gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

小欲知足。まーだだよに見る幸せ。

2017-07-14 08:44:34 | 日記
起きて半畳寝て一畳、天下とっても2合半。

このことわざは、読めばピンときますね。特に、小欄の読者の方は。どんな大きな家に住もうと生活に足りるスペースはこんなもの。どんなに金持ちになろうと2合半までしか食べることはできない。
つまり小欲知足、幸せは欲をかかなければ誰にでも訪れるということですね。アメリカでタイニーハウスが売れているのはグローバル資本主義とは別の哲学の持ち主が増えているひとつの傾向です。
タイニーハウスよりもっと劣悪な掘っ立て小屋、雨露凌ぐだけの小さい家でも幸せが十分すぎるほど感じられる場合もあります。

黒澤明監督の遺作「まーだだよ」は内田百間をモデルにした師弟の交流を描いた作品です。教え子が用意してくれた掘っ立て小屋で先生夫婦は生活するのだが、その狭い家に教え子達は集まり、酒を飲み、談論、談笑し交流する。晴耕雨読の日々、自然の景観と風流、そこには小欲知足たる生活の見本があります。

小さな家でも魅力があれば仲間が集まる。あーなんという幸せか。
この家に相反転方式小水力発電機があれば、電気代もただで自給自足生活が営めるのであります。四季のうつろいを味わい、とれたてのキュウリとトマトで飲み、あとはお茶ずけ、あーなんたる幸せか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 落差型だけでなく、平坦な水... | トップ | 地産地消とベーシックインカム »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。