サイコロの一点物日記、真央さんと共に!

浅田真央さんを応援している、真央ちゃん応援団員です。精一杯、真央さんを応援します。皆さんもよろしくお願いします。

■反省、浅田真央さんも、鈴木明子さんも称えましょう!おめでとうございます/動画多数紹介。

2012年11月26日 00時05分01秒 | 日記と女性アスリート応援
NHK杯での真央さんの優勝は非常に嬉しい結果として受け入れさせて頂きますが・・・・・。
本当に正しい結果でしたか?と言われれば、はっきり言ってFSに関しては鈴木明子さんに完敗でした。
最終的にはSPの貯金が物をいったと言う事になりますが、鈴木明子さんのFSプロの完成度からするとNHK杯で浅田真央さんが優勝出来なかったとしてもなんら不思議では無かったですよね。
ただ、優勝しても浅田真央さんにとっては、誰に負けたと言う事でなく、ご自身で納得できない謙虚な態度に、魅力を感じずには要られませんね。
やはり、少なからず採点競技の悪いところがはっきりと見えた試合になったと思います。
ISUの唱える採点の基準が絶対値である以上、どこが平等でどこが間違っているのか?
内容なのか?ミスの回数なのか?感情論なのか?はっきり言い切れる事は、曖昧な採点ですよと云う事です。


ここで前々から訪問して頂いている皆様にはおなじみの、親愛なる“sarah”さまからのコメントを転載してご覧頂きましょう。
もう「すでに見たよ。」と言う方もご覧くださいね。(微笑)
“2年続きの2人の優勝争い” と題したコメントからのご紹介です。
今晩の鈴木選手にはベテランとしての意地を感じました。
そして第二の故郷と本人が述べている、ここ宮城での戦い。
おまけに被災者復興のためという今大会の意義も備わっています。
更に学生時代に滞在した当時は、深刻な体調不良に陥り、大会にもあまり出場できず、満足な成績さえ残せなかった事情もあります。
今回彼女が初日の成績のまま、フリーも終えることなど絶対に出来なかったハズです。
今晩もし活躍できなかったら、一体自分はこれまで何をして来たんだろうと自問自答したと思われます。
ですから彼女の半ばアイデンティティーのかかったとも言える、迫真の演技に対して、フィギュアファンとして、率直に称えるべきだと思います。
 ただ、このNHK杯、2年続きの2人による熾烈な優勝争いなんですよね。一年も経つと、どうも過去のことを忘れがちになるのですが、去年の真駒内での同大会は今晩と全く逆の展開でした。
 去年の初日は鈴木選手が66.55で、真央ちゃんは58.42で3位と大きく出遅れました。そしてフリーでは今度は真央ちゃんがダントツの125.77を出したのに対し、鈴木選手は3ループのシングル化などジャンプミス連続で119.43に終わる。でも、初日の得点差の為、辛くも真央ちゃんを振り切ります。
 これって今晩の展開とほぼ同じ。
各点数まで似通っています(微笑)。
去年は多くの人が真央ちゃんが逆転して勝ったと思った。
真央ちゃんの明るい表情に対し、鈴木選手は会場公開でのインタビューでも、まるで敗北者コメントでした。
これも今晩の真央ちゃんと同じ(微笑)。
表彰台での表情も両者の様子も明暗ハッキリしていました。
・2011NHK杯公式結果サイト(ジャッジscore)
【ISU GPS 2011“NHK杯”プロトコル】

 つまり何を申したいかというと、2年続きの両者による優勝争いでお互いに、2年に亘って勝利者が痛い気持ちで表彰台に立った、ということです。たぶん既に落ち着いた今では、実際2人とも去年のことを改めて思い返し、お互い苦笑しているかも知れませんね(笑)。
 試合の終わった直後は、どうも気落ちしていたのですが、結局私たち真央ちゃんファンとしては、べつに深く思い悩む必要なんてまるで無いですよね(微笑)。2年続きの熾烈な優勝争いを演じた2人の健闘を大いに称えるというのが目下のところ最善の態度ではないでしょうか。
 sarah 


“sarah”さま冷静なご意見ありがとうございます。私も結果を見てすぐに昨年のことを思い出していました、これで“貸し借り無し”かと思います。(正しい言い方では有りませんが・・・、すみませんね。)

ジャッジスコアで比較して見ましょうか?
【女子シングル SPジャッジスコア】★鈴木明子選手、SP1位 SP66.55点(SP5位 SP58.60点) ★浅田真央選手、SP3位 58.42点(1位 SP67.95点) お二人の差:8.13点差(9.35点差) 注意)カッコ内は、今年のNHK杯成績です。

【女子シングル FSジャッジスコア】★鈴木明子選手、FS2位 119.43点(1位126.62点) ★浅田真央選手、FS1位 125.77点(2位 117.32点) お二人の差:6.34点差(9:30点差) 注意)カッコ内は、今年のNHK杯成績です。

総合 浅田真央さん 2011年 184.19点  2012年 185.27点
総合 鈴木明子さん 2011年 185.98点  2012年 185.22点
お二人の総合得点差 1.79点差 2011年は、浅田真央さんの追い上げをかろうじて逃げ切ったあっこさん、表彰式では、あっこさんがばつが悪そうでした。
そして、今年、0.05点差、皆さんご存知のように浅田真央さんはご自身のふがいなさに反省です、でも、これがライバル関係なんですよ、多分、お互いにそのつもりは無いかも知れませんが、お互いに切磋琢磨していける選手の存在が大きいと思います。

但し、結果は結果ですがジャッジには男子も含めて少し懸念が残ります。
公平性に欠ける気がすると云う事です。
はっきり言いますが、ISUは、公平に採点する気は一切無いと言い切れます。残念です。



◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆
フィギュアスケート ブログランキングへにほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへにほんブログ村
両方押してください。”ポチ”っと応援をよろしくお願い致します。(微笑)
◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆




本日までは、NHK杯を引きずらせて頂きますね、お許しを
実は、本日より、3泊4日で、ちょっとまた出張に出ます、環境次第では更新不可能かと思いますので、更新が無ければ、「遭難したなぁ~」と思って頂きたいです。(笑)
せっかくのNHK杯、受信料を払っていない皆様も、払っている皆様も大いにNHKホームページを利用してNHK杯を楽しみましょう。
HP上から消えるまで見続けることが出来ます。(当たり前か:失礼)

この説明でお分かり頂けますかね?分かってくださいね。
【NHKホームページ NHK杯 動画紹介ページ】

ページの右側に注目してください。
1.種目別に見る → ・男子シングル
           ・女子シングル
           ・ペア
           ・アイスダンス
           ・エキシビジョン(EX)
           ・豊の部屋
           ・ありがとうスケーティング
           ・その他
>上記の中の見たい目的の項目を選択する。

2.その枠の右の“選手別ページはありません。”は選択の必要はありません。

3.その右の“検索”をクリックすると1.で選択したページに移動します。
  “NHKネットクラブ”と赤文字の動画以外は、ご覧いただけます。“NHKネットクラブ”もオンデマンド登録を済ませれば当然ご覧頂けますが有料??だと思います。



【ISU Grand Prix of Figure Skating2012/2013 Miyagi/JPN】“NHK杯 イベントプロトコル”です。
こちらで、NHK杯の全成績とジャッジスコアがご覧頂けます。
まだ、途中の紹介に留まってしまいました、ペアとアイスダンスに関しましては、存分に活用お願い致します。

また、気になる記事のご紹介を
【浅田真央、4年ぶりVも「すごく悔いが残っている」NHK杯・女子FS】このスポーツナビの記事が今回の総括とも言えるかも知れません、女子選手の皆さんのコメントを乗せて頂きました。

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・NHK杯は24日、宮城セキスイハイムスーパーアリーナで女子のフリースケーティング(FS)が行われ、ショートプログラム(SP)1位で迎えた浅田真央がFSで117.32点を出し、FSの自己記録を更新する126.62点を挙げた鈴木明子を、わずか0.05点上回り、4年ぶりとなるNHK杯優勝を果たした。
 浅田は3回転が2回転になるなどジャンプでミスが続いたものの、ステップやスピンで会場を魅了。2位の鈴木をわずかながら上回った。
 一方、SP5位と出遅れた鈴木は、3回転ジャンプなどほぼすべての要素を完璧に演じ、合計185.22点で2位に入った。
■出来に不満な真央「ソチでは失敗がないように」
以下は浅田のコメント。
「自分がやってきたことが出せなくてすごく残念です。気持ちはすごく落ち着いていて冷静になろうと思っていたんですが、反対に強い気持ちに切り替えられませんでした。スピードも出ないし、足に力が出ない感じがしました。
(得点を待っている時はどんな気持ちだった?)自分の出来の悪さにがっかりしていました。いつもの練習通りにできなかったことが。3回転ルッツと3回転トゥループが中国杯ではできていなかったので、今回入れたかった。ルッツは失敗してしまいましたが、アクセル-トゥループ(のコンビネーション)はできて良かったです。練習であまりできていなかったので。
(ジャンプは)タイミングがつかめているんですが、前半は自分の勢いが無くて足に力が入っていなかったですし、後半は疲れてしまって。ジャンプのタイミングと力と自信が無かったジャンプが多かった。気持ちとタイミングとリズムが合っていなかったんだと思います。
(演技構成点の得点が高かったが?)評価してもらったことはすごくうれしいんですが、ジャンプと一緒にならないと意味がないと思っています。
 今回の結果でファイナルにいけることは、すごく良かったです。でも今日のフリーでは練習してきたことが出せなかったので、すごく悔いが残っています。自分の技術を取り戻すまでに、もう少しかかるかなと思います。でも、半分はやってきたことを自分の力に変えることができているんじゃないかと思います。ファイナルの舞台のソチでは、今日のような失敗がないようにしっかりと練習をして、それをぶつけたいです。
(ファイナルの会場は五輪と同じ会場だが?)五輪代表にはまだ決まっていませんが、ちょっとでもそういうモチベーションになればと思います。一度行っておくことはすごく良いことだと思っています」
■佐藤コーチ、真央の不調は「心理的なもの」
 以下は佐藤信夫コーチのコメント。
「いろんな意味で難しかったです。これが良い刺激になれば。(ジャンプが不調だった原因は?)心理的なものはあると思います。練習の中で少しミスがあるのですが、その不安が出てしまったと思います。(前の中国杯では)回転不足がついているので、それをなんとかクリア判定になるようにしていければ。
(心理的な部分とは?)回転不足を何とかしようとして、無理に何とかやろうとする。それが心理的に影響したと思います。ややもすると、スピードを殺して(修正を)となりますが、何とかそれはしないように。(シーズンを通して、予定通りにきている?)今日は少し厳しかったですね。もう少しできるかと思ったけど。焦らないで頑張らないと」
■自己ベストで2位の鈴木「もっとステップアップできる」
 以下は鈴木のコメント。
「お客さんがすごく温かかったので、こちらがパワーをもらえました。ここで滑ることができて本当に良かったです。GPは今季2戦目ですが、前回も今回もショートで出遅れてフリーで巻き返す形。しっかり2つそろえるようにしたいです。ショートでは自分のやってきたことをしっかりと出せました。でもフリーに向けて、自分の気持ちに勢いの強さを出すことができませんでした。
(今季、ここまでの試合で)自分の最低ラインが上がったと思っています。これからもっとステップアップしていける。良い経験になりました。
 全体としては流れの中で、良いジャンプを跳べました。昨日のショートが終わった後は悔しかったんですが、コーチたちと食事をしたりして、とにかくフリーは気持ちを切り替えて、とらわれないでやろうということを話しました。
 ファイナルに出るという目標が達成できたので、あとはファイナルで自分がどんな気持ちになるのかが楽しみです。去年は比較的安定していて、今季はなかなか上がってこなくて焦っていました。ステップアップできているのか分かりませんが、自分ではうまくなるところの下の部分を積んできているんだと思っています。
(ソチ五輪に関しては)目指すと公言していないので、難しい質問です。でも、ファイナルに出て自分の気持ちに変化があるか、終わってみて分かると思います」
■3位の長洲「今のベストが出てうれしい」
 以下は3位に入った長洲未来のコメント。
「NHK杯に出られるだけで、すでにうれしかったです。中国杯から滑りも良かったので、全米選手権まで頑張りたいと思います。
 今のベストが出てうれしいです。去年までは母親に(遠征に)ついてきてもらっていました。でも、今年からは自分でリンクに向かっています。コーチと3人で一生懸命に。大人になって、自分から、これから頑張るしかないと思っています。
(大人になろうと思った理由は?)去年の全米選手権は7位でした。五輪にいくのに7位じゃ嫌だ、自分に納得がいかないと思いました。今年からまたやりたいという気持ちが出ていています。若いうちしか(トップの)試合に出られないし、今やらないと後悔すると思いました」
■ショートで出遅れた今井「いろんな課題が見えた大会」
以下は今井のコメント。
「(ショートを終えて)体はボロボロでしたが、気持ちを切り替えようと臨んで集中してできました。緊張はしましたが、気持ちよく滑れたし、疲れていましたが、頑張って滑れました。最後はもったいなかったです(3回転サルコウ-2回転トゥループのコンビネーション予定が、3回転サルコウの単独ジャンプに)。力んじゃったのかなと思います。どちらかというと納得はできていないです。次の試合までに体力をつけて、途中で疲れてしまわないように。細かいミスもなくしていきたいです。
 昨日が悪すぎたので、自分でも(今日は)不安がありました。でも、しっかり朝の公式練習で調整ができたので。あと、ジャンプは考えすぎてもしょうがないと思って。
(NHK杯に臨むまでに)東日本大会もあって、しっかり練習できる時間があまりなく、その不安が出てしまったのかなと思います。
(今後は)すぐに米国に戻ります。そして、まずショートの完成度を高くすることと、フリーの細かいところをやっていきたい。少しでも不安があると演技に出てしまうので、不安をなくすようにしたいです。いろんな課題が見えてしまった大会でした」

まぁ、アスリートの皆さんにとって反省が無ければ次のステップには進めませんよ、向上心があるからチャレンジにも熱が入ると云う事です。
今は、深く反省して明日に備えましょう。

【フィギュアNHK、ロシア初優勝 最終日のペア】高橋成美さん&マーヴィン・トランさんのライバルとなって行くのでしょうか?
優勝おめでとうございます。

【羽生 地元・宮城で「笑顔で終わることができて良かった」】嬉しいのは、分かりますし、おめでとうございます。ただ、毎回毎回、演技終盤のへろへろ姿を見せられるのには耐えられそうもありません。
スタミナを是非付けて平然と演技を終えられるようにしてください。
私は、「その姿が、また、可愛い」なんて絶対に言いませんので、苦言を呈しておきます。
同じ東北人、被災者の家族として言わせて頂きます。
気に入らない方がいても一切、意見は無用ですので、コーチ問題など含めてご意見無用です。

【挑戦する「白鳥」、浅田真央】スポーツナビプラスからの情報です。

【羽生 重圧はねのけV】東京新聞からの情報です。

【[フィギュア]大輔、危機感「自分の成長追いついていない」…NHK杯】報知新聞社からの情報です。

【真央エキシビションで観客を魅了】日刊スポーツからの情報です。




GPS第6戦(最終戦)NHK杯の最終日のスケジュールと放送案内です。

12/01 総合 13:50~15:19【NHK杯総集編】
12/02 BS1 19:00~20:39【NHK杯総集編】




動画のご紹介です。
動画主の皆様、ありがとうございます。
何度もご紹介させて頂きますので何度もご覧くださいね。(微笑)

本日は、無作為にNHK杯の動画を中心に掲載させて頂きます。
重くなりますがよろしくお願い致します。
【121125 羽生結弦 シュー1】


【2012 NHK杯 浅田真央】4年ぶり優勝!Mao Asada


【フィギュアスケート】NHK杯2012高橋大輔FSイタリア語解説.mp4


【浅田真央(mao asada) 今朝の温かいコメント付き報道!】


【全力応援!】


【Mao Asada 浅田真央 「豊の部屋」】


【Mao Asada 浅田真央 2012 NHK杯 EX ~ Finale】


特別編、どーもくんと言うよりも“塗り壁”着ぐるみの中には?佐野稔さんだったりして。(失礼)でも、結構スケート経験者の方が演じていらっしゃるんですね。実にユニークです。
【フィギュアスケート】どーもくん on Ice 2012 NHK


“wice”さまの作品です。
【浅田真央(mao asada) ~ 慌てないで一歩ずつ前へ!】


“ナタリー”さまの作品です。
【The story of Takahiko Kouka and Mao Asada 91~こづまお応援~ (小塚・真央)】


そして、今年のNHK杯のテーマソング(sarahさまからのご紹介です。)
・アウル・シティー/ザ・ミッドサマー・ステーションより
シューティング・スター(日本語対訳付き)
【アウル・シティー - シューティング・スター(日本語対訳ビデオ)】





お断り:右でも左でもありません、ただ、日本が大好きです。


お知らせ!
Amebaブログにも私のブログがあります。
但し、この“サイコロの一点物日記”へのリンクです。【Ameba “サイコロのブログ”】ただ、それだけです。(微笑)


★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
FPU(フィギュアスケート保護連合)HP
FPU(フィギュアスケート保護連合)公式ブログ

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆




◆◇◆◇ご訪問頂きましてありがとうございます。コメントくださいね。(微笑)◆◇◆◇
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■中途半端な紹介です。グラン... | トップ | ■ソチのGPファイナルに気持... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ぶしつけですが… (真央ファン)
2012-11-26 05:50:29
ちょっと気になりました。
この記事のタイトル、なんだか変じゃありませんか?
私も内容には同意なんですが、それだと「浅田選手のファンも鈴木選手を称えましょう」という意味ですよね?
このタイトルだと、浅田選手個人が鈴木選手を称えてないからそうしましょうね、という意味にとれてしまいます。
確かに (saikoro_go)
2012-11-26 07:58:07
はい、確かに訂正します。
ありがとうございます。
こんばんは! (らいら)
2012-11-26 18:41:07
FPの結果を思い出し、一人、暗澹たる気持ちでいましたが、偶然目にしたワイドショーでの真央さんのインタビューを見て、目の前の霧がさーっと晴れたような気持ちになりました。彼女は、既に前を向いている!私たちファンは、情報に踊らされることなく、真央さんの言葉を受け止め、信じているべきなんですよね。
こんばんは。 (saikoro_go)
2012-11-26 21:35:43
らいらさま、そうですよ、私たちに喜びを与えてくれるためにもスケートを楽しんでいる真央さんです。
真央さんが落ち込んでも長くありませんから、私たちも気持ちを切り替えて応援、応援です。(微笑)
コメントありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。