東京警防隊 powered by 聖マリア敬愛騎士団

† 隊員各自の正義心を防犯活動により具現化する為に設立されました †

一部の国民に動揺あり

2017年04月18日 | written by 国内通信本部
〇ようやく本邦の置かれた状況の周知がなされる時代になり、結果として、一部の方々は真剣に不安感を感じていらっしゃるようです。しかし、ミサイルや爆撃機による死の脅威は途切れたことがなく、最近に始まったわけではありません。また、運命的な世界のうねりには逆らえず、ひたすら各国の国民に課せられた義務は自国を応援するのみです。

〇本邦に居住なさっている他国のエージェント(協力者・情報提供者)各位に申し上げます。あなた方は、祖国と信じてきた国の正規工作員や潜入員ではないので、今住み、庇護を受けている我が国の国民です。ですから、非難中傷など気にせず、たとえ、かつての自国にいる家族親族が惨殺されようとも、日本に対して忠誠を尽くしてください。日本は、在日コリアンの方々を正規の日本国・国民と感じ、考え、行動してきました。今、あなたの良心は何を選びますか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 明日かも知れないし10年後か... | トップ | ♬「生き抜くために」♪(改訂) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。