最高裁判所裁判官の暴走を許さない

最高裁判所裁判官の国民審査は、衆議院選挙の時の「ついでに」ならないようにしましょう。

書評:黒い巨塔 最高裁判所

2017-05-16 12:31:44 | 日記
1年ほど前に出版された本ですが、ようやく読めました。
プロの法律家も結構興味があるようで、福岡弁護士会のHPでも紹介がありました。

第2回城山三郎賞受賞作家で、元裁判官が書いたものです。
小説としての出来はともかく、おそらく裁判所の中はこんなものなのかもしれません。佐藤優氏の著作を読むと、外務省でも似たような感じのようです。どこの省庁でも似たようなのかもしれませんが、法務省とくに裁判所でこのような状況は決して望ましいことではありません。
権力闘争の挙句に、トンデモな裁判官が最高裁の判事に就任という悪夢は見たくありません。実際にはあるのかもしれませんが。
こういう状態を避けるためにも、なぜこの人が最高裁判事のふさわしいかを公聴会にはかる制度が是非とも必要な事と思います。


黒い巨塔

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 商標登録は除斥期間後に抗弁... | トップ | 審議やり直し、残業手当なの... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL