臍帯血バンク・シービーシーの犯罪履歴

臍帯血バンク・シービーシーの未公開株詐欺・振り込め詐欺の被害者さま臍帯血保管された皆さまへ

未公開株詐欺を繰り返したさい帯血バンク 

2017-09-07 22:35:36 | 日記

闇医療の陰にさい帯血 民間バンクから流出 無届け治療で医師ら逮捕
.
塚崎朝子2017.9.7 07:00AERA




 がん治療などへの効果をうたい、違法に「さい帯血」を投与したなどの疑いで、
販売会社代表や医師など6人が逮捕された。
背景には過熱する再生医療ビジネスの危うさがある。

 母親と胎児を結ぶさい帯(へその緒)と胎盤に含まれるさい帯血は、
出産時にだけ採取できる貴重な血液で、様々な血液細胞になる
造血幹細胞を豊富に含む。
白血病など血液のがんや再生不良性貧血では「造血幹細胞」移植が唯一根治
が見込める治療法で、細胞の採取源には健康な人の骨髄細胞やさい帯血などがある。

●規制なき「民間バンク」

 骨髄細胞は提供者の腸骨に針を刺して採取するが、
さい帯血の採取はこの痛みを伴わない。また、
さい帯血の造血幹細胞は免疫機構が未熟なため、
拒絶反応が起きにくいという利点もある。

 このさい帯血を超低温で凍結して長期保存するバンクには、
公的、民間の2種類がある。妊婦からの善意の無償提供に基づき保存を
行うのが公的バンクで、1999年に国の財政支援を受けて、
全国の保存施設を結ぶ「日本さい帯血バンクネットワーク」が設立。
2014年から日本赤十字社が事業を継承し、国内唯一の
「造血幹細胞提供支援機関」として17年9月現在、公開さい帯血数
は約1万1千本である。
民間の先駆けは99年設立の「ステムセル研究所」。
17年8月現在の保管者数が4万1千件を超える業界最大手。
同社のプランでは、分娩時に分離費などで計19万円、
年間5千円の保管費用がかかるという。

 法的な整備も進む。12年に治療用さい帯血の安定確保を主たる目的とした
「移植に用いる造血幹細胞の適切な提供の推進に関する法律」が制定。
これは国の許可や指導・監督を規定したものだが、
民間バンクはこの規制を受けない。

 また、民間は運営面で課題も抱える。公的バンクのさい帯血は
第三者に提供できるのに対し、民間バンクのさい帯血は提供者本人や
家族のために保管される。
「赤ちゃんが白血病になった場合」などをうたい文句に、
複数の民間バンクが立ち上がったものの、
造血幹細胞移植が必要になる確率は10万人に1人程度。
保管者数が伸び悩んだ。09年に倒産したバンクもあり、
今回はそこからさい帯血が流出した。



●根拠のない医療が横行

 そんな最中、にわかにさい帯血の“需要”が生まれ始めた。
再生医療への期待の高まりだ。07年に体の様々な細胞に分化できる
ヒトiPS細胞が樹立され、12年には発見者の山中伸弥・京都大学教授が
ノーベル賞を受賞。
京大ではさい帯血からiPS細胞を作り出す技術も確立した。

 今回の逮捕の根拠は、14年施行の「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」
(再生医療安全性確保法)。日本の医療には、健康保険が使える
「保険診療」以外に、自費で診療をする「自由診療」がある。
美容などの目的で体性幹細胞(もともと体に備わっている体細胞)
を用いた医療を“再生医療”の名の下に実施する医療機関は少なくない。
だが、品質や有効性、安全性について国の評価や承認を得たものではなく、
野放し状態だった。
日本再生医療学会理事長の澤芳樹・大阪大学教授は言う。

「“暴走族”たちが、さい帯血を静脈注射すれば○○が治るといった、
エビデンス(医学的根拠)がないことをネット
を通じてばらまくなど、悪質だ」


 同学会などの働きかけで安全性確保法を制定し、
自由診療も規制対象に。さい帯血利用は、
同法で最もリスクの高い第1種に分類された。

 学会では、今回の事件を受け、
▽さい帯血や脂肪細胞のように、他人から採取した細胞を移植する行為
▽日本再生医療学会の認定医が勤務していない機関での細胞を移植する行為
▽その他、安全性確保法に基づいて実施していることが確認できない行為
──については、安易に受けることはせず、
事前に適法性と安全性・有効性を十分に確認するよう注意を喚起している。
(ジャーナリスト・塚崎朝子)

※AERA 2017年9月11日号





高齢者を狙う民間の臍帯血バンク
株式会社シービーシー
未公開株詐欺事件、
同社は
23年春頃には既に営業実態がありませんでしたが、
関係社、関係者らにより健全に存在するかのように
見せかけられていました。
珍しくない未公開株詐欺事件
こんな例は初めてではないかと思います。
逮捕時期が遅れたと思います。





振り込め詐欺グループの男4人は
24年3月被害者宅に電話をしているところを、
直接逮捕されています。
(警視庁捜査2課・・・さまより)



24年6月14日
>株転売話で詐欺容疑 振り込めグループリーダー格の男ら逮捕 -【産経新聞】
実体のない会社の株券をめぐる転売話を持ちかけて現金をだまし取ったとして
警視庁捜査2課は14日、詐欺容疑で、東京都新宿区河田町、無職、松本幸彦容疑者(54)
ら2人を逮捕した。同課によると、いずれも容疑を否認している。
同課は今年6月、詐欺未遂容疑で振り込め詐欺グループの男4人を逮捕。
松本容疑者はこのグループのリーダー格で、同様の手口で昨年1月から50数件、
計約5億1千万円をだまし取ったとみられる。 
逮捕容疑は今年3月、広島県尾道市の無職女性(75)方に架空の投資顧問会社の社員などを装って
「医療関連会社の株を買ってくれれば高値で買い取る」
などと持ち掛け、購入代金名目で50万円を銀行口座に振り込ませ、だまし取ったとしている。




>現金詐取:医療会社の株購入持ちかけ 2容疑者を逮捕 /東京
毎日新聞 2012年11月15日 地方版【浅野翔太郎】〔都内版〕
医療関係会社の株購入を持ちかけ、都内の男らが「高値で買い取る」
などと言い現金をだまし取っていた詐欺事件で、警視庁捜査2課と熊本県警などの合同捜査本部は14日
、新宿区河田町3、無職、松本幸彦(54)と、
江戸川区清新町1、同、山田光昭(64)
の両容疑者を詐欺容疑で逮捕した。捜査本部は松本容疑者が主導し、11年1月以降、
全国の約50人から計約5億1000万円をだまし取ったとみている。
2人の逮捕容疑は今年3月、実在しない投資顧問会社の社員を装い、
広島県尾道市の無職女性(75)に医療関係会社の株を50万円で購入するよう依頼。
「90万円で買い取る」などと言って現金を振り込ませたとしている。
捜査本部によると、いずれも容疑を否認している医療関係会社は廃業状態で、
当時、株の売買はなかったという





・24年 11月15日  テレビ朝日系
・<詐欺グループ統括役逮捕 被害総額5億円以上か>
テレビ朝日系(ANN) 11月15日(木)0時35分配信

 架空の株の転売話を持ちかけ、75歳の女性から
50万円をだまし取ったとして、詐欺グループの統括役
の男ら2人が逮捕されました。余罪は5億円を超えると
みられています。
無職の松本幸彦容疑者(54)と山田光昭容疑者(64)は3月、
架空の投資顧問会社の社員になりすまし、
「医療会社の株を買えば高値で買い取る」などと持ちかけ、
広島県の女性から現金50万円をだまし取った
疑いが持たれています。警視庁によりますと、松本容疑者らは
過去のマルチ商法の被害者リストを入手し、
電話で嘘のもうけ話を持ちかけていました。
松本容疑者は詐欺グループの統括役とみられていて、
警視庁は、このグループによる被害が5億円を
超えるとみて調べています。取り調べに対し、松本容疑者は容疑を否認し、
山田容疑者は容疑を認めています。








未公開株詐欺を繰り返していた
民間の臍帯血バンク
シービーシーと共謀し、
実態がなかったシービーシー
をあるように見せかけ、
移植に使えない臍帯血を故意に行った
詐欺組織



民間臍帯血バンク
株式会社ときわメディックス
臍帯血保管所
高崎事業所・プロセッシングセンター
〒370-0036
群馬県高崎市南大類町西沖1358-5

本店所在地
大阪府大阪市大正区小林西1-1-1

事務所
神奈川県横浜市都筑区中川中央1丁目23−1

はすでに存在はなく、
消費者を騙し
移植につかえない帯血保管をさせた。

詐欺で集めた臍帯血はどこへ。





わが子の命を救うはずの臍帯血バンクは詐欺組織


無届出で再生医療、
破産した大阪大正区 ときわ病院の
医師であり、
同病院が運営する
民間の臍帯血バンク
株式会社
ときわメディックス
前代表取締役
中川泰一



ときわメディックス
代理店
株式会社 フューチャー イング・ゲート・クボタ
代表取締役
窪田好宏
同社代理店ら






未公開株詐欺犯罪目的に設立された
民間臍帯血バンク
株式会社 シービーシー






   株式会社シービーシー(以下「シービーシー」という)は、人細胞の収集、  
   保管、検査業務の受託等を目的として登記し、未公開の株式会社で、平成17年
   8月1日に設立し、臍帯血の保管等の業務や自社の未公開株式の勧誘・販売を
   おこなっていた。
  (代表取締役 宍戸 良元「りょうげん」平成24年3月20日死亡。)
  ( 取締役  宍戸 大介 平成24年6月8日退院した日の夜突然死亡以下
  「宍戸」という)
   シービーシーは設立からわずか3ヶ月目で発行済株式が6倍になるなど次々と
   株式を発行し、さらに設立から半年の平成18年3月頃から新株予約券付社債
   も発行を始め、シービーシー取締役伊東嘉彦、土江が代表取締役を務める株式
   会社伊東嘉彦健康堂から商号変更した株式会社BENEと株式会社ソーコー2
   1(同社の代表者網中徳次らは同様の未公開株式商法により逮捕されている)

   などと共謀して未公開株式商法を行っていき、資金を集め規模を拡大していっ
   た。土江はシービーシー取締役辞任後逮捕され、伊東嘉彦は後述述べる株
   式会社エスビーエスの社員学術担当として臍帯血保管事業を担っている。

   平成19年4月1日には本社を現在の神奈川県横浜市港 北区に移し、同年5月
   頃には群馬県高崎市に臍帯血を冷凍保管するプロッセシングセンター(以下、
   「高崎センター」という。)を設置し臍帯血の保管業務を開始した。
   平成22年2月頃からは、公開準備室(IR室)を設置して本格的に未公開株式
   の販売を開始し山田光昭(医療関係会社の株購入を持ちかけ、都内の男らが
   「高値で買取る」などと言い現金をだましとっていた詐欺事件で逮捕されてい
   る)などが中心となって、「まもなく上場して株価が数倍になる」などと言って
   勧誘を行なっていた。




代表取締役 宍戸 良元


本社(22年10月賃料不払いで強制退去となった)


プロッセシングセンター(賃料未払で不法占拠となった。)





シービーシー取締役伊東嘉彦、土江が代表取締役を務める株式
   会社伊東嘉彦健康堂から商号変更した株式会社BENE

株式会社エスビーエス制作シービーシーのCM 千葉テレビ内
伊東嘉彦





伊東嘉彦は
平成18年
民間臍帯血バンク 株式会社 シービーシー の債権を
「JAM」株式会社ソーコーらと共謀し、6回にわたり違法販売する






千葉市美浜区の投資コンサルタント会社「JAM」(ジェイ・エー・エム)
が金融取引業無登録のままベトナム未公開株取引の出資金を集めていたとされる事件で、
千葉、静岡両県警は17日、同社社長の網中徳次容疑者(54)
(千葉市美浜区)ら4人を詐欺容疑で逮捕した。

 ほかに逮捕されたのは、同社経理担当の野尻裕子(46)(同区)、
情報サービス会社「BENE(ベネ)」(東京都千代田区)の
実質的経営者の土江正徳(37)(東京都港区)、
BENE経理担当の宮治節子(57)(神奈川県逗子市)の3容疑者。

 千葉県警の発表によると、網中容疑者ら4人は共謀し、
昨年2~4月に10回にわたって千葉県袖ヶ浦市の50歳代の無職女性ら10人に
ベトナム未公開株取引への出資を持ちかけ、実際には運用していないにもかかわらず、
「絶対にもうかる。3年後には3、4倍になり、元金は保証する」などと
うそを言って計約870万円をだましとった疑い。
土江容疑者は容疑を認めているが、ほかの3人は否認している。

 網中容疑者らは2004年頃から同様の詐欺を繰り返し、
少なくとも43都道府県の約1万人から計約220億円を集めたとみられる。

(2009年6月17日11時36分 読売新聞)




情報サービス会社「BENE(ベネ)」は
民間臍帯血バンク
株式会社シービーシーの取締役である
伊藤嘉彦が代表取締役となり
設立した会社です。



・伊東嘉彦と土江貴史の2人は「CBC」の取締役として
19年4月1日から就任していました。

伊東嘉彦は220億以上もの被害を出した投資詐欺
「JAM」の関係社「BENE」の創立者で「BENE]の前身
「株式会社 伊東嘉彦健康堂」の代表です。
・「株式会社 伊東嘉彦健康堂」の代表取締役は
「CBC」取締役の 伊東嘉彦と土江貴史の2人。




株式会社 伊東嘉彦健康堂」
「株式会社BENE」
登記簿 4枚
画像






上記
株式会社 伊東嘉彦健康堂」を閉鎖し
下記「株式会社BENE」を設立する。








大阪大正区 ときわ病院と
シービーシーサポート=
株式会社 フューチャー イング・ゲート・クボタ 「FGK」は

伊藤嘉彦らと、存在がなかったシービーシーを存在するかのように見せかけ
シービーシーの
臍帯血保管所を使い、不正な臍帯血事業を行って来ました






株式会社 シービーシー株販売者逮捕












シービーシー及び取締役松隈孝雄につき自社株販売型の未公開株商法について,シービ
ーシーの関与を認定して,社員や犯罪組織など組織的に勧誘・販売が行われていたとし,
シービーシー及び役員に対して,不法行為及び会社法上の責任を認めた判決事例が下さ
れている。当判決は、すでにシービーシーの実態がなくなった後の詐欺事件でもある。


 
 

  株式会社 フューチャー イング・ゲート・クボタ(以下「FGK」という)
  代表取締役 窪田 好宏 (以下「窪田」という)は、シービーシーの臍帯血保管事業促
 進目的として、平成22年7月より、シービーシーと特別代理店契約をしていた。













窪田の欺惘




  株式会社エスビーエス(以下、「エスビーエス」という)は、FGK窪田、宍
 戸2者で資本金、持ち株数折半し
、シービーシーの臍帯血の分離・調整・保管業務の支
 援業務等を目的として登記し、株式会社シービーシー・サポートとの商号で平成23年
 7月20日に設立され、平成24年7月26日現在の商号となった。











窪田がこそこそと捏造した「エスビーエス」登記簿






  FGK、エスビーエスの全国数百店舗の代理店。(以下「二次代理店」という)
 二次代理店らが、全国にシービーシーの臍帯血保管案内のリーフレットを設置し、イン
 ターネット上や、新聞などでシービーシーの臍帯血保管案内の宣伝をし、消費者とシー
 ビーシー臍帯血保管契約を締結していた。








  医療法人常磐会(以下「常磐会」という)の院長中川泰一(以下「中川」とい
 う)はシービーシー高崎センターの有資格、公的認可衛生検査所登録(平成24年1月
 27日休止届がされている)の人員構成に必要な指導監督医を平成23年5月からして
 いた。






 シービーシーが所有していた同社の唯一の財産、高崎センター臍帯血保管設備について
 は、常磐会が平成23年2月24日にシービーシーに貸し付けた金銭の代物弁済として、
 同年4月 3日の約定に基づいて同年7月1日に臍帯血保管設備の所有権を取得している。
 シービーシーは臍帯血バンク保管会社として機能は失っていた。








(※一般社団法人日本衛生検査所協会
検体検査のうち特殊検査については、一般検査に比べて機械化による自動化ができないも
のや検査の頻度の少ないもの、 検査を行なうための設備投資の負担が大きいものなど、医
療機関内で検査を行なうよりよりも外部の検査施設へ委託した方が効率的な項目が数多く
あります。そのため院内に検査室を持つ大規模な病院でも、そうした検査項目については
外部の検査施設に依託するケースがほとんどです
。まして院内に検査室を持たない最寄り
の診療所では、検体検査のほとんどまたはすべてを外部の検査施設に依託することになり
ます。)



尚、常磐会は平成28年7月、無届けで再生医療を行い厚労省から立ち入り検査を受けて
いる。常磐会理事長中川博は、平成28年10月6日負債約8億円で大阪地裁より破産開
始決定を受けている。また、中川は職員賃金総額5000万円不払いで、平成28年12月
13日最低賃金法違反の疑いで大阪西労働基準監督署署長 から大阪地方検察庁に書類送検
されている
。同年28年10月14日には、負債約12億円で、中川が代表取締役を務め
る医療法人恵陽会東天満クリニックは大阪地方裁判所において、破産手続きの開始決定を
受けている。


  株式会社ときわメディックスは、シービーシーが破綻
 したのち、常磐会が臍帯血保管事業を受け継ぎ、平成24年7月4日に臍帯血を難病治
 療の移植目的に検査、冷凍保管を目的として登記され、日本には3社あるうちの1社で
 、営利目的の民間の臍帯血バンクである。現在一千以上の臍帯血を保管している。
 公的臍帯血バンクも存在する。
 FGK,エスビーエス、二次代理店らはシービーシー破綻後同社の代理店となっていた。
 (現在は不明)











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■催告状(重要告知事項)架空請求詐欺 186052-747-4943

2017-09-07 16:34:15 | 日記
メールで来る架空請求詐欺



Message flagged

■催告状(重要告知事項)■

From:
xcvodemcm@alzdpadsnaporponnlmj.com

To:
rotary・・・・・・・・



詳細ヘッダー

2017/9/6, Wed 21:00

Message body

■催告状(重要告知事項)■

貴殿の登録情報のある情報においてご利用された料金の未納が続いたため、
信用情報機関によりの身辺調査
及び法的手続の任を承りました。

1、無料期間内等で退会手続きが完了されていない。
2、ご登録料金及びご利用料金が発生している。
3、料金未払いとなった状態のまま長期間の放置。
  このままの状態ですと以下のことに該当します。

■■■■■■■■■■
退会手続き
株式会社インスペェクト
電話番号
186052-747-4943
担当:森下
■■■■■■■■■■



 当社はサイト運営会社より依頼を受けまして、料金滞納者の個人調査、
悪質滞納者の身辺調査などを主に行っております。
本通知メール到着より翌日営業時間内ま でにご連絡を頂けない場合には、
ご利用規約に伴い

①個人調査の開始(悪質な場合は身辺調査の開始)
②各信用情報機関に対して個人信用情報の登録
③法的書類を準備作成の上、即刻法的手続(強制執行対象者等)の開始
④各信用情報機関のブラックリスト

以上の手続きに入らせて頂きますので予めご了承下さい。

※ご使用の有・無、退会手続等をご希望のお客様は、担当までお問い合わせ下さい。
尚、本通知は最終通告
となります。
※トラブルとなる前に至急ご相談下さい。

※このまま放置をされる場合、銀行口座、携帯電話の利用、
行政機関における全てのサービスの利用ができ

なくなる恐れがあります。

-----------------------------
■ご質問、退会手続き、ご相談はこちら■

株式会社インスペェクト
電話番号
186052-747-4943
担当:森下
--------------------------------

※重要※
期限の利益を喪失する原因がある場合、
債務者の信用状態は悪化しているのが通常です。早めに保全の処置
を取ることが必要です。
その第一段階として、期限の利益喪失による一括弁済の催告を
内容証明でおこなうのです。内容証明でおこ
なうことで、裁判での確実な証拠となりま す。

※お問い合わせについて※
メールでの対応は致しておりませんので必ずお電話ください。



■■■■ご相談窓口■■■■
株式会社インスペェクト
お問い合わせ
186052-747-4943
担当:森下




下記電話
186 052-747-4943
186 ← 発信者通知



今日ここに電話

「ふるや」 と名乗る男より

今年の1月22日に登録されて、
無料期間が終わっているので退会手続きをしてくださいと
メールを何度か送っている、ヤフーからアクセスして
出会い系だったり、アダルトだったり、チャットだったり、
登録だけして、そのあと何もやってないような内容だったので、
登録料が半年間で14万円というプランだが、使用していないので
月額だけ清算してくれれば
1カ月1600円×7か月分で11200円だけ清算してほしい、

電子マネーで決済していただきたい、
一度登録料14万円と消費税で151200円お支払いただいて、
その後お客様の銀行口座に、運営会社のほうから、
14万円を振り込みます。

口座がないので、コンビニでアマゾンカード37800円を
4枚買ってください、買ったらカードの番号を教えてください。

というもの。





株式会社インスペェクト
⇒ 法務省:債権管理回収業の営業を許可した株式会社一覧
にはなし。






ここは電話しても出ない。


Message flagged

債権移行通知


From:
opucan@mppuisyzztitwundkeqy.com
To:
krum・・・・・





詳細ヘッダー

2017/9/6, Wed 00:13

Message body

債権移行通知

平成29年9月1日

債権譲渡通知会社(運営会社)
DTI Services, Inc.
(以下「DTI」または「当社」) 
通知人
 ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ株式会社
Strategic Decision Initiative, Inc.
     担当行政書士 竹尾光弘



冠省
早速ですが、当職は、債権譲渡通知会社より依頼を受け、
行政書士法第1条の3第2項に基づき、本書面を作成しましたので、
送付致します。

当社は、貴殿に対し有料コンテンツの未払い金の弁済方法を以下のよう
に定めて貸し渡しました。

すでに相当な期間が経過しているにもかかわらず、
貴殿からは未だ全く返済がなされておりませんし、誠意ある回答どころか、
居所も明かさず、着信拒否をするなど、
現在まで、何らの連絡すらされないままとなっており、
当社の善意を踏みにじる、あまりに不誠実な態度であると言わざるを得ず、
当社は貴殿に対して、強い憤りを感じております。

有料コンテンツ登録データ、有料コンテンツ使用のデータ等
、証拠はすべて揃っております。
つきましては、今般、当社は貴殿に対し、
本書面を以って、以下のとおり申入れ致します。
 つきましては、今般、当社は貴殿に対し、本書面を以って、
以下のとおり申入れ致します。


【要求】
1 有料コンテンツ運営会社に対しての未払い金を、
本書面到着後3日間以内に支払い請求を通知致します。

2 期日の猶予を希望する場合には具体的な返済可能期日を
文書にて回答下さい。

3 本件が解決するまでの間、回答や連絡事項はすべて書面のみといただき、
電話・メール、手紙、訪問、その他、方法の如何を問わず、
直接の折衝はご容赦下さい。


なお、もしも弁済意思があり、分割払いを希望されるという場合には、
新たに連帯保証人を用意され、公正証書の作成する、
などの適切な保全措置を講じることを条件として、
検討する用意があることを付記します。
ただし、上記期間内に送金がなされず、
何等の誠意ある回答も頂けない場合には、
弁護士に一任の上、訴訟や仮差押え、
その他の法的手続に移行する覚悟でおります。
また、訴訟の場合には、別途、遅延損害金や訴訟費用等も
付加されることになりますので、ご承知おき下さい。

早々

※ こちらの通知内容に見覚えがない、現状こちらの有料コンテンツの
ご利用がない方、今後ご利用をされない方、
有料コンテンツの登録はしたけれど実際にご利用がない方は
会員削除申請を運営会社に提出及び和解申し立て、
交渉いただくよう協力いたしますのでお早めにご連絡ください。


                 以上

■■■■■■■■■■■■
お問い合わせ
ストラテジック・デシジョン・イニシアティブ株式会社
Strategic Decision Initiative, Inc.
     担当行政書士 竹尾光弘
電話番号 03-6907-2741
■■■■■■■■■■■■
コメント
この記事をはてなブックマークに追加