

  というようなことを、執拗に話していました。
  それもカフェの一番の稼ぎ時である土曜日の昼ころに毎週のように連続して
  かけてくるので大変に迷惑しました。
  また、同時に、落書きのように書き綴った書面のファックスが延々と
  送られてきました。
  その内容は、シービーシーとFGKはぐるになって詐欺をしているとか、臍帯血の
  保管などされていない、そのお金も騙し取られているというようなものでした。
  私は、あまりに執拗な電話に
  「これ以上電話や嫌がらせをされるなら、警察に連絡しますよ」
  と言って電話を切りました。

3 私としては、臍帯血バンクというものは人の命を救う非常に意義のある
  ものだと考え、希望をもって推進していこうとしていたわけですから
  このような嫌がらせを受けて大変に困りました。
  また、当社が開拓したリーフレット設置店にも、同じような内容の
  ファックスを送るという嫌がらせをされ、リーフレットの設置を断られて
  しまう店もありました。
  本当に腹立たしい気持ちです。
                         以上






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歯髄バンク (株)再生医療推進機構へ

2015-12-31 11:48:01 | 日記



調停に来なければ、私の不動産を競売にかけ
取得すると書面で脅され、
来なければ、私を、警察が本格捜査すると
騙され出廷し、持参すると言った、あるはずのない
証拠を持っていくと言って、持ってこれず、
しかも調停の約束を破った
歯髄バンク (株)再生医療推進機構へ
調停で
大阪大正区 ときわ病院
シービーシーサポート=FGK=エスビーエス
の情報をもらうとの約束だった。


臍帯血バンク
株式会社 ときわメディックスの代理店
「SBS」(CBCサポート)の社員だった
伊東嘉彦



逮捕された「JAM」網中徳次の
犯罪組織の一員だった伊東嘉彦
の情報求む。


伊東嘉彦、FGK、ときわ病院、
(株)再生医療推進機構は
どんな関係だったのか。

2億8000万円の投資金の使途不明で破産した
乳歯幹細胞バンク事件で訴えられた
株式会社 再生医療推進機構
大友宏一代表、他は
(株)クリスタルシャイン乳歯バンク準備室学術部長
の伊東嘉彦を知っているでしょう?
そして、私が詐欺被害中の「CBC」債権販売の
販売実行役員です。



石川県保険医協会主催学術講演会では
伊東嘉彦は
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ 講師略歴伊東嘉彦氏 プロフィール
熊本県出身。
1978年横浜国立大学工学部応用化学科卒業
株式会社カイノス入社(診断用医薬品製薬会社)
1999年独協医科大学臨床病理、森三樹雄教授に師事
2003年株式会社CBT取締役、(臍帯血保管バンク設立)
医学博士取得
2007年株式会社BENE代表取締役社長
NPO法人健康促進協会理事
2008年乳歯バンク設立準備室勤務

石川県保険医協会主催学術講演会
再生医療の現状と乳歯幹細胞バンク
幹細胞を利用した臨床応用に向けた将来展望
講師   伊東嘉彦氏
(株)クリスタルシャイン乳歯バンク準備室学術部長





伊藤たいすけによる
2億8000万円の投資金の使途不明で破産した
乳歯幹細胞バンク事件では、
歯髄バンク
株式会社 再生医療推進機構
大友宏一代表、他
管理責任で訴えられたが和解となった。







古屋敷

F  ちゃんとー医療に乗っけるー仕組みを作りたいという事でー
  中川先生は今やってるんですね
D  うーんん
F  そのと、その、要は宍戸が近寄った訳ですね、中川先生どんなパイプか
  わかんないですけど

D  ふんー
F  それでーやりませんかっていうところで、まあ医者ですからー
  ちゃんとしてるんなら、いいよって話しでー
D  うーん
F  まあ、話しはしてて、で、こういう風にしてきたいんでって
  騙されたお金ー取られてー頭きてるんじゃないですか




もともと伊東嘉彦ら「CBC」役員は
犯罪組織と共謀し、今後臍帯血以外にも
歯髄を保管する事業も行うと、
虚偽告知を載せ、詐欺ファンドを
不正販売した犯罪者です。



・22年9月7日
「CBC」ファンドには虚偽告知があった事が判明
(63条届出による適格機関投資家等特例業務による私募ファンド)は
>登録業者と異なり、行為規制は虚偽告知及び損失補填禁止のみ



・株式上場を示唆した22年「CBC」ファンド販売資料より。


シービーシーの最新状況   平成22年2月1日   宍戸良元
(3) 歯髄バンク事業    
鶴見歯科大学が全国の大学の歯科部門に協力を呼びかけ、
(株 再生医療推進機構との産学協同事業として
スタートしたばかりの事業です。弊社は、この中でバックアップの
二次保管施設として指名を受け、グループ体制の中に名を連ねました。
(鶴見歯科大学と書いてあったが、鶴見大学歯学部の事です。)



調停後もらった
見解書   25年6月
(株) 再生医療推進機構
代表取締役  大友 宏一
当社は、株式会社シービーシーと資本関係等はなく、
株式会社シービーシーが当社のグループ会社である、
またはグループ会社であったという事実は全くございません。
加えて、当社は、株式会社シービーシーをバックアップの
二次保管施設としては指名したことはありません。
以上、当社の見解を申し上げます




・23年2月
(株) 再生医療推進機構 代表  大友宏一より
「去年の秋は「CBC」との事業提携は模索していました、
今は「CBC」との 取引はありません、
「CBC」はウチとも、鶴見大学とも 京都大學とも取引はありません」
と言われましたが。



鶴見大学歯学部 ***さまからは
「CBCの名前さえ知りません」
と言われました。



古屋敷

D  で、鶴見大学ーに関しても宍戸ー何回も今、鶴見大学におるというふうに
  電話をかかっとれんけどもー、全く取引ないという、おかしくねえか
  鶴見大学
F  あそこはー多分、も、あのー契約解除されてますよ、CBCは


契約解除された
始め鶴見大学と「CBC」との取引はあった。



私はまだ
(株)再生医療推進機構、鶴見大学歯学部と「CBC」の
繋がりは怪しく思ってます。




?「CBC」と取引がないのに何故、
京都大學と「CBC」は取引がないと断定できたか。
?「CBC」と取引がないと断定しているのに
「CBC」のHPからは(株)再生医療推進機構が
(株)再生医療推進機構のHPからは
「CBC」が各々取引先として出ていた。



・23年秋頃消えたが、
23年12月「CBCサポート」のHPから(株)再生医療推進機構
が出ていた。


・消されましたが、

株「CBCサポート」のブログ、アスヘノトビラに
株式会社 再生医療推進機構の誰かと「FGK」代表 窪田好宏
下記歌手の もりやくぬぎ さん の3人で写した
写真がありました。(プリントなし)
目次だけ。


>中秋の名月が導いてくれたこと
|Futureing Gate ~アスヘノトビラ~
 2011年9月13日 ? オフィスには 湘南オフィス 代表 もりや櫟 さまが来社 $Futureing Gate
 ~アスヘノトビラ~ もりやさんは 企画・運営・プロデュースなどを 手がけ、歯髄細胞バンクの
啓蒙などもされているお方で 今回 弊社のさい帯血個人保管バンクの啓蒙活動 ...


http://blogs.yahoo.co.jp/kunugi_0624/51734463.html





夜逃げした
民間臍帯血バンク
株式会社シービーシー事件
一連の事件には
シービーシーの代理店
シービーシーサポートの社員
伊東嘉彦が投資詐欺「JAM」から慢性的に
関わっています。
直前で逮捕を免れています。
「JAM」事件では網中徳次他5名逮捕されていますが
「JAM」詐欺実行犯の「BENE」では、
伊東嘉彦は代表取締役になっていましたが
事件発覚を恐れ、故意に「BENE」の代表取締役を変え
自己の逮捕を免れたと思います。



・22年2月「CBC」は公開準備室(IR室)を設け
 犯罪組織と共謀し、本格的に振り込め詐欺を繰り返す。

22年「CBC」ファンド販売実行役員には
伊東嘉彦が就任していたが、ファンド販売直後
22年2月28日
「伊東嘉彦」は「CBC」の取締役 を辞任する。
その後
「株式会社シービーシー・サポート」の社員となり、
22年3月1日
「松隈孝雄」を「CBC」の取締役に就任させる。
これも、故意に行ったと思います。




株式会社シービーシー株販売は詐欺的商法として
東京地裁平成19年11月30日、
東京地裁平成23年1月27日
など多数の同様の判例あり。


松隈孝雄にも賠償命令が下りました。


債務名義の事件番号
平成25年(ワ)第936号
執行文
債権者は、債務者に対して、この債務名義により強制執行を
する事ができる。
平成26年2月4日
横浜地方裁判所第8民事部は係A
裁判所 書記官
遠藤 **
債権者  *****
(原告)
債務者  株式会社 シービーシー
(被告)

名称  株式会社シービーシー
本店  神奈川県横浜市港北区新横浜2-2-3 新横浜第1竹生ビル5F
代表取締役   宍戸 良元
          

合計
金 ****万480円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

平成25年(ワ)第936号
裁判官  嶋末 和秀
被告  株式会社シービーシーと役員 
松隈孝雄は

原告に対し****万5千円及びこれに対する
平成**年**月**日から支払い済みまで年5分の割合による金員を支払え





シービーシーサポートは
大阪大正区 ときわ病院と共謀し
シービーシーの実態を隠し、不正な
臍帯血保管事業をしていました。
シービーシーサポート=FGK=エスビーエス
微細企業が社名を変えて、大阪大正区 ときわ病院と共謀し
消費者を騙し
移植に使えない臍帯血保管をさせた
詐欺会社です。




シービーシーサポート=FGK=エスビーエスとは現在も
訴訟は続いています。


代表取締役  窪田 好宏
株式会社 フューチャー イング・ゲート・クボタ 「FGK」からの
事件番号 平成26年(ワ)第9454号
1657万1000円要求 損害賠償請求事件
原告 株式会社 フューチャー イング・ゲート・クボタ
被告 出口
東京地方裁判所民事部第44部いB係
平成27年4月24日




移植に使えない臍帯血保管をさせた
詐欺会社が隠した事実


「CBC」本社(新横浜)は強制退去となり
22年10月には群馬県高崎となっていた。


23年7月1日には「CBC高崎センター」の臍帯血保管設備は
「常磐会」に取得され、
臍帯血バンク会社としての「CBC」の機能は失い
実質破綻していた。


その後 23年7月 「FGK」「窪田」は「CBC」の経営難を知り
「CBC取締役宍戸大介」と資本金、株数半々で「CBCサポート」を設立。
その後「常磐会」に取得されていた「CBC」を組織で共謀し
売り「CBC」の存在をなくそうとした。


「CBC社員古屋敷」「FGK」は「CBC」の株販売を
問題だと理解しながらも、関係者には詐欺を虚偽で伝えていた。


23年12月より
「CBC」が健全に存在する優良な会社として
「FGK」「FGK」の代理店「常磐会」
当時「常磐会」の社員だが、書面上は「CBC」の社員としていた、
臨床検査技師「吉野善」
投資詐欺で逮捕された「JAM」関係者で「CBCサポート」の
社員「伊東嘉彦」は、千葉テレビで。
「FGK」代理店 ビズミント は中部経済新聞で「CBC」を宣伝し、
24年春に「FGK」から出された 臍帯血保管案内のリーフレットも保管先は、
臍帯血バンクの機能を失っていた
「CBC」の高崎保管所と記載し、
本社も新横浜 と記載し、
臍帯血保管者には精密検査をしています、
保管満期後は公的利用もされます
と嘘をつき消費者を組織で騙していた。



CBC」破綻後「常磐会」は 厚生労働省からも「CBC」に
保管された臍帯血をどうするか
相談があったと嘘の記事を 医薬経済誌 から出させていた。
「古屋敷」も厚生労働省にも報告した、とありもしない事実を
言っていた。



*組織で「CBC」の実態を隠蔽していた、
隠し続けようとしていました。
私が見抜いただけです。


「常磐会」「FGK」「FGK」の代理店は「CBC」と共謀し
存在がなかった「CBC」を優良な臍帯血保管会社として
健全に存在するかのように見せかけ多くの消費者を騙した。




詐欺犯罪組織の一員の伊東嘉彦 。

・伊東嘉彦と土江貴史の2人は「CBC」の取締役として
19年4月1日から就任していました。

伊東嘉彦は220億以上もの被害を出した投資詐欺
「JAM」の関係社「BENE」の創立者で「BENE]の前身
「株式会社 伊東嘉彦健康堂」の代表です。
・「株式会社 伊東嘉彦健康堂」の代表取締役は
「CBC」取締役の 伊東嘉彦と土江貴史の2人。

その後


・19年4月25日
社名を「BENE」に変更し
・19年8月31日
代表取締役には池田和人を就任させ、
株式会社 伊東嘉彦健康堂」を閉鎖する。
「BENE」の登記簿は現在も存在する。
伊東嘉彦は逮捕を免れる為
故意に代表取締役を辞任したと思われる。



横浜地裁より

3 本件の経緯
(1)
被告シービーシーは、設立からわずか3ヶ月目で発行済株式が6倍に
なるなど次々と株式を発行し、さらに設立から半年の平成18年3月頃から
新株予約券付社債も発行を始め(甲1)
株式会社ソーコー21
(同社の代表者網中徳次は同様の未公開株式商法により逮捕されている)
などと共謀して未公開株式商法を行っていき(甲2)
資金を集め規模を拡大していった。

平成19年4月1日には本社(本店所在地)を現在の
神奈川県横浜市港北区に移し、同年5月頃には群馬県高崎市に臍帯血を
冷凍保管するプロッセシングセンター(以下「高崎センター」という)
を設置し臍帯血の保管業務を開始した。
当初高崎センターでは群馬県赤十字血液センター前技術部長の
亀山憲昭がセンター長を務め臨床検査技師であったが、平成22年頃には
辞め、被告常磐会から臨床検査技師が派遣されていたようであり、
被告シービーシーの指導監督医も被告常磐会から派遣されていた。




JAM逮捕記事


・18年「JAM」により「CBC」ファンド販売される。
・ 東京地裁にて 19年、23年「CBC」未公開株販売は
 詐欺的商法との判決例多数あり。


「投資会社」JAM株式会社らに対し損賠提訴(静岡地裁)、末端被害者へ集団訴訟参加の呼びかけ
1.2008年10月20日、JAM株式会社、株式会社ソーコー21(いずれも千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンB棟10階、
代表取締役:網中徳次)、株式会社BENE(東京都千代田区永田町2-9-6新館十全ビル405、代表取締役:池田和人)
及び各社取締役らに対し、損害賠償を求める裁判を静岡地方裁判所で起こしました。
2.原告は静岡県中部在住の女性(50歳)であり、知人から「日経225株価指数取引で運用し、月々高配当が得られる」等と勧誘され、
上記会社らが運営する匿名組合等の契約をしましたが、2007年12月末頃から配当が減り、今年5月分を最後に支払われなくなりました。
配当受領分を差引いても約600万円の損害を蒙っており、この度の提訴となりました。
3.当事務所には原告の他にも複数の相談が寄せられおり、その人達の様子から県内には多数の被害者がいるものと窺えます。
私は被害者を作り出した加害者の受任はしておりませんが、JAM株式会社等に入ったお金の流れと民事刑事の責任の所在を
解明するため、今後早い時期に集団訴訟でJAM株式会社やその関連会社と役員個人への訴及、刑事責任の追及を予定しております。
末端被害者の集団訴訟の参加を呼びかけます。本裁判の進行状況については、適宜HPでお知らせします。





http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2520915.html
 >この、パティオ東京ベイという会社は、平成16年9月に会社名を変更しています。
以前の社名は、(株)ユイ・インターナショナルという会社で、美顔器のモニター商法で、ネット上でも話題になっていた会社です。
美顔器や健康食品のマルチ商法をしていた会社が、ある日突然、社名を変えて、会社登記の目的欄に、             
「有価証券の売買及び株式の投資コンサルタント業」という項目を追加して、
日経225への投資と言って、金を集めまくっています。
しかも、出資者を紹介すると、手数料が入る、ネットワーク(マルチ)方式で、大量に資金を集めています。
>日経225の他にも、臍帯血 保存の会社(別会社)に投資をさせたり、 未公開株の話しでも、お金を集めているようです。





*伊東嘉彦と土江貴史の2人は臍帯血バンク「CBC」の取締役に就 任
していた時期にも「BENE」で投資詐欺を行っていた。
詐欺犯罪組織の一員だった、民間臍帯血バンク「CBC」





その後、

「BENE」の 代表取締役 池田和人を代表取締役に
「CBC」の取締役「土江貴史」を取締役と就任させ、
「BENE」と同一住所の
「株式会社 クリスタルシャイン」を
・20年1月25日に設立
目的欄には
人細胞保管業務
乳歯歯髄内幹細胞保管業務 と書かれている。
閉鎖項目はなく、現在も 株式会社 クリスタルシャイン
は存在する。



株式会社 クリスタルシャイン時代でも
伊東嘉彦は
投資金の使い込みで
怪しい破産をした
株)乳歯幹細胞バンクにも関わっていたと見られます。




もともと伊東嘉彦ら「CBC」役員は
犯罪組織と共謀し、今後臍帯血以外にも
歯髄を保管する事業も行うと、
虚偽告知を載せ、詐欺ファンドを
不正販売しました。犯罪です。


・22年9月7日
「CBC」ファンドには虚偽告知があった事が判明
(63条届出による適格機関投資家等特例業務による私募ファンド)は
>登録業者と異なり、行為規制は虚偽告知及び損失補填禁止のみ



・株式上場を示唆した22年「CBC」ファンド販売資料より。


シービーシーの最新状況   平成22年2月1日   宍戸良元
(3) 歯髄バンク事業    
鶴見歯科大学が全国の大学の歯科部門に協力を呼びかけ、
(株 再生医療推進機構との産学協同事業として
スタートしたばかりの事業です。弊社は、この中でバックアップの
二次保管施設として指名を受け、グループ体制の中に名を連ねました。
(鶴見歯科大学と書いてあったが、鶴見大学歯学部の事です。)



調停後もらった
見解書   25年6月
(株) 再生医療推進機構
代表取締役  大友 宏一
当社は、株式会社シービーシーと資本関係等はなく、
株式会社シービーシーが当社のグループ会社である、
またはグループ会社であったという事実は全くございません。
加えて、当社は、株式会社シービーシーをバックアップの
二次保管施設としては指名したことはありません。
以上、当社の見解を申し上げます






株)乳歯幹細胞バンク/破産開始決定
幹細胞保管サービスの(株)乳歯幹細胞バンク
(東京都中央区銀座5-15-19、代表:関根寛之)
は10月5日、東京地方裁判所において破産手続きの開始決定を受けた。



2007年12月09日
乳歯から幹細胞を取り出す「乳歯幹細胞研究バンク」
子どもの歯で再生医療 名大に研究拠点

 名古屋大は6日、乳歯から骨や神経など様々な細胞に分化する能力を持つ
「幹細胞」を取り出し、再生医療に役立てる研究をするため、学内に
「乳歯幹細胞研究バンク」を設立したと発表した。

 乳歯は同大付属病院など6病院から提供を受け、数年で1万個程度の幹細胞を収集
、研究データを集めて臨床応用を目指す。同大によると、
大学などの公的機関に乳歯の幹細胞バンクを設置するのは世界初。

 バンクを設立したのは、医学系研究科の上田実教授らのグループ。
提供された乳歯や親知らずから、幹細胞を採取して培養。超低温で保存して研究する
。幹細胞を使った再生医療では、骨髄や臍帯血があるが、
乳歯の幹細胞はこれらに比べて、
細胞の増殖能力が高く、採取が簡単なことから、実用化に期待が集まりそうだ。

 上田教授らは子犬の歯から取り出した幹細胞で親犬のあごの骨を
再生できることをすでに確認しており、近親者の再生医療に使える可能性もあるという。
上田教授らは犬の実験例を重ねて研究成果を発表したうえで、
厚生労働省や学内の倫理委員会の審査を経て、
人の臨床実験を実施したいとしている。

 上田教授は「これまで捨てられていた歯が有効活用できるうえ、
受精卵からつくられる胚性幹細胞(ES細胞)に比べ、
倫理的な問題も少ない。将来的には
、孫の乳歯で祖父母の骨粗しょう症による骨折や傷跡などを
治療できる可能性がある」と話している。



「伊東嘉彦」は石川県保険医協会で~再生医療の現状と
乳歯幹細胞バンクの
講演をしていました。

http://ishikawahokeni.jp/whatsnew/sikakoen0938.pdf


石川県保険医協会主催学術講演会では
伊東嘉彦は
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ 講師略歴伊東嘉彦氏 プロフィール
熊本県出身。
1978年横浜国立大学工学部応用化学科卒業
株式会社カイノス入社(診断用医薬品製薬会社)
1999年独協医科大学臨床病理、森三樹雄教授に師事
2003年株式会社CBT取締役、(臍帯血保管バンク設立)
医学博士取得
2007年株式会社BENE代表取締役社長
NPO法人健康促進協会理事
2008年乳歯バンク設立準備室勤務

石川県保険医協会主催学術講演会
再生医療の現状と乳歯幹細胞バンク
幹細胞を利用した臨床応用に向けた将来展望
講師   伊東嘉彦氏
(株)クリスタルシャイン乳歯バンク準備室学術部長





伊藤たいすけによる
2億8000万円の投資金の使途不明で破産した
乳歯幹細胞バンク事件では、
歯髄バンク
株式会社 再生医療推進機構
大友宏一代表、他
管理責任で訴えられたが和解となった。



伊藤たいすけが代表取締役らしき
http://ameblo.jp/tititiger/entry-10712650257.html
株式会社メド・カルチャー
代表取締役
伊藤 泰介(いとう たいすけ
東京都港区六本木6丁目7番-14号
朝日神社会館2階
電話  03-5775-4460
FAX  03-5474-1951
フリーダイヤル  0120-844-460

主な事業
1 最新のインプラントの技術を統合したインプラントの普及
2 最先端歯科用CT販売
3 歯科医師個人輸入サイト「歯科材.com<http//歯科材com>日本事務所運営
4 中国北京での「北京DCクリニック」共同運営


> 未公開株通報専用コールセンター(0120-344-999)によると、
相談・苦情の多いメド・カルチャーという
インプラント関係の輸入代行業者が上場予定をエサに私募債を募っているのが
 実態のようだ。
私募債の申し込みをしてしまっても お金の振り込みはしないように!とのこと。
法的措置はとれはしない幽霊会社に過ぎないとのことでした。






・20年6月4日
「土江貴史」は「CBC」の取締役 を辞任する。



・19年4月6日には
「CBC」取締役の「伊東嘉彦」と
「JAM」で逮捕された「宮治節子」が理事となり
「特定非営利活動法人健康促進協会」を設立。
・25年6月7日
「特定非営利活動法人健康促進協会」は
東京都知事の設立の認証の取り消しにより、解散となった。




「BENE
「株式会社 伊東嘉彦健康堂」
「株式会社 クリスタルシャイン」
「特定非営利活動法人健康促進協会」
4社とも住所は
東京都千代田区永田町二丁目9番6号
となっています。


詐欺犯罪組織の一員2人が「CBC」の役員となっていたという事です。




伊東嘉彦は「CBCサポート」制作の
千葉テレビの「CBC」の
宣伝にも「常磐会」の医師 中川泰一と同じDVDに出ている。
この頃はもう臍帯血バンクとしての「CBC」の存在はなかった。
*証拠 CBCサポート伊東嘉彦の名刺
*証拠 千葉テレビのDVD

「FGK」の代理店 亀山スタジオのHPより。
> 千葉テレビにて、CBC さい帯血保管についての
番組が放送中です。
kameyama1031.blog103.fc2.com/blog-entry-155.html
亀山STUDIO 福岡で、さい帯血バンク/CBCサポート代理店 代筆業(DM代筆可)・コピーライティング・
校正・広告企画/ラック制作(チラシ・パンフレット・リーフレット等)を行っ ... 2011.12.10 千葉テレビにて、
CBC さい帯血保管についての番組が放送中です。

★放映★千葉テレビ★
命を繋ぐさい帯血バンク~本日第3回目の放映です~
2011-12-16 10:07:49
テーマ:メディア情報
■TV情報『命を繋ぐさい帯血バンク』
星本日12月16日(金) 19:55~20:00 
テレビ第3回 『世界のさい帯血バンク』テレビ
>弊社学術担当 伊藤による解説
アジア・韓国の状況など
著作・制作 株式会社CBCサポート
みなさま、お時間のご都合がつけば、是非ご覧になってください音譜




コメント
この記事をはてなブックマークに追加