幸せのカケラ~自信がもてる!自分を好きになって自分らしく自立する方法

1700名以上の人と向き合ってきたカラーセラピスト&コーチ。
がんばっても成果の出ない、自分を好きになりたいあなたへ。

気づいたら自分が好きになる

自信をもちたい、自分を変えたい、自立したい…

90%以上の人が
気づいたら自分を好きになっているセッション&講座を お届けしています。

自信がついて、
経済的にも精神的にも自立できるようになりたいあなたへ。

http://www.color-saion.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

近づいたり引いてみたり…立ち位置を変えてみる。

2017-05-13 10:48:22 | 部分と全体
おはようございます。
伊藤裕子です。


水・木と、作ったカレーを食べたのに
昨日ランチに行った先のカフェでまたもカレーを選択した私。


 私ってそんなにカレーが好きだったかな?


なんて不思議に思ったり。
カレーといえば、うちの弟だったんだけどな〜(笑)

でも考えてみれば、
食べているのはどれもいわゆるルーカレーではないな…
(※ここでは『ルーカレー=スーパーなどに売ってるカレールーから作るカレー』ね)

インドとか ネパールとか バングラディシュとか
あっち系の本格カレーが私は好き♡


  


さて、今日は《部分と全体》のおはなし。


私がZUMBAに出会ったのは2年前。

ZUMBAとは
ラテンの音楽に合わせて踊るフィットネス・プログラムです。

それまでスポーツクラブには縁遠かった私。

慣れないジャージとシューズを買って
一歩を踏み出したのが、川崎市のスポーツ施設でした。


そこで出会った2人のインストラクターのZUMBA。

おもしろくて夢中になったのですが、半年間の施設修繕…!

そこで、
いろいろなスポーツクラブの体験に顔を出すことにしました。

何人ものインストラクターのZUMBAに触れてみる。

そうすることにより、
だんだんZUMBAの全体像が見えるようになってきたのです。



今、その施設でZUMBAを担当しているインストラクターは3人。

 ・有酸素運動系ZUMBA

 ・筋トレを意識した上でダンスするZUMBA

 ・体のコア&インナーマッスルが鍛えられるZUMBA

と、個性がそれぞれ。
でもどれもZUMBAです。


もしも私が、たったひとりのインストラクターのZUMBAしか知らなかったら

 「ZUMBAとはこういうもの」

という自分の中の定義が違っていた(偏っていた)だろうな〜。


でも何人ものインストラクターに触れたおかげで

 「これがZUMBA、これはこの先生の個性」

というのが見えるようになりました。


これ、どんなことにも当てはまりますよね。


  


物事は、ひとつの方向からしか見ないまま
渦中に入ってしまうと
とても狭い《部分》しか見えてきません。

《部分》しか見えていない時、
その《部分》が自分にしっくりくれば「楽しく」過ごすことは可能です。

でもその《部分》がしっくりこなかったら…
違和感とともに、人はその世界から去ってしまう。

そのものの本質に気づけないまま。


そう、

 《部分》しか見ていないとき、そのものの本質には届いていないのです。


そんなときは、大きく引いて見てみることがオススメです。


 絵画だったら、
 近くで見るよりキャンバス全体が見える位置から眺めてみる。

 オーケストラだったら、
 再前列ではなく、ホール中央の席で聴いてみる。


そうすることによって、
その作品・その世界を感じることができるでしょう?

それと一緒です。


 海にしか行ったことがない人がいたとします。

 その人の家庭では、
 旅行先もバーベキューも花火もキャンプもすべて海。

 だから彼女の中では『海=自然』です。

 でも海に行くと
 体中ベタベタになるし、日焼けは痛いし、砂はうっとおしいし…
 正直、全然楽しくない。
 
 だから彼女は思いました。

 「私は自然やアウトドアが嫌いなんだな〜」


 でも山に行って友だちとキャンプをしたら、
 とても楽しいかもしれません。

 湖に行ってボートに乗ったら
 「嫌いじゃないけど一度でいいや」と思うかもしれません。

 渓流に行って釣りをしたら
 めちゃくちゃハマるかもしれません。

 渓谷を歩くキャニオニングに参加したら、
 10mの高さから飛び込む体験に心踊るかもしれません。


 そうすることによって見えてくるのは

 「私は自然の中で何かをすることが嫌いなんじゃなくて
  単に海が好きじゃないだけなんだ。
  むしろ自然は好きみたい。
  だったら、海以外のところに行こう」

 そしてその後、彼女はもしかしたら
 ネイチャーガイドになってしまうかもしれないのです。




《全体》が見られるようになると

 自分が左右されていたことが《部分》的なものだったのか

 そもそもの《本質》に違和感を感じていたのか

がわかるようになります。


さて、あなたが今見ている世界は

 そのものの《部分》ですか?

 それとも《全体》ですか?


《部分》と《全体》は、両方を見続けることで、《本質》を掴むことができるのです。




立ち位置を変えると見えてくる世界がある。

伊藤裕子でした♡



■ お悩み解決個人セッション ■

■ 資格取得とセルフケア ■


■ お申込み・お問合せ ■

◆ 電話:044-322-0500
メールフォーム
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご紹介動画