幸せのカケラ~仕事も恋愛も素の笑顔で自分スタイル♡伊藤裕子(いとうひろこ)

愛も美も仕事もお金も健康もみんな味方♪
笑顔でナチュラル・ラブ・ライフ♡
素肌・素足・素顔・素直…素で生きるって素敵

仕事も恋愛も素の笑顔で自分スタイルをデザイン♡

素肌・素足・素顔・素直・素っぴん・・・素の自分で生きるって素敵です。

自分のこと・家族のこと・夫婦って・結婚や離婚
仕事・健康・美・愛・お金・自分らしさ・人間関係…

愛も美も、仕事もお金も健康も、
みんな味方につけて素直に生きる幸せな暮らしを。
http://www.color-saion.com/(カラーセラピスト養成講座)
http://www.color-saion.net/(パーソナルカラー診断)

浄化作用が起こってる〜神様仏様とマインドフルネス〜

2017-02-23 16:14:06 |  ├体と健康のはなし
こんにちは。
伊藤裕子です。


奈良&伊勢から戻り、朝のルーティンが濃いものになりました。

神棚の神様にごあいさつ
   二礼二拍手一礼ではなく、二拝二拍手一拝に。


伊勢神宮のご挨拶とされている《拝》は、
ぺこりと頭をさげるのではなく、腰から90度に頭を下げて1、2、3。

日本人の総氏神さまである天照大御神。

毎年初詣に行く人は多いけれど
正式なご挨拶の仕方を学ぶ機会って、あんまりない。

ご挨拶の仕方を変えると、体の感覚も変わるな〜と感じています。





薬師如来様にごあいさつ
   東方浄瑠璃浄土に向かって 薬師如来の真言を。


以前から、私が惹かれて訪れるお寺のご本尊はどこも薬師如来。

病気をして、心と体のつながりを(知識ではなく体験を通して)知って
守っていただいていることと、私が伝えられることがあると改めて気づかされて。

神様や仏様に手を合わせて感謝を伝えることの大切さを感じています。





今、
マインドフルネスという言葉がだんだんメジャーなものになり
瞑想を取り入れる企業が増えてきました。

心と体と魂はすべてつながっており
健康や生き方、思考や感情のコントロールから人間関係まで
広く影響を及ぼしています。


私には、長くかかった闘病体験や
その後の心と体の動き、健康と人間関係と自分らしく生きることなど
シェアできることがたくさんある!

もっと広く活動していこう

そんな風に思う、今日この頃♡


  


さて、今週に入って
偏頭痛からはじまり、肩甲骨〜頭にものすごい激痛が


 何だ? 何だ?!


あまりにも痛くて何もできず
ひまし油湿布をしたり、お灸をしたり、瞑想をしたり、マッサージをしたり。


 「痛いよ〜」


と訴えたら、母がひとこと。


 「浄化作用が起きてるんじゃない?」


ああ〜…なるほど。


痛いのは嫌だけど、デトックスなら仕方ない。
心と体をケアしよう。



いらないものは手放そう。

伊藤裕子でした♡



■ お悩み解決個人セッション ■

■ 資格取得とセルフケア ■


■ お申込み・お問合せ ■

◆ 電話:044-322-0500
メールフォーム
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハッピーを引き寄せる

2017-02-19 23:23:55 | ハッピーを引き寄せる
こんばんは。
伊藤裕子です。


TC本部・SAIKO先生のセッションを受けに行ったら、
「お誕生日だったんでしょ?」とプレゼントをいただいてしまいました



本当に、幸せに包まれて生かしていただいているな〜と思います。
ありがとうございます♡

お世話になりっぱなしの先生からプレゼントをいただいて


 私は先生に、何かをお返しできたことがあるのだろうか…?


なんて考えました。
そしてふと思い出したのは、セッションの中でやったワーク。


 私は受講してくださるみなさんから、たくさんのものをいただいてるなぁ…


そう思うと、あのSAIKO先生が


 「伊藤さんからは何にも返ってこないわ〜」


なんて思うわけがなく。
むしろそんなことを考えるのは失礼だわ…と思い至ったのでした


  


私はちょくちょく、いろいろな方から贈り物をいただきます。

初対面のお客さまからお土産をいただいたり
受講生の方からプレゼントをいただいたり
友人・知人から贈り物をもらったり。

そして、
家族からもたくさんのものをもらって。


ものすごーく満たされている



だがしかし!
私は、こんな風に思っていたことがありました。


 「でも、◯◯がうまくいかない!!」


私たちの世界は最初から、すべてが完璧な姿で完成しています。


なのにどうして、
私はこんな風に思ってしまっていたのか。


それは…



何かに悩んでいるとき
人は欠けた部分にばかり目を向けてしまいがち。


 「このドーナッツ、どうして欠けているのっ?!」


って。


他の《ある》部分には目もくれず、《ない》部分ばかりを見てしまう。

おいしいドーナッツも、ない部分しか見なければ
どんな味かすらわかりません。

《ない》にフォーカスすると、
私たちの潜在意識は《ない》状態を作り出すのです。

99の《ある》を見ずに、たった1の《ない》を見る。

それが不幸の引き金です。


 ひとくち食べただけで、幸せが今ここにあることを感じられるのに!


どうしたらいいんだろう…?


カンタンです。
あるものを食べたらいいのよ。


《ない》視点を《ある》視点に変えると、それだけで世界は変化します。


 笑顔で幸せを感じている人のところには、幸せがやってきやすい♡


だってあなたも

 「来ていいよ」

 「どうぞ」

って言ってくれている人のところに、行きたいでしょ?

 「なんだよ」

って言っている人のところには行きたくないでしょ?

それと同じ。


というわけで、笑って叶えたいハッピーを語るのです。

今日はひとまず、
前々から堪能したかったアフタヌーンティーを満喫してきた私だったのでした。





いい夢を。

伊藤裕子でした♡



■ お悩み解決個人セッション ■

■ 資格取得とセルフケア ■


■ お申込み・お問合せ ■

◆ 電話:044-322-0500
メールフォーム
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お誕生日でした♪

2017-02-17 22:44:01 |  ├夫婦のはなし
41歳になりました♡
コメントやメッセージくださった方、ありがとうございます!
嬉しかった〜(≧∀≦)

こんばんは。
伊藤裕子です。


人生において、主人と過ごしている期間の方が長くなりました。

山も谷もそれなりに…
いや、結構…
かなり?あったけど(笑)、

「いつが一番仲良し?」

と聞かれたら、迷わず

「今!」

と答えられます。
幸せ♡


これからもよろしくお願い致します。





世界に感謝。

伊藤裕子でした♡



■ お悩み解決個人セッション ■

■ 資格取得とセルフケア ■


■ お申込み・お問合せ ■

◆ 電話:044-322-0500
メールフォーム
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

答えは子どもたちが知っている

2017-02-16 17:24:31 | 自分スタイルをデザイン
こんにちは。
伊藤裕子です。


奈良・伊勢から帰ってきて、
昨日は1日ぐったりゴロゴロしていました。

それが許される環境に感謝。
それができるようになった自分を撫でてあげたい。

そして何より
そんな私を受け入れてくれている主人に感謝です♡


  


「何かをしていないといけないんじゃないか」

「みんな働いているのに、休むなんて許されないんじゃないか」

そんな罪悪感を感じて
人は勝手に自分にプレッシャーを与えます。

休みなくたくさん働く人がエライとか
「お休み=怠慢、サボり」だと思ってしまうとか
そういう気持ちがインプットされている人は多いみたい。

かくいう私もそうでした。


でも、
それは全部、神話(ファンタジー)です。


確かに、そんな時代もありました。
そう言われたことがある人もいらっしゃると思います。


でも、

 それだと苦しくない?

 違和感を感じない?


努力・忍耐・根性ではもうどうにもならないことに
気づき始めた人が多いから、こんなに

 「自分らしく生きたらいいのよ」

と言う人が増えたのではないでしょうか。





 魂は、生まれながらに完璧

なのだと言われています。
つまり

 人は、生まれながらに完璧

だということ。

 悩みや引っかかりは、青空に浮かんでいる雲ようなもの


初めてこれを聞いたのは、
何だかよくわからないことでグルグル悩んでいた時期でした。

 そうなんだ〜

と思いつつ、

 でも…

とまたグルグルに入っていくのが私たち(笑)

そんなときは、
何も考えないで体が求めるままに一歩を踏み出すことをオススメします♡


  


赤ちゃんは寝るのが仕事。

子どもは遊ぶのが仕事。

じゃあ大人は…?

赤ちゃんと子どもの、子どもと大人の境目って、どこ?


子どもたちの行動に、私たち大人が求める答えがたくさん、隠されているのよ




今でもあなたは子どもの才能を持っている。

伊藤裕子でした♡



■ お悩み解決個人セッション ■

■ 資格取得とセルフケア ■


■ お申込み・お問合せ ■

◆ 電話:044-322-0500
メールフォーム
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

脳が喜ぶのは、新しいこととの遭遇〜伊勢神宮ふたたび〜

2017-02-14 20:03:13 |  ├旅のはなし
こんばんは。
伊藤裕子です。


ただいま新幹線。
とても長く充実した4日間でした♡

脳は新しいことをすると時間が長く感じるといいます。

ということは…
最高の時間を過ごしてきたということね



今日も伊勢神宮三昧!
月夜見宮、外宮、内宮、倭姫宮へ。

昨日はガイドさんに外宮・内宮を案内していただいたので
今日はゆったり味わいながらもう一度参拝♡



こちらは月夜見宮。
外宮の別宮です。



伊勢の式年遷宮は20年ですが、本当に何もない年はたったの1年。
あとの19年はずっと、125社の遷宮を行っているそうです。

20年に一度の遷宮は宮大工や船大工の技法をはじめ
さまざまな日本文化を守ることにもつながっているのだそう。

内宮の宇治橋は、宮大工ではなく船大工の技法で作られているんですって!

すごい
ちなみにこれが、宇治橋。




昔、旅行が始まった途端、

 旅の終わりまでのカウントダウンが始まる

という不可解なことが私の中で起こっていました。
旅行に行くまではすごく楽しみなのに。

変だとは思いつつ、どうしたらいいのかわからなくて。
楽しいのに、何かに追い立てられるような感覚が悲しかった。


「今を楽しむ」ことが、ヘタだったのだと思います。


でも今は、それが全然なくなりました。
嬉しい♡


  


人は光の面と闇の面を持っています。

そして、実は
光の面にフォーカスし続ける方が、苦手な人が多いの。


憧れはするけれど、受け取りきれない。

だから

変わりたいと思い、光に憧れる一方で
闇の面を見て今と同じ場所にいつづける方が
楽だし安全なような気がするのです。

多少嫌だなと思っても、死ぬわけじゃないからね。


 「いつまでも変わらないな〜」

と思う人は、もしかしたら
自分がフォーカスしているのが闇の部分なのかもしれません。


しかも自分では、
闇にフォーカスしていることにはなかなか気づかない。


例えば私の、カウントダウン旅行のように。


そんな方は、私に会いに来てね。


  


さてさて
今日はバレンタイン。

伊勢のチョコレート専門店《ダンデライオン》にて
2種のホットチョコレート。
(紙袋の中は2種のチョコレートケーキです♡)





ハッピー2月14日。

伊藤裕子でした♡



■ お悩み解決個人セッション ■

■ 資格取得とセルフケア ■


■ お申込み・お問合せ ■

◆ 電話:044-322-0500
メールフォーム
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

個人のアイデンティティと日本の歴史〜伊勢神宮〜

2017-02-13 23:15:03 |  ├旅のはなし
こんばんは。
伊藤裕子です。


伊勢に来ています♡



…と言って、
ここの写真を一番にUPする人ってあんまりいないかな(笑)

こちらは月讀宮。
内宮の別宮です。

私も主人も神社やお寺、古都が大好き。
今日は外宮・月讀宮・内宮へ。


  


京都・奈良のお寺を巡ったり
熊野・出雲・伊勢で神社を詣でたり

誰でもカンタンにできる現代。


でも数百年、数千年前の人たちは
何日も何日もかけて、徒歩でお参りをしていました。

それを思うと
その土地のことや史実、礼儀や文化を知らずに回るのは
恥ずかしいし、とても失礼なことだな〜と感じます。


日本の歴史や創世神話はやっぱり知っていたい。

仏教や神道などは、
知れば知るほど、学べば学ぶほど
今の私たちの心に響くメッセージがたくさん込められています。

それを知らないって、もったいないことだな〜って。



歴史は、ただただ時代を追って学んでも
あんまりおもしろくありません。

それよりは、ひとつのテーマを追って学んだ方がおもしろいし
そこに生きている人間の姿が見えます。


たとえば私だったら、
カラーセラピスト養成講座の中で歴史を伝えています。

カラーセラピーに関わる歴史を学んでいくの。

そこには人間がかかった病気の原因と変化に関する時代背景、
そして医学や心理学の発達が関係してきます。

すると自然に世界の流れがわかるというわけ。

年号とできごとを暗記する歴史の勉強とは
ひと味もふた味も違っておもしろい♡



写真は内宮の五十鈴川御手洗場


日本を知ることは
自分の背景にあるものを知るということです。

それは自分とはどんな人間であるかを知ることにも繋がってね。

自分のアイデンティティを確立しているものは
把握している知識の外側に
幾重にも重なって存在しているのです。


「知っているつもり」の人は多い。
でも本当は私たちって、

 意外と自分のことは知らないのよね。


改めて、
古事記や日本書記をきちんと読みたいと思ったお伊勢参りでした。



自分を知らなきゃ、語れない。

伊藤裕子でした♡



■ お悩み解決個人セッション ■

■ 資格取得とセルフケア ■


■ お申込み・お問合せ ■

◆ 電話:044-322-0500
メールフォーム
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幸せは今を生きたらここにある〜薬師寺〜

2017-02-13 00:17:16 | ハッピーを引き寄せる
こんばんは。
伊藤裕子です。


中学時代、修学旅行先はどこでしたか?
私は京都・奈良。

そして
もっとも印象的だったのが、奈良の薬師寺でした。



お坊さんの法話があったのは薬師寺だけ。

東方浄土と西方浄土のお話がとてもとても楽しくて、
14歳の胸はワクワクでいっぱいになりました。

 もっと聞きたい!

 もう一度聞きたい!!

その瞬間から、私はずっと薬師寺の(僧侶の)虜です。


  


10年後、初めての一人旅。
1泊2日の旅先に選んだのは奈良でした。

旅の目玉は、もちろん薬師寺。
楽しみはとっておこう♪と2日目のメインイベントに。


ところが!!

初日の夜にまさかの嘔吐発熱。
一人旅を…薬師寺を満喫するどころか、
新幹線で急遽東京へ帰るはめになったのでした。


  


あれからさらに16年。
本日、念願の薬師寺へ。

26〜7年ぶりに法話をうかがって、
薬師寺に惹かれるもうひとつの理由の存在を知りました。




薬師寺は檀家を持たない珍しいお寺。
だからお坊さんたちは、お葬式をあげません。

死に思いを馳せる時間をもつ代わりに
ひとりひとりが《今》を大切に生きられるように
法話を行っているのだそうです。


亡き人を思い、悲しむことはとても大切です。
失った悲しみを抑え込んでは、人はおかしくなってしまうから。

だからお葬式では大泣きしていいし、
四十九日という期間が設けられているのも
ちゃんと人が悲しみ尽くせるようにという仏教の教えです。


でもそれと同じくらい、今ここに生きているあなたが大切。

だから、薬師寺は
『今ここで生きている人たち』に焦点をあて、
学びを伝えているのだそうです。


心が震えました。


だってそれは今、私が伝えていることだったから。


 今、ここ、自分。


  


金堂再建をするとき、
寄付するよと申し出てくれた企業がたくさんあったのだそうです。

心から感謝しつつ、
しかしそのすべてを薬師寺はお断りしました。

それは当時の管主・高田好胤さんの思いがあったから。


 このままでは日本は、
 ものばかりが溢れて人の心が崩落してしまう。


そこで高田管主は、
誰でもできる写経のスタイルを作り出し
世の中に伝えはじめたのです。

 すべては自分からなのだ

って。

そして、写経をした人たちの納経料だけで、金堂は再建されました。


豊かさとは、
モノではなく心や生き方そのものです。


 私には、薬師寺というすごい味方がいてくださった…!


ひたすらに幸せを
また、薬師寺からいただいてきたのでした。


今度、東京の別院に写経しに行こう♪




丸一日かけて、見たお寺は2ヶ所(笑)。

伊藤裕子でした♡



■ お悩み解決個人セッション ■

■ 資格取得とセルフケア ■


■ お申込み・お問合せ ■

◆ 電話:044-322-0500
メールフォーム
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本番こそ、五感フル活用〜阿修羅に会えない興福寺〜

2017-02-12 18:18:38 | ハッピーを引き寄せる
こんにちは。
伊藤裕子です。



ガイドブックにも小さく注意書きがあったのに
きちんと読み込まない私たち。

現在、興福寺では阿修羅像が拝観できないのだけれど
知らずに朝からいそいそお出かけ。

着いてもしばらく気づかずにいたのでした(笑)





「人は準備をしているときが一番楽しいもの。
 あとはピークから下がるだけ。
 結婚準備している時が一番楽しかったでしょ」

という話を聞いたのだけれど、私は疑問。


だって
私がシーズンもの(海とか、スキー&スノボとか)に積極的になれないのは
準備がメンドクサイからだもの。

結婚準備中より、今の方が断然楽しくて幸せだもの♡



もしも旅行の計画があって、当日が準備よりも楽しめないのなら
準備なんてしない方がいい。


ガイドブックやネットの写真で知った気になって
その場に行っても写真を撮って終わりなら
あなたは

 「行ったことがある」という事実がほしいだけ。

自分の中には何にも残らない。


 もったいない!!


それは

 身体中で「今ここ」を味わっていない

ということです。


  


目の前にある現実からしか味わえないものがあります。

子どもの頃、母に言われました。


 「写真なんか撮ってこなくていい。

  自分の目でしっかり見て、
  その時しか感じられないものを感じておいで」


もしもこれから、子どもを旅に出すお母さんが
このブログを読んでくださっていたら、お願いします。


 子どもが何を見てきたのか、知りたいのはわかります。

 それでも、子どもの生の体験を奪わないで。

 画面越しじゃなくて、自分の目と耳で見聞きさせてあげて。

 話してくれないと思うのなら、
 伝えて聴いて、心で繋がるコミュニケーションって何かを学びに来て。





阿修羅像が拝観できなかった興福寺。

なのに私たち、東金堂だけでも1時間近くおりました(笑)
(他の方々はせいぜい5〜10分


薬師如来に日光・月光菩薩、四天王に十二神将。

説明書きを読み込んで、実物と照らし合わせて
わからないことはスタッフの方に声かけて…

あんまり、ああやって質問する人っていないんだろうな。
みなさんにこにこ丁寧に、知ってることを教えてくださいました。


  


その場を全身で味わうと、
ふっと湧き上がってくるものがあります。


 喜びや悲しみ、怒りのような感情だったり

 素直な疑問だったり

 突然の気づきだったり。


それを《なかったもの》にしないで、ひとつずつ丁寧に拾っていく。

するとそれが、
今ここにある幸せを感じられる自分に繋がっていくよ。




 「そもそも《仏様》って、何ですか?」

この素朴な疑問、答えることができますか?



「今」は、五感を直感で感じるもの。

伊藤裕子でした♡



■ お悩み解決個人セッション ■

■ 資格取得とセルフケア ■


■ お申込み・お問合せ ■

◆ 電話:044-322-0500
メールフォーム
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅はゆっくり味わって〜春日大社・新薬師寺〜

2017-02-12 08:59:03 |  ├旅のはなし
おはようございます。
伊藤裕子です。


昨日の奈良は寒かったーーーっ!!
体の芯まで冷える寒さでした。

冬の寒さは、同じ日本でも地域によって違うよね。

 北海道は雪と氷。

 東京は北風、空っ風。

 そして奈良は底冷え…

そんな寒ーい奈良で、らぶらぶ旅行を楽しんでおります♡


  


私たちの旅行はいつもゆっくり。
1ヶ所を他の人の2〜3倍の時間をかけて楽しみます。



春日大社♡

いいもの・心を動かすものほど、それを語る言葉ってないな。




新薬師寺では、12神将に涙があふれそうでした。
薬師如来のタントラを唱えてお祈り。


 どうして12神将すべての名前が《羅》で終わっているのかな?

 サンスクリット語の音を漢字変換しただけ?

 でもきっと意味があるよね?


質問したけれど、これ以上の理由はわからず。
サンスクリット語をちょっと学ぶかな〜(笑)




奈良は今、夜にイベント『なら瑠璃絵』が開催されています。

古今混在の奈良の町。
幸せを噛み締めております。


そろそろ2日目出発。
行ってきます♡



「今ここ」にいる幸せを。

伊藤裕子でした♡



■ お悩み解決個人セッション ■

■ 資格取得とセルフケア ■


■ お申込み・お問合せ ■

◆ 電話:044-322-0500
メールフォーム
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阿吽と人生。好きに生きたらいい

2017-02-12 01:24:57 |  ├言葉のはなし
阿吽像、どっちが好き?

真夜中にこんばんは。
伊藤裕子です。





ちなみに私は、阿像が好き♡

始まりと終わりを象徴する阿吽。

「阿」は口を開いて発音する最初の音声、
「吽」は口を閉じて発音する最後の音声です。

密教では、
すべての字音は阿を本源とし、吽を終末とするといわれています。

また、阿は呼気、吽は吸気。
それらは万有の始源と究極とを象徴するともいわれています。

呼吸とは、吐いてから吸うものということが、ここからも読み取れますね。

日本語の50音が「あ」からはじまり「ん」で終わるのもおもしろいですよね。


  


夕飯は「奈良に行くよ」と突然言ったにもかかわらず
大阪から駆けつけてくれた友人と♡

嬉しかった〜


ご存知の方も多いと思いますが、私はことばが大好き。

言葉の活動の関係で出会った彼女だったので
延々と、言葉の話を語って語って…

ワタクシ、止まりませんでした



人を勇気づけるのも、追い込むのも言葉です。

思い込みの暗示をかけるのも
そこから私たちを解き放つのも言葉です。

人と人の間に壁を作るのも
自分の限界を決めるのも言葉です。

そして
それを突破する力を持っているのも言葉です。

気づく力も、物事を動かす力も
言語化することで働きます。

人を生かすことも殺すこともできるのが言葉なのです。


だから私は、言葉の探究がやめられないし
言葉を味方につけたセラピストをしているのかもしれません。


  


亡くなった方のことを語るとき、私たちは「生前」という言葉を使います。
仏教では、「死」こそが「生」のはじまりというわけです。


「この世」「現実」を司るレッドという色が象徴する「血液」。
血液の流れている私たちの体は、まさに「今」に生きる生命そのもの。

でもその生が、仮初めのものなのだとしたら…

命を大切に、
「今死んでも大満足!」と言い切れるくらい
好きに生きてもいいのではないでしょうか。


「ワタシ」のことを「ワタシ」が語らないで、誰が語ってくれるというの?



阿から吽まで、あなたの人生はあなたのもの。

伊藤裕子でした♡



■ お悩み解決個人セッション ■

■ 資格取得とセルフケア ■


■ お申込み・お問合せ ■

◆ 電話:044-322-0500
メールフォーム
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご紹介動画