臍帯血バンク・シービーシーの犯罪履歴

臍帯血バンク・シービーシーの未公開株詐欺・振り込め詐欺の被害者さま臍帯血保管された皆さまへ

全国のさい帯血移植医さまへ。

2017-03-20 05:45:03 | 日記


さい帯血詐欺組織

破産した大阪大正区 ときわ病院、
同病院が運営する
民間の臍帯血バンク
株式会社
ときわメディックス
その代理店
株式会社 フューチャー イング・ゲート・クボタ
株式会社 エスビーエス(旧 シービーシーサポート)
が以前集めたさい帯血は移植に使えません。









この組織は
未公開株詐欺を繰り返す
民間の臍帯血バンク
シービーシー
の実態
(横浜本社機能停止の隠蔽
高崎臍帯血保管所機能停止の隠蔽など)
をシービーシーと共謀し
こそこそと隠し、
組織で健全に存在する
臍帯血バンクであると、
千葉テレビ、インターネットなどで
アピールし、消費者を騙し
臍帯血を集めました。







(平成23年2月24日に大阪 大正区 常磐会 ときわ病院が
「CBC」に貸し付けた金銭の
代物弁済として、同年4月3日の約定に基づいて同年7月1日に
「CBC」高崎臍帯血保管設備を取得


23年8月以降に
民間臍帯血バンク
株式会社
シービーシー
未公開株詐欺にあった被害者。

横浜地裁訴状
別紙










高崎臍帯血保管設備を取得








株式会社 フューチャー イング・ゲート・クボタ
1657万1000円要求訴訟
からの控訴理由書


7ページ
(1)

被控訴会社がCBCと代理店契約を締結し
その後CBCサポートを設立(23年7月)
した当初から臍帯血保管事業は実質的に
被控訴会社や、CBCサポートが行っていたのであり

株)CBCが立ちいかなくなっても
そのまま被控訴会社が引き継いで
臍帯血保管事業を続けることは十二分に可能であった。






CBCが未公開株詐欺で奪ったお金は
この詐欺組織に使われています。


*23年8月~に「CBC」振り込め詐欺にあった被害者さま


平成26年*月横浜地裁判決書。


・当裁判所(横浜地裁)の判断

弁論の全趣旨を総合すると、原告は、被告の従業員及びこれと意を通じた者から
被告が近日中に株式を上場する予定があり、未公開株である被告の株式が値上がり
確実である旨の虚偽の事実を告げられ、これを買い受けてはどうかという
強い勧誘を受け、その旨の錯誤に陥った結果、被告から被告の株式**株
を順次買い受け、その対価として、別紙のとおり合計****万円を被告名義の
口座に順次送金し、被告に支払ったものであり、かつ、被告の事業の執行について
されたものと認めるのが相当である
被告の主張は、上記説示したところ、
とりわけ原告の送金先が被告名義の口座であること、
原告が被告の株式の譲渡対価以外に被告に支払うべき金員を有していたことを
うかがわせる事情は見当たらないことに照らし、採用することができない。
そうすると、被告は、民法715条1項に基づき、上記の違法な勧誘行為の結果
原告に生じた損害を賠償すべき義務を負うというべきである。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 品質管理が保証されていない... | トップ | 理事長の交代で黒字、その後... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。