東京警防隊 powered by 聖マリア敬愛騎士団

隊員各自の正義心を防犯活動により具現化する為に設立されました。

警報は継続(2訂)

2017年06月20日 | 国内通信本部

 




以下の理由により、特別災害の人的発生の危険が高いと判断されます




・某国で過度な非人道的な処置を受け、脳死したアメリカ人の若者の「帰国」の映像の流布
※死亡が報道されました


・重要戦略艦イージス艦に対する破壊状況、兵士の死亡情報の詳細な報道の流布


・連日にわたる本邦における一部「野党」および一部マスコミのなりふりかまわぬ暴挙・扇情行為



・欧州における警察・保安機関への破壊細胞の浸透が深刻であること(2重スパイとして逆利用したつもりが忠誠心を侮っていた)


〇米国民感情に訴える事案の報道は、一番適切である上海協力機構や中露による某国への軍事行動・首魁の殺害が敢行されないでいるため、もはや抑制し得ない某国の軍事レベルが米本土を脅かすゆえに自国民の支持を得て、軍事的選択を実現可能にするための準備情報戦と思慮されます。


日本政府は有事が発生した後でないと現地の国民の救出・避難誘導はもとより、事前の渡航危険情報は出せませんので、以下の通り行動願います。


・エージェントでない民間は、ただちに半島と某大陸国から完全撤退する。いかなる金銭的損失・人脈の喪失を伴っても。


・海岸、港湾、北海道、島嶼地区では特別な警戒。


・市井の国民は日常の生活をひたすら継続することが最善かつ最高の行動。某国の首魁は株式や為替市場の混乱を企図しているが、彼の思考は古いため成功はしない。しかしFXやビットコイン等への波及はあり得る。現況、非常に危険であり、経済の成長には役立たない投機であるので中止すること。



英国における警察系特殊部隊・隊員による警戒

(産経東京版20170620より)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 悲願の法案の成立――歴史的な... | トップ | 北の大地の国防任務において... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む