差塩と趣味の世界

故郷 福島差塩の想い出と徒然なる盆栽奮闘記

土壌が一番

2016年09月18日 | 日記

 何年も満足に花を付けない地植えのシャクナゲ,今春思い切って掘り起し鉢植えにしてみた。赤玉、腐葉土、桐生砂などで作った土壌を入れて植え替えたのである。

 その成果か、アップしたように元気な蕾が8つも付けてくれた。我が家の庭は、山を削り造成した分譲地で関東ローム層むき出しの様な所で土壌が適さなかったのかもしれない。山百合などは数年で絶えてしまうのである。やはり土壌が一番か。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 血液検査で分かること | トップ | 紺碧の秋空 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。