幸せのカケラ~キラキラした本当の 『自分』に出会うスクール&サロン彩音

心と体のカラーセラピスト&コーチ伊藤裕子
旅行・自然・漫画・言葉・ズンバが大好き
病気のおかげで知ったことたくさん

彩音 http://www.color-saion.com/ 健康×自分らしさ=素のまま美人

  
 ぽちっとありがとうございます

個人セッションメニュー
 ・ パーソナルカラー診断
 ・ イメージ&骨格ライン分析
 ・ カラーセラピー
 ・ リュッシャーカラーテスト
 ・ コーチング

  女性の自立・心と体の健康・美と自分らしさ・パートナーとの関係
  人間関係の悩み・仕事のスキルアップ・本当にやりたいこと

個人セッション・講座・WSお申し込み・お問合せはこちらです。

☆第一章が無料体験できる!WEB講座開講中
 『色で癒されハッピーライフ!~カラーセラピー入門』

こんな生き方もある。真剣に笑って泣ける大人って素敵。

2016-06-16 18:51:31 |  ├自分らしさ
早くも約半分が経過したみたい。
100人100日プロジェクト、ミュージカル『コモンビート』。

5月末の前半通しで感情の蓋が開いて以来、心が震え続けているのか、練習のたびに泣いております(^◇^;)

昨年初めて舞台を見て
「このクオリティ、本当に素人?!」
と思ったわけですが、シーンを作り込んでいってわかる…


なるほど。
ここまで作り込んでいくから、時にかなりシンドイ思いをして自分の感情と向き合っていくから、届くのか。

後半の冒頭シーン・戦争。
シーン練習に入る前の導入だけで2時間。
合宿初日、泣きに泣いて。
今もそのシーンになると、体の奥底からあの時の感覚が沸き起こる。
涙が止まらない。


役者さんて、本当にすごい。


心や感情、体の繊細な感覚などと向き合うお仕事をしているので、今までも様々な角度から自分の過去や経験、人間関係、感情などと向き合ってきました。
(カラーセラピーとか、コーチングとか、エネルギーワークとかいろいろね)

練習を通して体験していることは、
そのどれとも違っていて、またどれにも通じている感じがします。


初の前半通しを終えた日(感情の蓋が開いて泣いた日)、初めて私はコモンビートの世界を実際に生きている感じを味わいました。

そして後半通しを経て、その世界で生きている感覚が、より深く繊細になったような気がします。

おもしろいのは、現実世界でも同じように心や体・感情などの感覚が以前より繊細になったこと。



私は子どもの頃から集団が苦手でした。
意見や感覚の異なる人間への無意識の敵対心、排除、嫉妬…

自分の身を守るために、感情を抑圧し、大人ではなくオトナになっていったように思います。

でも
・北海道で暮らしたこと
・カラーの専門家になったこと
・コーチングを学んだこと
・多言語という世界に出会ったこと
・体を壊して長期闘病生活を経験したこと
・自然と繋がる気功や瞑想に触れたこと
などが、本来の自分と感覚を取り戻させてくれました。

そんな私の感覚が、さらに一段深く反応している気がします。
この世界に触れられる幸せを
109人の仲間と出会えた幸せを。

正直、こんなにみんなのことを好きになるとは思っていませんでした(笑)
集団も熱血も、私とは異質なものだと思っていたので。


見に来てほしい。
こんなになっている私を。

見に来てください。
私と仲間たちが創り上げていく世界を。


***************


【公演概要】

第35期東京100人100日プログラム
ミュージカル「A COMMON BEAT ~感じてほしい 共通の鼓動~」

■上演スケジュール(全3公演)
8月13日(土) 19:30 開演
8月14日(日) 13:00 開演/17:30 開演
*開場は開演の30分前です
*公演は約90分です

■会場
練馬文化センター(練馬駅 徒歩1分)
(西武池袋線、西武有楽町線、都営地下鉄大江戸線)

■チケット
全席自由 3,500円
→出演キャストからなら 3,000円なので、私に連絡ください♪


【story】
舞台で描かれる「世界」は、様々な文化や特徴を持った四つの大陸で成り立っています。
人々は互いに他の大陸の存在を知らずに、独自の文化に根ざした彩り豊かな歌や踊りを楽しんでいました。
しかしあるとき、1人が他の大陸に気がついて...

文化やバックグラウンドが違っても、私たち人間は理解し合い、共存することができるのでしょうか?
私たちをつなぐひとつの鼓動、「A COMMON BEAT」を見つけることができるのでしょうか。

------

年齢・職業・国籍など異なるバックグランドを持った100人の出演者が、100日間で創り上げます。
100人の個性輝くステージをぜひお楽しみください!


***************
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

引越しました

2016-06-15 08:39:27 | 日常いろいろ
おはようございます。
昨日、無事にお引越しが終わりました。

ただでさえも今の生活は、日常に加えて初めてのミュージカル練習&衣装作り。
(しかも2人揃って!)

そこに更に、今までにない大きな買物とお引越しが加わり、この1ヶ月に動いたエネルギーはすごかった!


山あり谷ありのエピソード満載ですが、ひとつだけ。

近所の不動産会社から理不尽な暴言を吐かれ、とある危機に陥りました。

怒鳴りつけられ、悪態をつかれ、何故いきなり怒られたのか理解できまいまま戸惑う私。

理解が追いつく前に心が悲鳴をあげ、体がボロボロ涙を流しました。
今も思い出すだけで恐怖が湧き上がり、未だに傷が癒えません。

私が悪かったのかな??と、夫や親、引越し業者さんや他の業者さんにも相談してみましたが、みんな一様に首を傾げる。

相手の機嫌が悪い時に遭遇してしまったのか、もともと難しい人だったのか。


だったらきっとこれは…



自分が何かをやらかしてしまったのなら、相応の対応をする必要がある。
でも今回はそうじゃない。
ならきっとこれは、「何とかなるから、あれは必要ない」というメッセージ。
(メッセージの届き方は激しかったけど)


そして当日。
引越し後半までドキドキでしたが、サカイの現場スタッフさんががんばってくださったおかげで、最悪の危機を回避することができました。

お世話になったみなさま、本当にありがとうございました!


一晩明けて、実感のなかった場所に「我家」という感覚を覚えている私がいます。
嬉しいな♪

お仕事は6月最終週明けから再開します!

小田急線 柿生駅南口から徒歩8分。
お待ちしています(*^^*)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【移転のお知らせ】

2016-06-02 22:00:49 | 日常いろいろ
お引越しが決まりました。

最寄り駅は百合ヶ丘から2駅町田寄りの柿生。
駅から徒歩8分の静かなところです。

今のサロン&スクールにお越しくださったことのある方はご存知の通り、環境は最高なのですが駅からの道のりがね…
ものすごい坂なんですよね。

それが!

駅からのサロンまでが平坦になります☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

平坦な道で8分!
近い!!

お引越しは6月14日。

日常にプラスして
ミュージカル&お引越し。

何だかやること盛りだくさんですが、体が対応できるようになったなぁ…としみじみ(*^^*)

疲れた時は、ちゃんと「疲れた~!」と休んでおりますので。
(過去の私をご存知の方へ・笑)

新スクール&サロンでお会い致しましょう♪
いらしてね。いらしてね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

似合う色に対する自分軸の作り方 ~ パーソナルカラー12分類や16分類の前に基本の4シーズン分類

2016-06-02 21:30:00 | パーソナルカラー

お買い物に行って、明らかに似合っていないのに
店員さんに
 「似合います~♪」
と言われて
 なんだかなぁ…
と思った経験はありますか?

似合っているのだけれど、自分が見慣れないから感じる違和感なら
主観や好み、または心理的な部分による可能性があります。

でも、明らかに似合っていないものに対して言われる「似合う」は
首を傾げてしまう。

ただ、首を傾げても、自分の中に確固たる軸がないと

 自分がわかっていないだけなのかなぁ…
 店員さんはプロだしなぁ…

と、揺れますよね。

今回はそんな、【似合う色に対する自分軸の作り方の基本】のお話。



【N様】 30代・女性・アパレル
《 パーソナルカラー診断を受けたきっかけ 》
  自分の好きなものを着てればいいじゃないと思っていました。
  一方で、こっちの方が似合うのに…と思うこともあって。
  でも私の意見は感覚的なものなので、理論に当てはめて言いにくい。
  たまにお客さまが診断シート(?)を持ってお買い物にいらっしゃるので
  受けてみようと思いました。

《 受けてみての体験・感想 》
  色による分類の、この視点は今までまったくありませんでした。

  素材やデザイン、流行やコーディネートに関するアドバイスは
  自分の中でも確固たるものがあってお伝えしていたけれど
  色に関する知識がめちゃくちゃ自己流でした。

  正直、「そんな診断なんか…」と思っていた自分がいたのですが
  目からウロコでした…。

  何というか、衝撃。

  伊藤さんとお話していると
  押し付けられてる感がまったくないまま
  パラパラと思い込んでいたものが剥がれていく感じがしました。

  診断後、接客時の自分の感覚がなんとなく変わってきた気がしています。
  ファッションやメイクの基本はいろいろあるけれど
  この理論はもっと早く知りたかった!



ファッションやメイクの基本や理論は様々あります。
そんな中で、押さえておくとお得なのがパーソナルカラー理論。

12分類や16分類など、様々ありますが
それらの基本となっているのは4シーズン分類です。


前回の記事で、イエローベースとブルーベースのお話をしました。

自然界にあるような黄みがかった色がイエローベース。

パーソナルカラー診断では、それぞれ
【春タイプ(スプリング)】【秋タイプ(オータム)】
と言われています。

また青みがかって人工的でクールな印象の色がブルーベース。

パーソナルカラー診断では、それぞれ
【夏タイプ(サマー)】【冬タイプ(ウィンター)】
と呼ばれています。


春・秋は【イエローベース】、夏・冬は【ブルーベース】という
共通項がありますが、実はそれだけではありません。

春・夏は【ソフトタイプ】といって明るい色・淡い色のグループ
秋・冬は【ハードタイプ】で落ち着いた色味を得意とするグループ。

春・冬は【濁りのなさ(清色)】、夏・秋は【濁色が得意】という
共通点も、それぞれ持っています。


わかりやすくそれぞれの特徴をまとめると…
《春タイプ》

春のお花畑のように明るくキラキラした色や
パステルカラーが似合う

《秋タイプ》

秋の紅葉のように深みと落ち着きのある色や
アースカラー・スパイスカラーが似合う

《夏タイプ》

紫陽花の花のような色や
夏の朝もやのような穏やかなスモーキーパステルが似合う

《冬タイプ》

冬の夜空のようなダークな色、
ネオンのように鮮やかな色、アイシーカラーが似合う


このように色を大きく4つのグループにわけていくわけです。
そして人は必ず、どこかのグループに属している…
それを見つけていくのが似合う色の診断・パーソナルカラー診断です。

中には「ミックスタイプ」といって、混ざったタイプの方もいらっしゃいます。
それが12分類や16分類と言われる診断方法です。
たとえば「夏まじりの春タイプ」というように。

これの面白いところは
「夏まじりの春タイプ」「春まじりの夏タイプ」は全然違うということ。
つまりベースがどちらなのかによって、
似ていてもその方の活かし方は変わってくるということです。


自分がどんなタイプなのか、それがわかるということは
似合う色に対する自分軸ができるということ。

軸ができると、お買物も毎日のコーディネートにも
自信がもてるようになります。
何より鏡を見たり、人に会ったりするのが楽しくなる!

自分が自分でいるために、自分の軸を作ってみてね。




【お申し込み・お問い合わせ】
 ◇ 電話:044-322-0500
 ◇ メールフォーム(パソコンの方)
   メールフォーム(スマホの方)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

似合う色がない気がする? イエローベースとブルーベース

2016-06-01 22:33:15 | パーソナルカラー

「似合う色」の話が話題に出ると
まだまだ多くの方が誤解されているんだなぁと感じることが多々あります。

それは
 似合う色 → 赤
 似合わない色 → 青

たとえばこんな風に診断されるのだろうと思われていること。
でも、そういうことではないのです。

今回はこの方の体験談。


【T様】 20代・女性・会社員
《 パーソナルカラー診断を受けたきっかけ 》
  友人に「ピンクが似合う」と言われて以来
  よくピンクを着るようになりました。
  今まであまり着ていなかった色なので、けっこう楽しんでいたのですが
  ある日先輩に「その服似合わないね」と言われて大ショック!

  似合うと言われたり、似合わないと言われたり。
  私にピンクは本当に似合うのでしょうか?

《 受けてみての体験・感想 》
  トマトの赤とラズベリーの赤が違うなんて、考えたこともありませんでした。
  (言われてみたらその通りなのですが)

  「赤は赤でも、どんな赤が似合うのか」
   (トマトなのか、ラズベリーなのか、茜色なのか、赤ワインなのか)
  「緑は緑でも、どんな緑が似合うのか」
   (若葉色なのか、カーキっぽいのか、ミントグリーンなのか、アイスグリーンなのか)
  「そうやって全色見ていくので、着られない色みがなくなるんです」
  という説明は、まさに目からウロコでした。

  私の診断結果は春タイプ。
  家に帰ってクローゼットを開けてみると
  ピンクはピンクでも、いろいろなシーズンのピンクが入り混じっていました。

  おもしろいことに、けっこう気に入ってよく着ていたピンクの服は
  春タイプのピンクでした!
  無意識に似合うと思っていたのかな?

  そして問題の、「似合わない」と言われたピンクは…
  冬タイプのショッキングピンクでした。

  診断から数ヶ月経って、まだ捨てていなかった
  ショッキングピンクのタートルネックのニットを着て鏡の前に立ってみたら、
  あまりの顔色の悪さに愕然としました…!

  私、この顔で会社に行ってたのか…
  そりゃ先輩も「似合わない」と言うわけだわ…

  と納得^^;

  伊藤さんが仰ったように、人の目ってだんだん肥えてくるんですね。
  前よりも「似合う・似合わない」がわかるようになってきました!

  楽しいです。
  ありがとうございました!



人の目は1000万色の色を見分けることができると言われています。

パーソナルカラー診断は、色を4つのグループにわけて診断していくので
単純に考えて、1/4の250万色は似合う色があるという計算。

なのに
 「どの色も似合わない」
 「似合う色がない」
と思ってしまう。

それは苦手色のグループの中で必死に選ぼうとしているからです。

色の見分け方やグループ、そして自分のタイプがわかっていないというのは
基準がないということ。
だからわからなくなってしまう。

同じ「赤」というカテゴリーの色みであっても
そこに一滴 黄色が入るか、それとも青が入るかで
色みに変化が起こります。


この黄色みがかったトマトの赤が【イエローベース】


青みがかったラズベリーの赤が【ブルーベース】

パーソナルカラーの基本です。

その中でさらに
 清色が得意・濁色が得意 とか
 ソフトなタイプ・ハードなタイプ
と色を分類してグループ化されているのがパーソナルカラー。

ということで、
「赤は赤でも、どんな赤が似合うのか」
「青は青でも、どんな青が似合うのか」
を見つけていくのがこの【似合う色の診断】です。


さて、お気づきになられたでしょうか?

 「モノトーンしか似合わない」ということはあり得ない!

ということを。


次は実際に4分類して見ていきますね。



【お申し込み・お問い合わせ】
 ◇ 電話:044-322-0500
 ◇ メールフォーム(パソコンの方)
   メールフォーム(スマホの方)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

似合う色と好きな色は違う?

2016-05-29 12:00:00 | パーソナルカラー

パーソナルカラー(似合う色の診断)に興味はありました。
でも足を運ぶのに躊躇いがあった…

それは、自分の好きな色と似合う色が違ったら嫌だと思ったから。

今日はそんな方のお話です。


【【N様】 30代・女性・公務員
《 パーソナルカラー診断を受けたきっかけ 》
  昔からパーソナルカラーのことは耳にしていたのですが
  好きな色と似合う色が違ったら嫌だと思い、
  自分には関係ないと忘れていました。

  でもある日を境に、友人のファッションやメイクが変わり、
  すごくいい感じになったんです。
  最初は新たな恋でもしてるのかと思ったのですが、
  彼女には長年付き合ってる彼氏がいるのを思い出して(笑)
  こちらにお世話になったと聞いて、私もお願いすることにしました。

《 受けてみての体験・感想 》
  まず、今までの私に説教したい!
  何故もっと早く診断をお願いしなかったのかと!!

  伊藤さんの

  「自分の魅力を引き出して輝かせてくれる色を知った上で
   好きな色と組み合わせて自分らしさを表現すればいい」

  という言葉と聞いて、その通りだな~と思いました。

  似合う色が、今まで選んでいた色と真逆のタイプだったので
  何だか逆に安心したというか、妙な納得感がありました。

  ここに自分の好きな色をプラスしていけば…ということですよね。

  でもなんか、受けているうちに
  今までのこだわりも解けていったような気がします。

  鏡の中で新たに見つけた自分をもっと楽しみたい。

  とはいえ、すぐに今までの服を総取り替えはできないので
  アドバイスいただいたキャミソールやストールなどの小物系から取り入れて
  自分好みの服とうまく組み合わせていこうと思います。

  診断するまでバーゲンに行くのを我慢してよかった!!




似合う色と好きな色。
一致する方もいらっしゃいますが、違う方もいらっしゃるでしょう。

パーソナルカラーは、
「似合う色を身につけなければならない」という押し付けではありません。

「似合う色」を知っていることの強みは、
誤解を生じさせずに、自分の良さを伝える術を持っているということです。


はじめてのデート
大事なプレゼン
就職や転職活動
久しぶりのクラス会
家族や友人の結婚式
自分が主役の結婚式
スーツやコートなど大きな買物をする時 etc...

あなたが勝負をしたい時に、
自分の魅力の伝え方・自分の活かし方を知っているのと知らないのとでは全然違う。

「似合う色の洋服やメイク」が
「本当の自分」「ありのままの自分の魅力」を引き出すのなら
「好きな色の洋服やメイク」は
「なりたい自分」「理想の自分」の表れかもしれません。

ふたつをうまく組み合わせたときに自分らしさが出てくるのだと、
診断後に足を運んでくださったお客様たちの姿を拝見して思います。


そして…うん、そうね。
バーゲンに行く予定なら、確かに診断はその前がオススメですね^^


さて、次の記事はこんな方に。
 「私には似合う色がないのではないか…
  モノトーンしか着られない気がするんだけど」




【お申し込み・お問い合わせ】
 ◇ 電話:044-322-0500
 ◇ メールフォーム(パソコンの方)
   メールフォーム(スマホの方)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

似合うとは?~似合うとは何か。パーソナルカラーの基本

2016-05-28 12:00:00 | パーソナルカラー

人の第一印象は6秒で決まると言われています。

6秒。
「はじめまして。◯◯の△△△△です。よろしくお願いいたします」
ぺこり。

たったこれだけの間に、私たちはお互いに
相手に印象を与えているということです。

しかもそのうちの87%が視覚情報。
9割です。

こんな悩みをもつ女性がいらっしゃいました。


【H様】 20代・女性・会社員
《 悩み 》
  ぼんやりしていると、不機嫌だと勘違いされる。
  学生時代、すごく楽しかったキャンプの帰り道で
  友人に「何 怒ってるの?」と言われてすごくショックだった経験が。

《パーソナルカラーを受けてみると… 》
  あんなに明るいパステルカラーが似合うなんて
  思ってもみませんでした。

  学生時代は特に、かっこいい系・ハード系が似合う大人に憧れていたので  
  完全に目指していた方向が逆でした。

  暗い色や濁った色を首元に当てた時の、あの顔色の悪さ!
  我ながらギョッとしました。

  あれじゃあ、友人にも怒ってると勘違いされるなぁ…

  イエローベースのパステルカラーを身につけるようになったら
  「ふわふわなイメージだよね」と言われるようになって。

  今まで言われたことがなかったので
  びっくり&くすぐったくて嬉しかったです!

  できれば結婚式前に知りたかった・笑




似合うとは何か。

簡単にいうと
 ・肌の色と質感
 ・瞳の色と印象とコントラスト
 ・髪の毛の色と質感と量
これらの要素と、着ている洋服・メイク・アクセサリーなどが
【調和】している状態のことをいいます。

似合う色を身につけるとどんなことを起こるのかというと
 ・顔色がよく見える
 ・肌が艶やかで明るく見える
 ・瞳がキラキラして見える
 ・輪郭がすっきりシャープに見える
という外見的に嬉しい要素もあれば

 ・鏡を見るのが楽しくなる
 ・人に会うのが楽しくなる
 ・自信がつく
と、内面に作用することもあります。

さらに
 ・買物での失敗がなくなる
 ・買物時間が短縮できる
 ・クローゼットの整理がしやすくなる
  (タンスの肥やしがなくなる)
 ・安い服もかっこよく着こなせるようになる
という嬉しい特典も。


おかげさまで私自身も、この仕事に就く前と今とでは
ファッションやメイクが全然違います。

もちろん、今の自分の方が断然素敵だと言い切れる!


でも…
 「似合う色と好きな色は違うんでしょ?
  私、赤が着たいんだけど、着られなくなったら嫌だな…」
そんな不安がおありですか?

では次の記事で、そのお悩みを解消していきますね。




【お申し込み・お問い合わせ】
 ◇ 電話:044-322-0500
 ◇ メールフォーム(パソコンの方)
   メールフォーム(スマホの方)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

似合う色がわからない。それは似合わない色ばかりを選んでいるからかも。

2016-05-27 23:36:28 | パーソナルカラー

最近、自分の気持ちや毎日の過ごし方に変化が起きてきています。

新たな出会いが増える中で思うのは
私が提供しているお仕事は、まだまだ誤解されていることが多く
きちんと伝わっていないのだなということ。

もちろん、私からだけではなく
他からの情報によって混乱や誤解が生じていることもあります。
でも私がお伝えすることによって何かが変わるなら、その方が嬉しい。

というわけで、しばらくシリーズでお届けしようと思います。
第一弾は、パーソナルカラーに関するおはなし。


 * * *


似合う色がわからない。
昔着ていた服が似合わなくなった気がする。
何を基準に選んだらいいのかわからない。

 自分のことなのに!!

とお思いになるかもしれません。

でも実は、
 自分のことって意外と知らないもの。

この仕事に就き、たくさんのお客様とお会いするようになって
私も気づきました。

たとえばこんな体験談。


【 A様】 40代・女性・会社員
《 パーソナルカラー診断を受けたきっかけ 》
  最近、何を着ても似合わない気がする。
  似合う色がよくわからない。

《 受けてみての体験・感想 》
  今まで自分には絶対似合わない、ありえないと思っていた色が
  実は一番似合うのだとわかり、衝撃でした。

  何を着ても似合わない気がしていたのだけれど、当たり前だ~…
  今まで自分で選んでいた色は、全部私には似合わないグループの色だったから。

  白・黒・グレー・紺…
  どれも、無難で誰でも着こなせる色だと思っていたから
  大人だし、間違いないだろうと思っていたのに。

  アドバイスを受けるだけでなく、
  実際に鏡越しに自分の目で見て実感させていただけたので納得でした。

  クローゼットの中が8割苦手色だったけれど^^;
  ちょうど断捨離しようと思っていた時期だったので
  手放す基準ができて助かりました!

  今まで手にしたことのなかった似合う色の服を着るようになったら
  同僚の反応がすごい!!

  今まで自分には絶対に似合わないと思い込んでいた色たちだったから
  最初は冒険だったけれど、まわりの反応も自分の顔色も明らかにいいので
  ワクワクしています。



こういう方、実はとっても多いです。

「無難だと思って似合わない色ばかりを選んでいる」ことと
「もっとも避けている色が実は自分のベストカラーだった」
というダブルコンボ。

とてももったいないのだけどね。

「自分に似合う色を知らない」と、
こういうことが起こっても不思議ではありません。

さて、では似合うって何でしょうね?
次の記事でお会いいたしましょう。




【お申し込み・お問い合わせ】
 ◇ 電話:044-322-0500
 ◇ メールフォーム(パソコンの方)
   メールフォーム(スマホの方)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

必要なものは向こうからやってくる

2016-05-26 16:00:53 |  ├ココロとカラダ、美と健康

とってもいいお天気!
空の青さや木々の緑の色味が変わってきましたね。

家で作業をしていたら突然ピンポーン♪
心当たりのないまま、2階の窓から玄関口を見下ろしてみると…


 「りんご屋さんなんですけど…」


青森の、減農薬りんごで作ったジュースやりんご酢の移動販売でした。(ムカイ林檎店

ピンときて、すぐさま外へ。

あんまりこういうお客さんはいないのかな?
大喜びで、丁寧に説明してくださいました。


りんごは育てるのが難しいといいます。
木村秋則さんの奇跡のリンゴを読んで以来、
前にも増してリンゴに愛を感じるようになりました。




りんごジュースと、蜂蜜入りりんご酢を購入。


これからどんどん暑くなるし
仕事・ミュージカル・衣装制作・点訳・お引越し(後日お知らせします~!)と
やること盛りだくさんだし
体が、優しいものをたっぷり欲しがっているし
クタクタの主人の疲れを癒してあげたいし…

で、必要なものが向こうからやってきてくれました。
ありがとう~♪


ああ、毎日気持ちいい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女度を上げる美肌の作り方

2016-05-26 00:11:31 |  ├ココロとカラダ、美と健康
アンチエイジングという言葉が一般的になったのはここ数年。
昔から若く見られたい女性は多いけれど

若く見える=幼いから

ならいただけないなぁと思うようになったここ数年。
でも

若く見える=肌がきれいだから

だったら、ものすごく嬉しい。
これはご理解くださる女性が多いのではないかしら?


以前、友人が

「あの人、一見若く見えるけど、肌や首のあたりを見るとそれなりに…」

と話していたのが印象的でした。


同年代や年上の方に「肌きれいね」と言われるのは嬉しい。

さらに最近嬉しいものだなぁと感じたのは、年下の女の子達からの言葉たち。

私の年齢を聞いた27歳の女の子から
「えっ?!本当に?? 40とは思えない美肌感…」

ススッと隣りにやってきた26歳の女の子から
「ね、何でそんなに肌きれいなの?」

どちらも言われてキュンキュンしました♡



さて、美肌はどうやって作られるのでしょう?

肌のこととなると、多くの人の意識が行きがちなのが化粧品。

高級なものがいいんじゃないか

○○が配合されているのがいいんじゃないか

なんてね。

でも経験を通して思うのは
「○○が入っている」のがウリの化粧品より
「余計なもの(化合物とか、動物実験が必要な成分)が入っていない」のがウリの化粧品の方が、
肌本来の力を引き出してみずみずしくしてくれるということ。

知っている人の間では当たり前のこと。
でも一歩外に出ると、まだまだ知られていないことだなぁと思うわけです。


もちろん他にもね。

・ストレスを溜めない
・酵素たっぷりの食事を摂る
・添加物を摂らない
・いい睡眠
・適度な運動
・いいお水を飲む
・深い呼吸
・ゆっくり自分と向き合う時間をとる
・余計なものを手放す
・心や体、人間関係のデトックスをする

など、美肌の味方はいろいろあるけどね。
一気に書くとわけがわからなくなるので、今日は化粧品にフォーカス。

鉱物性のものや化合物がごちゃごちゃ入った高ーい化粧品を使うなら
むしろ石鹸で顔を洗って何もつけない方がいい。

お肌って、実はそういうもの。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加