ライトフロウズ ノウト

Lightflowz-Note : 音の和 彩の波 出会う時は今
響き合う言葉と豊かな時をあなたに♪ 

過ぎゆく桜の季節 万葉集を読むとき

2017-04-19 14:06:36 | 和心~wagokor...
ライトフロウズノウト 今日の一頁へようこそ♪


春の足取り 今年は少し遅いよう
でしたが先週あたりから


一気に春らしくなりました


その分 雨もよく降りますね

春雨 春霖(しゅんりん)菜種梅雨(なたねづゆ)花の雨、
桜流し、催花雨(さいかう)

春の雨の美しい言葉もたくさんあります

桜の花 北摂の平地ではそろそろ一重が
終わるようです

咲くときの見事さはもちろんのこと
散る姿もこれほど美しい花は他にない
と 古来言われてきてその通りに
私も毎年しみじみ感じ
桜咲く国に生まれた幸せを感じます


不思議なのは同じ所の同じ桜を
見ていても 毎年どこかが違うように見える


一年経てばその分 桜の木も一歳年を取り
また、その年の気候でも
枝ぶり、花の咲き方見た目は
多少なりとも変化しているでしょう
けれど


梅の木などでは年ごとに
”違う”という印象は持たずで


桜の場合は
見ている自分の心持ちを反映している
のだろうなと思います。


冬から春 ~ 春先は誰にとっても
変化の多い時 出会いと別れがあるとき
新年度スタートの時

心揺れるのは私だけではなく
多くのかたが桜の蕾ふくらみ
花びら舞い散るまでの間
その年その時の 自身や周りの
イメージを重ねて見られることでしょう


”桜花吹雪と散り乱れ
春愁淡き窓の雲 ♪……

↑通っていた高校に「四季歌」というのがあり
その出だしのところの歌詞なのですが、
これはメロディーとともに
毎年決まって思い出します


さて 桜 さくら 

ひとつお知らせで… 前にもblog・Facebookで少し触れて
いますが、来月5月に 私は 
桜の和歌(万葉集より)で
朗読をさせて戴くという
とてもありがたく貴重な機会を戴きました。

桜の花に戴いたご縁、それだけではなく
他にも感謝お伝えしたいかたがた
との出会いあり

2017年5月14日(日) 18:00~
「氷室神社しだれ桜 花咲寄進の集い」
(奈良春日大社 参道入口近く)

というご奉納会に参加します。

「奈良、時の雫」保山耕一氏作 
たいへん美しい映像詩の上映はじめ

素晴らしい演目の数々予定されていますので
上記リンクをぜひ一度ご覧ください
(お心寄せていただく皆さまの
ご参加募集されています)


このご奉納会朗読の準備で
万葉集をはじめから終わりまで
全容を改めて見てみたのですが
(ななめ読みで「読んだ」とはとても言えない)

歌集の感想としてはあまりに平たい
趣のない言葉になりますが

古代の歌集が内包する
… ページの文字の向こうに垣間見える
世界のスケールに圧倒されて

ただただ 凄い、と思いました


文庫本(全四巻 中西進氏全訳注原文付 講談社)
になっていることに大感謝の私です

一巻裏表紙の言葉
「万葉集」は日本人の心の古典であり
貴族から庶民までに至る各階層が見事に
謳い上げた 世界に比類なき民族詩の金字塔」

4516首 短歌・長歌他数種の歌
(ちなみに古今和歌集で1111首新古今和歌集1970首ほど)
編纂はいちどきに行われたのではなく

”予想以上に長い歳月にわたって増減を経ながら
現在のかたちにたどり着いた” 中西進博士解説より
そうです。

Wikipediaによれば
編纂者は複数(諸説あり)で
延暦2年(783年)頃に大伴家持が20巻にまとめた
とのことですが

編纂の期間は 7世紀後半~8世紀後半
100年@@以上にわたって、あるいはそれ以後も
行われてきたそうです。

筆と紙が貴重品でPCもコピーなどももちろん無い
時代の「本」

できれば大きな図書館で文庫本以外のものも
見に行きたいと思っています


こうした古典としての価値は
文学者にはほど遠い私にも
わかるとして それでも

それより何より素晴らしいことは
万葉集のこれほどの数の歌の一つ一つが

天平~白鳳文化の時代に生きた
人々の息遣いを身近に伝えてくれる
というところでありましょう

機械のなかった時代
透明な空気の中の美しい自然・人々の感性に
思いを馳せるとき

古代への浪漫・憧れだけでなく

ふと私たちの生きる現代と引き比べて
何かしら切ない思いが寄せて
きたりもします

もともと古典は好きなほうではありましたけど
今思いがけずより身近に
なった私

しかし予兆~サインのようなこともあり
昨秋あたりから古文の音調の
文章に何とはなしに心惹かれて
いたりもしたのです

万葉集 魅力的な和歌 季節に合うものなど 
またblogでご紹介して
みようかなとも思っています


もしよければ
お付き合いくださいませ^^





























































『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【 四月の月の詩 : 清明の... | トップ | 英語でよむ万葉集:世界の古... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

和心~wagokor...」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。