サイコロの一点物日記、真央さんと共に!

浅田真央さんを応援している、真央ちゃん応援団員です。精一杯、真央さんを応援します。皆さんもよろしくお願いします。

■フィギュアのプロとしての活動には、JFSとの契約は無用でした。6月の契約更新は拒否の方向で!

2017年05月17日 00時04分00秒 | 日記と女性アスリート応援












★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆
真央さんのセカンドステージ、ともに歩める所までご一緒します。(微笑)


にほんブログ村
★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆



以前から非常に気になる日本スケート連盟との繋がりに関して
つまり、引退する事で連盟との契約は必要が無いのか?
プロとして活動する上で連盟との関りを持たなくても良いのか?

みなさんに謝罪申し上げます。
今まで、国内のアイスショーに参加するためには連盟に所属が不可欠だと思っておりましたが、事実は、プロは、連盟と切れても問題が無いと言う事がはっきり分かりました。
失礼いたしました。お詫び申し上げます。
申し訳ありませんでした。

従って、6月に真央さんが無事に契約を延長しなければ、連盟との関係は、一般に言う“無関係”に成る事が出来そうです。
今まで、お世話になったからと真央さんは温情主義を通して来ましたが、ソチ五輪の扱いが真央さんに対する日本スケート連盟の回答です。
つまり、金には、代えられない程、必要が無いと言う結論ですね。(激怒)

選手登録をしたままプロとしての活動は、可能です。
以前にもフィギュアスケート選手は、有資格者と言う意味の“エイジブル”と呼ぶと書かせて頂きましたが、選手登録した選手は、日本であれば、日本スケート連盟の「競技者資格規定」を順守する義務発生しているそうです。

そのために商業ベースのイベントやプロとしての活動が厳しく制限されるので選手登録したままプロになることは現実的にありえないと言う事になるそうです。
仮に選手登録をしたままプロ活動が出来れば、プロでもオリンピックへの出場が可能になるのですが、引退して登録を抹消する事でISUに参加するためにも必要なJFS登録が無い事で参加は不可能になってしまうと言う事の様ですね。
でも、プロになって商業的興業と言う規定って大分曖昧な気がしますがね?

◆ここで【日本スケート連盟「競技者資格規程」】を調べてみましたので転載させて頂きます。

公益財団法人日本スケート連盟 競技者資格規程
(総 則)
第1条 公益財団法人日本スケート連盟(以下「本連盟」という。)は、ISU及び日本体育協会スポーツ憲章に基づき本規程を制定する。


第2条 本規程における競技者資格を有するものとは、スケートを愛好し、本連盟に競技者(役員・選手)として登録された者をいう。

なぜ、ここで役員が選手と一緒になっているのか?
(登録無資格者)
第3条 本連盟は、次の者を競技者(細則第24条に規程する第1種から第9種)として登録することはできない。また、すでに登録した競技者が次の事項に該当した場合は、その登録を取り消さなければならない。

(1) スケートで得た名声を本連盟の承認を得ることなしに、商業宣伝のために自らの肖像権を利用し、あるいはその利用を認めたもの。

(2) 財団法人日本オリンピック委員会が行う選手強化キャンペーン事業に関し、本連盟と同委員会の契約内容に違反した者。

(3) 本連盟の代表として派遣され、ISU選手権及び国際競技会等で、本連盟の指定したユニフォームを着用しなかった者。

(4) スケートを行うことによって、ISU及び本連盟が認めていない金品を受け取った者。

(5) ISU諸規程に違反した者及び本連盟が禁止している競技会等に参加した者。


(6) 競技者として、本連盟の名誉を傷つけ、あるいは義務に違反した者。

(7) 競技会に際して、フェアプレーの精神、スポーツマンシップに明らかに違反した行為を行った者。

すでに日本スケート連盟自体が(6)&(7)に接触する気がしますが自分たちは良いと言う事なんですね、役員規程にもなっている書き込みが有るのに不思議です。

(登録競技者への復帰)
第4条 第3条により無資格者であった者の競技者への復帰は、当該者か所属する加盟団体からの復帰申請書により、本連盟定款細則第32条に規程する登録審査委員会において審査し、本連盟理事会で認められた場合は登録有資格者に復帰することができる。

(申告義務)
第5条 競技者が報道関係者からスケートに関するニュース報道以外の特別取材を受ける場合、あるいは放送、座談会、映画、演劇等に出る場合または、競技者本人の肖像を使用する場合はあらかじめ連盟に届出書を提出し、理事会の承認を得なければならない。

(協力義務)
第6条 競技者は本連盟が、特別の目的を持って実施する事業又はキャンペーン等には、積極的に協力しなければならない。
(契約料、講演料等の配分は賞金等取り扱い規定を適用する。)金銭に関しては何をさて置いて記載しておこうと言う事ですね。(苦笑)

(1) 競技者は本連盟の指定した商業マークの着用に積極的に協力しなければならない。

(2) 本連盟とタイアップし競技者の肖像を使用したJOCライセンスの商品化、又は、講演会、講習会等へのイペントには積極的に協力しなければならない。

IOCライセンスを有しない装備品を身に付けて五輪に出場した選手を許せる寛大な団体とは思えない選手への縛りですね。(呆)

(許容事項)
第7条 本連盟は、競技会を開催するに当たって、他の団体を共催、後援あるいは協賛者として加えることができる。


第8条 本連盟は、その主催する競技会の放送権を放送局に与え、あるいはスポンサーつき競技会を開催し、その料金を請求、受領することができる。

第9条 本連盟は、スケート用品、用具等の品質確保のため品目を指定し、料金をとって検定、公認あるいは推薦することができる。


確かに契約とも言われる規定には、色々な想定される事を記載するのが当然ですが、完全に金だけが目的の様な規定には、呆れるばかりですね。
何か?服買長などは、役員枠として完全に接触している気がしますが?
本当に自分たちに利益をもたらす規定ですから、役員は守らせることが最大の目的ですね。

知ったら知ったで非常に腹立たしいですね。(苦笑)




そして、当然、この様な記事もソチオリンピック以降に伝えられましたね。

◆2014年3月22日 Newsポストセブンの記事のご紹介です。

浅田真央 連盟による練習場問題や「真央は辞めない」に疑念
 現役続行か引退かについて頭を悩ませる浅田真央(23才)に、大きな変化が起きていた。

「真央ちゃんは負けず嫌いで我慢強く、身内にだって不満ひとつこぼさない子だったんですが、ソチから帰国してから“連盟って、何なんですかね?”と周囲に漏らし始めるようになったんです」(スケート関係者)

 浅田がそんな疑心を募らせている「連盟」とは『日本スケート連盟』のこと。

 最大の理由は、ソチ五輪で彼女の最終調整の場となるリンクを巡る連盟側との対立だった。

「ソチでは初の団体戦が行われたため、これに出場する選手は個人戦まで10日以上の間が空いてしまうんです。真央ちゃんと佐藤信夫コーチはこの間、一度帰国して普段練習している中京大のリンクで最終調整することを望んでいました。しかし、連盟はすでに確保していた隣国・アルメニアのリンクに行くことを強制したんです」
(前出・スケート関係者)

 しかし、このアルメニアのリンクが最悪だった。空調整備が行き届いていないため寒かったうえに、氷にも砂が混ざってガタガタ。1回滑る度に佐藤コーチが靴の状態を調整しなければならないほどだった。

「実は、スケート連盟が事前調査のためにアルメニアを訪れたのは夏だったんです。だから、リンクの状態はもちろん、空調についてもわかるはずがなかったんですよ」(前出・スケート関係者)

 絶対匿名を条件に、現役プロフィギュアスケーターが、たとえ浅田クラスでも連盟が下した決定に口を出せない事情をこう説明する。

「連盟の幹部から目をつけられると、どんなに才能があってもアマチュアでやっていくのは難しい。彼らは強化指定選手やオリンピック出場選手、また彼らに就くコーチの決定権がありますからね。コーチ代や遠征費、衣装代など高額な費用がかかるフィギュア選手は、連盟から補助がもらえる強化選手になることが必須。

 選手たちは“連盟の○○さんを見かけたら真っ先に挨拶しなきゃいけない”とか、競技と同じくらい必死です。そもそも、ほとんどの幹部は選手としてはたいした成績を残していないんです。ですから、本当の意味で選手の気持ちに寄り添って考えたり、状況を理解して日本のスケート界を向上させることを考えているのは、ほんのひと握りだと思いますよ」

 また、別のスケート関係者は浅田の疑心がふくらんでいる理由をこう話す。

「彼女の中では、引退への気持ちのほうが大きいんです。でも、連盟の長を務める橋本聖子さんが“真央は辞めないと思っています”と公の席で語っているんですが、それは浅田選手にとっては大きなプレッシャーになるわけですよ。


 そりゃあ、浅田選手が引退するとなれば、彼女のCM出演料などを管理している連盟にとっては巨額の収入減となりますから、なんとか辞めないで現役続行してほしいんですよ。

 でも浅田選手にしてみれば、連盟はスケートをがんばろうとしている時には、リンクひとつ選ばせてくれず邪魔ばかりするのに、引退しようと思ったらそれも自由にさせてくれない。“いったい何なの!?”となって当然ですよ」※女性セブン2014年4月3日号


如何に、金メダリストが何の役にも立たなかったか、実に手に取るように分かりますね。
総ては、選手からの集金に全力を尽くしているだけという呆れた結果です。
実にこんな日本スケート連盟は、絶対に無用ですね。
選手も一時我慢してより良い連盟に生まれ変わる事を祈りましょう。

こんな事があっても真央さんご自身は、連盟を信じる事を選んだ訳です。
フィギュアスケートの人気の流れを止めないためにも選手層が薄いと感じた真央さんが少しでも大好きなフィギュアスケートに貢献しようと戻って見ても真央さんの気持ちを理解できる賢明な方は見当たらず、恥ずかしい結果になった訳ですね。
アルメニア事件の首謀者と協力者は同罪ですからね。忘れないで居て欲しいです。




実に不愉快な出来事ですが、フィギュアスケート界から見たら実に羨ましい出来事です。
羨ましいと言っても、八百長が羨ましい訳ではありませんよ。
八百長した選手を許さない制度が羨ましいと言う事です。
フィギュアスケートの置いては、たとえこの制度があったとしても罰する側も監視される側も総てグルでは、何んの為の規律なのかも分かりません。
自分たちにとって不都合な制度は持たないのが日本スケート連盟であり、ISUであると言う事ですね。(苦笑)

◆日刊スポーツより
テニス三橋淳を八百長追放!かつて錦織圭と共に代表
こう言った悪い事に日本の宝の名前をだす事は如何なものでしょうか?
マスゴミは、時と場合を知るべきだで恥も知るべきです。
嘘を並べる記事に、みんな読んでますよ!「オオカミ新聞だったね!」(笑)




◆浅田真央さん、ほかの皆さんの動画のご紹介です。お付き合いください。
動画主の皆さま、ありがとうございます。ご紹介させて頂きます。(微笑)
同じものを何度も上げる事が有ると思いますが、すみませんね。正直、忘れてしまいますので何度でもご覧ください。


★あさだまい衣装クロニクル


★あさだまお★お下がり衣装


★浅田真央衣装コレクション(Mao Asada's Costume Collection) ~2010-2012~


★あさだまお衣装クロニクル2012


★あさだまお衣装クロニクル(~2014年7月)


★浅田さん「新たな出発」 ショーに向けカナダへ


★世界最高のアーティストが魅せる!「ザ・アイス2017」




いつもご覧頂きまして感謝申し上げます。
真央ちゃんとともに!(微笑)

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ 
真央ちゃん劇場、第2章の始まりです。

にほんブログ村
★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■真央さんへ見せて頂いたJA... | トップ | ■真央さん監修のアルソアフィ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
自分達の都合良いように (サイコロ様ファン)
2017-05-17 18:19:17
ルールをつくるは
馬韓国と日スケ連は御同類ーーー

今の競技のフィギュアスケートには全く全く
魅力を感じません
テレビ観賞さへする気ゼロ

冬のスポーツ応援はスキージャンプに
高梨沙羅さんに完全にシフトします❗

しょうま君舞依ちゃんは応援しますが…

私的とらえかたですが
秋篠宮眞子様のフィアンセ様と
しょうま君
似ていらっしゃいませんか?

眞子様、おめでとうございます‼
サイコロ様、こんにちは。 (おやびん)
2017-05-17 18:36:29
連盟の規程をわざわざ記事に載せて頂きありがとうございます。お仕事で疲れて夜遅い中を規程が沢山あるのに、さぞや苦労しながら記事に載せて時間がかかったことにお疲れ様です。この規程については、選手よりも会長、副会長、白豚が所々違反しているのが多くて本来なら逮捕物です。特に、棚ぼたカネメダリストの副会長は、自分のショーや有益しか考えていなくて情けないですね。選手を引退しても「自分は、選手を引退してもう(苦しいトレーニングやダイエットやケガ等)大変な思いをせずにいいし自由だからラッキー!!」ではないです。副会長という立場上サブマリン等のアイドルを作ることを考えるよりも、これからの選手を育成する、選手に何かあれば悩み事を聞いて自分の経験を話して彼等の立場に考えて寄り添ってアドバイスをする、リンク場所を確保して助成するなどして選手やコーチに良い環境を与えさせる、沢山の国際大会に出場させて試合の雰囲気を掴めて経験して慣れさせておく、万が一ケガをした場合に保険に加入させることや入院費と治療費の助成金を出してリハビリやトレーニング場所を確保し早くケガを治すように充実させる等の対策をする等を副会長が本来するべき考えではないでしょうか?これは、会長にしても白豚にしてもしかりです。他のスポーツ競技はこのような体制をしています。こんな体制をしていないのは、フィギュアだけですね。引退した選手でも、野球の長嶋茂男や王貞治が、体操の森末慎二や池谷幸雄や田中理恵が(特に池谷は、スキャンダルを起こして困り者ですが…)、水泳の鈴木大地や北島康介が、柔道の吉田秀彦や野村忠弘や井上康生が、バレーボールの中田久美等が引退しても協会や連盟の役員に就いているいないに関わらず政治家やタレントはともかくコーチとして、全日本や所属先チームの監督等に就いて活躍して自分達の後輩選手を育成して五輪でメダルを取る等良い成績を残して貢献しています。現役でもサッカーのカズやゴン中山、レスリングの吉田沙保里、卓球の福原愛や石川佳純、体操の内村航平や白井健三等も選手として良い成績を残している傍ら後輩を育成して切磋琢磨しながら貢献と活躍をしていますね。それに、後輩選手方も先輩選手の姿を目の当たりにしてついて行く、五輪等の大会で日本やチームのために良い成績を残して貢献と活躍をするのが本来のやり方で、コーチ又は監督と選手のチームワークが良いからこそです。フィギュアで言うと、前世代だとみどりさんや本田武史が引っ張り、その後についてきた真央さん、舞さん、安藤さん、中野さん、佳菜子ちゃん、大輔くん、織田くん、小塚くん、町田くん、無良くんが引っ張って、その後更に羽生くん、昌磨くん、三原さんが先輩の姿を目の当たりにしてついて良い成績を残して貢献と活躍している感じです。それに比べると、荒川と鈴木とヤマトは選手時代に後輩のために何か貢献と活躍をして良い成績を残したでしょうか?それに、真央さんら偉大な先輩選手方の姿を目にしない宮原と本郷とハッパと本田兄妹ら白豚組は、これからの後輩選手のために良い成績を残して貢献と活躍できる選手として見せれるのでしょうか?自分さえ良ければいいの考えしかないアホバカ選手らには、これっぽっちもなく周りから舐められて情けなくて飽きられて終わりですね。何年後かして、羽生くんならまだしもいかに真央さんや大輔くんらが日本のために大変な思いをして良い成績を残して貢献と活躍して偉大な選手だったか、後から彼等について気付くのは“時すでに遅し”でしょう。

前回記事のコメントによるサイコロ様の「朝鮮は鎖国すべき」の意見に私も同じ考えです。サイコロ様の意見に私も賛成です。私も、北朝鮮と韓国を統一させて首都ソウルに置いて全て社会主義国化と金正恩政権で動かすべきです。今のアジアの軍事力は、中国がトップです。韓国と北朝鮮の軍事力を合わせると中国と比較したら人数が少なく力はありません。国境は、ロシアよりも中国が近く同じ漢民族なので、中国にコテンパンにやられて占領され「朝鮮」という国を無くして更に孤立化すべきです。また、ウイグル自治区のように「朝鮮国」から「朝鮮自治区」に名前を変えるべきです。そして(ナチス・ドイツのような考えになってしまいますが)、鎖国化の中で国連ヘの強制脱退やサミット及び首脳会談ヘの参加禁止、他国との輸出入禁止、海外渡航における旅行や移住や亡命等の出入国禁止、飛行機・列車・船・自動車の運航禁止、スポーツの国際大会や文化の国際フェスティバルとコンコール及びコンサートにおけるイベント参加の禁止、通信利用全面的禁止等あらゆる部分を厳禁化して人々の自由を強制的に奪わせるべきです。違反をしたら逮捕して収容所行きか自宅謹慎か監禁、仕舞いには虐殺か処刑にして厳重化すべきです。そうでないと、どのような場面においても同じことの繰り返しになるからです。

最近では、良くニュースで耳にするスポーツ競技における八百長問題。相撲や野球等で問題視されているのに、フィギュアでキムチヨナの八百長問題を話題にせずに良くも五輪の金メダルと銀メダルを剥奪せずに済んでのうのうと過ごしているなと腹立たしく思います。八百長ばかりでなく、相撲や野球はもちろんバドミントンで賭博問題が発覚して選手が出場停止資格や更に逮捕者が出て事実上引退をした選手が、相撲では賭博問題ばかりでなく自分達の所属先部屋で親方や先輩力士が後輩力士を暴行して死亡者が出る等逮捕者が出て先輩力士の事実上引退に加え所属先部屋の親方剥奪と運営禁止処分が出てきています。相撲では6,7年程前にこのような事件ばかりで大会場所が開催禁止になったニュースが話題になって世間を騒がせました。朝青龍の大会場所でのガッツポーズや暴行事件やケガしているにも関わらずサッカーイベントに参加してルール違反をし世間に叩かれたのもしかりです。野球も八百長はもちろん賭博問題でプロではチームの声かけに参加しただけで大声でかけて何万円と賭けたり、プロアマ関わらずどのチームに勝って何万円と賭けて参加したプロ選手が出場停止資格処分にしたものや事実上引退に追い込まれたもの、それに逮捕者もいます。フィギュアや相撲や野球どの競技にでもあってはならない八百長問題。賭博問題や暴行事件もしかり。どの競技においてもこのような問題や事件が生じた時点でメダル剥奪や罰金をしたり今後の大会には強制出場停止資格処分を取る等のルールを決めてもっと厳しく対応して早く無くすべきです。
サイコロ様ファンさま、こんばんわ。 (サイコロ)
2017-05-17 20:33:41
まさに馬韓国、大賛成です。(笑)

まぁ~日本の金メダリストには、とことん呆れ果てました。
ルールや規定を見ると役員が換算に接触している事がはっきりと分かりました。

これは、やはり、訴えて行く必要があると思います。

真子さまもやはり早い方が良いですね。
イケメンと言う意味でも良いですね。(笑)

いつも応援ありがとうございます。(微笑)
おやびんさま、こんばんわ。 (サイコロ)
2017-05-17 20:36:51
労をねぎらって頂きましてありがとうございます。(微笑)

書いてみると非常に荒だたしい所が多すぎますね。

とにかく、自分たちがやっている事をダメと否定てる事に笑いすらおきます。

間抜けな連中だと思います。

本日は、日帰り出張から帰った所で非常にありがたく転載させて頂きます。

いつもありがとうございます。(微笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。