サイコロの一点物日記、真央さんと共に!

浅田真央さんを応援している、真央ちゃん応援団員です。精一杯、真央さんを応援します。皆さんもよろしくお願いします。

■憧れる真央さんに“ソチのフリーでは、メダル以上の価値がある演技”をして頂いたと

2017年06月02日 00時04分00秒 | 日記と女性アスリート応援












★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
真央さんのセカンドステージ、ともに歩める所までご一緒します。(微笑)

にほんブログ村
★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆



最近、テレビを見る場合は、これ!お勧めです。
出張族なのでこの手の番組は、出来るだけみたいですね。
そんな事を考えていた矢先に、舞さんがゲスト出演です。
6月4日 18:30~ TBSで放送です。

番組HP:バナナマンのせっかくグルメ!! 毎週日曜日 18時30分からの放送です。

★避暑地としても人気の栃木県那須高原へ! 希少なブランド食材・那須和牛のステーキにテンションMAX!! 6/4(日)『バナナマンのせっかくグルメ!』【TBS】


宜しければご覧ください!(微笑)




真央さんをリスペクトしてくださっている女子ジャンプの高梨沙羅さんのインタビュー記事のご紹介です。

◆朝日新聞デジタルより

(フロントランナー)高梨沙羅さん 「うまくいかないことには絶対原因がある」

■憧れの浅田真央 ――憧れだったというフィギュアスケートの浅田真央さんが引退しました。 物腰柔らかな印象なのに、試合に臨むときの姿勢や芯の強さ、意志の強さというのはテレビから見ていても、感じるものがありました。演技をしているときは、会場全部が真央さんのものになっていたと思います。それだけのオーラを出せる選手は、なかなかいない。ずっと憧れの存在でした。テレビで見るだけで元気をもらいました。

 ――ワールドカップ(W杯)で53勝。圧倒的な成績でここまで来ています。


 今の自分があるのは、周りの方々の支えがあったからこそです。女子の部という立派な試合ができたのも、山田いずみさん(現日本女子チームコーチ)ら、先輩たちが女子ジャンプを引っ張ってくれたおかげです。私も先輩たちの背中を見て育ってきました。

 ――自分の考える一番の強みは?


 我慢強さ、でしょうか。調子に波があったシーズンもあります。駄目になったときは常に、「腐ったら負けだ」と言われてきました。腐らずに、出た課題や反省点を自分の中でのみ込んできました。

 ――「腐ったら負け」というのは、コーチである父・寛也さんの教えですか。


 常に父から言われていることです。いつごろから言われているのか覚えてはいませんが、小さいころから、ジャンプをやっていた兄が言われていて、それを自分も聞いていました。調子が悪くなったソチ五輪の年もよく言われました。
 ■ミスをプラスに

 ――一番大事なキーワードなんですね。


 うまくできないということには、絶対原因があると思います。ミスが起きたとき、何がいけなかったのかということを、しっかり自分で探して、分析する。いいときばかりじゃない、というのは当たり前。駄目だったところから、どうはい上がっていくか。どうやって、その経験をプラスに変えていけるか。それは、気持ちの持ちようだと言われてきました。

 ――小さいころから、負けず嫌いだったのですか。


 自分が納得いかない練習は、できるまでやり続けてきました。例えば、パチンコ玉の上に板を載せて、そこでアプローチ(滑走路を滑るときの姿勢)を組む練習がそうでした。最初のころは、まともに板に乗ることさえもできなかったのですが、悔しくて、3時間でも4時間でも、ずっと乗り続けて、やっとできるようになりました。小学生のころの話です。負けず嫌いというか、できない自分にイライラするんです。

 ――ここだけは他の選手に負けない、と思う点は?


 ジャンプを思う気持ちは誰にも負けない、と思ってやっています。技術的な部分でいえば、(身長152センチで)体の面積も少ないので、浮力をうまく捉えられるわけでもない。この体でいかに飛ぶかを考えるのは、すごく大事になってきます。

 ――W杯で4度目の総合優勝に輝いた昨季も、世界選手権は3位。ソチ五輪以降、「大舞台に弱い」という目で見られることについて、どう思っていますか。


 悔しいです。期待していただけている試合で結果を残せない、というのが一番つらい。海外の試合のジャンプ中継は、日本ではだいたい夜中になります。そこで時間を割いて、応援して下さっている方がいるのに、結果を残せないというのがつらいです。

 ――ソチ五輪を境に何かが変わったのでしょうか。


 以前から、緊張しやすいなとは思っていました。ただ、ソチからは、緊張というか、自信をしっかり持てなくなっているというか。不安要素があると、追求したくなってしまうというところがあります。

 ――他国の選手に「アンドロイドではないか」と冗談を言われるほど、精密機械のように勝ち続けてきましたが、自分の中では不安定だったのですか。


 精神的に弱いです。不安定な状態のところで立っている。今の状態のままではいけないと思っています。

 ■憧れの浅田真央


 ――憧れだったというフィギュアスケートの浅田真央さんが引退しました。


 物腰柔らかな印象なのに、試合に臨むときの姿勢や芯の強さ、意志の強さというのはテレビから見ていても、感じるものがありました。演技をしているときは、会場全部が真央さんのものになっていたと思います。それだけのオーラを出せる選手は、なかなかいない。ずっと憧れの存在でした。テレビで見るだけで元気をもらいました。みんなから愛される選手になりたい、と思い始めたのも、真央さんの影響です。ソチ五輪のフリーの演技は、本当に感動しました。泣きました。

 ――ただ、浅田さんは五輪で金メダルを取れませんでした。


 でも、ソチのフリーでは、メダル以上の価値がある演技をされましたよね。

 ――高梨さんは、そう感じられたんですね。


 素晴らしかったと思います。メダルうんぬんじゃなくて、本当に人を感動させられるパフォーマンスというのは、なかなかできないと思います。記憶に鮮明に残っているほどの迫力があった。結果はどんどん薄れていくけど、心に残る演技というのは、ずっと心の中に残っています。そういうパフォーマンスができるようになりたいな、と思っています。


沙羅さんの優しさを素直に感じる事が出来ますね。
同じアスリートとして真央さんは元より先輩や色々な方をリスペクト出来る余裕を感じます。
そして、最後に「ソチのフリーでは、メダル以上の価値がある演技をされましたよね。」との回答、嬉しいですね。
実際には、権力に負けた真央さんです。
こう言った見解がどれだけ真央さんにとって心強いか、嬉しさは無限大です。(微笑)
沙羅さんありがとうございます。
沙羅さんも頑張って頂きたい、真央さんが邪魔をされて悔しい思いをした敵討ちをお願い致しますね。(微笑)

高梨沙羅さんのプロフィールが紹介されていますが、挑戦していた認定試験に無事に合格されたんですね。
沙羅さん、おめでとうございます。
勉強にスポーツに充実した大学生活をエンジョイしてくださいね。(微笑)

■プロフィル
 ★1996年生まれ。北海道上川町出身。小さいころの夢は、幼稚園や小学校の先生だった。
 ★地元の中学校を卒業後、2012年に北海道旭川市のグレースマウンテン・インターナショナルスクールへ=写真。選んだ理由は「高校卒業程度認定試験に合格すれば良かったから。勉強を早く終わらせて、ジャンプに集中したかった」。
 ★同年8月には同認定試験に合格。14年に飛び入学入試で日本体育大に進学した。
 ★東京では一人暮らし。ほぼ毎日自炊する。東京でおいしいと思った食べ物は「おいなりさん。酢のしめ方が、さっぱりしている。北海道はちょっと甘めなんです」。
 ★コーヒー好き。ブラックで朝昼晩と1日3杯以上飲む。
 ★ワールドカップ(W杯)には11年12月に初出場。12~13年、13~14年、15~16年、16~17年とW杯個人総合優勝は4度。W杯通算では90戦53勝。クラレ所属。



昨日、“老害”と言うワードを使わせて頂きましたが、真の老害は、やはり朝鮮人の“張本”ですね。
大沢啓二親分もあの世から関口宏さんに“喝”を送っていたのではないでしょうか?
実に不愉快な、理不尽な“喝”を連発していましたが、この張本自身が老害の一番手では無いでしょうか?
自分の身内を蹴落とす日本スケート連盟の連中に通じる所もありますね。

まぁ~結局、共通点は、朝鮮人であると言う事に尽きますね。
そう言えば、昨日、コメント欄に大馬鹿がコメントを入れていましたが、馬鹿な連中は真央さんが連盟や伝2から恩恵を受けていたと思っているようですね。
だったら誰が伝2や連盟の悪事を書くかね~、馬鹿ですね。本当に信じて居ない事を祈ります。
世間知らずと言うより、完全に病気ですね。まぁ~どうでも良いか、大馬鹿はほっといて話を戻しますね。

そんな張本をもうそろそろ愛想をつかしてしまった関口さんの“喝”が飛んだようですね。(大笑)

◆ライブドア トピックニュースより

関口宏が張本勲氏の発言に本音「電話が鳴るから」「余計なこと言わないで」
28日放送の「サンデーモーニング」(TBS系)で、司会の関口宏が、野球評論家・張本勲氏の発言に本音を漏らした。

日本時間の27日、アメリカ・メジャーリーグ「ニューヨーク・ヤンキース」対「オークランド・アスレチックス」の試合で、田中将大投手はメジャー自己最多となる13奪三振を獲得したが、8回途中で交代。試合はヤンキースが1対4で敗れ、田中投手も今シーズンで4つ目の黒星を受けることになった。

野球解説者の仁志敏久氏が、田中投手をはじめ日本人選手たちの成績と現状を紐解く。その現状に関口は「なんかいい(成績が)人があんまいないなぁ」と漏らしてしまう。その発言を仁志氏がフォローしていると、唐突に張本氏が「日本のプロ野球は忙しいのにね。遠い国の野球なんて勝っても負けても関係ないもんね」「あんまり関心がないわ」と本音を言い切ったのだ。

その不意を突かれたような発言に、スタジオでは笑いが起こる。関口も苦笑しつつ「またそういうこと言うと(局の)電話が鳴りますから」「余計なこと言わないで…」と張本氏を諌めていた。


真顔で注意すべきですね。
冗談は、より一層の老害のはしゃぎに繋がりますのでおやめください。

言いぱなしでフォローが何もなされないのですから、後始末するスタッフを不憫に思いますよね。
まぁ~正直、関口さん以外に注意する方は見当たりませんからね。
しっかりと確実に唇にチャックを縫い付けるべきだと思います。
頑張れ!関口宏殿




◆浅田真央さん、ほかの皆さんの動画のご紹介です。お付き合いください。
動画主の皆さま、ありがとうございます。ご紹介させて頂きます。(微笑)
同じものを何度も上げる事が有ると思いますが、すみませんね。正直、忘れてしまいますので何度でもご覧ください。


★мao @sada Japanese Nationals FS


★J S C


★JSC_2011_Opening_Fluff


★2008 JSC


★「浅田真央、応援團に入団!?」篇 YOUNG JAPAN ACTION 浅田真央×住友生命




いつもご覧頂きまして感謝申し上げます。
真央ちゃんとともに!(微笑)

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ 
真央ちゃん劇場、第2章の始まりです。
にほんブログ村
★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■気ままでごめんね!浅田真央... | トップ | ■セクシーな浅田舞さんの美し... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
高梨沙羅さんの記事ありがとうございます! (真央さくら)
2017-06-02 15:17:12
こんにちはサイコロ様!

さらさんの記事は というか 真央さんの記事以外はあまりみないから 嬉しかったです本物には本物が判るんですね〜

有り難いです

ザアイスは今回最後ですかね〜 真央さんのこれからが楽しみですね〜

寂しいけど 真央さんの選ぶ道を応援します!舞さんはいよいよ女優さんかな?綺麗だし 舞台映えしますね〜

二人共 しっかり選んだ道を歩いて欲しいです
本物は本物を知る! (サイコロ様ファン)
2017-06-02 15:49:31
高梨沙羅さん
大したものですよね!あの小柄な体での
あの飛距離❗
外国選手には驚異でしょうね

やっぱり、いろいろあるのだなぁーと…
目標に向け力を出しきって、悔いなく戦って頂きたいもの

舞さんバナナマン日村さんと那須牛ですか?
昔家族で那須牛を那須でいただきましたが
凄く美味しかったのを
思い出しましたよーいいなぁ~

舞さんも、活躍されうれしい限り!

張りボテに、マンセー関口が苦言?
視聴率やら、炎上を気にしてる?
2名共、大老害の反日家❗

生コンクリート辻元清美、ガソリンプリペイド山尾しおり、まさかの3重国籍?謝蓮舫
、福島瑞穂(中国名は、春花さん)



国会野党の女性議員、この4名が❗ろくでもない国賊反日ガールズが、目について
悲しくなります(醜いったらーーー)

今日も、美麗可愛い真央さん舞さん動画で
厄払い、目の洗浄、心の洗濯

サイコロ様に感謝です😌💓
真央さくらさま、こんばんわ。 (サイコロ)
2017-06-02 20:01:15
沙羅さんは、アマチュア?の頃からと言うより大会に出る前からのファンです。
一度テレビでジャンプに挑戦する女子として紹介されてそれからひたむきに頑張る姿がとてもクリーンで応援し甲斐がありますね。

今度こそ、ご自身の納得のジャンプを是非、五輪で見せて頂きたいです。
あくまでも普段通りでね。(微笑)

卓球もバレーボールも好きなのですが結婚なさるとちょっと矛盾が生まれて・・・どうにもわがままな応援です。(苦笑)
サイコロ様ファンさま、こんばんわ。 (サイコロ)
2017-06-02 20:06:38
ねぇ~真央さんが引退されて当時は、確実に舞さんの仕事がなくなる。
真央さんのスポンサーが無くなる。

良くぞ煽ってくれました。
まぁ~そんな心配は無用だと知っていても腹立たしかったですね。

お肉と言えば、今巷でうけている”いきなりステーキ”と言うステーキやさんに入りたいのですが勇気が無くて(笑)

出張先で仲間と是非、行きたいと思います。
政治も動きが激しいですね。
私は、ただただ、安部氏が気に入らないのと、小池さんにはとことんお付き合いしようと決めています。

やはり、スポーツと同じ、政治もクリーンで無いとね。(微笑)

ありがとうございます。(微笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記と女性アスリート応援」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。