埼京さん^^いらっしゃ~い

地域密着度№1を目指す農耕型経営の不動産二代目社長の日記

海外視察研修@ベトナム④最終日

2017年11月16日 09時38分23秒 | 日記

ベトナムの“レンタルサービス工場”のパイオニア絆の会議室。綺麗で緑あふれる敷地ときちんとした設えに驚いた。

朝8時(日本時間10時)に専用車に乗り込んだ一行は、レンタル工場スペースを運営する絆社へと向かった。この度の海外視察研修最後の訪問先となったわけであるが、2012年に設立された同社では広大な敷地に幾つもの貸工場を有し、多くの企業が入居している。これまで訪問したどの企業よりもキレイで緑豊かな素晴らしい施設であった…。やはり共産主義国の血肉が色濃くうかがえるところ…。プレゼン等案内役をしていただいた営業部長の白川さんにも、プライベートまで突っ込んだ質問にも快くお答えいただき、現地の様子が本当によくわかる貴重な時間となった。白川さん誠にありがとうございました。

お昼にはベトナム家庭料をふるまうレストランで舌鼓を打ち、全ての研修を終えた一行はベトナム戦争の傷跡を垣間見る資料館へ…。この度の旅行始まって以来の視察以外の歴史勉強の時間となった。その後、元首相官邸として砲弾にもさらされた統一会堂では、ガイドのBAOさんによる懸命な説明を聞きながら、ベトナムの悲劇連続の時代に思いを馳せたのである。

一旦ホテルに戻った一行は身支度を整え、4日間お世話になったルネッサンス・リバーサイド・ホテル・サイゴンを後にし、最後の夕食会場へと向かったわけである…。夕食会場では各人それぞれに思いを語り、中山秀雄団長(埼玉縣信用金庫 専務理事)による総括をいただき解団式まで無事に終えることができたのである。その後もさいしんさんの心意気により、“上を向いて歩こう”がベトナム民族楽器による演奏で奏でられ、自然と大合唱となり、最後は皆で手をつないで万歳三唱で締めくくる大変楽しい宴となったのであった…。

この度の海外視察研修では、総勢20名ほどのお互い知らぬ者同士が、異国の地ベトナムで視察研修を行った4泊5日であるが、何よりも先ずは埼玉縣信用金庫の方々による見事なまでの設営と前のめりに参画した良きメンバーに恵まれたことが、この充実した時間を生んだものと考えられる。観光ではない信用金庫さんが企画した視察研修ということで、私も期待して臨んではいたが、期待以上の大きな収穫を得る事ができた。

データやメディアなど頭で理解していたベトナムと、自分の目で耳で口で鼻で足で、そして肌で感じたベトナムとではかなりの乖離がある。ビジネス展開はひとまずさておき、やはり自分自身で感じること、体験して理解すること、判断することが如何に大事かを学んだ4日間であった。朝も昼も夜も、大いに学び気づきを得られた貴重なベトナム視察研修の体験であった…。ここから先が大事なところ。体感したことを皆に伝え、社業にまた自らの人生にしっかりと活かしていく所存…。明日へと続く。


工場の入居企業がつくっているというアイスクリームをご提供いただいた。冷たいけど熱い歓迎に感謝


入居企業、バイクのホイールを作っている





現在建築中のKIZUNA3


今まで見たベトナム企業の中でも群を抜く綺麗な施設であった


相変わらずバイクに囲まれる専用車


お昼はベトナムの家庭料理というが韓国のサムギョプサルに似ている




ベトナム戦争の資料館


当時実際に使われていたというギロチン


統一会堂


一生懸命説明してくれるBAOさん


夕食会場に繋がる外廊下




この度の海外視察研修を終えて熱く感想を述べる丹野健さん(株式会社しんけん代表)


気遣い上手な中山団長

ご設営いただきました埼玉縣信用金庫の皆様大変お疲れさまでした。そして良い仲間に恵まれてとても有意義な研修となりました。ご協力いただきました皆様真にありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海外視察研修@ベトナム③

2017年11月15日 09時11分56秒 | 日記

この度の視察研修で仲良くなった丹野健さん(株式会社しんけん代表取締役)と太陽社において

11月14日(火)
朝7時半(日本時間5時)ホテルを後にした一行は昨日同様専用車に乗り込み、先ずは午前中一つ目の視察(昨日から数えて4つ目)となる三菱自動車ベトナムへ…。自動車製造工場見学である。製造といっても組み立てがメイン、材料はほぼ日本から輸入(輸入に税金がかからないらしい)してベトナム現地で組み立てるというもの。組み立てる手間は日本でもベトナムでもほぼ変わらないので、仕入れてくるコストがかからない分、おのずと人の手間賃差で大きく異なるということになる。

パジェロスポーツが450万円前後するというが、ほぼベトナム人が購入しているというから驚きだ。月収2~3万円というデータからは読み解けない社会主義国の事情を垣間見た気がする。

昼食をはさんでThaiDouong(日本語で言うと“太陽”という発音に近いらしい)社の縫製工場、Tracimexco日本語学校と人財教育機関を見学。途中激しいスコールにみまわれ、帰宅ラッシュ時のバイク渋滞にも巻き込まれたこともあり、夕食会場には30分遅れで到着した。そうやって、朝からミッチリ研修を受けた私たちは、現地の本格ベトナム料理に舌鼓を打ちながら、未来にかける思いを熱く語り合ったのであった…。明日へと続く。


朝の専用車バス


バスの行き交いは朝から一日中続く…


三菱自動車ベトナム工場入口


三菱自動車ベトナムの工場内会議室




この日の昼食は日本食レストランのお弁当であった


ThaiDouong(太陽という発音でいいらしい)縫製工場見学










日本語学校ではベトナムの若々しい生徒の熱烈な歓迎であった






来年栃木のとある工場に就職が決まっている生徒たち


スコール&帰宅ラッシュ時


高級ベトナムレストラン




ベトナム現地の米焼酎。美味かった
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海外視察研修@ベトナム②

2017年11月14日 09時22分55秒 | 日記

ビーパンテクノパーク進出企業見学

現地時間8時(日本時間6時)にホテルを出た一行は専用車に乗り約一時間、工業団地内のビーパンテクノパークについた。ここは一言でいうなれば、輸出加工を主とする業態の進出を後押しするマネジメント付きレンタル工場である。部門マネージャーのホーさんによる、若干聞き取りづらいが一生懸命な日本語によるレクチャーを受け、工業団地内視察並びに既に入居している13の法人から2社、入居企業の見学をさせて頂いた次第である。

そうして、お天気の恵まれグングンあがる現地の気温にやられながら昼食会場へ…。中華料理に舌鼓をうったあとは、不動産市況の視察見学となった。この度の海外視察研修旅行の私が最も注力するところである。神奈川県川崎市高津区の株式会社エヌアセットベトナム代表取締役社長の西村武将 氏にお越しいただいての説明と、現地の開発現場並びにまちづくり視察となった。ベトナムとは…大変おもしろい国であることが良く分かる時間となった。

そうして西村氏と別れた一行は、再び専用車による移動を経て、ベトナム投資開発銀行(BIDV)へ。最上階の会議室では、サッポロベトナムの営業部長の山本茂雄 氏による現地での飲食市場並びにビール市場の奮闘を血の通った言葉でご説明いただいた次第である。なかなかおいそれと足を踏み入れられるものではなさそうです…。

続いて、信金中央金庫(信金中金)の竹本政弘 氏による信金中金の概要およびベトナム進出企業の動向等について45分ほどの講演をいただいた。今まさにベトナム現地で起こっている金融事情や投資環境、ベトナム進出企業の悩みや成功企業の特徴など、彼が実際に肌身で感じた事実を熱のこもった言葉で聞かせていただいたわけである。厳しい言葉も彼が身に染みて経験してのことであろう…。

そうして、帰宅ラッシュ著しい猛烈なバイク集団の中、専用車で移動した一行は夕食会場へ移動。不動産市況を教えていただいたエヌアセットベトナムの西村氏、信金中金の竹本氏、ジェトロの井出氏などと共にベトナム料理を囲んでの懇親会となったわけである。さすがに疲れを感じた私は、夜の街へと繰り出すことなく、ゆめの中へと沈んでいったのであった…。明日へと続く。


ホーさんによる工業団地説明


ホーさん


工業団地内の概要


お昼の中華料理店での西村氏のレクチャー(不動産市況)


開発現場視察


モデルルーム視察


ベトナム投資開発銀行現地セミナー(サッポロベトナム)


BIVD竹本氏による講演


懇親会
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海外視察研修@ベトナム

2017年11月13日 09時14分21秒 | 日記

ベトナム最大の都市ホーチミンは生きるエネルギーで溢れていた

11月12日(日)
妻に朝五時に南浦和に送ってもらった日曜日の早朝。南浦和駅から30分で日暮里駅へ、前日に予約したスカイライナーで約45分、成田空港に降り立った私は埼玉縣信用金庫さんの企画した海外視察研修旅行に参画した。日本から丁度6時間のフライト、時差は日本のマイナス2時間である。

アジア発展途上著しいベトナム…この度は観光ではない。到着してからのスケジュールも4日間視察と研修でビッチリである。とはいうものの空港に降り立ってからの現地人のエネルギーたるやものすごい!特に先の戦争で多くの大人たちが戦死しているということから、町には若い人々で溢れていた。なんでも9,300万都市の平均年齢30歳前後だとか…。特に子供たちは勤勉でベトナム国は親日というからより親しみやすい…。しっかり学んで持ち帰ります。明日へと続く。


空港に到着後向かった先はホーチミン市歴史博物館。


専用のバスで移動中もバイクたちとぶつからないかと冷や冷やする


夕食時にはベトナムビール333を味わう。日本のビールよりだいぶ軽い感じだ


ホーチミンの夜景


ホテル近くのメインストリートで何やらイベント…。それでなくても人が多い


どこへ行っても若い人・人・人


最後はフォーで〆た



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一泊研修2017

2017年11月09日 22時53分13秒 | 日記

社員一泊研修2017広島~宮島の旅

11月8日(水)
本年の社員一泊研修旅行は広島。研修は宮島の頂上を目指し軽く登山というところであったが、昼前まで振った雨と温暖な気候の影響からあたり一面真っ白な濃霧となり、頂上は断念せざるを得なかったわけである。それでも、広島名物穴子メシを堪能した後には、世界遺産の厳島神社をなだめ、ゆるやかに始まった坂道と軽い登山らしきロープウェーまでの道のりを、運動不足の身体にはちょうど良いとばかりに少々息を切らしながら手前の展望台まで登ったのである。

会社定休日の水曜と翌日木曜の一日お休みを頂戴しての二日間をフルに活用するため、8日(水)は朝7時始発のANA便で広島空港へ…。空港からは花島君に紹介いただいた小野さんのマイクロバスで宮島口へ直行。その後フェリーで宮島へ…。2012年度全国大会北九州大会に出向した際に副議長を務められていた佐々木健一君(一般社団法人広島青年会議所 本年度卒業)のお土産物屋さん鳥居屋の3階で穴子メシを堪能し、おなか一杯になったところで厳島神社観光と宮島ロープウェーで展望台へ…。宮島口から世界遺産航路フェリーで平和記念公園へ…歩いて数分のリーガロイヤルホテル広島でチェックインとなった。

夜には数ある鉄板料理店の中でもイチオシの蜂ヤ本店で広島グルメを堪能。穴子ちり(穴子の刺身をポン酢でいただくスタイル)、メバル煮付け、小鰯天ぷら、広島牛、お好み焼き。そしてデザートは蜂ヤ名物ホットケーキ!ここは別腹とぺろりと平らげた女子たちに圧巻であった。そしてそれぞれの二次会会場へ…こうして広島の夜はいよいよ深くなっていくのであった…。

広島~宮島を一泊で堪能するため、青年会議所時代から懇意にしている花島司君(一般社団法人広島青年会議所2015年度卒業)と新宅君の力を借りて、渡航並びに移動やら食事やら地元の飲み屋さんなど通常のツアー企画では得ることができない充実した内容を設えていただいたわけである。花島君、新宅君ほんとうにありがとうございました。特に花島君には、事前の下見から当日の二次会、三次会とお付き合いをいただいたことで、大変楽しく充実した時間を過ごすことができたのであった。

持つべきものは友である…。明日へと続く…。


フェリーで宮島へ


鳥居屋で穴子メシ


鳥居屋の混雑ぶりは半端なかった


宮島散策


鳥居をバックに語り合う西峯課長と中村


西峯部長と渋谷主任


営業で唯一30代の石山


紅葉が素晴らしかったロープウェーの手前


紅葉をバックに記念撮影した埼京ホーム女性陣


ロープウェーは圧巻の高さであった宮島


頂上に出る手前の展望台。霧で何にも見えなかった…

晴れていればこんな感じに見えるのだ(下見した時に撮影したもの)



山の上は濃霧


仕方ないので降りてきて鹿ちゃんのうんちを模した鹿ちゃんソフトで仕切り直し


船が怖い川口課長。マスクとサングラスでかなり怪しい人となった。


夕食の蜂ヤ本店




ここのお好み焼きは絶品であった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第15回南区ふるさとふれあいフェア

2017年11月05日 14時41分51秒 | 日記

前夜に飲み過ぎで顔がむくんでいるように見えるワタクシ…。三連休の中日もまた気持ちの良い微風吹く晴天であった。

11月4日(土)
さいたま市にある10区の内、最も小さい面積ながら人口密集度の高く、お隣は戸田・蕨で都心にも近い南区。京浜東北線を中心にして東西に長く南区民としての交流の場が持ちづらいというところから生まれた区民祭りである。本年15回という節目を迎えるにあたり新たに設けられた特別枠に企業協賛いたしました。2014年度並びに2015年度の2期に渡り、青年会議所の南区区民を代表して会議に参画。南区に於いて様々な立場に身を置く地域市民の方々と南区の明るい未来について意見を交わしたことをきっかけに今回のお声をかけていただいたわけである。地元企業として出来る限り応援し、地域と共に明るい豊かなまちづくりに貢献していきたいと思う。明日へと続く。






目の前には地元市議会議員 桶本大輔 先輩。その奥には田中良生衆議院議員の秘書を務める福山さん


セレモニーで登壇した協賛企業者たち






雲一つない晴天で大勢の人々でにぎわっていた
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム

2017年11月04日 15時00分42秒 | 日記

法人サポーター観覧席から間近に見た世界トップレベルの選手たち

今年もツールドフランスさいたまクリテリウムの法人サポーターとして協賛企業となった。とは言ってもこちらは多額の協賛金を出す企業が多くあるの事業。法人サポーター観覧席は場所が特別に設けられているだけで、何にもない立見席であるから、何とかして選手たちを間近でみようと、選手たちがコースに出るきっさきのところまで迫ってみたのであった。

そういえば、さいたまクリテリウムの当日は、会社に贈られる法人サポーターオフィシャルTシャツを身に着けて写真を撮っていたのだが、今年は南区ふるさとふれあいフェアとも重なり、すっかり忘れてしまった…。来年はまた社員共々地域事業を盛り上げていきたい。明日へと続く。
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トイロ

2017年10月25日 09時21分49秒 | 日記

10月25日(水)さいたまスーパーアリーナのTOIROに来てくれという駒井洋平君(映像制作及びイベント企画 株式会社光洋の代表取締役)の声掛けに何も聞かずに「分かった」と返事を返しただけで何をするのか全く分からなかったのだが、約一月前に開催された公益社団法人日本青年会議所第66回全国大会埼玉中央大会の大会式典に携わってくれた業者さんたちの為だけの打上であった…。

私の仕事は不動産業であり、関わった業者さん達とはほぼ初対面であったわけなのであるが、大会を主管した埼玉中央青年会議所の代表として(シニアだが)、また大会式典を飾ったさいたまスーパーアリーナの会場と大会日程を抑えた張本人として、アリーナの平川さんから「やっぱり里中さんも呼ぼうよ」という事になったと思われる。

大会を通じてかけがえのない「繋がり」を得たと思う。明日へと続く。




7分もらって今さらながら主催と主管と大会の位置づけから開催に至るまでの経緯をお話しできたことは大変ありがたいことであった。


打上の〆の挨拶をするさいたまスーパーアリーナの平川さん。相変わらず大きい。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地鎮祭

2017年10月24日 19時02分59秒 | 日記

辻2丁目に新たな幸せの灯が宿る日

10月22日(日)
台風がやってくる真っ只中、雨降りしきる中での地鎮祭となった辻2丁目新築一戸建て。私は初耳であったが、昔の人は雨の日をわざわざ選んで地鎮祭を行ったとか…。なんでも水に困らないようにという思いが込められていたとか…。いずれにせよ辻にまた新しい幸せの灯をともすことができる機会をいただいたことに深く感謝したい。明日へと続く。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

合社講

2017年10月23日 15時17分06秒 | 日記

辻睦励会の事業に向かう直前、ハウスさせられると思ったか急にだだをこね出した愛犬プリン

10月21日(土)
辻の神輿を担ぐ若衆たち辻睦励会。この辻睦励会の年中行事でこの時期に必ず行われる「合社講」がある。合社講(ごしゃこう)とは…。ハッキリとしたことは分からないが、きっと秋の収穫を祝って皆で集まり宴を広げたものではないか?と推測される…。たぶん…。

そうして恒例の辻公民会で宴を広げた後は、辻の憩いのサパークラブ蘭へ…そして、更に夜は更けていくのであった…。明日へと続く。


合社講での様子。台風の迫る雨の中でも結構な人数が集まった。




本文とは全く関係ないがハウスを嫌がってクネクネする愛犬プリン


顔はマルチーズ、体はダックスというミックス犬、通称“マルックス”。胴が面白いくらい長い。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加