臍帯血バンク・シービーシーの犯罪履歴

臍帯血バンク・シービーシーの未公開株詐欺・振り込め詐欺の被害者さま臍帯血保管された皆さまへ

さい帯血 他の細胞保管と比較してみても細胞数もずっと多い?

2017-06-16 21:24:00 | 日記
薬剤を用いる従来の方法では治療が難しい疾患に対
し,細胞そのものを用いる細胞移植や再生医療が新しい
医療として注目されている.たとえば,造血幹細胞移植
は白血病などの難治性疾患において,すでに世界各国で
臨床研究が行われている.しかしながら,造血幹細胞は,
骨髄細胞10万個に1個の頻度でしか存在せず,取得が
難しい

.また,iPS細胞(人工多能性幹細胞)を用いた
再生医療では,特定の臓器細胞へ分化させた細胞群に未
分化な細胞が残存し,体内で腫瘍を形成することが危惧
されている.200万個の移植細胞にたった20個の未分
化細胞が混入すると100%の確率(n􀀃􀀠􀀃􀀘)でテラトーマ
(奇形腫)が発生することがマウスを用いた実験で報告
されている1).すなわち,必要な,あるいは不要な細胞
を分離する技術が細胞移植や再生医療の分野において強
く求められている.この技術には,超高精度で目的の細
胞を分離できること,分離プロセスが細胞にダメージを
与えないこと,治療に必要な大量の細胞を短時間で分離
できること,などが求められる.
現在用いられている細胞分離技術は,大きく以下の3
つに分類される2).すなわち,i)物理化学的な方法,
ii)生物物理学的な方法,iii)アフィニティーを利用す
る方法である.i)物理化学的な方法とは,遠心分離法や,
分離膜を用いるもの,水性二相系など,細胞のサイズ,
密度,接着性などの違いを利用した分離法である.これ
らの技術は簡便であるが,分離精度が一般に低いことか
ら,分離プロセスの最初のステップに用いられることが
多い.ii)生物物理学的な方法とは,たとえば誘電泳動3)
やフィールドフロー分画を利用して分離する手法であ
る.この手法では,細胞の電気特性や屈曲性に基づいて
分離を行うため,抗体などで細胞を標識する必要がない
という利点がある.iii)アフィニティーを利用する方法
は,モノクロナール抗体などが結合した蛍光色素や磁気
ビーズを用いるフローサイトメトリーや磁気細胞分離法
がある.フローサイトメーターは,市販装置で1秒間に
数万個の細胞を分離処理できるレベルに達している.ま
た,高感度かつ定量的な測定や,多重パラメーター解析
ができることから,希少細胞の選択的分離に用いること
が可能な技術である.





概要[編集]

胎児は胎盤を通して母側から酸素や栄養分を受け取り、
老廃物を母体側に渡すが、胎児と胎盤をつないでいるのが臍帯である。
出生時の臍帯は太さが2cm,長さが50-60cmほどで、臍帯には2本の臍帯動脈と
1本の臍帯静脈が流れているが、その血管内の血液が臍帯血で
[1]40ml〜100ml程度の量がある
[2]。移植に使われる臍帯血は出産後に胎盤や臍帯内に取り残された
胎児血を採取保存したものである
[3][4]。以前には出産後に臍帯や胎盤とともに破棄されるものだったが
、1980年代前半に臍帯血には造血幹細胞が含まれることがわかり
、1988年、臍帯血を使った最初の移植医療
(Gluckman博士らによるFnconi貧血児への移植)が行われ、
その後各地で臍帯血バンクが設立され1993年以降バンクを通して
白血病などの疾患への移植医療が各国で行われている
[5][6]。

出産後、臍帯は新生児からは切り離され、
胎盤もまもなく娩出(後産)される。そのため出産後、新生児から切り離された
後の臍帯から血液を採取しても、新生児や母体にはなんら影響はない[7]。

臍帯血に含まれる造血幹細胞移植は骨髄移植や末梢血幹細胞移植と
並ぶ造血細胞の移植術であるが、
臍帯血は骨髄や動員末梢血幹細胞に比べると造血幹細胞の数が少なく、
生着率は約 85% とされ[8]HLA 適合度が低いと造血の回復が遅いデメリット

(移植初期の失敗が多い)はあるが、適切に保存された臍帯血は
短期間で移植が可能で、造血幹細胞が一旦生着し安定した造血が始まると
骨髄や動員末梢血幹細胞による造血よりも移植片対宿主病(GVHD)が少ない
メリットがある。

移植片対宿主病(GVHD)が少ない為にHLAが完全一致でなくても
移植が可能でありより少ないドナープールでドナーを見つけられる。
造血細胞数が少ないために、臍帯血移植が始まった当初は、
移植先は小児が多かったが、近年では大人への移植も多く行われている
[5]。

2006年には秋篠宮妃紀子が悠仁親王を出産した際に、
悠仁親王の臍帯血を公的バンクの一つである東京都赤十字血液センター
さい帯血バンク(2012年現在の日本赤十字社関東甲信越さい帯血バンクの前身)
に提供している[9][10]。







【株式会社ときわメディックス】費用、高くない?!

【株式会社ときわメディックス スタッフブログ】

臍帯血保管するにあたって、一番ネックになるのは?

やはり料金です。


細胞保管は、研究者はよくお分かりの通り、
かなり費用がかかるんです。(原価が高い)

世界的に臍帯血保管バンクは増え続けていますが、

各国だいたい料金は同じくらいです。

20年保管でざっと30万円前後。

金額を言うと大抵の妊婦さんが引くんですが、
医療関係の方は、「えっそのくらいで出来るんですか☆」
と言ってくれるのがいつものパターン。

保険診療に慣れている日本人的には、
医療にお金がかかる感覚が薄いんですね。

実際、医療費って高いんです。
保険でカバーされているだけで。


日本には今のところ3社の臍帯血バンクがあるんですが、
どこも料金はほとんどかわりません。

(内容は違うので、内容の違いを理解して選ぶといいですね)

もちろん、ただ、出産の記念としてとっておくようなものなら
それに30万円も払うなんて、バブル期を味わっていない世代にとっては
理解できないですが…

もちろん、臍帯血保管は、細胞を保管するんですから、
ただのお飾りではないのです。

公的バンクでは20年も保管しませんが、
一検体80万円かかると公表しています。


ときわメディックスは公的バンクと同じ
分離方法、検査数です。
しかも20年間、液体窒素中で(-196℃)冷凍保管します。
20年間、毎日、目視でチェックされています


保険会社みたいに、ただお金を入れて終わりではありません。


更に、他の細胞保管と比較してみても、

細胞数も、歯髄細胞よりずっと多いですし、
脂肪細胞より様々な再生医療に期待されています。

しかもips化まで可能です。
iPsになれば、失われた臓器に作り変えて
移植するという利用幅も無限に広がります。

細胞の増殖能力も他の細胞と比べて5~10倍だし。。。
使えるヤツです。

臍帯血の細胞保管できたらすごくいいよね~…
だってさ、つまりは、
白血病になっても移植に使えるかもしれないし、
大事故で体が麻痺しても普通の生活に戻れるかもしれないし、
年をとってリウマチとか出ちゃっても治せちゃうかもしれないんでしょ、

もしもの時の人生が違ってくるもんね。
すごくイイじゃ~ん。

って言われる訳です。

それに、
20年で30万ということは1年あたり1万5千円でしょ。
ま、まとめて払わなきゃだけど、
こう考えると、普通の保険と比べてもけして高くはないかも。。。

子供に細胞の型(HLA)が100%一致するってことは、
拒絶反応の心配なく、再生医療に使えるってことだから、
この安心感は魅力だよね~。。。

と、あなたも思いませんか?











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 僕はね、古屋敷から聞いてた... | トップ | 調停に来なければ私の不動産... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。