差塩と趣味の世界

故郷 福島差塩の想い出と徒然なる盆栽奮闘記

吊りシノブ

2017年07月01日 | 日記

 馬酔木の枝に下げている吊りシノブ、雨の中で生き生きと葉を広げ梅雨の季節にふさわしい涼しさを演出している。このシノブ玉、父に貰って我が家に来て40数年になるが衰弱することなく生息している。これまで元気な根茎を切って5,6っ個新たに創ってきたが、寿命ってあるのだろうか。

 さてさて今日から7月、「夏休みも間もなくである」と心躍らせた子供の頃のあの歓びを望み得べくもないが、それなりに充実した生活を心がけよう。年の折り返しを迎えて、改めてそう思う、、。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 断捨離のつもりが、、、 | トップ | 千両の花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。