差塩と趣味の世界

故郷 福島差塩の想い出と徒然なる盆栽奮闘記

蓮と睡蓮の違い

2017年07月17日 | 日記

 古代ハスの開花が、各地の話題となっている。二千年以上も地中で埋もれていた実が発芽し咲かせているという。その生命力に驚く。

 ところで我が家の蓮ならぬミニ睡蓮、今夏第一号咲いたのでアップする。花弁にショウリョウバッタが留まっている。その美しさに惹かれて立ち寄ったのか、それとも単なる水飲み場として利用しているのか、、、。

 さてさて蓮の字がつくのでハスとスイレン種は同じと思っていたが、その違いをネットで調べて別種と知り納得する。この齢(よわい)になって思い込みでことを済ましていることのなんと多いことかと知らされる。恥じ入るばかりである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蝉の声 | トップ | トラノオの花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。