サイパン空模様 Part2

北マリアナ諸島サイパン島の西空の画像をば。
ほぼ毎日、天気情報を更新中。
バックナンバーはブックマークからどうぞ♪

05月18日@サイパンの西空'17

2017-05-18 | 
東南東の風やや強し、青空時々シャワー~
気温:33度 体感湿度:普通~
       
ただ今の屋外湿度78%也…

やや湿った南よりの風は、風通
しの悪い場所をさすがに蒸し暑
くした昨日。

たまに灰色の雲が通過しても、
殆ど降雨はなく、夕食を終えた
頃の自宅玄関からは、南十字星
の瞬きが見えた。

もうそんな時期なんですね〜

さて本日のサイパン島、やはり
湿り気があるからか、吹き付け
る激しさを感じない程度だが、
今日も風が強い。

気温も上昇中で日差しも強い中、
ミツバチたちは忙しそうだ。
      

先ず天気図を確認してみると、
梅雨前線は沖縄諸島から小笠原
諸島に掛け連なっている。

その南側を、北東から張り出す
高気圧はマリアナ諸島全域を飲
み込んだままだった。

予想では今後、前線は本州に広
がる高気圧が東へ移動するに伴
い、こちらの高気圧との間を、
まるで隙間をぬって移動するか
のように更に延びる模様。

その間、マリアナ諸島は高気圧
の後退により影響下から脱して
しまいそうだ。
      

次に雲画像動画を観てみると、
梅雨前線の雲帯は大陸から伸び、
台湾から沖縄諸島を経由して、
日本列島の太平洋沿岸に沿って
延びている。

現時点でマリアナ諸島全域は、
ほぼ晴天域に覆われていた。

また直ぐ南には、まばらな部分
もある雲塊が広がっている。

どうやら前線に追従したそうに
見えるが、ギリギリ高気圧の抵
抗により抑えられ叶わぬようだ。

まるでバリアに囲まれた状態。

サイパン島の遥か東から、少々
厚みのあるものの小さな雲塊が
向かっており、夜には届くかど
うかな状態だが、降るなら就寝
中にお願いします!

問題は、明日以降の天候ですね。

       
水分補給を忘れずに!な本日も、
  人気ブログランキング
     ポチっとヨロシク♪

blogramランキング参加中!です♪


昨日の散歩では、カラスモドキ
(Micronesian Starling)の
ヒナがまだ巣穴にいるのかを再
度確認しようと思っていたら、
道路向かいの電線から、いきな
り数羽の群れが騒ぎながら巣穴
のある木に舞い降りた。

小さな個体が巣穴近くの枝にと
まり、その上に成鳥のメスが2
羽とまり、後からチビの隣に成
鳥のオスもやって来た。

カラスモドキって大家族構成の
イメージがあるけれど、その中
でも黒色のオスが世話をしてい
る姿の方が目立っているような?

いわゆるイクメンでしょうかね。

先週、巣穴の前でヒナたちを呼
んでいたのは、餌を見せびらか
せながら巣立ちを促していたの
かもしれない、なんて思ったり。

常に観察している訳ではないの
で、推理が当たっているのかわ
からないが、ビーチロード沿い
で育つシロアジサシやキングフ
ィッシャー、またカラスモドキ
のヒナたちは今、巣立ちの時期
を迎えている事は確かでしょう。

マニャガハ島のクロアジサシの
ヒナは、10月頃に巣立ってい
たような気がするけれど、ヒナ
を育てる時期を分けているのか
な等と、あれこれ妄想中。

と、いきなり訂正!

縞模様があるのが幼鳥ですね、
メスじゃなかったんだ。


ドル、米政権の不透明感で急落
東京外為〕(18日午前9時) 111円05~07銭

WTI、反発
NY石油〕(17日) 1バレル=$49.07

マスコット応募要項、22日公表=東京五輪

アリゲーターガーを捕獲=1.4m、名古屋城外堀で

アジア路線の大幅拡充検討=20年度までにLCCバニラ

難民の子供、単独行が過去最多=2010年から4.5倍―ユニセフ

米家計負債が過去最高=金融危機時のピーク超す―NY連銀調査

【動画】マンタにカメラ装着、驚きの奇策とは

世界一高価なスパイス、サフランの知られざる歴史

夏とほぼ同じ!? この時期の紫外線の強さ


海情報は海日記から♪
ジャンル:
お天気
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 05月17日@サイパンの西空'17 | トップ | 05月19日@サイパンの西空'17 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。