ライトフロウズ ノウト:Lightflowz-Note

音の和 彩の波 今出会う時
響き合う言葉~色彩~音楽 豊かな日々を♪ 

言葉というコトバ ~ 無限の色と形

2017-01-24 14:43:40 | 色彩日記
ライトフロウズノウト 今日の一頁へようこそ

とても寒い日が続いています。

スマホのアプリで豊中市の天気予報を
毎日見ています… けれどこれまで
最高気温10℃以下は真冬でみたことありますが

明日~明後日の最低気温の-3℃、-4℃
大阪ではあまり記憶にない数字、すごく寒いのかな??

幸いお天気マークは~
になっています

今年は雪靴をひとつも持っていなかったので、
先日の雪で慌ててスノウブーツを
購入したところです。
今年は2月~3月まだ出番があるかも?

それでも大阪はまだ雪の少ないところ、
雪の深い地方のかたがたがあまり難儀しないよう
祈るばかりです。


さて…今日は季節にまったく関係ないお話なのですが、

「言葉」という”ことば”について思うこと
(なんだかややこしい言い回しになってしまいますね)

辞書の説明では
☆ことば [3] 【言葉・詞▽・辞▽】
・人の発する音声のまとまりで,その社会に認められた
意味を持っているもの。感情や思想が,
音声または文字によって表現されたもの。言語。
・ものの言い方。ことばづかい。 「丁寧な-を使いなさい」
・言語を文字に書き表したもの。文字。
・語彙(ごい)。単語。

などなど。

実は、私にはこの日本語の単語

言葉=「言」+「葉」

に「葉」の文字があるのがとても
興味深い~不思議に感じられる時があります。

日本特有の感覚の文字の
組み合わせなのだろうな、と
思ったりします。

(言葉=フランス語 mots / ドイツ語 Wörter
イタリア語 palore / スペイン語 Palabras
とりあえずの検索ではありますが
外国語の「言葉」の訳に「葉」の
ついているのはなし でした)


ことば ~ 古代のいつかに生れて
今日この時まで、そしてこれからも

それぞれの時代を生きる人々に
思いや情報を伝えあうために
紡がれ、使われてきた
無数の…無限の数の言葉たち。

この単語に葉という文字がついていることを、
私たちが違和感なく至極自然に受け入れているのは

緑豊かな自然に恵まれた国で
様々な色やかたちの木の葉、草の葉に囲まれて
生きているからでは
ないでしょうか?

日本は南北に長く気候の型が複数あり
山野・平地問わず樹木、草木の種類が豊富で

木の種類の数の葉の色・形、それぞれの特徴あり

また、同じ種類の一本の木の中でも四季の中で 
若葉から枯れ葉になる間に色・形が変わる …

‥‥無限の色合い・形の「葉」があります


現代国語で言葉の数はいくつあるのか?は
数えきれないにしても、とりあえずの目安で

辞書の収録語数(見出し語の数)が
国語辞典で 7~8万語、
広辞苑で25~30万語、一番大きい辞書で約50万語

日常使う言葉の数は限られるとしても、
使う人によって同じことばでも
ひとりひとり響きが違ってきます。(声音・語感)

同じ文字でできた言葉を使っていても、
ひとそれぞれ
会話や文章の中が違う時もあり

やはり形・色合いは無数・無限にあって

そのイメージが葉ということばに通じている

と私には感じられます


ひとつひとつの葉は軽いけれど、どれも
木の命の中で呼吸をしているように

ひとの言葉もひとを繋ぎながら
健やかに息づいている、そんな
世界に生きていられたら…。
本当に素敵なのですが

日々を過ごす中では誰でもつい
とがった葉っぱ・色のきつい葉を
作ったり投げたり~することありますね。

けれど
言葉の力 可能性 IT社会の中で益々
大きくなってくる今の時代、
教育に携わるものとしても 

言の葉 瑞々しく育てて 
皆と分かち合えるよう心がけたいと思います。

(そう言いつつ ずいぶんと修錬必要な私

『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤と白のお話 一月の寒い夜... | トップ | 【 一月の月の詩 : 雪の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

色彩日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。