臍帯血バンク・シービーシーの犯罪履歴

臍帯血バンク・シービーシーの未公開株詐欺・振り込め詐欺の被害者さま臍帯血保管された皆さまへ

大阪ときわ病院 中川泰一、はずかしくないのか 3

2016-12-28 06:09:07 | 日記


Sent: Tuesday, November 29, 2016 3:00 PM
To: 法律事務所アルシエン事務局
Subject: Re: お問い合わせありがとうございます
出口殿


貴殿が逮捕されたことは真実であり、
また貴殿の氏名が記載されているわけでもないことも合わせて考えれば、
これ以上の対応はいたしかねるという結論となりました。


なお、追記のとおり、貴殿が今後も問題行動を続けるようであれば、
依頼者としては法的責任を追及する考えであるとのことですので、
その旨ご承知おきください。



どこまで裁判所を小道具にするんだ、
金と口止め、たかり、脅し。



大阪大正区 常磐会
理事長 中川博と
ときわ病院 院長であり、民間さい帯血バンク 
株式会社ときわメディックス
前代表取締役 中川泰一
へ。


あなた達との民事訴訟和解後、
移植に使えない臍帯血の科学的根拠はなにかと
言ってきたが、これまで書き込んだ
株式会社 フューチャー イング・ゲート・クボタ
代表取締役
窪田好宏
取締役
竹永幸弘
貴社の社員
古屋敷
皆違う検査をしている供述をしているのは事実、
組織的に隠し通そうとした事実で、私が
電話録音をしていなければ
あなた達組織に狂言者にされ、刑事事件で
有罪判決になったと思います。

この検査の供述で
移植に使えるという科学的根拠はなにか、
中川博と中川泰一あなたたちに
説明を求める。
また、貴社代理店含み臍帯血保管者になぜ何の説明も
せず、放置し隠蔽するのか
説明を求める。
この状態で存続できるとでも
思っているのですか。
国会質疑にもなり、懸念されていた事が
実際おこっている。




私的さい帯血バンクの実態に関する質問主意書
提出者  阿部知子

私的さい帯血バンクは、
財務状況や経理の公開が義務付けられていないため、
所有権者にとって経営破たん等によるリスク回避は事実上不可能である。
また、幹細胞の分離方法や凍結保管体制の基準が統一されておらず、
いざという時に移植に使用できない可能性等、
技術的な問題点が指摘(日本造血細胞移植学会他)されていることから、
採取・保管の質の担保が不可欠である。
まず実態調査を行った上で何らかの規制を検討すべきであると思われるが、
見解を問う。






統一見解のない臍帯血バンク組織体



臍帯血保管者に隠蔽し隠し通そうとする
破産した
大阪医療法人常磐会グループ
が設立した
民間臍帯血バンク
株式会社 ときわメディックス
とその代理店。
私は、
ここに臍帯血を保管しないほうがいいと思います。


もと株式会社 ときわメディックスの
総代理店だった、

社   名
株式会社 フューチャー イング・ゲート・クボタ 「FGK」
所在地 〒154-0001 東京都世田谷区池尻3-19-1  i.o ビル 7F
お 問 合 せ TEL: 03-3411-0086  FAX: 03-3411-0087
E-mail:   info@fgk-inc.com
設   立 2010年4月
資 本 金 3,000,000円 
代表取締役  窪田 好宏
Yoshihiro Kubota
事業内容
コンサルティング 及び 運営事業

主要取引企業】
株式会社 インフォメーションバンク
株式会社 オーロマーレ 
株式会社 キュリオステーション      。
株式会社 コンサイズ
株式会社 シービーシー
株式会社 ショウイン       
株式会社 大和        。
(50音順、敬称略)
【協力団体】
一般財団法人 NGO時遊人


代表取締役  窪田 好宏 の嘘が
反映された東京高等裁判所判決となりました。



検察庁の判断とは大きく違い、
移植に使え、まったく問題ないとの事ですが
組織内見解が更に統一見解のないチグハグな
結果となりました。




日本には民間臍帯血バンクが
3社しかありません。


破産した
医療法人常磐会グループ
が設立した
民間臍帯血バンク
株式会社 ときわメディックス
本社
〒551-0013
大阪府大阪市大正区小林西1-1-1
医療法人 常磐会 ときわ病院内
お客様窓口
〒224-0003
神奈川県横浜市都筑区中川中央1-23-1
フォーレスト・ノース・BLD 5F
TEL 045-914-8661
FAX 045-914-8662
お客様専用フリーダイヤル
0120-170-186
(平日9:00~17:00)
設立
平成24年7月 4日
事業内容
臍帯血の保管事業





大手の
社名 株式会社ステムセル研究所
本社 〒105-0004
東京都港区新橋5丁目22番10号 松岡田村町ビル 2階
TEL 03-5408-5279
FAX 03-5408-5289




株式会社アイル 
〒174-0051 東京都板橋区小豆沢2-20-10 
 Tel:03-3967-6051




株式会社ステムセル研究所
株式会社アイルは、 
株式会社 ときわメディックス と違い
不正な事業をしていませんので
判例など出せるはずがありません。
国会質疑にまでなったものを
重要な事項ではないそうです。







第318条
1.
上告をすべき裁判所が最高裁判所である場合には、
最高裁判所は、原判決に最高裁判所の判例
(これがない場合にあっては、大審院又は上告裁判所若しくは
控訴裁判所である高等裁判所の判例)
相反する判断がある事件
その他の法令の解釈に関する重要な事項
含むものと認められる事件について、
申立てにより、決定で、上告審として
事件を受理することができる。







和解条項破りの削除名人
法律事務所アルシエン事務局
清水陽平

大阪大正区 常磐会
理事長 中川博と
ときわ病院 院長であり、民間さい帯血バンク 
株式会社ときわメディックス
前代表取締役 中川泰一
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大阪ときわ病院 中川泰一、は... | トップ | 全国福利厚生共済会理事長  ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。