臍帯血バンク・シービーシーの犯罪履歴

臍帯血バンク・シービーシーの未公開株詐欺・振り込め詐欺の被害者さま臍帯血保管された皆さまへ

大阪ときわ病院中川泰一医師 安全性が示せますか

2017-05-14 19:31:43 | 日記

さい帯血検査方法さえ出せない組織
いい加減自白したらどうですか。


破産した
大阪 大正区 ときわ病院。
理事長
中川博
中川泰一

同病院が運営する、
民間臍帯血バンク ときわメディックス

民間臍帯血バンク ときわメディックス代理店
株式会社 フューチャー イング・ゲート・クボタ
代表取締役 窪田好宏
株式会社シービーシーサポート
株式会社エスビーエス



下記に自白し、保管者と今後の対応を
検討したらどうですか。





[PDF]事 務 連 絡 平成 28 年6月3日 厚生労働省医政局研究開発振興課 臍帯血 ...
https://www.pref.chiba.lg.jp/iryou/documents/zimu2016_0603saitaiketu.pdf

事 務 連 絡 平成 28 年6月3日
都道府県
保健所設置市 特別区
厚生労働省医政局研究開発振興課
臍帯血を用いた再生医療等について
平成 26 年 11 月 25 日に施行された
「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」
(平成 25 年法律第 85 号。以下「本法」という。)
の対象となる臍帯血を用いた再 生医療等については、本法に基づく手続きを行うよう、
周知に努めてきたところ です。 今般、本法に基づく手続きを経ずに臍帯血を用いた
再生医療等を提供している との情報等が複数寄せられたことから、
あらためて、貴管下の医療機関及び関係 機関に対し、別添について周知徹底を
お願いします。
なお、本法の違反が疑われ る医療機関や臍帯血あっせん事業者等の情報が
得られた際には、厚生労働省医政 局研究開発振興課に情報提供をお願いいたします。
(連絡先) 厚生労働省医政局研究開発振興課 Tel: 03-5253-1111 (内線 4162, 2587










松山市医師会

無届け臍帯血投与、厳重注意の方針

2017年5月11日(木)(愛媛新聞)

 愛媛県松山市の医療法人が厚生労働省に無届けで他人の臍帯血
(さいたいけつ)を投与していた再生医療安全性確保法違反容疑事件で、
松山市医師会の村上博会長は10日、同市大手町1丁目の
「大手町クリニック」(松原寛院長)に対し、厳重注意する方針を示した。







ニュースを医学的立場から

臍帯血事件の続報(つくば市・京都市・松山市)


2017年05月08日

臍帯血をどう使ったのか、どうして手に入れたのかなど、わからないことばかり
のニュースですが、つくば・京都・松山とのつながりが見えてきました。

無届け臍帯血 闇売買違法投与か、県警など捜査

愛媛新聞ONLINE 5/5(金) 14:18配信

無届け臍帯血 闇売買違法投与か、県警など捜査

 愛媛県松山市の医療法人が厚生労働省に無届けで臍帯血(さいたいけつ)を
人体に投与していた再生医療安全性確保法違反容疑事件で、愛媛、高知、茨城、
京都府県警の合同捜査本部が同法や移植造血幹細胞提供推進法(無許可供給事業)
違反容疑などで、同法人のほか、県外の複数の施術した
医療機関や、元売りの茨城県つくば市の臍帯血保管会社、
元売りから臍帯血を購入して医療機関に提供するなどした
京都市のクリニックなどを家宅捜索していたことが4日、
関係者の話で分かった。臍帯血が闇売買され、安全性や倫理面の確認が
十分されないまま違法な投与が行われていたとみて医師らから事情を聴いている


愛媛新聞社 引用元 -
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170505-05793501-ehime-l38


つくば市で調べるとこういう会社がありました。

商号又は名称 株式会社臍帯血保管センター
登記住所 茨城県つくば市要300番地1
最寄り駅 -
法人番号 5030001022465
法人種別 株式会社
郵便番号 〒3002622
都道府県 茨城県
市区町村 つくば市
登録年月日 2017/03/10
更新年月日 2017/03/22
更新区分 国内所在地の変更
概要 株式会社臍帯血保管センターの登記上の所在地は、
〒3002622 茨城県つくば市要300番地1 となっています。
(2017/03/22現在



この会社の前身はこれなんでしょうか?

ニュースを斬る
宙に浮く約1000人分の臍帯血
先端医療ベンチャーのお粗末な経営実態が浮き彫りに


高橋 篤史
2009年12月25日(金)
 顧客から預かった約1000人分もの臍帯血が現在、宙に浮いている。
臍帯血バンク事業を行ってきたベンチャーが2009年10月中旬に破産したためだ。
倒産に至る1年半余りの過程では上場企業の不正会計疑惑とも絡み合う
怪しげな人脈が暗躍、“究極の個人情報”を預かる民間バンクの
心許ない危機管理体制が浮き彫りとなっている。

 倒産したベンチャーは茨城県つくば市に本社を置く「つくばブレーンズ」。
臍帯血の分離・保管事業を目的に1998年に設立された。
筑波大学との技術協力を売り物に事業を展開、国内最大規模となる
10万検体分の保管施設を自社で建設するなど、積極経営を進めてきた。

 同社が保管を手掛けた臍帯血とは、新生児のへその緒や胎盤から
採取する血液のこと。様々な細胞のもととなる幹細胞を多量に含んでおり、
既に白血病治療などで移植医療が広く行われている。
また、将来的には脳性麻痺治療といった
再生医療分野での活用技術の確立が期待されている。
引用元 -
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20091224/211847/



関連してこういうページを見つけました。
また「京都健康クリニック」には「臍帯血プチ移植」の案内があった
(臍帯血細胞を皮下注射する)。この中のリンク先は消去されている。

日本骨髄バンクの血液疾患への臍帯血移植のページを見ると、
「臍帯血移植の利点」として
 移植後の免疫反応であるGVHDが、比較的軽症である。
 患者さんとさい帯血のHLA抗原すべてが一致していなくとも移植が可能。
 ※6抗原のうち4抗原が一致するさい帯血までが移植に用いられ、
ほとんどの患者さんに適合するさい帯血が見つかるようになっている)
 さい帯血は冷凍保存され、移植に適していることが確認されれば
1カ月程度で移植を行うことが可能。
とある。またミニ移植という説明もあり、これを再生医療としてやったのか??
【ミニ移植の利点】 前処置による毒性が低く、
移植直後の無造血状態が短いため高齢者や臓器障害のある患者さんでも移植ができる。
0217_p5-1.jpg

http://placenta-blog.com/archives/83
臍帯血のアンチエイジング効果。再生医療にも使われるその効果とは?

http://getnews.jp/archives/265017
危険な「幹細胞ビジネス」には厳しい視線を

http://www.kyotoclinic.jp/news/detail.php?id=5
シミ・シワ・たるみが気になり始めた方へ。さい帯血(幹細胞)プチ移植のご案内

http://www.jmdp.or.jp/recipient/info/other.html
臍帯血移植について(日本骨髄バンク)

posted by murotani at 19:45|Comment(0)|日記


臍帯血を使ったアンチエイジング.. 公立陶生病院の続報、利害関係者..








ニュースを医学的立場から
臍帯血を使ったアンチエイジング


2017年05月05日

臍帯血移植
松山市の医療法人を家宅捜索 無届けの疑い

毎日新聞2017年5月3日 12時04分(最終更新 5月3日 12時04分)

 国に必要な届け出をしないままへその緒や胎盤に残った臍帯血の
移植医療をしたなどとして、茨城、京都、愛媛、高知の4府県警の
合同捜査本部が再生医療安全性確保法違反の疑いで
松山市の医療法人を家宅捜索していたことが3日、捜査関係者への取材で分かった。

 同法は2014年11月に施行。再生医療の際には厚生労働省に対し、
実施内容などを記載した計画書を提出しなければならないと規定され、
違反した場合には罰則規定がある。

 法人の責任者を務める男性医師は捜査を受けていると
4月30日付のブログに掲載。臍帯血は同法の規定上、
届け出が必要な対象ではないと理解していたと説明している。(共同) 引用元 - https://mainichi.jp/articles/20170503/k00/00e/040/262000c



わかりにくいニュースです。
松山市の医療法人は検索してもわかりませんでした。
京都のクリニックの指示で行ったとうい報道があり、
調べると京都健康クリニックと思われます。


院長
李 康彦
略歴
1942年大阪府生まれ
1969年新潟大学医学部卒業
1974年国立白浜温泉病院整形外科理学療法科勤務
1976年三重県大王町立病院内科外科整形外科勤務
1979年大阪府和泉市府中病院整形外科理学療法科勤務
1980年李クリニック開設
2006年扇町クリニック勤務
専門領域
科目 : 内科、皮膚科
研究 :アトピー性皮膚炎
主な著書
民間薬草いろいろ「糖尿病編」 (薬膳料理普及会)
民間薬草いろいろ「高血圧症編」 (薬膳料理普及会)
金不換 (薬膳料理普及会)

理事長
黒川胤臣 (くろかわ たねおみ)
1975年日本医科大学大学院卒業。
1977年防衛医科大学校第一外科助手、1986年同病院講師、
自衛隊江田島病院院長を経て、1993年より防衛医科大学校第一外科非常勤医師。
末期がんの臨床・研究に携わる。
資格等:外科・消化器外科・整形外科認定医、東洋医学専門医、元一等海佐、医学博士
著書:「驚異の効能遠赤外線療法のすべて」(廣済堂出版)


http://www.kyotoclinic.jp/
京都健康クリニック
初診料 ¥10,000
水素注射 ¥10,000〜20,000 / 100cc〜250cc
水素吸入 ¥3,000/30min ¥5,000 / 1h
※初回カニューラ代別途 ¥1,000
H2O2点滴療法(過酸化水素点滴療法) ¥10,000〜20,000 / 100cc〜250cc
腸内フローラ移植(便微生物移植) ¥880,000〜1,200,000
血液セラピー(生体血液細胞分析) ¥15,000
温熱療法 ¥20,000
音響免疫療法 ¥10,000〜20,000 / 2〜5h
免疫増強剤注射 ¥30,000 / 1回



湘南美容外科では臍帯血幹細胞培養上清液を使っています。

美肌再生医療 ベビースキン(臍帯血幹細胞培養上清液)とは
ベビースキン(臍帯血幹細胞培養上清液)とは、
臍帯血に含まれる細胞を培養した液から抽出した100種類以上の
再生成分をお肌に塗布することにより、
肌質改善やお肌の若返りに効果が見込める治療法です。
臍帯とは赤ちゃんと母体を繋ぐへその緒のことを言いますが、
へその緒には赤ちゃんのための血液が存在し、
人体を形成させる能力がある様々な細胞が含まれています。
この細胞を培養し、そこから生み出される純粋な再生成分を使用し、
お肌の再生を促します。


臍帯血そのものを使った治療なのか、
もし臍帯血ならどうしてそれを手に入れたのか。疑問が多い。
調べているとこう言うページを見つけた。香港だけど、
日本語のページがあり、ツアーも募集している。これは幹細胞を使うよう。
臍帯血幹細胞アンチエイジング学会
http://hucb-antiaging.com/jp/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まともな医師?のアンダーグ... | トップ | 検査が不明な臍帯血 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。