サイコロの一点物日記、真央さんと共に!

浅田真央さんを応援している、真央ちゃん応援団員です。精一杯、真央さんを応援します。皆さんもよろしくお願いします。

■3Aを跳ぶ!跳ばない判断は真央さんにお・ま・か・せ!頑張る真央さんに癒される皆さんも多いね!

2016年10月29日 00時04分00秒 | 日記と女性アスリート応援















★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ 
浅田真央さんを中心に応援させて頂きます。(微笑)

にほんブログ村
★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆



人間の治癒能力に掛けても悔いが残らないほど真央さんがフィギュアを愛しているのですね。
アドバイスとしては嬉しいですね。
とかく、同じフィギュアスケート界でも何故か?権力に負けて真央さんを無視するような風潮を見受けます。
特に韓酷スケート連盟・日本支店に睨まれると老後の生活の保障が無くなる?
だから、大阪のおばちゃんのように練習場まで奪ってしまうと言う、恐ろしい事が起こるものですね。
しかし、まだ、連盟から真央さんが優遇を受けていると信じているおめでたい皆様がいらっしゃると思うと、つくづく人間とは、能力の有る方に対しての嫉妬の塊だとも思ってしまいます。
そんな状況で、真央さんはず~っと権力と戦って来ました。
そんな真央さんの自分自身を信じられる武器はトリプルアクセルだったと・・・
3Aを回避すれば大人の判断?3Aを強行すれば真央さんはお子さん?
ここまで多くの関係者の皆さんが権力に屈して真央さんを無視して来たと言っても過言ではないでしょう。
幸い人間と言うものは治癒力のお陰で壊れた部位は原型を残している限りもとに戻る可能性が高いです。
極論としてですが、そんな治癒能力に掛けて3Aを跳ぶことを決断したとしてもファンとしては、それも素晴らしい選択肢の一つだと思います。
真央さんなら出来るとファンの多くは信じています。(微笑)

八木沼純子さま、真央さんを気遣って頂きまして本当にありがとうございます。
しかし、真央さんもすでに立派な大人です。
芸術性でもスポーツ性でも完璧な演技を目指している真央さんにどうか、自分の能力を出す、出さない判断は、任せてあげて頂きたいと思います。
八木沼さま、今後も温かく真央さんを見ていてくださるとうれしいです。
よろしくお願い致します。

◆久しぶりの芝ハム子さんのデイリーニュースオンラインからの情報です。

浅田真央「次大会ではトリプルアクセル」宣言に八木沼純子が「跳ばないで!」
 フィギュアスケートGPシリーズアメリカ大会で6位に沈んだ浅田真央選手。トリプルアクセルを封印してのこの結果に、早くも次の大会で跳ぶことを明言している。
「点数がふるわなかったのは膝の故障が原因です。それだけにフィギュアスケート関係者の間では『無理して跳ばなくても』という声が少なからずあり、解説者の八木沼純子さんも『私は跳ばないでほしい』と語っていました。浅田の演技構成や技術点の高さなら、完璧な演技ができればトリプルアクセルを跳ばなくても優勝できるんです。しかし、昔から浅田真央はトリプルアクセルに大変なこだわりを持っています。アメリカ大会では故障があるとはいえ『跳ばない』という選択をしたことに大人への成長を感じましたが、やはり挑戦せずに負けるのは彼女のプライドが許さないのでしょう」(女性誌記者)
 浅田選手はインタビューで、「常に努力して、前進して挑戦していくということをテーマに滑っています」と語るほど。前進することがモットーである彼女にとっては当たり前の選択&挑戦なのだろう。しかし、来期に平昌五輪を控える大事なシーズン。無理せず未来に向けて頑張ってほしいと願うファンも多い。
 果たして浅田選手の選択はどう出るのか。
(芝公子)

まぁ~、結論は11月12日のSPで結果が出る事でしょう。
真央さんと一緒に是非とも一喜一憂したいです。(微笑)
転載先URL:http://dailynewsonline.jp/article/1218572/



疲れた女性に、真央さんのど根性を注入です!(微笑)
フィギュアスケート選手の浅田真央さんが今まで受けて来た理不尽な事を糧に今後の皆さんのバイブルとして頑張って欲しいと思います。
疲れた女性に読んでほしい!浅田真央のド根性物語
自分の努力が報われないとき、理不尽なルールに従わなくてはいけないとき、がんばり続けるのがつらくなってしまったとき。
こんなとき、みなさんならどうするだろうか?

もし、力が出なくなってしまったら、浅田真央という女性の人生を見て欲しい。
とてつもなく勇気を与えてくれる。
無邪気でキュートな笑顔の裏に隠された、壮絶な努力の物語をご紹介しよう。

天才少女と呼ばれてからトリノオリンピックまで5歳で初めてスケート靴を履いた浅田真央は、小学校6年生の時に3回転-3回転-3回転のコンビネーションジャンプを飛び、天才少女と呼ばれるように。
5種類の3回転ジャンプを飛びわけ、女子では世界で5人しか成功していないトリプルアクセルをもけろっと飛んでしまう、天真爛漫なスケート好きの少女であった。
2005年にシニア大会に登場した15歳の真央は、いきなりグランプリシリーズで優勝。2006年のトリノオリンピック出場を希望する声が高まっていたが、「五輪前年の6月30日までに15歳」という年齢制限に87日足りず、出場は許されなかった。

そこから4年に渡って、真央のバンクーバーオリンピックへの戦いが始まったのだ。

浅田真央のアスリート魂その道筋は決して順風満帆ではなかった。
フィギュアスケートはこの頃から現在に至るまで、毎年大きくルールが改正されている。
これまで飛ぶことばかりに力を入れていたジャンプの回転不足やエッジエラーが厳格に採点されるようになり、また最近では「どんな技にも影響されずにスケートを滑るということ」に重点を置くように変わってきた。

選手たちはルール変更のたびに演技の軌道修正をせまられたが、真央は真のアスリート。ルールのために、戦略でチャレンジをやめたり難易度を下げたりすることは決してなかった。

それに加えて、真央は大変な勢いで身長が伸びていた。ジャンプは本来、重心の低いほうが回転が安定しやすいが、彼女の場合はあの足の長さだから、どんどん重心が高くなってしまう。
それでも難しいトリプルアクセルを飛び続けているのは努力の賜物だといえるだろう。

あらゆる犠牲を払って挑んだバンクーバーオリンピック
天才真央もスケート靴を脱げば、焼肉とスイーツが大好きな普通の女の子。
しかし、ほんの数百グラム体重が増えただけでもジャンプに影響するため、壮絶な体重コントロールを強いられる。

そうしたストレスに加えてジャンプが不調だった真央は「もうできない!」と泣き崩れたことがあったという。仲良しの姉 舞が見かねて外食に連れ出しても、真央は結局おかゆとスープ、野菜炒めしか口にしなかったそうだ。彼女のプロ根性が伝わってくるエピソードだ。

彼女が女の子としての普通の青春をすべてなげうって、体脂肪7%にまで絞り込んで挑んだバンクーバー五輪。
永遠のライバルであるキム・ヨナに惜しくも敗れ、銀メダルに満足できず涙する真央にもらい泣きした人は、筆者だけではあるまい。

すべて一からやり直しに
ソチオリンピックに向けて再始動した真央には、さらに試練が待ち受けていた。ルール改正によって、あらゆる基礎をやり直さなければ高得点は望めなくなったのだ。

真央のジャンプは、柔らかい足首を使って飛ぶ癖がついていたが、それはマイナス要素と判定されてしまうため、全部やり直し。試合に出ても成績不振が続いた。

同じリンクで練習することの多い小塚崇彦選手は、真央があまりにいつも練習しているのに驚いて、自分の練習が足りなかったことに気が付いたと語っている。

東日本大震災を憂いで心が折れそうに
2011年3月の東日本大震災。自分のことではどれだけつらい思いをしても心が折れることはなかった真央だが、この多くの犠牲を出した震災には心を痛めて激ヤセしてしまったという。しかし被災地の真央ちゃんコールに勇気付けられ、小塚崇彦選手らとともにチャリティ公演に出演、その収益3千5百万円を義援金として寄付。

さらに、『浅田真央 Book for Charity』(ショップ.学研 刊)という本の出版に無償で協力し、本の売り上げ1千5百万円も全額義援金に寄付している。

悲願で迎えた、ソチオリンピック
運命の2014年。真央はこのシーズンを最後に現役引退を表明していた。
4年前に抱えた悔しさを胸に挑んだソチオリンピック。
ところが、ショートプログラムで転倒が相次ぎ、まさかの16位に。
フリーでは、プレッシャーを跳ね除け、自己ベストを更新する圧巻の演技を披露し3位に輝くも、総合得点でメダル獲得には至らなかった。

『浅田真央、引退』の予感を噛みしめて、世界中がため息をもらしたことだろう。

世界女王に返り咲き、奇跡の現役復帰へシーズンのクライマックスを締めくくる世界大会。
オリンピックではミスを連発したショートプログラムだったが、本大会では完璧な演技を披露し、歴代最高得点を更新。
わずかひと月前のソチで表彰台を逃した真央とは別人のような快進撃で、4年ぶり3度目の優勝を果たした。

引退については、結論を一旦保留し、1年間の休養を決意。
2015年、世界中のファンの声に応えるように、現役復帰を果たした。

天才、浅田真央
まだ20代にもかかわらす、約15年間もトップアスリートとして、これほど人々を感動させ、尊敬させてしまうのだから、本当にスゴイ。
ダイエットさえ3日坊主になってしまう私たちからすれば、憧れても憧れきれないスゴイ人だ。
それなのにいつも謙虚で、可愛らしく、潔い。
そんな浅田真央だからこそ、私たちは彼女の演技に深く感動してしまうのだろう。
これからも彼女には美しく成長をし続けてほしいと思う。


◆Gow Magazineより
転載先URL:http://okmusic.jp/#!/news/142129
どうですか?
真央さん程の天才が大きな理不尽を感じて頑張っている姿、是非、応援して欲しいです。(微笑)



私のブログでもおなじみの“ドラえもん”と舞さん、信成さんが共演です。(微笑)

◆舞さんのツイッターより
https://twitter.com/asadamai717/status/791854477166903296




◆信成さんはホットイテ!(笑)
舞さんのツイッターより
https://twitter.com/asadamai717/status/791933231964622848/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw







真剣だからこそ色々と揚げ足も取られますね。愛くるしいと言う言い方が似合うのでは?(微笑)
真剣がゆえに、トンチンカンも有るでしょう。温かく見守って欲しいものですね。
天然と言うのは容易いです、ある意味、才能と呼んでください。

インタビュアーもびっくり!思わず笑ってしまうアスリートたちの天然エピソード9選
・・・
・・・
▼ 木村沙織選手



合宿中ブラジャーに足を通したり、「アドレナリンが出る」を「ヘモグロビンが出る」と言い間違えたりする本格的な天然だそうです。
試合中の格好の良さとのギャップも人気の一つです。

▼ 浅田真央選手



天然で有名であり、TOKIOの国分さんに対して「長瀬くんに会った事ありますか?」と謎の質問をしたことが。
ウサギを見ながら「ウサギみたい」とコメントをしたこともあるそうです。…

・・・
以下 錦織圭選手、長嶋茂雄さんの話題に続きます

ファンに楽しんで頂くと言うのも一流アスリートの必須ではないでしょうか?(微笑)
◆Heaaartより
転載先URL:http://www.excite.co.jp/News/column_g/20161028/Heaaart_213379.html




◆浅田真央さん、ほかの皆さんの動画のご紹介です。お付き合いください。
動画主の皆さま、ありがとうございます。ご紹介させて頂きます。(微笑)


★浅田真央、可愛すぎる「オッケー!!」ポーズ ロッテ・ガーナミルクチョコレート新CM「真っ赤って、ときめき。浅田真央スケート」篇


★(2015年)浅田真央 突然のトラブルにも真央ちゃんスマイル! ロッテ ガーナミルクチョコレート 新CM&メイキング映像


★【浅田真央】珍インタビューに神回答 2015 Mao Asada.Pan


★浅田舞・浅田真央 恋人みたいな姉妹LINEとスタンプの愉快な使い方 160611


★【なるほど】浅田真央の演技には仕掛けがあった!!



最後まで読んで頂きましてありがとうございました。
★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ 
真央さんをよろしくお願いします。

にほんブログ村
★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■苦言を発信される方は非常に... | トップ | ■浅田舞さんが都内で開かれた... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (OG)
2016-10-29 01:08:21
サイコロ様私も八木沼さんと同じ気持ちです

どうか真央さん無理だけはしないでねと
フィンランディアの練習そして演技スケアメの練習そして演技を何度も見ましたが、腰と膝が辛そうで…

腰や膝は大切な箇所だしどうか無理しないでほしいです
メディアは3A3Aと煽らないでほしいです
マオペースでやらせてあげてほしいです
とてもいい記事です (夢見)
2016-10-29 11:47:47
有難うございます
サイコロ様の「愛」を感じます

多分 いま浅田真央さんは ソチ五輪前の高橋大輔さんと通じる心境なのだと思います
選手として演技できる試合の数

一つ一つの動きを大切に大切に 今まで以上にいとおしみ心を込めて演じたいとー

浅田真央さんが決めたことを ただ拝見させていただくだけです

ソチ五輪でのラフマニノフ
あれで もういい もう充分
あの時 思いました

あとは浅田真央さん自身が納得できる理想としてきた演技を実現できればー

そう願うだけです
OGさま、こんばんわ。 (サイコロ)
2016-10-29 22:00:08
今シーズンはリーグ優勝を掴んで楽しみがなが~く続きますね。(微笑)

はらはらですね~。

私は、八木沼さんの言う事は、非常にうれしいです。
とにかく関係者の真央さんに対する態度が気に入らない中、情報を発信してくださって・・・
ある意味、勇気ある発言だとも言わせて頂きます。

でも、真央さんが飛びたいと言ったら・・・本当に跳びたいのだと思います。
やはり、真央さんご自身は、ジャンプ在りき、なのでしょう。
思う存分、決断された技で挑んで頂きたいです。
きっと結果に微笑む事でしょう。(微笑)
夢見さま、こんばんわ。 (サイコロ)
2016-10-29 22:04:14
私のそう思います。
ただ、ソチオリンピックで真央さんの妨害をしたのは連盟であると書いて下されば、100点満点ですね~。

ソチオリンピックの現地調整が、連盟推薦の砂入りリンクで無く、タラソワママの推薦のロシア選手のリンクだったらきっと歴史は動いていたでしょう。
真央さんの芽を摘むのに必死の日本人が存在する事にげんなりです。(苦笑)

こうした、真央さんを理解してくださる方が一人でも増えてくださる事に感謝しかありません。(微笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。