さいかち亭雑記

短歌を中心に文芸、その他

阿部久美『叙唱 レチタティーヴォ』  近刊歌集雑感

2017年03月20日 | 現代短歌

私はけっこう気まぐれでなまけ者なので、このブログを利用して自分に仕事をするように仕向けている。あとは、本をいただいた返事がまず書けないので、これまでにずいぶん失礼をしてきたと思う。それで新刊書については、こういうかたちで触れていくことにしたい。

〇阿部久美『叙唱 レチタティーヴォ』

アカシアの咲いてよごれた白がある夜の窓から夜を見るとき

夏の風そわんと鳴つてそれつきりわたしのことはたかが知れてる

あまりにもかたち綺麗なわかれゆゑこれはなにかの結晶だらう

夜といふつめたきものをまねき入れのちうつくしくゆがむ窓あり

 一首め、一見するとうまみのない歌のように見えるが、そうでもない。こういう同語反復のような細かいリズムでモノトーンに景物をとらえてみせるところに作者の歌の特徴がある。そういう感覚を良さとしてとらえると、感興を覚えて読むことができる。作者は北海道留萌市の人で、これは六月下旬の頃の歌だろうか。四首め、作者の窓の歌はどれもいい。こういう歌い方に作者の特徴があり、後述するがたぶん音楽に造詣の深い人らしいもののとらえ方なのだ。

三首め、作者のこころのいたみは脇に置いておいて、自分の置かれた場所を諧謔をもって突き放しているところがおもしろい。結晶作用というのは、むろんスタンダールのザルツブルグの塩の枝、つまり恋愛の方面にかかわる何かを示唆しているわけだろう。孤独で、自分には少しばかり情熱が不足していると感じている都市生活者。器用な方ではないし、あまり目立ちたくもない、典型的な内気な日本人である。歌を通してイメージできるのは、そのような人物像だ。

降りつづく夜半の窓辺におもひをり笠地蔵とふやさしき伽し
  ※「伽」に「はな」と振り仮名。

グールドに弾いてもらはう新年会終へてしれつと戻り来し部屋

現実もまぶたの裏のまぼろしもさかひめあらぬただ雪野原

 一首目のやさしい気持や、二首目のここからは自分の時間、という感覚など、どちらも女のひとらしい歌だと思う。三首目は雪の白さが圧倒的なのだろう。

ゆづりあふせまき雪道ゆづられてかたじけなしとおくる警笛
 ※「警笛」に「サンキュー」と振り仮名。

 自動車に乗っているのだろう。闊達な明るい歌である。こうやって書きしながらだいたい読み終えた。「グレー・グラデーション」の一連がいい。

またリスか 左の耳に尾が触れて背中に流れゆきしまぼろし

己が首すいと撫づれば温とさがその人だといふひたに会ひたき

 この「リス」というのは、自分の触覚的な記憶が現実化して、実際に自分をなでていると感じる感覚なのだと思う。甘い自己慰撫の感じである。自分の指のあたたかさを、会いたい人の指のあたたかさそのものとして感ずる。官能的で、本源的に性的な存在である人間の固有の鋭敏な感覚である。和泉式部が「わが黒髪をかきやりし」とうたった、それと同じものである。これとは逆に自分自身を他人のように詠む次のような歌もある。

冴え冴えと真夏粉雪降りくだれ このひとにはもううんざりなのよ

このひとのつまりわたしの思惟なれど理解不能の手紙下書き

 こういう人が音楽の話をすると、結構たのしい。

エリーゼにすこしの邪心 譜面ではどうなつてるか知りませんけれど

うつくしいことの説明むつかしく「これ」と根つこのありさまを指す

「エリーゼにすこしの邪心」でいろいろなイメージが重なって思わず噴き出した。伝説とちがいけっこうもてたらしいベートーヴェンのイメージや、それに肘鉄を食らわせる少女や、この曲を練習しているお転婆でいじわるな女の子のイメージやらが、「譜面ではどうなつてるか知りませんけれど」という句できちんと引き受けられている。確かにあの曲は邪険な感じにも弾けるな、と考えたらますますおかしい。

鼻歌とあなたはいふが切なくて呻く声ではなからうか、これ

 この歌も何だかおかしい。こういう諧謔を私はいいと思う。おしまいに一首引く。

りろりろとトリルののちに着地してことしの花もしづかにをはる
『短歌』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『桂園一枝講義』口訳 61~67 | トップ | 高石万千子歌集『外側の声』 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご高覧に感謝 (阿部久美)
2017-04-20 14:34:12
ご丁寧にお読みいただきましてありがとうございます。
エリーゼの1首、リスの1首、など自分ではよく説明できない部分を汲んでいただきました。うれしいことです。感謝申しあげます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。