臍帯血バンク・シービーシーの犯罪履歴

臍帯血バンク・シービーシーの未公開株詐欺・振り込め詐欺の被害者さま臍帯血保管された皆さまへ

日本再生トラスト合同会社 男6人を逮捕 

2017-03-20 13:03:01 | 日記


新田靖浩
長崎県佐世保市生まれ。 早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。
株式会社PAOS入社。NTTドコモ、伊藤忠商事他の長期ビジョンの策定、
CI戦略の立案に従事。 、

株式会社インフォラボ設立。

ファイネストコミュニケーションズ株式会社設立。代表取締役就任。

韓国ファイブスターエンターテインメント株式会社の設立に参画、
代表取締役就任。同社売却。

早稲田大学理工学研究所客員研究員。

エクサバイト株式会社設立、代表取締役就任。

TwitterやUSTREAMをはじめとしたリアルタイムメデ ィア、
ソーシャルメディアの、テレビ番組やラジオ番組への導入に従事。

ベトナムGlobal Nextage Inc.の設立に参画。取締役就任。

日本再生トラスト合同会社設立。代表社員就任。


平成26年5月12日












担当
坂部俊高


坂部俊高は別物件で電話をした事がある
と言ってました。



新田容疑者は「国の登録が必要とは知らなかった」


これも
違法FX結城リサーチ
エーライフと同じ
トンズラ
たちの悪い
素人詐欺集団






株式会社 フューチャー イング・ゲート・クボタ 「FGK」
代理店さんより。


*K  昨日、一昨日また、窪田が来て、勉強会するって言って
   投資の話を何人か集めてしたらしいですよーこのー小さい町でねー
   もし皆、騙されたらどうしようってその人が言ってたんやねー
   少ない金額で儲かるって言うから、少ない金額って
   いくら出して、いくら儲かるか言ってって、こんなふうに
   言ってたんや
   だからじーとしてても,そのお金が入るけ言われて

   いやいやもうそんな事はせんち言っとったんですけどねー
   私の知り合いもすっごい人がいてねー
   会社ごと、か、もう、CBCのその話したら、会社ごと買うとか
   言う話までしてたんですね



民間臍帯血バンクの
株式会社 フューチャー イング・ゲート・クボタ
代表取締役
窪田好宏がユーザー登録をしていただけと
称する
素人詐欺集団
金融庁無登録
違法FX
株式会社結城リサーチ
A-life



かいしゃ
【会社】
商行為その他の営利行為を業とする目的で設立した
社団法人。株式会社・合資会社・合名会社などがある



株式会社結城リサーチの事務員からは、
窪田好宏は代理店と聞いている。


だいりてん
【代理店】
特定の会社と契約を結び、
商取引の代理や仲介をする商店。 「広告―」






民間の臍帯血バンク
シービーシーから始まった
詐欺会社からの連絡
さい帯血バンク詐欺犯罪組織





日本証券業協会


詐欺業者は、なぜ、過去に未公開株等を買ってしまった
被害者の連絡先や、その人がどの会社の未公開株を買ったのかまで、
知っているのですか?


未公開株等を買わせた詐欺業者は、買った人(被害者)
の名簿を作成しています。その名簿には、
どの会社の未公開株を買ったのかまで載っています。



そして、その名簿が同業の詐欺業者の間で出回っているのです。
あなたから教えてもいないのに、
過去に未公開株等を買ったことがあることや、
どの銘柄を買ったのかまで、詐欺業者が“正確に”
言い当てることができるのは、そのためです。


自分が過去に遭った被害のことをよく知っている人から
被害回復の方法を教えられると、
そのとおりに行動してしまいそうです。

しかし、詐欺業者は、その名簿に載っている人を
“被害を回復することを口実に近寄ることができる人”や
“次も未公開株等を買ってくれる可能性のある人”、
つまりだます相手として、近づいてきます。


したがって、過去に未公開株等を購入した人は、
「自分の個人情報は被害者として出回っているもの」
と思っていただき、より一層の注意をしていただくとともに、
未公開株等の被害回復を持ちかけてくるような
勧誘には応じないようにすることが重要です







>2016/8/15

日本再生トラスト合同会社,
同社代表社員新田靖浩,
本件当時の業務執行社員橋本祐一朗,
及び,従業員川口慶司に関する情報求む




1. 静岡県中部に住むAさん(女性,本件当時84歳)は,
2014年6月に日本再生トラスト合同会社
(東京都港区新橋5丁目23番10号)からパンフレットの送付と
同社日本橋支店次長の川口慶司の訪問勧誘を受け,
同社へ出資すれば年利8%の配当が確実に受け取れる旨の
虚偽の説明を受けその旨誤信させられ,
出資金及び出資申込手数料名下で
合計204万3200円を出捐させられました。


2. さらにAさんは,前記川口から
「ソーラーパネルオーナーズシステム包括契約」を勧誘され,
ソーラーパネル売買代金名目で金員を出捐すれば
年利7.5%相当の金員が確実に受け取れ,
2年後に元金が確実に返金される旨の虚偽の説明を受け
その旨誤信させられ契約を締結し,
ソーラーパネル売買代金及びリース管理料名下に
合計313万6320円を出捐させられました。


3. また,Aさんの夫も前記
「ソーラーパネルオーナーズシステム包括契約」について同様な
説明を受けその旨誤信させられ契約を締結し,
ソーラーパネル売買代金及びリース管理料名下に
合計196万9920円を出捐させられました。



4. AさんとAさんの夫は,契約後
2015年3月2日まで日本再生トラスト合同会社より
配当ないしリース料名目の金員を毎月受け取っていました。



5. Aさんは2015年3月10日に自宅を訪れた前記
川口に言われるまま名目不明の130万円を出捐させられました。
しかし自宅に牧之原警察署の警察官が訪ねてきて
事情を聴取されたことから,
家族に知られる所となり,私に相談・委任することになりました。



6. 私は日本再生トラスト合同会社に対し,
Aさんが出捐した130万円の名目について釈明を求め,
実損害(出捐金額と受領した金額との差額)の返金を求める
書面を送付しましたが,
代理人弁護士から「ソーラーパネル代金の一部」
との釈明されたものの裏付けは示されず,
返金も拒絶されたため,詐欺被害に遭ったと判断し
日本再生トラストらを被告として静岡地裁に提訴しました。



7. 前記裁判は和解
(日本再生トラスト及び同社代表社員新田靖浩(東京都港区芝)
は連帯しAさんに対し26万7450円を18回,
最終回22万9254円の19回払い,
夫に対し8万2550円を18回,
最終回1万8337円の19回払い)により終了したのですが,
日本再生トラスト及び
同社代表社員新田靖浩は和解条項に定められた和解金分割金をわずか
1回支払っただけで支払を怠り,
催告書を送付し催促しても支払おうとしません。


そこで,Aさん夫妻の被害回復,
既に被害に遭われて未だ気付いていない人の被害の覚醒,
及び,新たな被害の防止のために,
日本再生トラスト及び同社代表社員新田靖浩に関する有益情報,
並びに,従業員川口慶司及び元業務執行社員橋本祐一朗の住所に
関する情報の提供を求めます(但し無償です)。




<strong>無登録でファンド募集、
容疑の投資会社経営者ら6人逮捕 
口座開設詐欺容疑で総会屋も逮捕



 国に無登録でファンドを運営し出資金を集めたとして、
大阪府警捜査4課と生活経済課は5日、金融商品取引法違反容疑で、
投資会社「日本再生トラスト合同会社」(東京都)
代表社員、新田靖浩容疑者(49)=東京都港区芝=ら男6人を逮捕


総会屋であることを隠して証券会社の取引口座を開設したとして、
詐欺容疑で、総会屋「小峰グループ」
の竹之内昌虎容疑者(54)=千葉県松戸市栄町=を逮捕した。

 府警によると、同社は平成25年9~11月、
無登録で太陽光発電システム関連事業への出資を募っていた疑いが
持たれている。
竹之内容疑者の関連口座に同社から数千万円の入金があり、
捜査の結果、不正が発覚。新田容疑者は
「登録が必要とは知らなかった」と容疑を否認している。


 同社は登録が必要のない「社員権」名目で勧誘していたが、
関東財務局が25年、
同社の行為はファンドの募集に当たると判断、改善を求めていた。






「最後の総会屋」、身分隠して口座開設の容疑で逮捕


2016年10月5日23時40分



 証券会社に身分を隠して口座を開設したとして、
大阪府警は5日、関東を拠点とする総会屋グループ
「小峰グループ」主宰の竹之内昌虎(まさとら)容疑者(54)
=千葉県松戸市=を詐欺容疑で逮捕し、発表した。

容疑を認めているという。
竹之内容疑者は複数の上場企業の株を保有する現役総会屋で、
週刊誌などで「最後の総会屋」と紹介されていた。

 捜査4課によると、竹之内容疑者は2011年3月、
総会屋の身分を隠して証券会社に株式などの取引をするための
口座を開かせた疑いがある。
証券会社は総会屋や暴力団員ら反社会的勢力に口座を
開かせないとする排除条項を定める。


 また府警はこの日、東京都港区の発電事業会社
「日本再生トラスト合同会社」の代表社員、新田靖浩容疑者(49)ら男6人を、
13年9~11月に太陽光発電に伴う収益の配当をうたい、
無登録で一般投資家から資金を集めたとする
金融商品取引法違反(無登録営業)の疑いで逮捕した。



新田容疑者は「国の登録が必要とは知らなかった」
と容疑を否認しているという。

 同社は竹之内容疑者の関連口座に13年4月ごろから
2年間で計5千万~6千万円を入金しており、
犯罪収益の可能性があるとみて調べる。







日本再生トラスト新田靖浩の以前の会社
ファイネストコミュニケーションズは、
グリーンシートに一旦載ったが
その後落ちた、

何やら怪しい話がある。
電話録音もある。




グリーンシート
PDF
平成17 年2 月3 日
各 位
会社名 ファイネストコミュニケーションズ株式会社
代表者名 代表取締役 新 田 靖 浩

(銘柄コ-ド: 2313)
問合せ先
役職・氏名 代表取締役 新 田 靖 浩
電話 03-5217-3610

事業の事実上の停止について
当社は、平成17年2月3日開催の取締役会において、下記のとおり、
事業を事実上停止すること
を決議いたしましたので、お知らせいたします。



1.事業を事実上停止するに至った理由及び経緯
弊社は平成12年1月の設立以来、5年間、皆様に多大なご協力を賜りながら経営を続けてま
いりました。しかしながら、平成16年11月18日開催の取締役会で決議された第三者割当によ
る新株式発行が、割当先の資金準備不能を理由とする払込不履行により中止となったため、
資金繰りが悪化いたしました。新規事業への進出も計画いたしましたが、資金調達が実現せ
ず、これ以上の事業の継続は難しいと判断し、本日、事業を事実上停止するに至ったもので
す。

2.負債の総額

約1億円

3.今後の見通し
破産申立代理人を通じての自己破産の申立てを含めて検討を行う方針です。
なお、平成16年11月18日開催の取締役会で決議された第三者割当による新株式発行の割当
先に対しては、契約不履行を含む問題について損害賠償請求を行っていく方針です。
4.その他
弊社株式は、平成17年2月3日付で全ての取扱会員により日本証券業協会に対して指定取消し
の届出がなされ、平成17年2月18日の売買を最終に、平成17年2月21日にグリーンシート銘柄と
しての取扱いが廃止される予定であります。

以 上








D.BRAIN-Kyushu--MailMagazine - ディー・ブレイン九州
www.d-brain-kyusyu.co.jp/mail/20020627.html

2002/06/27 - 代表者>代表取締役 新田靖浩
<電話>03-5217-3610 <資本金>3億7500万円 事業内容:
プライベートブランド・インターネット接続サービスをベースとしたネット
ビジネスの総合サポート事業 経営者略歴: 代表取締役社長 新田 ...



2002年06月27日号
発信元:ディー・ブレイン九州

グリーンシート登録企業を身近に感じることが出来るチャンスです!

       グリーンシート新規登録企業説明会in福岡

九州でも活発に事業展開をされている
「ファイネストコミュニケーションズ」(東京)が
グリーンシートに新規に登録しました。



東京と福岡で、経営者自らがプレゼンテーションする
投資家向け事業内容説明会を下記の日程で開催いたします。
グリーンシート登録銘柄の魅力をぜひご理解いただきたいと思います。

---------------------------------------------------------
ファイネストコミュニケーションズ
---------------------------------------------------------

会社概要:
<所在地>東京都千代田区神田神保町1-26
<代表者>代表取締役 新田靖浩 

<電話>03-5217-3610
<資本金>3億7500万円

事業内容:
プライベートブランド・インターネット接続サービスをベースとしたネット
ビジネスの総合サポート事業

経営者略歴:
代表取締役社長 新田靖浩(昭和42年2月25日生)
平成3年3月 早稲田大学政治経済学部卒業
平成3年3月 株式会社パオス入社
平成6年4月 株式会社インフォラボ代表取締役就任
平成11年7月 株式会社トムソンガゼル代表取締役就任
平成12年1月 当社代表取締役就任
 
ファイネストコミュニケーションズ事業内容説明会 要項
日時   :7月8日(月) 14:30~16:30 
       14:30~15:00 グリーンシートの現状について
          ディー・ブレイン証券 代表取締役 出縄良人
       15:00~16:30 事業内容等説明
   ファイネストコミュニケーションズ 代表取締役 新田靖浩
参加費  :無料
場所   :福岡証券取引所 3F大会議室 
      (福岡市中央区天神2-14-2)


必須!!事前の参加申込をお願い申し上げます。


ファイネストコミュニケーションズ事業内容等説明会(7月8日14:30~)

会社名:
TEL:
メールアドレス:

1役職:
1氏名:

2役職:
2氏名:



<主催>
株式会社ディー・ブレイン九州
~価値ある事業の成長支援~ベンチャー専門のコンサルティング会社です
〒810-0001 福岡市中央区天神2-3-36 ibb fukuoka2F
TEL 092-781-8817 FAX 092-781-8832
http://www.d-brain-kyusyu.co.jp
info@d-brain-kyusyu.co.jp

※今後メールの配信を希望されない場合は上記までお知らせ下さい。







日本再生トラスト、北海道・浦河町にメガソーラー :日本経済新聞

2012/6/20付



 民間ファンドの日本再生トラスト(東京・港、新田靖浩代表)
は浦河町に大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設する。
出力は1000キロワット規模を予定。
光電気工業(札幌市)や北海電気工事(同)などの協力を得て、
2012年度中の稼働を目指す。

 同社は1月に浦河町で計約18ヘクタールの牧場跡地を取得した。
メガソーラー事業にはこのうち約2.5ヘクタールを充てる。
事業費は4億1000万円程度の見込み。


 7月に始まる再生可能エネルギーの全量固定価格買い取り制度に
基づき、発電した電気は北海道電力に売る予定だ。


 メガソーラー事業は同社が進める地域再生プロジェクトの一環。
浦河町の敷地内では今後、農業や畜産、観光関連の事業などを複合的に手
掛けていく意向という。
具体的な計画については、「地元の自治体との協議を経て策定したい」
(同社)としている。

 メガソーラーを巡っては、ソフトバンクの子会社が苫小牧
と帯広で実証実験を始めたほか、
土屋ホールディングスが札幌市内に設置を決めるなど参入の動きが相次いでいる。






日本再生トラスト、YOKAROバスへ資本参加
バス事業を核に複合的な地域再生事業を展開



日本再生トラスト合同会社
2013年8月21日 16時54分

日本再生を目的とした各種事業分野に投資を行なう
独立系投資会社の
日本再生トラスト合同会社(本社:東京都港区、代表社員:新田靖浩)と、
長崎県と大分県を中心にバス事業を展開する株式会社YOKARO
(旧社名:有限会社SOUDA、
本社:長崎県平戸市、代表取締役:早田圭介)は、
日本再生トラストが
YOKAROの第三者割当増資を引き受け資本参加を行ない、
同社の経営強化に取り組むことで合意した。







日本再生トラスト

住所    東京都港区新橋5-23-10 片山ビル6F 〒105-0004
Phone   03-3433-7057
Fax     03-3433-7060  
E-mail   info@regenesis.jpn.com
最寄り駅  都営三田線「御成門駅」:A4出口から徒歩3分
      都営大江戸線・浅草線「大門駅」:A2出口から徒歩10分
      JR・東京メトロ「新橋駅」:烏森口から徒歩10分





日本再生トラスト合同会社の会社概要
設立: 2011年9月
代表者: : 新田 靖浩
従業員数: 35名(2013年3月末現在)
資本金: 8億1,791万円(2013年3月末現在;資本剰余金を含む)
売上高:
平均年齢:
本社所在地: 〒 105-0012  東京都港区芝大門1-12-16 住友芝大門ビル2号館2F
事業内容: 日本再生を目的とした各種事業分野に投資を行う



【おもな事業】

■再生可能エネルギーによる発電事業

■地域再生事業(農業・観光・地域通貨)

■企業再生事業(M&A)

【支店】

■札幌支店:北海道札幌市中央区南1条東2-11-4-8F

■浦河営業所:北海道浦河郡浦河町字東栄555-2

■大阪天満支店:大阪府大阪市北区東天満2-2-15 第6新興ビル6階







日本再生トラストホームページ



2015/08/072015/08/10(月)から2015/08/14(金)
までの期間、夏季休業させていただきます。

2015/08/17(月)午前9時より営業を再開いたします。


2015/03/26スマートファーム玉城ソーラー発電所(300kW)、
3月26日より売電開始。
竣工祭を執り行いました。


>> スマートファーム玉城ソーラー発電所 3月26日売電開始2
015/03/04全米4位のEPC会社セナジーパワーと
日本国内のソーラー発電事業に対する
プロジェクトファイナンスを支援する事業をスタートしました。


>> プレスリリース(日本語)

>> Press Release(English)2015/02/18
スマートファーム玉城ソーラー発電所(300kW)は、
系統連携日(売電開始日)2015年3月20日に向けて
ソーラーパネルの設置工事を完了。


>> スマートファーム玉城ソーラー発電所
最新進捗2015/02/012月1日付けで本社事務所を移転しました。


>> 新事務所
2014/12/26次世代戦略研究所、新年を迎えるにあたり、
地方創生の実行プランについてコメントしました。


>> 2015年、日本の進路


2014/12/25スマートファーム土佐清水ソーラー発電所
(1.5MW)、系統連系日が決定。


>> スマートファーム土佐清水ソーラー発電所
最新進捗2014/12/25スマートファーム玉城ソーラー発電所(300kW)
、系統連系日が決定。


>> スマートファーム玉城ソーラー発電所
最新進捗2014/12/08次世代戦略研究所、
アベノミクスについて検証し、コメントを掲載しました。


>> 12・14 総選挙のテーマ: アベノミクス2.0(前編)


>> 12・14 総選挙のテーマ: アベノミクス2.0(後編)
2014/11/14スマートファーム稲敷ソーラー発電所(1.5MW)、
11月下旬に造成工事開始。


>> スマートファーム稲敷ソーラー発電所
最新進捗2014/11/10各電力会社で相次いでいる
再生可能エネルギー発電への接続保留について当社見解を掲載しました。


>> 電力会社の接続保留について2014/09/24ホームページ
をリニューアルしました。


また、スマートファーム・プロジェクト(太陽光発電)
の実績及び進捗情報を掲載しました。


>> スマートファーム・プロジェクト2014/08/15
グループ会社のパンアジアネットワーク、インドネシアで出版事業を開始。


>> プレスリリース


>> 掲載記事2014/08/01メガソーラー事業、
高知県と長崎県で2プロジェクトを追加。


>> プロジェクト概要
2014/07/01ソーラーパネルオーナーズシステム(SPOS)の販売を開始。


>> ソーラーパネルオーナーズシステム
2014/04/01メガソーラー事業、沖縄県で2プロジェクトを追加。


>> プロジェクト概要
2014/03/07グループ会社のパンアジアネットワーク、
日系人向けのコミュニティカフェをジャカルタにオープン。
留学サポートセンターを併設。


>> プレスリリース


>> 掲載記事2013/10/06メガソーラー事業、
茨城県と三重県で4プロジェクトを追加。


>> プロジェクト概要
2013/08/21日本再生トラスト、YOKAROバスへ資本参加。


バス事業を核に複合的な地域再生事業を展開!


>> プレスリリース
>> 掲載記事2013/07/01スマートファーム
浦河ソーラー発電所、運転(売電)開始。


>> プレスリリース


>> 掲載記事2013/06/27スマートファーム浦河ソーラー発電所、
竣工式を開催。


>> プレスリリース
2013/04/30スマートファーム浦河ソーラー発電所、
7月1日より売電開始で決定。


2013/01/30スマートファーム浦河ソーラー発電所、
北海道電力と「電力需給契約書(特定契約書)」を締結。


2012/10/26スマートファーム浦河ソーラー発電所、
起工式を実施。


2012/08/23スマートファーム浦河ソーラー発電所、
「経済産業大臣による設備認定」が完了。


2012/06/21札幌証券取引所にてスマートファーム浦河の構想について発表。


 >> プレスリリース
2012/05/24第1回 地域再生会議を開催。


 >> 開催概要2012/04/10次世代戦略研究所
(NEXTAGE INSTITUTE)との連携強化。


>> 次世代戦略研究所2012/04/05本社を東京都港区芝大門に移転。


2012/01/27旧グランファームの土地建物売買契約を締結。


2012/01/10北海道浦河郡浦河町での
「スマートファーム浦河」事業計画を公開。


2011/10/25スマートファーム・プロジェクトの構想を発表。


2011/09/26日本再生トラスト合同会社設立。





日本再生トラストは、民間レベルで「日本再生」
を実現していくための「社会投資トラスト」
(SOIT:Socially-Oriented Investment Trust)です。

「社会投資トラスト」(SOIT)とは、
米国を中心に広がっている動きで、短期的な投資回収ではなく、
10年後、20年後の社会インフラや新産業になるような事業へ
投資を行ない、長期的な投資回収を行なう投資事業会社です。



日本再生トラストは「社会投資トラスト」(SOIT)として、
具体的な成長分野への投資を積極的に行なっていきます。
特に、再生可能エネルギー事業への投資、
地域再生事業への投資、ASEANを中心とした新興国向けの投資を含め、
様々なプロジェクトを立ち上げていきます。


2014年6月24日、安倍内閣は成長戦略「日本再興戦略改定版」
を閣議決定しましたが、
日本再生トラストは震災直後の2011年9月の設立当初より、
独自の成長分野を設定し、積極的な投資を行なっています。

成長戦略三分野
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 破産したときわ病院から名誉... | トップ | さい帯血バンクは詐欺のビジ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。