差塩と趣味の世界

故郷 福島差塩の想い出と徒然なる盆栽奮闘記

郷愁をそそる

2017年04月20日 | 日記

 狭い庭ながら故郷を思いおこす草木を移植し愛でている。池の淵のミツバツツジの下で咲きだしたこのヤマブキもその一つである。郷里では、晩春の淡い緑に萌える木々の野山の下を明るい黄色で飾るのである。その光景を思い起こさせ郷愁をそそるのである。

 郷愁をそそるといえば、甥からプレゼントされたアカヤシオ(郷里では岩躑躅と言っていた)年々樹勢が衰えてきたのでいずれ郷里に移植しようと思っていた。ところが、残念なことにこの春芽吹かず枯れてしまった、、、、。

 10数年ほど愉しませてもらったが、もともと高地の植物この地には合わなかったかと自ら慰めているのである。

      

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春蘭の花芽 | トップ | ニオイエビネ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。