さいかち亭雑記

短歌を中心に文芸、その他

大谷ゆかり『ホラインズン』寸感

2017年06月14日 | 現代短歌
 歌集から三首引く。 

  祖母の茗荷まんじゅう積み上がり一気に青の濃くなりし夏
  
 ※「祖母」に「おおはは」と振り仮名

  帰りたる夫の足音 庭草がそろそろ夜露を集めはじめる

  海を見にゆきなさいなと夢のなか凹む私に母が微笑む

肉親を詠んだ歌を三首引いてみたが、悪びれないというか、素直な歌い方で読みやすい。「一気に青の濃くなりし」というような、柄の大きい言葉の使い方も説得力がある。

  幾万のチューリップから天空へ立ち昇り鳴る春の本鈴

こういう歌がたくさんあり、決して平凡な見立てではないから、テンポをもって読める。少し分析してみる。

  三月の四角い皿におっとりとバナナの皮がヨガのポーズす

  ひといきに雲を脱ぎたる青空のはだかんぼうの明るさを見よ

  たんぽぽの絮の舞い込む一両目うっかり春の容れ物になる

 「春の容れ物」という一連から続けて引いた。一首目、三月と来ると坪内捻典の俳句が下敷きなのだろう。二首目、「雲を脱ぎたる青空のはだかんぼう」という擬人法は通俗すれすれである。三首目、「うっかり春の容れ物になる」というのは見立てで、これも前二首と同様のところがある。わるい歌ではないのだが、一首のなかで問答をした時に少し答えが早い気がする。

  伝えたきことを整え真夜中の青き湯舟をえいっと降りん

  わが犬の鼻腔に白き雲垂れて墨絵のようなCТ画像

 ここに引いたような、自分自身の動作や、日常のある局面をきちんと見てとらえた歌はどれも良い。むろん自分の住んでいる伊勢市のことを詠んだ歌もいい。「えいっと降りん」というような、自分の行為をおおづかみに把握する言葉の持って行き方は独特で、あまり小さくまとまってほしくない作者である。
『短歌』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 糸川雅子『詩歌の淵源 「明... | トップ | 『桂園一枝講義』口訳 233-240 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。