臍帯血バンク・シービーシーの犯罪履歴

臍帯血バンク・シービーシーの未公開株詐欺・振り込め詐欺の被害者さま臍帯血保管された皆さまへ

再生医療等安全性確保法違反に対する日本再生医療学会の考え方

2017-06-16 06:26:47 | 日記


いつまでも馬鹿な組織

臍帯血が安全かどうかを判断するのは
各臍帯血バンクではなく、
将来治療にあたる病院や医師です





再生医療等安全性確保法違反に対する
日本再生医療学会の考え方



厚生労働省は2017年2月20日付で、
「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」に基づき、
埼玉県内のクリニックに対して再生医療等の提供の一時停止を命じる
緊急命令を出しました。
また、昨年10月31日にも、2つのクリニックが同法に違反する行為を行い、
同様に緊急命令を受けています。
日本再生医療学会は、こうした触法行為について、極めて遺憾であり
断固容認しないこと、
また再生医療の安全性・有効性を高めるため、
会員に対する教育や周知をこれまで以上に徹底していくことを表明いたします。



今回、厚生労働省の立入検査によって、当該クリニックが
同法が定める再生医療等提供計画の提出を行わないまま、
第三者の臍帯血(さいたいけつ)を用いた再生医療を実施していたことが
確認されています。
第三者の細胞を患者に投与する行為は、同法で「第一種再生医療等技術」
として分類されています。
第一種再生医療等技術は

「人の生命及び健康に与える影響が明らかでない又は相当の注意をしても
人の生命及び健康に重大な影響を与えるおそれ」があるものとして

(1)高度な審査能力を持つ「特定認定再生医療等委員会」
の意見を聴いた上で、必要書類を厚生労働大臣に提出し、

(2)厚生科学審議会の意見に基づく安全性等の確認、
を受けなければ実施できません。


つまり、現状の科学的常識に照らして、有効性と安全性の
バランスを慎重に検討されるべき医療行為が、
無届でなされた、ということを意味します。



また、昨年10月の例では、実際に提供する再生医療等技術が
届け出の内容から変更されていたにも関わらず、
必要な変更手続の届け出を行っていなかったこと、
また患者に投与する細胞を加工するにあたり、製造許可をとっていない、
あるいは製造する承認を受けていない業者に委託するなどの行為がありました。
これらの件は、「第三種再生医療等技術」として分類される、
比較的リスクの低いものではありますが、
適切な届け出が行われなかったり、投与される細胞の加工調製が、
届け出されていない施設で行われたりすることは、
安全性確保の観点からは、絶対に許すことのできないものです。



これまで、本会は2014年に「再生医療人の行動基準」を定め、
会員に対して患者の安全性の確保や法律・
ガイドラインの遵守を求めてきたほか、
2015年からは再生医療等に携わる医師・歯科医師や細胞培養士の学識・
経験を評価し認定する「再生医療認定医制度」を設け、
再生医療の質を高めるべく制度を拡充してまいりました。
さらに今回の例を重大な問題として捉え、
会員教育のさらなる充実を図り、安全な再生医療を実現・
普及できるよう、不断の努力を重ねていく所存です。



一方、再生医療はこれから大きく発展するものであり、
国民のみなさまにおかれましては、不明な点も多くあることと思います。
もし受診したクリニックにおいて、細胞の移植やそれに類する治療法
を勧められた場合、法律に基づいた対応を行っているか、
日本再生医療学会の認定医であるか、といったことを医師にご確認ください。
もし不安・不明な点がある場合は、
かかりつけの医師にご相談されるなど、新規の治療法を受ける
べきかの判断については慎重に検討されることを推奨いたします。
触法行為や不誠実な医療の排除のためには、わたくしたち自身が
自らを律するのはもちろんのこと国民の皆様の厳しい視線を
絶対に欠かすことができません。
再生医療という新しい医療を
社会とともに構築していけるよう、国民の皆様のお力添えを
お願いいたします。


一般社団法人日本再生医療学会







Q臍帯血バンクを選ぶポイントはありますか?


A日本の臍帯血バンクには、統一基準や認証といった
ものはまだありません。
保存方法も検査数も各臍帯血バンクにより異なるのが現状です。
臍帯血を保管しても、細胞数やウイルス感染の有無が明らかでない場合、
治療に使ってもらえない恐れがあります。
臍帯血が安全かどうかを判断するのは各臍帯血バンクではなく、
将来治療にあたる病院や医師です

ときわメディックスでは安全性を客観的に確保するため、
移植実績が高い日本の公的臍帯血バンクと同等の検査数、
品質基準を設けています。
費用を抑えるために保存前検査を省略することはありません






・窪田好宏は代理店の構築自体は順調に進みましたと主張しているが頭打ちとなっていた、
また代理店募集開始時より、全国800店として進めていたが23年9月で253店しか集ま
らなかった為一旦400店とくぎり、紹介手数料を加算し臍帯血保管予約券(20万円)
がついていない、登録料が198、000円の臍帯血バンク代理店 B登録を追加しての
代理店惘拡販としていた。(FGKさい帯血バンク代理店システムガイドにもシービーシー
本社は新横浜と嘘の記載がされていました。)


 FGKさい帯血バンク代理店システムガイド

代理店紹介手数料を加算しB登録を追加しても平成24年4月末日現在の代理店数が323件
しか集まっていなかった。800店には程遠い数値だった。それも虚偽表示を行い、騙して
の代理店惘拡販だった。

シービーシーでの臍帯血 保管満期後は公的利用されると欺網し
二次代理店や臍帯血保管者を募っていました。

>FGK  さい帯血バンク代理店システムガイド より
>Q   保管期間を満了した場合に延期を希望しなければ今まで保管した
     臍帯血はどうなりますか
>A   契約終了時に、焼却処分か研究
     公的利用のどちらかをえらんでいただきます。

       ※公的利用はありません。



株式会社 フューチャー イング・ゲート・クボタ 
さい帯血バンク代理店システムガイドより。

・代理店募集人数の変更

 かねてより800代理店募集を目標とし、達成年度からの権利収入の分配開始とさせて
頂いておりましたが、現状のペースでは今期分からの払い出しは不可能と判断し、まずは
一時募集として400代理店で区切り、権利収入の分配金は800代理店完了時では無く
400代理店完了時の年度から開始とさせて頂きます。(800代理店完了時に権利獲得証
をお送りします)



代理店募集開始時より、 全国800店として進めさせていただいておりましたが継続収入の早期払
い出し及び、現状マーケットシェアを鑑み400代理店を1次募集とさせていただき、各地域の募集
代理店数も都道府県から地域へと変更させていただきました。

現在、民間の臍帯血バンクで一般に利用されているのはステムセル社とCBC社ですが、首都圏の病院
ではステムセル社のマーケットが非常に大きい状態です。そこで、まずマーケットとして未開拓で有る
こと、又、羽田までの空輸網が整備されているなど搬送に支障のない地域を中心に代理店数を再設定さ
せて頂きました。
 継続収入に関して800代理店達成後からのお支払いとさせていただいておりましたが、現状のペー
スでは今期分からのお支払いが不可能と判断、1次募集として400で区切る事により今期分でのお支
払い開始を目指しております。

 9月30日時点で、全国の代理店登録数は253店、400代理店達成まで残り147となっておりま
す。11月末までに400代理店を達成する為、お一人の紹介でも皆様のご協力をいただければと思いま
す。

・メディアキャンペーン

12月の公告番組の放映を控え、必ず11月末までに400代理店を構築する必要があります。40
0代理店とは、競合他社との差別化としてCBC社が全国に代理店惘が整っており、搬送業務等を行っ
ている事を示す説得力の有る数であり、番組内容にも全国400代理店によるサポート体制として作成
されています。
そこで、代理店の皆様のお力添えを頂くべく、キャンペーンを行わさせて頂きます。


期間2011年10月~2011年11月30日

内容 期間内に代理店をご紹介頂いた際の紹介手数料に、以下の金額を加算させて頂きます。

  期間中 1人目紹介   +10、000加算   40、000円お支払い
      2人目紹介   +20、000加算   50、000円お支払い   
      3人目紹介   +30、000加算   60、000円お支払い
      4人目紹介   +40、000加算   70、000円お支払い
      5人目紹介   +50、000加算   80、000円お支払い

*期間内に5人新たにご紹介頂いた場合、通常15万円の紹介手数料お支払いの所、30万円のお支払
いとさせて頂きます
。5名以上達成の方にはイベントも企画しておりますので、詳細が決まり次第FG
Kホームページ内、代理店様向けページ及びメール二ユースにてお知らせ致します。




{スターターキット}
・臍帯血個人保管業務委託代理店登録料は(税込)398、000円です。
 さい帯血代理店IDの発行
 さい帯血個人保管予約券(20年間保管コース)1枚
 CBCロゴ入り名刺100枚(印刷込み)


・登録方法追加(B登録)について
現在、代理店登録(通常)にはさい帯血予約券が付随しております。
これは、さい帯血に関する多くの事を経験していただき、臍帯血バンク事業の
意義を感じていただくと共に、予約券を妊婦様に販売していただく事で
最大30万円の利益が得られ、事業開始資金の回収を速やかに行う為のものです。
しかしながら多くの方々に代理店として登録頂く中で、周囲にご出産される
方がいらっしゃらないなど予約券なしの契約も希望される方も多く、この度
予約券がついていない、登録料が
198、000円の臍帯血バンク代理店 B登録を開始させて頂く事となりました。

■手数料の種類
臍帯血個人保管のさい帯血バンク代理店の手数料は3種類です。

臍帯血保管予約券(20万円)を妊婦様に販売していただく事で
最大30万円の利益が得られ、 事業開始資金の回収を図れる。


・「FGK」さい帯血代理店システムガイド
3、全国相互活動分配手数料
当社の年間臍帯血個人保管契約件数から、1契約につき5千円をプールして、販路
拡大実績の貢献度に応じて年間で1度、さい帯血代理店で比例分配し年度末の3月
末日に支払うものとする。


*民間の臍帯血バンクであるシービーシーでは、
20年間保管プランの場合、 検査などにかかる費用が15万円、 保管費用が1年7,500円
20年間合計30万円がかかります。

①「CBC」宍戸大介によれば
臍帯血保管1件につき、産婦人科医に5~6万円のバックマージン。

② 株式会社 フューチャー イング・ゲート・クボタには 臍帯血保管契約1件に
つき手数料を含め概ね 12万5000円の報酬。

③保管契約、1契約につき5千円をプールして 「FGK」さい帯血代理店で比例分配。

④株式会社 フューチャー イング・ゲート・クボタ代理店には1人臍帯血保管があると
4万円バック

⑤代理店が代理店を見つけると3万円をバック

⑥妊婦さんが株式会社 フューチャー イング・ゲート・クボタと有料代理店契約をした場合
臍帯血保管予約券20万円、 この 臍帯血保管予約券20万円を使い20年間の臍帯血保管が
できる。 予約券を妊婦様に販売していただく事で最大30万円の利益が得られる。





「FGK」代理店 福岡 亀山STUDIO
>さい帯血バンクの説明会を2月の2・3日に行います。 - 亀山STUDIO 福岡で
kameyama1031.blog103.fc2.com/?m&no=114
2011/01/23 - 亀山STUDIO 福岡で、さい帯血バンク㈱CBC正規代理店
代筆業(DM代筆可)・文章原稿作成・コピーライティング 校正・広告企画/制作編集・ .
合計すると30万円近くかかりますが、
それがわずか8万円位で済む方法があります。 さい帯血と







【株式会社ときわメディックス】費用、高くない?!

【株式会社ときわメディックス スタッフブログ】

臍帯血保管するにあたって、一番ネックになるのは?

やはり料金です。


細胞保管は、研究者はよくお分かりの通り、
かなり費用がかかるんです。(原価が高い)

世界的に臍帯血保管バンクは増え続けていますが、

各国だいたい料金は同じくらいです。

20年保管でざっと30万円前後。

金額を言うと大抵の妊婦さんが引くんですが、
医療関係の方は、「えっそのくらいで出来るんですか☆」
と言ってくれるのがいつものパターン。

保険診療に慣れている日本人的には、
医療にお金がかかる感覚が薄いんですね。

実際、医療費って高いんです。
保険でカバーされているだけで。


日本には今のところ3社の臍帯血バンクがあるんですが、
どこも料金はほとんどかわりません。

(内容は違うので、内容の違いを理解して選ぶといいですね)

もちろん、ただ、出産の記念としてとっておくようなものなら
それに30万円も払うなんて、バブル期を味わっていない世代にとっては
理解できないですが…

もちろん、臍帯血保管は、細胞を保管するんですから、
ただのお飾りではないのです。

公的バンクでは20年も保管しませんが、
一検体80万円かかると公表しています。


ときわメディックスは公的バンクと同じ
分離方法、検査数です。
しかも20年間、液体窒素中で(-196℃)冷凍保管します。
20年間、毎日、目視でチェックされています


保険会社みたいに、ただお金を入れて終わりではありません。


更に、他の細胞保管と比較してみても、

細胞数も、歯髄細胞よりずっと多いですし、
脂肪細胞より様々な再生医療に期待されています。

しかもips化まで可能です。
iPsになれば、失われた臓器に作り変えて
移植するという利用幅も無限に広がります。

細胞の増殖能力も他の細胞と比べて5~10倍だし。。。
使えるヤツです。

臍帯血の細胞保管できたらすごくいいよね~…
だってさ、つまりは、
白血病になっても移植に使えるかもしれないし、
大事故で体が麻痺しても普通の生活に戻れるかもしれないし、
年をとってリウマチとか出ちゃっても治せちゃうかもしれないんでしょ、

もしもの時の人生が違ってくるもんね。
すごくイイじゃ~ん。

って言われる訳です。

それに、
20年で30万ということは1年あたり1万5千円でしょ。
ま、まとめて払わなきゃだけど、
こう考えると、普通の保険と比べてもけして高くはないかも。。。

子供に細胞の型(HLA)が100%一致するってことは、
拒絶反応の心配なく、再生医療に使えるってことだから、
この安心感は魅力だよね~。。。

と、あなたも思いませんか?













ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 衛生検査所が休止届けが出て... | トップ | 窪田好宏 リーフレットはそ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。