臍帯血バンク・シービーシーの犯罪履歴

臍帯血バンク・シービーシーの未公開株詐欺・振り込め詐欺の被害者さま臍帯血保管された皆さまへ

シービーシーを利用し、移植に使えないさい帯血保管をしていた、詐欺会社2

2017-06-15 12:58:16 | 日記

夜逃げした破産手続きさえ出来ない
詐欺犯罪目的存在がなかった
登記だけのペーパー会社

民間の臍帯血バンク
シービーシー

シービーシーを利用し、移植に使えない
さい帯血保管をしていた、詐欺会社







破産した
大阪 大正区 医療法人 常磐会 ときわ病院
が設立した
民間臍帯血バンク ときわメデイックス 
からの286万円要求訴訟


事件の表示  平成26年(ワ)第1885号
大阪地方裁判所第11民事部準備手続室
原告
大阪市大正区小林一丁目1番1号
原告          株式会社ときわメディックス
同 代表取締役     中川泰一
大阪市大正区小林一丁目1番1号
原告          医療法人常磐会
同代表者理事長     中川博
被告             EXIT
原告弁護士
清水陽平 (東京弁護士会所属・35526)
http://www.alcien.jp/shimizu.php


・常磐会」からの訴状より。

第2 請求の原因 2ページ

2 本件訴訟提起に至る経緯 について

原告ときわが行う臍帯血事業はもともと訴外株式会社シービーシー
(以下「CBC」という。)が行なっていたものを、同社の破綻の際に、
救済するため引き継いだものである。





キチガイ2審半額セールの
窪田好宏
控訴理由書より。
株式会社 フューチャー イング・ゲート・クボタ
からの控訴理由書

7ページ
(1)


被控訴会社がCBCと代理店契約を締結し
その後CBCサポートを設立(23年7月)した当初から
臍帯血事業は実質的に被控訴会社や(株)CBCサポートが行っていたので
あり(株)CBCが立ちいかなくなっても、そのまま被控訴会社が引き継いで
臍帯血保管事業を続けることは十二分に可能であった。









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シービーシーを利用し、移植... | トップ | ときわメディックス 細胞を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事