臍帯血バンク・シービーシーの犯罪履歴

臍帯血バンク・シービーシーの未公開株詐欺・振り込め詐欺の被害者さま臍帯血保管された皆さまへ

ありがとうございます。去年の今頃は檻の中でした。

2017-05-16 13:19:00 | 日記
ありがとうございます。
28年5月10日に
名誉毀損容疑で逮捕されました。

去年の今頃は檻の中でした。
弁護士には名誉毀損で、不起訴はハードルが高い
民間臍帯血バンク株式会社ときわメディックス
同 代表取締役 
中川泰一 や
大阪市大正区小林一丁目1番1号
医療法人常磐会
同代表者理事長     
中川博
に謝罪し、示談金を払い許してもらう事も
可能と言われましたが、
なにも知らない臍帯血保管者の
犠牲者が沢山いる事や
民間臍帯血バンクシービーシー未公開株詐欺被害者も
沢山いるなど公益性があると信じていました。

もし電話録音がなければ
中川博、泰一キチガイ親子に
狂言者にされ有罪となっていたと
思います。

刑事は民間臍帯血バンクシービーシー
未公開株詐欺事件はしっており、
私が書きこんだネットの記載は
概ね事実だと信じている様子でしたが、
事実でも名誉毀損になると主張していました。

検事は国会質疑にまでなった事であり、医療関係でも
あるので事実なら当然公益性があります、
ときわメディックスや
同社代理店
株式会社フューチャー イング・ゲート・クボタを
調査します、証拠を提出してくださいと言われ
5月30日釈放され、
11月に不起訴処分となりました。

刑事事件で
民間臍帯血バンク株式会社ときわメディックス
医療法人常磐会
株式会社フューチャー イング・ゲート・クボタらの
不正が証明され、今となっては良かったと思います。



留置所生活は火曜日と木曜日にフロがあり、
日曜日以外、一日に30分だけ、ベランダで休憩できます、
食事も不満はなく、土曜日、日曜日の昼1時間だけラジオが
流れていました。
それ以外はずっと4畳半くらいの部屋にただいるだけです。
2人部屋です。
暇との闘いです。
週一回コンビニでの注文もできます。


留置所管内を一歩でも出るときは金属探知機で調べられ
いちいち手錠をかけられ、腰ロープもつけられます。
留置所内はアイボリー色で統一され、色がありません、
異常に天井が高く、朝7時から夜9時まで明るすぎる
照明で目が疲れ、一切外は見れず気がめいります。





ブログ内書き込みを証明しろと言われたので
違法FX結城リサーチや、
捏造登記簿
野見充実の事や
キタナイ手口の不動産差し押さえ
などもすべて検察庁にだしました。

ベランダもアイボリー色で統一され、外は見れません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 臍帯血バンクのマッチポンプ... | トップ | 臍帯血バンク 実態がなかっ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。