幸せのカケラ~自信がもてる!自分を好きになって自分らしく自立する方法

1700名以上の人と向き合ってきたカラーセラピスト&コーチ。
がんばっても成果の出ない、自分を好きになりたいあなたへ。

気づいたら自分が好きになる

自信をもちたい、自分を変えたい、自立したい…

90%以上の人が
気づいたら自分を好きになっているセッション&講座を お届けしています。

自信がついて、
経済的にも精神的にも自立できるようになりたいあなたへ。

http://www.color-saion.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

過去と違和感の超・断捨離

2017-08-05 23:13:19 | ハッピーを引き寄せる
こんばんは。
伊藤裕子です。


今日も数人のお客様とセッションしていて
その変化ににやにや♡


使う言葉が変わってきたり

表情が明るくなったり

肌ツヤがよくなったり

自分のことが好きになったり

ご主人との関係が変わったり

パートナーがやさしくなったり…


よく言われるのが


 「何でかよくわからないけど、変わってきた」


何が原因?とかどういう理由で?とか
このメカニズムは?とか…

知りたくなるよね〜^^


でも、考えても理屈理論で片付かない。
しかも解明されてもそれが扱えないと意味がない。

また「知って」ても、
その感覚をつかんで、そう生きられなきゃ
「変わらないじゃん!!」ってなる。

というわけで、よくわからないまま
みなさんには望んでいる未来を手にしていただこうと思っています♡



さて

私個人はというと…


 本日、超・断捨離をしました!




もう、ほぼ着る服がない!
明日から何着よう(笑)



これまでも何かにつけて
モノは捨てたり手放したりしてきました。

でも洋服は

 似合う色だし、まだ着られるし…

となると、なかなか手放せなくて。
ついでに

 母からもらった服だし…

という理由も使っていてね。
(手放さない言い訳ですね)


でも本当はわかっていたの。


 手放さないと入ってこない。
 (次のステージにいけない)

 違和感を感じている。
 (もう自分には合わない)

 なんか物足りない。
 (今の自分とはちぐはぐ)


人生のステージアップと一緒で
装いも、自分に合わせて変化させていかなきゃおかしい。

じゃないと、
いつまでも過去の自分を生きることになってしまう。


そして今、

私は今まで以上のスピードと質で
自分が大きくレベルアップしていく時期だと感じている。


というわけで、
かつてないほど大規模な、超・断捨離を断行!


 すっきりしました〜



ジュノエスクベーグルのグラノーラ『チョコレート&ナッツ』と♡


今までは、
わかっていても捨てきれない自分がいたので
夫や母の力を借りて、手放すという作業をしていました。

 「もういいんじゃない?」

 「いらないんじゃない?」

と言ってもらって、「やっぱりそうだよね」でサヨウナラ。


でもね、思ったの。
逆にそれは、


 手放さない理由としても使えてしまう。


つまり、
私が違和感を感じていても

 「そんなにおかしくないよ」

 「こうすれば着られると思うけど」

 「普段着にしたら?」

彼らがこう言えば、捨てられなくなってしまう。


過去の私をよーく知る分、
また今の私と彼らの価値観が必ずしも一致していない分、
彼らはストッパーにもなり得るのです。


というわけで、超・断捨離はシンプルに敢行。


少しでも違和感を感じるモノはサヨウナラ。

長らく着ていなかったらサヨウナラ。

人前に着ていけない服はサヨウナラ。

「いつか…」と思ったらサヨウナラ。

好きだしよく着るけど、服がくたびれていたらありがとうしてサヨウナラ。



結果、
大好きで大好きで、着まくっていた服も手放すことができました。


ああ、すっきり♡


さて、
クローゼットの中身もバーションアップしていくよ〜




引き寄せしやすくするためにも、いらないものは手放すべし。

伊藤裕子でした♡



■ 1700名以上の方と向き合ってきたセラピスト ■


■ お客様の声 ■
まるでマジックのようなトーク!
自分が気づかなかったことを気づかせてくれる
とにかく明るい!楽しい!
ブラックな自分も受け入れてくれるキャパと経験があって安心できる
自分が気にしていた部分が問題ではなかった
2回のセッションでダイエットに成功!
2ヶ月で売上が2倍に!
まるで違う人生になった
仕事がうまくいくだけでなく彼氏までできた
仕事も趣味も人間関係が変わった


■ お申込み・お問合せ ■

◆ 電話:044-322-0500
メールフォーム
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

常識外にあった山菜

2017-05-05 10:26:41 | ハッピーを引き寄せる
おはようございます。
伊藤裕子です。


今年のGWはずーっとお天気がいいですね♪
窓から見える新緑がとても見事で、
空の青と木々の緑のコントラストにワクワクしています^^



今朝、北の大地の北の果てから、山盛りの山菜が届きました!

行者にんにく、ヤチブキ、根ワサビ…

これらがダンボール箱いっぱいに!!
ありがとうございます♡



どれもこれも、稚内で暮らさなかったら知らなかったものばかり。

あの頃
ちょうど今時期に、地元の農家さんとご一緒して
行者にんにく採りに行くのが楽しみでした。

「ちょっと時期が遅くて葉っぱが出すぎちゃった」とのことですが、
ちょうど明日は実家に大集合してバーベキュー。
みんなでいただきます♡

ヤチブキは、稚内にいた頃はホタテの卵(ラン)と一緒に
甘辛炒めでいただいていたな〜。

  

私は生まれも育ちも東京なので、田舎というものがありません。

旅行で各地に行くことはあっても
地方から東京に出てくる…という経験をしたことはありませんでした。

それが結婚して、北海道…
しかも最北端の稚内で暮らすことになり
「日本(または日本人)の常識」だと思っていたものが
実はちっぽけな自分の価値観でしかないことを痛感したのでした。


 外に出て初めて知る、自分のこと、自分の世界。


つらいこともたくさんあったけれど

 あの経験があったから今につながることがたくさんある。

 あそこに住んだから出会えた友人たちがいる。

 あの時代があったから、今の仕事をしている自分がいる。

そう思うと、とても愛おしい。


ずっと同じ場所にいたら、私は

 知識だけで、知ってるつもりの頭でっかち人間

になってしまっていたんじゃないかな〜って。



自分を外から見る機会を与えてもらって、本当によかった。

あの経験が、今の仕事にとっても役立っている。


そんなことをしみじみ思わせてくれた、山菜たちだったのでした。



前に進むヒントは、一歩外から見えたりする。

伊藤裕子でした♡



■ お悩み解決個人セッション ■

■ 資格取得とセルフケア ■


■ お申込み・お問合せ ■

◆ 電話:044-322-0500
メールフォーム
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニセモノの決断〜決断から逃げる人〜

2017-04-07 18:37:59 | ハッピーを引き寄せる
桜の背景にはやっぱり青空♡
入学式の時期に桜が咲くのはいいものですね。

こんにちは。
伊藤裕子です。



札幌にいた頃、友人に

 「東京の人って、入学式の日に桜が咲いてると喜ぶんだねー!新しい感覚だったわ〜」

と言われ、
【4月=入学=桜】が日本の文化とは言い切れないことを知りました。

確かにね。
北海道の桜はGWだし、桜の下でジンギスカンをするもんね。
私にとっては、はるかにそっちの方が新しい感覚だったけれど(笑)


雪まつり真っ盛りの2月に、沖縄の受講生の方から

 「桜が咲きましたよ〜♪」

というお便りをいただいたのも印象的だったな〜。


私たちの人生って、

 経験によって刷り込まれた思い込みによって成り立っているな…

とつくづく思います。


さて今日は、《ニセモノの決断》のお話。


  


『引き寄せ』という言葉がずいぶん浸透してきた昨今。

でもよくわからないまま、その言葉だけをキャッチしていると
スピリチュアルっぽく感じることがあるかもしれません。


引き寄せを起こしているのは

 潜在意識に落とし込んだ思い込みだったり

 無意識の自分の思考パターンだったり、

 自分の行動パターンの結果だったり、いろいろです。


そのひとつが、【決断】

 「ものごとは、決めたら動き出す」

ということです。
これは

 「こうなったらいいな〜」

 「こうなりますように〜」

という願望とは違います。


「こうなればいいって願っているのに、全然叶わない!」

と思うのであれば、
それはもしかしたら、【決断】はしていないのかもしれません。

 心のどこかで「そうはいっても無理だろうな」と思っていたり

 本気で「やる」とは決めていなかったり

 欲張り過ぎていて現実的にイメージできていなかったり

 誰かが叶えてくれないかな〜と、《自分のこと》として引き受けていなかったり

そんな要素が隠れているのかもしれません。


  


私にも、
思っただけでパッと引き寄せられることと
前からずっと思っているのに、全然現実化しないことがありました。

全然現実化しない部分を見て、

 本気で思っていないってことなのかなぁ?

 もう充分幸せなんだから、それで満足しろってことなのかなぁ?と悩んだり

 うまくいかないのは、自分の力不足だ

 自分に魅力や能力がないからだと自己否定したり。


そんなことの繰り返しでした。


ところが!


先日、あるコンサルタントの方とお話をしている中で
思いっきり気づいてしまったのです。


 あああ〜〜〜っ!!

 私、逃げてるだけだ〜〜〜!

 足りないのは覚悟だったーーーっ!!


そう、私は自分に対して、
表面的に「決断しているように見せかけていた」のです。


 がーーーん…


それに気づいて、じゃあやりますか!となったとき
私の中から出てきたのは


 やばい…、本当にやらなきゃいけなくなった!


ということでした。


 嫌だ 嫌だ 嫌だ!

 逃げたい! やりたくない!!



ひとりで考えている間は、「やっている風」を装えるのです。

そしてまた、できなくても言い訳ができるのです。

 体調がよくなかったから、とか
 忙しかったから、とか
 他にもやることがあったから、とか。

人間は、自己正当化が大得意。
言い訳製造マシーンです。


でも、相手が存在していると、

 「本当に自分がそれに向き合って動いたか」

を伝えていかなくてはならない。
そこから目を背けられなくなる。

本格的に現実が動いていくから「やっている風」は装えなくなるわけです。

その「相手」として、その方をサポートしていくプロが、
セラピストやコーチやコンサルタントです。


 「先生もやっぱりちゃんと、学び続けているんですね〜」


うげー…と思った翌日、受講生の方に言われた言葉です。

うん、そうなの。
だってそうじゃなきゃ、人には向き合えない仕事だと思うのよ。


  


人は、何かを「本気で決める」と、それを現実化する力を持っています。

それは逆に言うと、

 本気じゃないと、現実化はしづらい

ということ。

(「しない」ではなくて、「しづらい」です。
 本気かどうかとは別次元で、
 潜在意識の思考パターン(思い込み)による現実化もあるので。)


そんなわけで、

  本気で現実を動かしたい、変えたい方

  やりたいこと、理想のライフスタイルを現実化していきたい方

  心と体の健康を取り戻していきたい方

  夫婦関係・恋人関係を改善していきたい方

  人間関係を変えて、ストレスに強くなりたい方

  他人に振り回されずブレない自分軸を構築していきたい方


あなたのためのオーダーメイドプラン
 キラキラ人生〜大変身プログラム〜


 お申込みを開始いたします!
 お申し込みはこちらから。

 Skypeでのセッションも可能ですので、遠方の方もご利用いただけます。
 3ヶ月〜1年を目安とした、個人個人に合わせた長期セッションです。

 実現したいこと、ひっかかっていること、詳細等お気軽にお問い合わせくださいね。



自分の人生、思いっきり生きよう。

伊藤裕子でした♡



■ お悩み解決個人セッション ■

■ 資格取得とセルフケア ■


■ お申込み・お問合せ ■

◆ 電話:044-322-0500
メールフォーム
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新たな一歩を踏み出すとき

2017-04-05 23:33:03 | ハッピーを引き寄せる
こんばんは。
伊藤裕子です。


春になって、体がだいぶ動きやすくなってきたように思います。
まだ5日だというのに、すでに4回ZUMBAを踊った私。
ほぼ毎日!(笑)

健康っていいですね。

指1本、自分の意志で動かせなかった日々があるので
好きなように体を動かし、踊ることができる今はとても幸せ♡


人は、

 心と体が健康で、初めて好きなように生きられる。


そう私が実感したのは、健康を失ったときでした。
「健康第一」という、昔から耳にしていた言葉の重さを
あのときほど感じたことはありません。


逆に言えば、


 心と体が健康なら、自分で選んで、自分で決断して、

 自分の人生を生きないともったいない!



とも思うのです。


それでもいろいろなことに煩わされたり
人間関係で悩んだり
時間の使い方がうまくいかなかったり
夫婦や恋人、家族のことが気になったり
仕事が思うようにいかなかったり
目指す方向がわからなくて迷子になってしまったりするのが人間。

そうやってブレブレになると、心身の健康を損なってしまう…
という悪循環に陥ってしまうのも人間です。


私が闘病生活を経て、回復してくる中で気づいたのは


 人は、病気と向き合っているときよりも

 そこそこ健康なときの方が、余計な思考に惑わされやすい。



ということ。

命と向き合っている間は、必死なんです。
ただ、目の前の現実と向き合うだけ。

痛みとか、苦しみはもちろんありますが
ただ治すこと、体のことだけを考える。


でもだんだん回復してくると、
余計なことを考える時間ができてくるんですね。

だからいろいろ思考を巡らせちゃう。

私はこれで、だいぶドツボにハマりました。

しかも、

 そうなっちゃうだろうな…

と自分で予測していたという、タチの悪さ。


だからこそ、お伝えしたい。


 余計なことを考えずに、GO!!

 動けるときに動いた方がいいよ!




やらずにする後悔は、ずっと引きずります。
何も手元に残りません。

でもやってみてダメだった後悔は
「これはダメ」という結果を手にいれることができているのです。

そしてそれは、現実を動かす力になっている。


命を、ちゃんと使おう♡


キラキラ人生術〜大変身プログラム〜
個人コンサルティング、近々募集を開始しますね。




若葉色のキーワード「新たな一歩」。

伊藤裕子でした♡



■ お悩み解決個人セッション ■

■ 資格取得とセルフケア ■


■ お申込み・お問合せ ■

◆ 電話:044-322-0500
メールフォーム
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分のものになるまで、ただひたすら

2017-03-24 18:12:52 | ハッピーを引き寄せる
こんにちは。
伊藤裕子です。


今日は「できない」がない子ども達のお話。


学校で百人一首を覚えている、小学1年生の姪っ子K。

2枚のプリントには40首の和歌。
会ったとき、覚えていたのは33首。

「あと7個〜」

と、とっても楽しそうでした。


担任の先生のセンスがいいようで、きちんとリズムをつけて歌うK。

私が「花の色は〜♪」と言えば

 「うつりにけりな いたづらに〜♪」

と流れるように音が出てくる。
聞いているだけでワクワクしちゃう💕


まだ小学校1年生。
意味なんて、きっとほとんどわからない。

それでも繰り返し、繰り返し唱えて自分の体に入れた音は
大きくなったときに、思いがけないところで役に立つだろうと思うのです。


表面的な知識を入れ、頭だけで理解したつもりのものを
私たちは生かすことができません。

しょせん、付け焼き刃だから。


でも、体に入ってしまったものは…
腹まで落ちたものは、財産になります。


私も、中学生の頃に覚えた平家物語の冒頭は今でも言えます。

そして、人の生き方やコミュニケーションに関わる仕事をしている今になって
それがとても役立っていると感じるのです。



子ども達には、基本的に

 「できないからやらない」

がありません。


だって世の中、知らないことだらけ。
やったことのないことだらけなんだもの。

できないのが当たり前で、
できるようになることだけを見ています。

やってみて、できなくて、くやしくて。
そこでやめないのが子ども達。

そこから
どうしたらできるようになるのかを考えるのです。


だから、健全な環境で育つ子たちには

 「できないからやらない」

 「難しいからやらない」

が、ありません。
言い訳するほど暇じゃないのです、彼らは。

これが本来、私たちみんなが持っている力。


(ちなみに不健全な環境とは

 「やれ!やれ!」と一方的に強制されたり
 「お前はダメだ」「お前はできない」と言われ続けたり
 100点以外認めてもらえなかったり
 条件付きの承認しかもらえなかったり…

 という環境のこと。
 こういう環境で育つと、だんだん自主性が損なわれていきます。)


  


 「やらなきゃいけない」

 「おぼえなきゃいけない」

からはじまり

 「覚えられない」

 「できない」

にフォーカスすると辛いもの。


でも彼女の中にはそういう感覚がまったくなくて。


 ただ、やる。

 ただ、楽しむ。


それだけ。
シンプルで、とてもパワフル♡


ちなみに、彼女の宿題を横で聞いている4歳の弟。
いつの間にか3首も言えるようになっていました。


私たちは、何でもできます。

できない言い訳をやめた途端、できることは無限に増えていくのです。

だから、やりたいことをやろう♡



あなたは何だってできる。

伊藤裕子でした♡



■ お悩み解決個人セッション ■

■ 資格取得とセルフケア ■


■ お申込み・お問合せ ■

◆ 電話:044-322-0500
メールフォーム
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

記憶に残らない一日一善 〜子どもには敵わない

2017-03-20 15:54:49 | ハッピーを引き寄せる
こんにちは。
伊藤裕子です。


お買物帰りのこと。
横を通り過ぎた宅急便の、トラックの後ろの扉が開いていました。

あ……、と思ったけれど
荷物を持ってヒールの靴で走って追いかけるパワーはなく
せめて止まってくれたらなぁと思っていたら


 「うおっ!開いとる!」

 「すいませーん!」

 「開いてます!」

 「すいませーーん!!」


と、前を歩いていた小学生3人組が
片手を上げてトラックに向かって叫んでくれました。

気づいた運転手さんが降りてきて


 「ありがとう」


事なきを得たのでした。


何のためらいもなく、叫んだ彼ら。
たぶん、とてもいいことをしたという認識すらなく。


 かっこよかった…!


その後、
前を歩いていた3人組の横をゆっくり走って追い抜いたトラック。

子どもたちが「さようなら」と手を振っていたので
運転手さんがもう一度感謝の言葉を伝えたんだろうな〜と。

何だかもう、私は感無量…!


 子どもにはかなわない。



この一連の出来事はきっと、彼らの記憶には残らないだろうなと思います。

だって彼らの言動はあまりにナチュラル。

声をかけた時と、運転手さんとやりとりしているとき以外は
ペースを崩さずに全然関係ない話を楽しそうにしていたから。


帰宅した時点で、もう忘れているかもしれません。

でもあの運転手さんと私の記憶にはバッチリ残った今日の出来事。


《本当に人の役に立つ》というのは、このように
やった本人すら気づかないくらいのレベルのことなんじゃないかな…


そんな風に思った、幸せな春分の日でした。



世の中は子どもから教えられることで溢れてる。

伊藤裕子でした♡



■ お悩み解決個人セッション ■

■ 資格取得とセルフケア ■


■ お申込み・お問合せ ■

◆ 電話:044-322-0500
メールフォーム


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

女は末長く。男は潔く。

2017-03-17 11:21:29 | ハッピーを引き寄せる
おはようございます。
伊藤裕子です。


光や空気がだいぶ春らしくなってきました、神奈川です。

もうすぐ春分。
昼夜の長さが逆転しますね。

私はこの昼が長くなり光と花の香りに満ち溢れるこの時期が大好き


 光が軽く、明るくなってきた〜!

 いい匂いだ〜♡

 春だ〜!!

 
って、幸せ


北海道で暮らしていた頃は、この時期まだまだ冬でした。
同じような感覚を感じられる季節はあったけれど、


 光が軽く、明るくなってきた〜!

 いい匂いだ〜♡

 春だ〜!!


…の直後に、夏至がくるという…

なかなかのカルチャーショックでした。
生まれ育った地の季節感は、結局体から抜けなかったな。



さて。
見て! 立派なお雛様



 お雛様は3月3日が終わったらすぐに片付けないといけない。

 お嫁に行き遅れる。


そう聞いていたのですが、あるおばあちゃまのお話によると

 「女の子が末長く幸せに…」

ということで、長く出しておいてもいいのだそう。
反対に端午の節句は、すぐにしまうものなんですって。


 女は末長く

 男は潔く



なのだそうです。
なんか、粋ね。


伝統行事や日本語は、
伝えられる中で本来の形とは真逆に広まっていくものが結構あります。


 本当のところがきちんと伝わると

 誤解なく豊かな人生になっていくなぁ


と思うことがしばしば。
そういうことには敏感でありたいと思っています。


  


このお雛様ね、小学校時代の同級生のご実家にあるものなのです。
同級生の実家と言っても、出迎えてくださったのは彼のお母様。

母・妹&3人の子どもたちとお呼ばれして、
優雅なひと時を味わってまいりました。

私の同級生の彼も、妹の同級生である弟くんもいなかったけれど(笑)



桜餅がおしゃれ!!




今日も素敵な1日を。

伊藤裕子でした♡



■ お悩み解決個人セッション ■

■ 資格取得とセルフケア ■


■ お申込み・お問合せ ■

◆ 電話:044-322-0500
メールフォーム
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鏡を見てときめく?

2017-03-11 18:30:00 | ハッピーを引き寄せる
こんばんは。
伊藤裕子です。


あなたは鏡を見るのが好き?
鏡を見て、何を思う?


 「うん、今日もかわいい♡」


そんな風に思えたら幸せ

そして
幸せは、幸せな人のところにやってきます。



  


たとえば…

フルーツバスケットというゲーム、ご存知ですか?


大勢で円になって座り、真ん中には鬼がひとり立っています。
そして鬼が自分に当てはまることを言ったら、立って席を移動します。

ルールはかんたん。
ただし、

  同じ席に座るのはナシ

  隣りへの移動もナシ

  当てはまっているのに動かないのもナシ


そして鬼は何を言ってもいい。

 「スカートをはいている人!」

 「働いている人!」

 「40歳以上の人!」


さて、鬼が言いました。


 「いい女(男)!」


あなたは動きますか?


  


私は動きました。

でも…

移動できる席がなかったのです。
他に動いてくれる人がいなかったから。



さて、ここでちょっと考えてみます。

 動かなかった人はその時、どんなことを思っているのでしょう?


 「あの人、ずいぶん自分に自信があるのね~」

 「私はそんな風に図々しく思えないわ~」

 「自分をいい女だなんて、恥ずかしくないのかしら?」

 「うわ~…はしたない。日本人の謙虚さはないのかしら?」


もしもそんなこと浮かんできたら…


『謙虚さが美徳、自分を下げてこそ素晴らしい』

そんな風にすり込まれて育った結果の価値観かもしれません。


でも勘違いしないでほしいのは
謙遜そのものは、悪いことではないということ。


ただ
そこに《卑下》や《侮蔑》が入ってしまうなら、見直しが必要なのです。


 自己肯定できない。

 おまけに相手にも同じことを求める。



ガッツリ、黒い魔法《呪い》にかかっている状態です。

そして


 『自分に自信がもてない』


これも、何かしら黒い魔法が効力を発揮している状態です。





「自分で自分のことをいい女と思えないと、本当のいい女にはなれないな」

私がそう思ったのは、大学生のときでした。

何がきっかけだったかなぁ?
失恋かな?

はっきりとは覚えていませんが(笑)



「自分をいい女だと思えるようになる」

この白い魔法は、誰かにかけてもらうのではなく
自分からかかりにいくことで効力を発揮します。


「かわいいね」という言葉を

 「そんなことないです!」と突っぱねるのか、

 「ありがとうございます」と受け取るのか。


難しいと感じる人は《言葉》を《手土産》だと思うといい♪


「ケーキ買ってきたよ」という人に

 「そんなの悪いよ。いらないよ」と持ち帰ってもらうのか、

 「ありがとう〜♪」とおいしくいただくのか。


ね。


ちなみにワタクシ、
いい女歴が長いですが(笑)、自信をつけたひとつのツールはパーソナルカラーでした。



私流は、外見だけではなく
内面的なもの(性格、声のトーン、表情、存在感)なども見て
最高のキラキラを引き出していきます。


というわけで、私は鏡を見るのが好きです。


 「うん、今日もかわいい♡」


そう思えるのは本当に幸せ




「私はかわいい」って思っていいのよ。

伊藤裕子でした♡



■ お悩み解決個人セッション ■

■ 資格取得とセルフケア ■


■ お申込み・お問合せ ■

◆ 電話:044-322-0500
メールフォーム
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

習慣から思考を変える

2017-03-10 17:58:30 | ハッピーを引き寄せる
こんばんは。
伊藤裕子です。



朝お風呂にゆっくり入る生活がすっかり定着しています。


シャワーを浴びるとアイディアが浮かぶ!

しかも昼間に


そう思うようになったのは、今の仕事を始めてしばらく経った頃。



クリエイティブな自分にアクセスできるのは嬉しいし、
そういう自分のスタイルを把握できていると自分に白い魔法をかけやすい♡


実はこれ、
生理学的にも心理学的にも、頷けることなのです。


体が緩んでリラックス状態になるとアルファ波が出てきます。

この状態のとき、人は潜在意識にアクセスしやすいの。


潜在意識にアクセスしやすいということは、

引き寄せが起こりやすくなったり

思いがけないアイディアが浮かんだり

幸せ思考をインプットしやすくなったりするということ。


寝ているときや、催眠にかかっている時がこの状態なわけですが、
体がゆるゆる緩んでうっとりしているお風呂も、いい♪


自分の中にある《キー》がかちゃり☆です。



ん?

忙しい朝にゆっくりお風呂なんて、無理?


本当に〜?


もしかしたらそれも、
自分が「できない」という黒い魔法を自分にかけているだけかもしれません。


深夜帰宅の我が夫、出勤前にお風呂に入っております。

残り湯活用術も、なかなか楽しい♡



誰かができたことはね、基本的にあなたにもできるということなのです。

あとはやるだけ。


やっていいんですよ〜♡



習慣から思考を変えちゃおう。

伊藤裕子でした♡



■ お悩み解決個人セッション ■

■ 資格取得とセルフケア ■


■ お申込み・お問合せ ■

◆ 電話:044-322-0500
メールフォーム

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハッピーを引き寄せる

2017-02-19 23:23:55 | ハッピーを引き寄せる
こんばんは。
伊藤裕子です。


TC本部・SAIKO先生のセッションを受けに行ったら、
「お誕生日だったんでしょ?」とプレゼントをいただいてしまいました



本当に、幸せに包まれて生かしていただいているな〜と思います。
ありがとうございます♡

お世話になりっぱなしの先生からプレゼントをいただいて


 私は先生に、何かをお返しできたことがあるのだろうか…?


なんて考えました。
そしてふと思い出したのは、セッションの中でやったワーク。


 私は受講してくださるみなさんから、たくさんのものをいただいてるなぁ…


そう思うと、あのSAIKO先生が


 「伊藤さんからは何にも返ってこないわ〜」


なんて思うわけがなく。
むしろそんなことを考えるのは失礼だわ…と思い至ったのでした


  


私はちょくちょく、いろいろな方から贈り物をいただきます。

初対面のお客さまからお土産をいただいたり
受講生の方からプレゼントをいただいたり
友人・知人から贈り物をもらったり。

そして、
家族からもたくさんのものをもらって。


ものすごーく満たされている



だがしかし!
私は、こんな風に思っていたことがありました。


 「でも、◯◯がうまくいかない!!」


私たちの世界は最初から、すべてが完璧な姿で完成しています。


なのにどうして、
私はこんな風に思ってしまっていたのか。


それは…



何かに悩んでいるとき
人は欠けた部分にばかり目を向けてしまいがち。


 「このドーナッツ、どうして欠けているのっ?!」


って。


他の《ある》部分には目もくれず、《ない》部分ばかりを見てしまう。

おいしいドーナッツも、ない部分しか見なければ
どんな味かすらわかりません。

《ない》にフォーカスすると、
私たちの潜在意識は《ない》状態を作り出すのです。

99の《ある》を見ずに、たった1の《ない》を見る。

それが不幸の引き金です。


 ひとくち食べただけで、幸せが今ここにあることを感じられるのに!


どうしたらいいんだろう…?


カンタンです。
あるものを食べたらいいのよ。


《ない》視点を《ある》視点に変えると、それだけで世界は変化します。


 笑顔で幸せを感じている人のところには、幸せがやってきやすい♡


だってあなたも

 「来ていいよ」

 「どうぞ」

って言ってくれている人のところに、行きたいでしょ?

 「なんだよ」

って言っている人のところには行きたくないでしょ?

それと同じ。


というわけで、笑って叶えたいハッピーを語るのです。

今日はひとまず、
前々から堪能したかったアフタヌーンティーを満喫してきた私だったのでした。





いい夢を。

伊藤裕子でした♡



■ お悩み解決個人セッション ■

■ 資格取得とセルフケア ■


■ お申込み・お問合せ ■

◆ 電話:044-322-0500
メールフォーム
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご紹介動画