さいかち亭雑記

短歌を中心に文芸、その他

名賀美和子の歌のことを

2017年07月28日 | 現代短歌
奈賀美和子の歌のことを。『風を聴く』より。

文楽人形はその手と脚をなげうちて千切れ飛ぶ心のさまを演ずる
   
※「文楽人形」に「にんぎやう」と振り仮名。

これに続くのが、次の歌だ。

口衝きて出でたる歌の一行の文語の息をこゑに味はふ

文楽にはまっている人の話を聞いていると、うらやましい。私にはいろいろな意味でその余裕がない。いつだったか故人となった人間国宝の太夫が演じている姿をNHKでみた。ほとほと打ち込んで見入って、聴き入ってしまったのだが、魂を鷲掴みにされて揺さぶられるというのは、あのことだろう。そう思って見ると、掲出歌の「こゑに味はふ」というのはまだ没入感が足りないようにも思うが、しかし、短歌の場合はここで止めておかないと大げさになってしまうということがある。

次の歌は、これに続く別の章に置かれているから、直接文楽とかかわりがあるようには読まれたくないのだろう。

滲み出づる声のことばの抑揚にわれはわれなる仮面をはづす

これも奥深い歌であって、「声のことばの抑揚に」触れることによって、「われ」は「われ」の「仮面」を外すのだという。人が歌曲をうたっている時が、まさにこれに当たる。歌謡曲をはじめとするもろもろの大衆芸能が原初から体得していた事は、うたった瞬間に自らを失うという機制であり、それは神祭りの「よごと」に始まって、厨仕事の合間に何やら知らぬ歌を鼻歌で歌っていた私自身の母の記憶にもつながるものだが、要するにそのような「心やり」の姿をこの歌はうたっているのだ。これも文楽の歌という気がするが、それだけに当てはめないで作者としては読んでほしいのかもしれない。

そもそも人間の心の使い方、頭の使い方というものがそのようなものなので、これはヘーゲルが言ったことだが、そういう心の態勢の基盤は、他者との共感や、共鳴を通じて体得されるものなのであり、そういう意味では人間の言語というものは、徹頭徹尾弁証法的なものなのだが、その哲理を短歌でふわりと表現できてしまうということが、私にはとってもおもしろい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『桂園一枝講義』口訳 273-278

2017年07月23日 | 桂園一枝講義口訳
273
大橋の上わたりゆくかち人のたゞよふなつになりにけるかな
四九六 大橋の上わたり行(ゆく)かち人のたゞよふ夏になりにけるかな 文政六年 一、二句目 鴨河の橋ノ上行ク

□わかりたり。
○(よく)解った(歌)。

※この言い方は、講義の聴講者に歌の内容を言わせて、その通り、と応じた部分を記したものだから「わかりたり」となっているのだろう。掲出歌は、京極為兼の歌などから学んだあとのある佳吟。為兼の歌との比較は『香川景樹と近代歌人』に少し書いた。

274
水鳥のかもの川原の大すずみこよひよりとやつきもでるらん
四九七 水鳥の鴨の河原の大すゞみこよひよりとや月もでるらむ 文化十二年

□丁度七日頃より月もめだつなり。
○ちょうど七日頃から月も目立つのである。

欠席 

※十首分欠落している。このなかにいくつか秀歌があるだけに残念。引いてみる。

四九八 夏のよの月のかげなる桐の葉を落たるのかなとおもひけるかな 文化二年

五〇〇 根をたえてさゞれの上に咲にけり雨にながれし河原なでしこ 文化十年

五〇二 池水の蓮(はちす)のまき葉けさみれば花とゝもにも開(ひら)けつるかな 享和三年

五〇四 なびくだに涼しきものを夏河の玉藻を見れば花咲きにけり 文化六年 四句目 スガモを見れば

五〇六 布引の瀧のしら浪峯こえて生田(いくた)に落るゆふだちの雨 文政六年

五〇七 近わたりゆふ立しけむこの夕雲吹く風のたゞならぬかな 文政六年

※これらの歌を江戸時代に作っていたなんて、実におどろきではないかと思うのだが、それでも子規の言葉を信じて景樹は駄目だと言い続ける人がいるのだろうか。

275
山風にふきたてらるるならの葉のかへれば晴るゝ夕立のあめ
五〇八 山風に吹(ふき)たてらるゝならの葉のかへればはるゝゆふだちの雨

□「ならの葉」、うら白きものにて尤も風の見ゆるものなり。「夕立早過」を詠みたりし題詠なりしなり。

○「ならの葉」は、葉裏が白いもので、もっとも風(のすがた)が見えるものである。「夕立早過」を詠んだ題詠だった。

276
わが宿にせき入れておとすやり水のながれにまくらすべき頃かな
五〇九 わが宿にせき入(いれ)ておとすやり水のながれにまくらすべき比かな 文政六年

□いせの歌に「音羽川せき入れておとすやり水に人の心の見えもするかな」。「やり水」は引取水なり。後はむかふへやれども、畢竟庭に引こむ水なり。流れに枕すべき頃、あつさのあまり流れのきはにねたき頃といふなり。此れもと枕流の故事をかるなり。併し趣意を取るではなきなり。詞をとりしなり。

○伊勢の歌に、「音羽川せき入れておとすやり水に人の心の見えもするかな」(という歌がある)。「やり水」は引取水である。後は向うへやるけれども、畢竟庭に引こむ水である。「流れに枕すべき頃」は、暑さのあまり流れの際に寝たいような頃だというのである。これはもともと「枕流」の故事を借りているのである。しかし趣意を取るのではないのである。詞を取ったのである。

※伊勢、『拾遺和歌集』所収445 

※この頃は暑いので、この歌の涼味、日本の庭の風情、何とも言えずいいですねえ。

277
朝づく日いまだにほはぬ山のはの松の葉わたる秋のはつかぜ
五一〇 朝附日(あさづくひ)いまだ匂はぬ山端(やまのは)のまつの葉わたる秋のはつかぜ 文政七年

□「早秋朝山」と云ふ題なり。秋の早きあさき時は、朝ならでは秋の見えぬものなり。日が出づると夏めくなり。それを詠むなり。

○「早秋朝山」と言う題である。秋の早く浅い時節は、朝でなくては秋が見えないものである。日が出ると夏めくのだ。それを詠んだのだ。

※これも佳吟。

278
あらはれて世にたてる名も知らねばや猶忍びけるあきのはつ風
五一一 あらはれて世にたてる名もしらねばや猶(なほ)忍(しの)びける秋のはつかぜ
 文政七年

□今日から秋なりと云ふことは、しかと人が知りあらはれたるなり。夏の中より暑き故に秋はまたるゝなり。それ故に水辺にくゝり、松風にまじりする秋などとしたふなり。それが立秋になれば誰しも知りてあるのに、秋風が吹かぬなり。わが秋と云ふ世中になりたるを知らぬさうな(となり)。風が秋にならぬなり。残暑をよみこなしたるうたなり。

○今日から秋だということは、はっきりと人が知り、現れているのである。夏のうちから暑いので秋は待たれていたのである。それだから「水辺にくぐり」、「松風にまじり」もする秋などと言って慕うのである。それが立秋になれば誰もが知っているのに、秋風が吹かないのだ。わが秋という世の中になったのを(当の秋は)知らないそうな。風が秋にならないのである。残暑を詠みこなした歌である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

藤元靖子『はらはら零る』

2017年07月17日 | 現代短歌


作者が着物のデザインと制作の仕事をしている京都在住の人だということで、何となくひとつのイメージができあがるのは、やむを得ないことだけれども、日常のあわいに美しいものを求めようとする心の傾きを、言葉に写(移、映)そうとして歌を試みる時、自ずから視線が固着する対象をとり上げることは、短歌の生理にかなっているので、自然詠も和服の制作・染色家としての感性を磨き上げるための一助となって、共通感覚的な拡がりのなかに溶け込んでゆく。そこがいいと思う。

 「秋冷の水」一連八首をそのまま引く。

秋冷の水を選びてつんつんと秋蜻蛉とぶ夕かげの中

細石踏みてし渡る瀬をはやみ裾濡らしてぞ しばしとどまる

川中にたゆたい立てば瀬をはやみわれたちまちにうろくずとなる

めぐりあいて見し十三夜 ともがらの多くを隔てて過ぎし二年

寝ね際のわれに降りくる声あれば胸にたたみて朝へ渡らん

われもこう尾花りんどう野紺菊 花野に眠る夢見て寝ねん

目つむれば美しき花野のひろがりて雲を渡せる風も吹くなり

覚めていよ目覚めてあれと降る光あらねど眠り際のおぼろは


※二首目の「細石」は「さざれいし」と読む。四首目の「二年」は「ふたとせ」。五首目の「寝ね際」は「い(ね)ぎわ」。

 これは要するに現代の和歌なのだけれども、こんな人が近藤芳美の選を受けていたというのも戦後という時代である。本人は「あとがき」の中で、

「一九七四年の未来合同歌集『翔』のノートに「連帯をむしろ拒み…」と書き記した私は、道浦母都子さん、森直子さんという近藤芳美の愛弟子に混じりながら、社会に目を啓いた歌をうたうことはなく、吐く息を自ら掬うように狭い身辺をうたうことしか出来なかった。一九七〇年も一九九五年も二〇一一年も歌にのこすことはなかった。」

と書く。社会的な事柄にコミットし続けることをもとめた戦後の「未来」の中では傍流となる覚悟のなかで、こういう歌を作り続けてきたのだろう。自分の感性を自分でまもるということである。

 たびら雪一片一片数えつつ ひすがら在りて少し明るむ

 雪踏みて濯ぐべきものありやなし小雀のあとを従いてゆくのみ

 ああ雨と傘をさすとき明るめば守られて在るわたしと思う

 受身であるということを、ことさら女性性と結び付けて読むつもりはない。「ひすがら雪を」(むろん手作業をしながらだろうが)見つめているうちに直って来る心とか、「小雀のあとを従いてゆく」意志のかたちとか、笠の下の明るさに「守られて在る」と感じる感覚とか、どれもその一瞬に流れている時間の豊かさを感じさせてくれる作品であり、こういう言葉を虐使しない行き方が、依然としてまだ日本の詩の中にあり続けていることに感動する。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

身めぐりの本と研修で読みたい本

2017年07月16日 | 
平井茂彦『雨森芳洲』2004年刊
 巻末に「芳洲詠草」を収める。対馬藩の通訳として韓国語の先進的な学習書などがある芳洲は、和歌を晩学で学び、古今集を千回読んで和歌の調べと詞をものにした。対馬に行ったことはないが、橋川文三の文章を読んでから、一度行ってみたいと思うようになった。

思いついたので、地域で顕彰してほしい人の本を何冊かあげてみよう。

佐藤鬼房『蕗の薹』昭和五十六年刊
 詩の守備範囲が広い。狭量な詩歌人には薬。文章には、一種異様なまでの前衛的な詩精神が感じられる。この人、釜石は塩釜の人だから、地域で顕彰して大事にしたらいいと思う。

『玉城徹全歌集』2017年刊
 これは買わなくちゃ、と思って買ったのだけれども、読むひまがない。でも高価で買えなかった歌集が入っているのがうれしい。

うつせみは常なきものと知れれども汲みてわが飲むは不二の涌き水 玉城徹

 この歌は、三島市の柿田川公園に石碑を作るとしたらちょうどいいかもしれない。沼津市は、玉城徹を顕彰する気はないのだろうか。

新村出『朝霞随筆』昭和十八年刊
 竹柏会関係の短文多く、貴重。若い人は茂吉の研究はもういい。こういう本をしっかり掘り下げるべきだ。

話題は変わって、新村出賞の本を検索して私の興味のある本を抄出してみた。

山口佳紀:『古代日本語文法の成立の研究』
秋永一枝:『古今和歌集声点本の研究』
添田建治郎:『日本語アクセント史の諸問題』
沼本克明:『日本漢字音の歴史的研究: 体系と表記をめぐって』
山口康子:『今昔物語集の文章研究: 書きとめられた「ものがたり」』
加藤重広:『日本語修飾構造の語用論的研究』
由本陽子:『複合動詞・派生動詞の意味と統語』
金水敏:『日本語存在表現の歴史』
佐々木勇:『平安鎌倉時代における日本漢音の研究』
上野和昭:『平曲譜本による近世京都アクセントの史的研究』
工藤真由美:『現代日本語ムード・テンス・アスペクト論』

このへんは、ざっとでいいから、めくってみたいと思ったことである。日文系の学部のある大学で、こういう本が図書館にほとんど置いていなかったら、そんな大学には行かない方がいいだろう。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三田村正彦『無韻を生きる』

2017年07月16日 | 現代短歌
 サラリーマンの日々の自己激励の歌、何か書いてみようかと思いながら日を経てしまった。

 夏の日のモータープール沈黙が似合ふあなたの背景である  三田村正彦

この歌の「あなた」は自分自身でもいいし、一緒に出掛けようとしている営業マンの職場の同僚、または配偶者。いずれにもとれ、いずれの場合でもハードボイルドなドラマが感じられる。そこがおもしろい。

自らの力に暮れてゆく空よ肉屋に残るコロッケひとつ

パソコンと指が言ふには「仕事には君は不要だ我々がする」

二首目、作者の自意識まで読み取るべきなのだが、この歌は独り歩きするかもしれないと思って引いてみた。昨今のAI技術の進展事情、楽観ばかりもしていられない。その昔エルンスト・トラーがとりあげた二十世紀初頭のラッダイトの機械破壊運動の現代版は、ハリウッド映画みたいな展開になるかもしれないが。

横たはる黒き鞄に中指を入れて吊り上ぐ 朝の目覚めに

マスクからきッとはみ出す眼と眉毛それが僕だとまづは言ひ切る

仕事の歌は、このほかに何がある、という説得力を持つ。日常、無韻。狭く限られた世界のなかで必死で生きている。生活者というのは、そういうものだ。詩人、歌人とか言ったって、仕方がない。誰が認めてくれるわけでもない。

虫の音のかすかな雨の音に消ゆ 無言に生きる 無韻を生きる

こういう覚悟というものは、誰しもあるはずだ。結局は、ここなんだ、と私も思う。この人は会社では人事にかかわるポストにいるらしい。そうすると、やっぱり「無韻」というのは願望にすぎないのだ。諦念にも似た気分が漂う仕事の歌が次々と作られるゆえんである。

否はまた人事考課に響くだらう 去年の案が良いとは言えず

 ※「否」に「いな」と振り仮名。

この歌は自分の事。評価し、評価される。きびしい世界だ。


残業は一人遊びかパソコンの脱力感が冴えてせまり来

自動販売機はものを言はないロボットと言へず 深夜のつり銭の音

※「自動販売機」に「じはんき」と振り仮名。

機械を相手にしている歌を二首並べてみた。こういう歌を見ていると、作者に気持ちがすっと寄っていくのを感じる。短歌が芸術か芸能か、そんな事はどうでもいいが、短歌が一生活者を生かしむるに足るものだということは、依然として真実である。これが三冊目の歌集だという。

ワイパーに潰れた雨が水となる大衆といふものになりたる

テレビから多数派の声ただ聞こゆ聞く側も又多数派である

ワイパーにつぶされる水滴のような存在として、私もあなたもあるということだ。自分だって「大衆」の一人なのだ。そういう自己認識の向こうに、ビル群や、青空や、雑木林が見える。そういう風景を含めて詠んで行こうとする意志を感じた。つまりは、それが短歌にかかわるということなのだ。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加