臍帯血バンク・シービーシーの犯罪履歴

臍帯血バンク・シービーシーの未公開株詐欺・振り込め詐欺の被害者さま臍帯血保管された皆さまへ

大阪市 旭区清水 ときわメディカル 腸内フローラ移植

2017-06-14 21:07:58 | 日記


大阪市 旭区清水 ときわメディカル 腸内フローラ移植 - アクセス
tokiwa-med.net/アクセス/
1階, (中川クリニック) 診療、診察. 住所,
〒535-0021 大阪市旭区清水2丁目11-1
中川クリニックビル.
電話, 06-6955-0303 (直通相談).
FAX, 06-6956- ... ナカガワ クリニック.
〒535-0021 大阪市旭区清水2丁目11-1. 0669550303 ...






花粉症 モニター受付中
プラセンタ注射®ラインネック2ml 500円

スマートスリム SS (健康な痩せ体質に)
2017年1月25日 お知らせ










ナカガワ クリニック
〒535-0021
大阪市旭区清水2丁目11-1

0669550303 0669550303
0669565524
完全予約制
診療時間

09:00-12:00/16:00-20:00
※土曜午後は、12:00まで

休診日

日曜・祝日(水曜・金曜午後)

ナカガワ クリニック
(株式会社ときわメディカル)





中川クリニック- 社団法人大阪市旭区医師会
住所大阪市旭区清水2-11-1 電話番号 06-6951-5718

院長名 中川 博、中川 泰一 専門分野 消化器、
循環器(脳神経・心臓 ... 一般社団法人大阪市旭区医師会 〒535-0002
大阪府大阪市旭区大宮5丁目3番32号 TEL:06-6953-1451
参照元URL : http://www.asahi.osaka.med.or.jp/guide/med/091.html

 ナカガワクリニックと連携している 株式会社ときわメディカルは
設立平成20年、 僅か8年の間に3回以上、住所社名を変え、
株式会社天宝堂、株式会社センチュリー商事時代には、有価証券の運用、管理、
売買、保有に関する業務となっています。



 ナカガワクリニックの電話は 06-6951-5718​ですが、
(直通相談)は06-6955-0303になっており、これは
株式会社ときわメディカルにつながる電話番号です。
ナカガワ クリニック 免疫療法 腸内フローラ(腸内細菌)移植の相談窓口と
なっているようです。



  29年6月4日
株式会社ときわメディカルに電話しましたが、医療関係は全くしていない
と言っていました。?
登記簿にも医療関係となっており、ナカガワクリニックのホームページでも
ナカガワクリニックと連携しています。
株式会社ときわメディカルは、それっきり電話には出ません。




3階
(株式会社 ときわメディカル)
相談窓口、事務所

2階
(再生医療ー細胞研究)
研究室

1階
(中川クリニック) 
診療、診察





花粉症 モニター受付中
プラセンタ注射®ラインネック2ml 500円

スマートスリム SS (健康な痩せ体質に)
2017年1月25日 お知らせ










ナカガワ クリニック
〒535-0021
大阪市旭区清水2丁目11-1

0669550303 0669550303
0669565524
完全予約制
診療時間

09:00-12:00/16:00-20:00
※土曜午後は、12:00まで

休診日

日曜・祝日(水曜・金曜午後)

ナカガワ クリニック
(株式会社ときわメディカル)





さい帯血の注射はリスクのある「再生医療」
 厚労省「若返りや美容効果はない」



2017/5/15 19:00
メディカル ビューティー 再生医療


 厚生労働省は2017年5月9日、愛媛県松山市の
「医療法人大手町クリニック」に立入検査を行ったところ、
本来必要な届け出を提出せずに他人の「さい帯血」を使った再生医療を
提供していたことが確認されたとして、5月8日付で
一時停止を命じたことを明らかにした。


インターネット上ではアンチエイジングや美容効果が期待できるとして、
さい帯血の注射を進める情報やクリニックが溢れているが、
今回のように違法な医療行為が提供されている可能性もある。


単なる注射ではなく再生医療


高リスクの第一種再生医療等に該当

「さい帯血」とは、妊娠中の女性の体内で母体と胎児をつなぐ
「さい帯(へそのお)」に残った40~100ミリリットル程度の胎児の血液だ。
ただの血液ではなく、赤血球や白血球、血小板などの血液細胞のもとになる
「造血幹細胞」が大量に含まれており、白血病のような血液疾患の治療に
使われている。
さらに、神経や骨、筋肉細胞になる機能を持つ「間葉系幹細胞」
も含まれており、骨や血管の再生医療への応用も期待され研究が進められているのだ。



若返り効果なども期待できそうな気がするが、
さい帯血の注射は町のクリニックでアンチエイジングや美容のために
手軽に受けるような治療ではない。

前述のとおりさい帯血には幹細胞が含まれるため、
他人のさい帯血を直接注射するような行為は移植による再生医療とみなされ、
「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」が適用される。
最も高リスクな「第一種再生医療等」として事前に計画を申請し、
厳しい審査を受ける必要があるのだ。




J-CASTヘルスケアが厚労省で再生医療を管轄している
医政局研究開発振興課・再生医療等研究推進室の担当者に取材したところ、
「健康な人が見た目をよりよくする、若さを維持するといった
目的でさい帯血を使った再生医療をおこなうという計画が
申請されたことはない」との回答を得た。



“「加齢による疾病の治療という意味でのアンチエイジング的な
計画は申請されているかもしれませんが、
そもそも若返りや美容効果が期待できるとするエビデンス
(科学的な証拠)は存在しません」




担当者はリスクがあるからこそ厳しい審査があるとし、
さい帯血の場合、適切な管理がされていなければ肝炎に感染する
リスクもあると指摘した。
人のさい帯血ではなく牛や豚のさい帯血を使用しているので安全と
しているクリニックも散見されるが、
担当者はさい帯血を注射するのであれば人か動物かに関係なく、
第一種再生医療等としての規制対象となるという。






ホーム肝疾患治療薬
ラエンネックの効果と副作用【プラセンタ注射】
2016/9/21 2017/5/19 肝疾患治療薬


ラエンネック(一般名:ヒト胎盤抽出物)は1974年より発売されているお薬で、
肝臓を保護するお薬になります。

しかし、それ以外にも美容目的で自費診療で投与される事もあります。
ラエンネックはいわゆる「プラセンタ」です。
プラセンタというと美容のための物質というイメージを持っている方が多いの
ではないでしょうか。

現在ではほとんどが美容目的での投与になっていますが、
本来は肝臓を保護するお薬として発売されたものになのです。
ラエンネックはどんな特徴のあってどのような作用機序を持っているのでしょうか。
ラエンネックの効果や特徴についてみていきましょう。



1.ラエンネックの特徴

まずはラエンネックというお薬の特徴について説明します。
ラエンネックはヒトの胎盤から採取した物質になります。
「プラセンタ」という言葉も「胎盤」という意味になります。


では胎盤って何でしょうか。胎盤は妊婦さんが持っている組織で、
子宮内にいる赤ちゃんとお母さんをつなぐはたらきがあり、
赤ちゃんは胎盤を通じて母親から栄養を受け取ります。

赤ちゃんは胎盤から送られてくる栄養をもとに子宮内で成長していきます。
そのため胎盤の中には非常に豊富な栄養素が流れています。
赤ちゃんが成長するために必要な物質が流れているわけですから、
ヒトに必要な物質はほぼすべて含まれているといっても良いでしょう。

この胎盤のエキスを抽出したものがプラセンタです。

プラセンタというのは何か単一の物質を指しているわけではありません。
胎盤に含まれる豊富な栄養素をすべて含めて「プラセンタ」と呼んでいるのです。

ヒトの胎盤から抽出されたエキスであるラエンネックは、
医療的には肝臓疾患への適応を持っています。

肝臓疾患に用いる事で、
•肝細胞の再生を促す
•肝細胞の線維化を抑制する
•脂肪肝を改善させる

といった効果が報告されています。

しかしラエンネックは何も肝疾患の治療に特化した物質ではありません。
赤ちゃんを成長させるために必要な栄養源を豊富に含むヒト胎盤から抽出
されているわけですので、それ以外の作用ももちろん期待できます。

プラセンタで報告されている作用としては、
•細胞の再生を促す(新陳代謝を促し、アンチエイジング効果が得られる)
•皮膚細胞の再生を促す(皮膚のハリやツヤが改善する)
•抗アレルギー作用
•免疫増強作用(ばい菌に対する抵抗力が高まる)
•活性酸素を除去する(細胞を傷付ける活性酸素を減らす)
•血行を改善させる

などがあります。

これらの作用は主に美容領域で注目され、「若返りエキス」
「アンチエイジング注射」として用いられます。
これは保険的な適応ではないため保険外(自費)診療になりますが、
このような効果が期待できるのです。

ラエンネックは副作用もほとんどありません。
考えれば当たり前で、ラエンネックはヒトの胎盤から抽出されていて本
来は赤ちゃんに届くはずのものです。それが危険なものだったら大変ですよね。

ただしヒトから採取しているものですので、
感染症のリスクがある事は覚えておかないといけません。
つまり、採取された方に何らかの感染症があった場合、
それが移ってしまうリスクがゼロではないという事です(
輸血で感染症にかかるリスクがある事と同じです)。

製造の過程で感染症のチェックは厳格に行っており、
1974年に発売されてから国内・海外でそのような報告は一例もありません。
ここから、そのような可能性は極めて低いとは言えますが、
ゼロでない事は知っておく必要がなります。

以上からラエンネックの特徴を挙げると次のようになります。







プラセンタ注射って?

医療機関でのみ受けられる

プラセンタ注射は人の胎盤から抽出されるもので、医療機関でのみ受けられる注射です。
市販されているプラセンタサプリは人間のものではありません


認可されている「ヒト由来プラセンタ」は2種類だけ

メルスモンとラエンネック
現在、厚生労働省で認可されているヒトプラセンタは
•ラエンネック
•メルスモン

の2種類のみ。メルスモンは更年期障害、ラエンネックは肝機能障害の改善を効能として
認可されていますが、美容目的での効果はどちらもほぼ変わらないとされています。

日本国内のクリニックで収集されている

正常分娩の胎盤を国内のクリニックで収集され、ウイルス検査、感染の疑いが無いことを確認し
、有効成分を抽出しています。血液やホルモンが製造過程で全て除去されるので、
プラセンタはホルモン製剤ではありません。

吸収率や即効性が高い

プラセンタ注射はヒト由来のため、サプリメントよりも吸収率や即効性が高く
美容効果だけでなく、健康障害にも効果があるとされています。
プラセンタの効能については「美容以外にも効果あり!おそるべし
プラセンタのパワー」を参考にしてください(´∀`)

プラセンタ注射の危険性・リスク

リスクを完全に否定はできない

プラセンタ注射は、40年近く前から現在までに国内や海外での感染症の報告は一切ありません。
しかし、理論的には感染症の疑いは100%は否定できません。

献血ができなくなる

2006年に厚労省から、プラセンタ注射を1度でもした場合献血を控えるようにとの通達がありました
。これは今後のリスク回避、輸血の安全性を高めるための処置とされています。

同意書にサインが必要

プラセンタ注射の同意書
これらのリスクを理解した上で、プラセンタ注射を受けます、という同意書が必要になります。

注射後のアレルギー

極まれに、赤い発疹・発熱など、アレルギー症状を起こす人もいるようです。こ
れはプラセンタの副作用というよりは、一過性の拒絶反応であるといわれていますが、
ひどい場合には中止せざるを得ません。


プラセンタの価格

クリニックによって価格がさまざま

上記で述べた通り、プラセンタ注射は2種類のどちらかしかありえません。
しかし、クリニックによって価格が様々。これは自由診療のためです。
さらにクリニックによっては初診料や再診料がかかるところがあります。

表記に注意

プラセンタの料金1本
プラセンタの料金アンプル
1本いくら、とされているクリニックと1アンプルいくら、
というクリニックがあります。1本の場合は何アンプルなのか確認したほうが良いです。

相場は?

プラセンタ注射の1アンプルの相場は1500円程度。クリニックによって
は3アンプル1200円であったり、
30アンプルや50アンプルをまとめ買いをするとお得になったりするところもあります。

保険適用になる場合もあります

プラセンタ注射も、美容を目的とした医療行為は保険適用外ですが、
更年期障害や肝機能障害などでの治療は保険が適用されることがあります。
美容クリニックはほぼ自由診療ですが、内科等で受けられるプラセンタ注射は
保険が適用になることもありますので、お医者さんに相談してみましょう。

ヒトプラセンタの原価

ラエンネックでは1アンプル150円程度、メルスモンはそれ以下といわれています。
繰り返しになりますが、どこのクリニックで受けても「
ラエンネック」か「メルスモン」のどちらかになります。価格のチェックを忘れずに!

プラセンタ注射の豆知識

筋肉注射と静脈注射の違い

静脈注射は点滴のこと。血管に注射針を刺し、ダイレクトに体内に巡らせますので
短時間で吸収されます。しかし、体外への排出も早いのが特徴です。筋肉注射は、
皮下組織に注射をするため、体内に吸収されるのがマイルドになります。点滴のほうが割高です。

ツボ注射と顔面注射

腕やお尻の筋肉注射以外に、ツボ注射という肩こりの患部に直接注射をするものと、
アンチエイジングなどを目的とし、顔面注射を行っているクリニックもあります。
これらの注射は普通のプラセンタ注射と比べ若干割高になっているようです。

定期的に通うことで相乗効果が

1度の注射で疲労回復などの効果がみられる人もいますが、
週に1度から月に2度程、定期的に継続することで効果が感じられるそうです。

何アンプルがいい?

体重や症状などによって様々ですが、量が多いからよいというわけではなく、
やはり継続して定期的に接種するのが良いそうです。

ヒトプラセンタサプリ

ヒトプラセンタは医療機関でのみ処方可能!

ヒトプラセンタサプリ
原料がヒト由来のサプリメントは、医療機関でのみ処方が可能です。
こちらもヒト由来のため、リスクなどを理解した上で同意書にサインが必要となります。
2粒で1アンプルと同じ力価があるそうです。
注射が苦手な人や忙しく定期的にクリニックに通えない人はサプリでも補うことができるんです(´∀`)

通販で購入できるサプリは原料がヒト由来ではない

ラエンネックを製造している、日本生物製剤社製が製造したプラセンタサプリ
「MDポーサイン100」は、原料は豚です。こちらは通販で購入もできますが、「ラエンネック」
とは成分が違うものですので注意して下さい。抽出や製造方法は
「ラエンネック」と同等で、クリニックでも処方されており、安全性が高いといえます。
こちらは豚由来ですので同意書は必要ありません。

いかがでしたか?

プラセンタは効果効能があまりにも多岐にわたるため、「神秘の臓器」と呼ばれているほど。
興味ある人はリスクも理解し、アンチエイジングに活用してみて下さい(´∀`)

















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 臍帯血事業は実質的に被控訴... | トップ | ときわメディックスは公的バ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。